So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

初の国際線787と北京空港超巨大ターミナル【2017北京小旅行記(02)】 [旅行・乗り物]

「久しぶりの中国は驚きの連続でした【2017北京小旅行記(01)】」から続きます。

今回はテーマ別のエントリーにしようかと思ったんですが、そうすると写真の整理が大変なことに気づいたので、やはり時系列で投稿することにしました。

ということで、まずは東京→北京の移動から。

今回は羽田からの日本航空便にしました。
家族4人なのと、午前中の早い便ということもあり定額制のタクシーで羽田空港へ。
首都高速中央環状線のおかげで1時間弱で到着。

羽田からの国際線は、以前、台湾の中華航空(チャイナエアライン)が羽田発着だったころに乗ったのと、その後羽田〜ソウル(金浦)便に乗ったことがありますが、新しいターミナルになってからは初めてです。
ちなみに、中華航空が羽田を使っていたのは、政治・外交的理由により、中国本土(中華人民共和国)の航空会社が発着する成田空港を利用できなかったからで、2002年までこの状態が続いていました。

ということで、初めての羽田・新国際線ターミナルに到着。
IMG_5284羽田国際線.JPG
IMG_5285羽田.JPG
IMG_5286北京行き出発表示.JPG

機材はボーイング787です。
787は過去に2回乗ったことがあります。
IMG_5288JAL787.JPG

1回目は、2011年秋に787は全日空が導入した約2週間後に乗った羽田→岡山線
福岡に出張だったのですが、わざわざ早く家を出てこれに乗り、岡山から博多までは新幹線で移動しました。
2回目は、本執筆の取材で長崎に行った帰りのこれも全日空便でした。

ということで、初めてのJAL、初めての国際線仕様の787の機内はこんな感じで、頭上が少し広く感じますが、座席は普通。
北京までは4時間あまりなので、そんなに広さは気にしませんが…。
IMG_5290機内.JPG
IMG_5291安全のしおり.JPG

機内食は豚丼です。
IMG_5294機内食.JPG
選択制ではありませんでした。
宗教上の理由などがあれば、事前申し込みでスペシャルメニューが提供されるので、2種類用意しなくてもいいんでしょうね。
(その方がムダがないような気がします。)

写真はありませんが、ちょっと驚いたのは、水平飛行に移ってしばらくすると窓の外が暗くなったこと。
長距離便だと、飛んでいるうちに夜のエリアに入るわけですが、午前中に東京を出て、お昼過ぎの北京に着くわけで、ずっと昼のエリアを飛ぶはず。
それで、787の窓には「電子カーテン」があることを思い出しました。
そういえば、以前乗ったとき、自分の座席のところの電子カーテンを操作したことがありました。
今回は、乗務員の操作によりすべての窓のカーテンをコントロールし、光を遮ったのだと思われます。
これまでは、乗客が映画を見たりする時間帯は、いちいちすべての窓のブラインドを下ろす必要があったわけですが、これがワンタッチでできるんでしょうね。
さすが「新鋭機材」という感じ。

就航後しばらくは、バッテリーの不具合で緊急着陸するなど問題のあった787ですが、最近は全然聞かないので、「初期不良」は解消されたんでしょう。

飛行は順調で、食事をして映画を1本みたところで、北京首都空港に到着。
住んでいたころ(1990年代)は北京に着いて飛行機のドアが開いた瞬間、石炭を燃やしたような匂いがしたんですが、今回はあまり感じませんでした。
燃料の転換が少しは進んでいるんでしょうか。

でも、外の風景はこんな感じで、かすみ・もやというかスモッグというか、あまり見通しは良くありません。
(住んでいたころも、冬はこんな感じだったかもしれませんが…。)
IMG_5296北京空港.JPG
IMG_2231北京空港.jpg

北京首都空港はアジアでは最大級、世界でも有数の広さを誇る中国の「空の玄関口」で、3つのターミナルがあります。
日本航空は最新のターミナル3です。
IMG_2232北京空港.jpg

ターミナル配置図はこちら。
img_北京首都空港.jpg
図右上の丸で囲んだところが、一番古いターミナル1。
1990年代はこのターミナルしかありませんでした。
雪で飛行機が遅れてこの建物で5〜6時間待たされたり、思い出の多いターミナルです。

その下がターミナル2。
そして、図の下の方にある横長の建物がターミナル3です。
2008年から使われているそうです。

ターミナル間移動のための自動運転列車が走っています。
(以前成田空港の第2ターミナルにもありましたが、それを長くした感じです。)
IMG_5298ターミナル間シャトル.JPG
IMG_2234空港シャトル.jpg

入国審査はまあまあスムーズ。
大人4人なので、普通のタクシーではなくワゴン車に乗ろうと思い、乗り場手前のインフォメーションに聞くと、「ここで申し込め」とのこと。
ちょっと怪しいかなと思ったんですが、ちゃんとパソコンで手続きして、すぐに運転手がやってきます。
(3枚綴りの複写式申込書に手書きで記入するのは「昔の中国だな」という感じでしたが…。)
IMG_2236空港ワゴン車.jpg

車もターミナルのすぐ外に止まってて、待ち時間ほぼなし。
写真はありませんが、車は中国で作っているビュイックのGL8というワゴン車です。

機場高速(「機場」は「空港」の意)がちょっと渋滞していましたが、1時間足らずでホテルに到着です。

(つづく)
nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

久しぶりの中国は驚きの連続でした【2017北京小旅行記(01)】 [旅行・乗り物]

連休を利用して、中国北京家族旅行してきました。

img_天安門201703.jpg

私は家族とともに1990年代後半に北京に住んでおりました。

今回、私と家人は6年ぶり、娘は19年ぶりの北京。
(ただし娘は仕事で広東省には最近行ったばかり。)
そして、今回は「家族」が増えて、義理の息子(娘の夫)は初めての中国でした。

6年ぶりの私でも、いろいろビックリすることがあったんですが、まして娘やその夫にとっては、驚きの連続だったのではないかと思います。

3泊4日でしたが、万里の長城や天安門広場&故宮、王府井、三里屯など、いろんなところを見ましたし、北京ダック、飲茶、ギョウザ、シューマイ、火鍋など中華料理を満喫しました。

「驚き」の詳細や、観光・食事については、あす以降簡単に紹介したいと思います。
よろしければお付き合いください。
タグ:旅行 中国 北京
nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

再びJR大崎駅5~8番線にて [旅行・乗り物]

1月に「大崎駅に4種類の電車『勢揃い』」という話を書きましたが、最近、「4本中3本が同じ」という状況がありましたので、撮影してみました。

こちらの写真です。
img_大崎20170313.jpg

左端(5番線)が湘南新宿ライン・快速平塚行きのE233系
左から2番目(6番線)が埼京線・通勤快速川越行きのE233系
左から3番目(7番線)がりんかい線・新木場行きのE233系
右端(8番線)が同じく新木場行きのりんかい線70系です。

つまり、左の3本の電車が全部E233系でした。
(前回は左端がE231系、3番目が205系)

湘南新宿ラインは10両編成と15両編成があって、15両の場合は10両(基本編成)+5両(付属編成)となっていますが、どちらもE231系とE233系があります。
見えているのは付属編成の宇都宮・高崎方の先頭車両ですが、この日はE233系だったので、「左3本がE233系」ということになったわけです。

前回、4本の電車が画角に入りきれない感じだったので、今回はiPhoneではなくiPadMiniを使い、少し下がってみました。

ちなみに、前回の写真はこちら(再掲)です。
IMG_3687大崎駅4種類.JPG

私は「乗りテツ」兼「ちょっと車両テツ」なんですが、最近テツ分が不足しています。
どこか乗りに行きたいんですが、なかなか時間が取れず…。

そういえば、先日のダイヤ改正によって、1日のうちに東京から小倉(福岡県)まで普通列車だけで行けるようになったとのこと。
チャレンジするには体力が必要ですね。
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

爽快でちょっと不思議な『新世界』でした【東芝グランドコンサート・NDRエルプフィルを聴く】 [音楽]

昨夜は東芝グランドコンサートの初日公演、NDRエルプフィルを聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東芝グランドコンサート2017
クシシュトフ・ウルバンスキ指揮 NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)
日時:2017年3月7日(火)午後7時開演
会場:Bunkamuraオーチャードホール(東京・渋谷)
指揮:クシシュトフ・ウルバンスキ
独奏:庄司紗矢香(ヴァイオリン
曲目:グリンカ 歌劇『ルスランとリュドミラ』 序曲
   プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第1番 ニ長調
   ドヴォルザーク 交響曲第9番 ホ短調「新世界より」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_東芝グランドオーチャード201703.jpg

オーチャードホールでオーケストラを聴くのはかなり久しぶりのような気がします。
(サントリーホール工事中の影響があるのかもしれません。)

東芝グランドコンサートは、毎年、主にヨーロッパの準メジャー級オーケストラを招聘して、全国各地で公演を開いています。
今年はNDRエルプフィルハーモニー、旧ハンブルク北ドイツ放送響。
先日、ハンブルク市内に立派なホールが落成し、そこを本拠地としています。
(「エルプ」はエルベ川を意味するそうです。)

指揮のウルバンスキはポーランド出身の34歳。
注目の若手です。

きのうの演奏会は、来日後最初の公演。
1曲目の「ルスランとリュドミラ」序曲は、演奏会の幕開けにふさわしい曲。
そのスピード(テンポ)が注目されます。
いきなり「挨拶代り」の超高速で颯爽と始まりましたが、途中ちょっとテンポが緩むところもあったのはご愛嬌でしょう。
全体として、ドイツのオケらしい「性能の高さ」みたいなものを感じました。

2曲目のプロコフィエフVn協奏曲はよく知らない曲なので、詳しい感想は書けませんが、独奏の庄司さんは堂々とした演奏だと思いました。

後半は超有名曲の「新世界より」。
これも颯爽とした爽快な印象を受ける演奏でした。
まあ、こういう演奏が「流行」なのだと思います。
「今後が楽しみ」という感じ。

ちょっと驚いたのは、本来第2楽章の8小節しか出番のないはずのテューバが第1楽章と第4楽章の最後の方でも吹いていたこと。
そして、第3楽章冒頭の繰り返しも、私が知っている演奏とは違っていました。
指揮者の指示なのでしょうか?

聴きなれた曲だと、ちょっと違っているだけでも「不思議」な印象を受けますね。

ところで、席は3階だったのですが、例によってオペラグラスで楽器を観察してました。
コントラバスは8本中、5本が5弦。
トランペットはロータリーでしたが、トロンボーンはドイツ管ではなさそうでした。
テューバは超巨大なドイツ式のロータリー、ホルンはたぶんアレキサンダー103のように見えました。
第4楽章のシンバル(全曲を通して1回だけ出番がある)は、1枚を金属の棒で叩いて(こすって)いました。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アツい思いを感じる好演でした【オーケストラ イストリア演奏会を聴く】 [音楽]

きのうもまた身内の出演するアマチュアオーケストラの演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
オーケストラ イストリア 第二回演奏会
日時:2017年3月5日(日)14:00開演
会場:一橋大学兼松講堂(東京・国立)
指揮:田中一嘉
曲目:ディーリアス 「二枚の水彩画」
   ムソルグスキー(ラヴェル編曲)組曲「展覧会の絵」
   ラフマニノフ 交響曲第2番ホ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【会場の兼松講堂】
img_兼松講堂201703.jpg

このオーケストラは一橋大学オーケストラのOB・OGにより結成された団体で、会場は大学の講堂です。

1曲目はイギリスの作曲家、ディーリアスの弦楽合奏のための作品。
といっても、ディーリアスの合唱曲を助手が編曲したものだそうです。
「水彩画」というタイトルですが、具体的な絵画を音楽にしたものではないとのこと。
初めて聴きましたが、のどかで穏やかな風景感じさせる部分などがあり、好印象でした。

2曲目は「展覧会の絵」。
実は昨年秋に指揮の課題として勉強した曲ですし、大昔、エマーソン・レイク&パーマー(EL&P)の演奏で聴いたり、部分的に練習したこともあるので、大変興味深く聴きました。
1番トランペットの女性奏者がしっかりとした音を出していて、アルトサックスやユーフォニアムのソロも落ち着いた好演でした。

後半は、ラフマニノフの2番。
彼らしい叙情性に満ちたメロディー満載の曲で、第3楽章のテーマはポピュラーミュージックに転用されています。
「あれっ?」という部分もちょっとだけありましたが、それを補って余りある好演・熱演でした。
「この曲をやりたい」「演奏できて幸せ」という気持ちが感じられました。

私見ながら、アマチュアは技術的な巧拙もさることながら、こうした「気持ち」が大事なのではないかと思った次第です。

会場の兼松講堂は、もちろんオーケストラの演奏会用に造られたわけではないでしょうが、音響はそれほど悪くなく、弦楽器・管楽器・打楽器のバランスとしても及第点ではないかと思いました。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「サイコパス」「中東崩壊」「世界一便利な単語帳」=読み終わった本(2017.2) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年2月分です。

▼読み終わった本
*「サイコパス
中野信子・著、文春新書

サイコパス

サイコパス


テレビでもよく見かける著者による話題の本。
「サイコパス」とは、「良心を持たない」「平気でウソをつく」などの特徴を持つ人物で、「精神病質」「反社会性パーソナリティー障害」などの呼び方もあるようです。
この本によると、100人に1人くらいの割合で存在していて、人類が生き延び、繁栄するのになんらかの貢献をしているのではないかとの見方もあるのだとか。
歴史上の「独裁者」などにもいるようですし、最近でいうと、アップル・コンピュータの創業者、スティーブ・ジョブズもこの特徴に当てはまるということです。
サイコパスが多い職種としては「企業の経営者」「弁護士」「マスコミ」が挙げられていて、「そういえばうちの職場にいるあの人も絶対そうだ!」と思いながら読みました。

▼読み終わった本
*「中東崩壊」
日本経済新聞出版社・編、日経プレミアシリーズ(新書)

中東崩壊

中東崩壊

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2016/11/09
  • メディア: 新書

日経新聞の記者らによる本。
私もエジプト・カイロに駐在していましたが、もう20年以上前の話。
その後、アメリカ同時多発テロ、イラク戦争、「アラブの春」などを経て、多くの独裁政権が崩壊したり、シリアの内戦が激化したり、IS(イスラム国)が台頭するなど、混迷の度合いは深まっています。
新書ですので、中東の現状を概観する入門書としてはいい本だと思いました。

▼読み終わった本
*「デイビッド・セインの世界一便利な単語帳」
デイビッド・セイン著、IBCパブリッシング

デイビッド・セインの世界一便利な単語帳 (気がつけばバイリンガルシリーズ)

デイビッド・セインの世界一便利な単語帳 (気がつけばバイリンガルシリーズ)

  • 作者: デイビッド・セイン
  • 出版社/メーカー: IBCパブリッシング
  • 発売日: 2013/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

セイン氏の本は何冊も読んでいますが、この本もとても勉強になりました。
「単語帳」というと、受験や英会話の学習などに必要なものですが、この本は「ネイティブスピーカーなら知っている」単語が分野別に収められています。
英語を話す国・社会で暮らせば、遊んだり、テレビを見たり、学校生活を送ったりして自然に身につく単語が、大人になってから勉強すると、まったく知らないまま、ということがあります。
この本では、動植物、食べ物、ビジネス、家族などいくつかのジャンルについて「なるほど、そう言うんだ」という言葉がたくさん載っていて、ページを繰りながら読む本というよりは、ときどき手にとって勉強し、語彙を豊かにするのに役立つ本だと思いました。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

チャイコフスキー・プログラムは大熱演でした【日フィル3月東京定期を聴く】 [音楽]

きのうは日フィルの定期演奏会を聴きました。
チャイコフスキー2曲のプログラムで、指揮は「炎のマエストロ」こと小林研一郎氏。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第688回 東京定期演奏会
日時:2017年3月3日(金)午後7時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋
指揮:小林研一郎(桂冠名誉指揮者)
独奏:金子三勇士(ピアノ
曲目:チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調
   交響曲「マンフレッド」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201703.jpg

サントリーホールが改修工事中のため、会場は池袋の東京芸術劇場。
最近、このホールでよく演奏会を聴きます。

前半は有名なピアノ協奏曲第1番。
「パ・パ・パ・パン・ジャン」という曲の出だしはどなたでも耳にしたことがあると思います。
(全曲を聞いたことある人は少ないかもしれませんが…。)

金子三勇士さんは、お母さんがハンガリー人で、最近人気の若手ピアニスト。
テレビではよく見かけますが、生で聞いたのは初めてでした。
この曲、チャイコフスキーらしい叙情的なメロディーと、独奏とオーケストラの豪快な掛け合いが印象的な作品ですが、日フィルも金子さんもとてもスケールの大きい熱演でした。

後半は交響曲「マンフレッド」。
物語のある「交響詩的」な作品で、最後はオルガンが加わります。
東京芸術劇場ご自慢のオルガン(きのうは「モダン」の方)が威力を発揮しました。

「物語がある」ということで、チャイコフスキーのほかの作品に比べると、全体として交響曲よりもバレエ音楽に似ている印象を受けました。
自分で演奏したことがないので、細かいことはよく分からないのですが、結構アンサンブルが難しそうな部分もありましたが、これもまた「炎のマエストロ」に導かれた熱演でした。
なかなかアマチュアオーケストラでは取り上げない作品ですが、演奏してみたくなりました。

そういえば、マエストロ・コバケンは前半も後半も暗譜でした。
まあ、チャイコフスキーは「お手の物」なんでしょうね。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「沿線格差」「不愉快なことには理由がある」「バカが多いのには理由がある」=購入した本(2017.02) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年2月分です。

▽購入した本
*「沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿」
首都圏鉄道研究会・編、SB新書



▽購入した本
*「不愉快なことには理由がある」
橘玲・著、集英社文庫

不愉快なことには理由がある

不愉快なことには理由がある

  • 作者: 橘 玲
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/23
  • メディア: 文庫


▽購入した本
*「バカが多いのには理由がある 」
橘玲・著、集英社文庫

バカが多いのには理由がある

バカが多いのには理由がある

  • 作者: 橘 玲
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 文庫

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

マラソンランナー見ながらメルパルクホールへ【みなと第九を歌う会演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは娘夫婦が出演する演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
みなと第九を歌う会 第5回演奏会
日時:2017年2月26日(日)14:00開演
会場:メルパルクホール(東京・芝公園)
指揮:中島章博
独唱:横森由衣(ソプラノ)
   小野綾香(アルト)
   澤原行正(テノール)
   寺田功治(バス)
管弦楽:みなとシティオーケストラ
合唱:みなと第九を歌う会
曲目:ロッシーニ 歌劇「セミラーミデ」序曲
   ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調「合唱付き」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


きのうは東京マラソンが開催されていて、会場のメルパルクホールそばの日比谷通りはコースの最終盤。
午後1時過ぎに地下鉄を降りて会場に向かうときは、多くのランナーが最後の力を振り絞って(?)走っており、にぎやかな応援が繰り広げられていました。
img_東京マラソン201702.jpg

さて、演奏ですが、「やはり『第九』は大変な曲だ」というのが素直な感想。
コーラスも大変ですが、オケも大変です。

日本以外では、そんなに頻繁に(気軽に?)演奏されるものではない、というのも当然だと思います。

ちなみに、メルパルクホールでは2カ月前の去年暮れにも「第九」を聴いたばかりですし、2週間前には別会場ですが「近衛秀麿版『第九』」を聴きました。

そして、きのうは、この演奏会以外にも、アマチュアオーケストラ・アマチュア合唱団による「第九」が開催されていました。
「第九と言えば年末」という感覚をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、もはやそれも崩れてきているのかもしれません。

そういえば、先日BSジャパンで放送していた指揮者・朝比奈隆の「私の履歴書」の番組を見たら、マエストロ・朝比奈指揮の大阪フィル(当時は関西交響楽団)が「モチ代」を稼ぐために「第九」を演奏したという話を放送していました。

いずれにしても、「第九」演奏に関しては、日本は不思議な国ですね。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

マーラー6番の『ハンマー』は2発でした【N響横浜スペシャルを聴く】 [音楽]

きのうは会社を早退してN響の演奏会を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
N響横浜スペシャル パーヴォ・ヤルヴィ指揮 マーラー「悲劇的」
日時:2017年2月23日(木)午後3時開演
会場:横浜みなとみらいホール大ホール(横浜市西区)
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(首席指揮者)
管弦楽:NHK交響楽団
曲目:武満徹「弦楽のためのレクイエム
   マーラー 交響曲第6番イ短調「悲劇的」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

IMG_パーヴォ201702.JPG

去年11月にルスコアール管弦楽団の演奏を聴いたときにも書いたのですが、マーラーの6番は大学1年生のときに演奏した「懐かしの曲」。
N響がヨーロッパ演奏旅行に「持って行く」ということもあり、楽しみにしておりました。

きのうの演奏会、1曲目は弦楽器だけで演奏される「弦楽のためのレクイエム」。
武満の作品としては割と「分かりやすい」曲。
ヨーロッパの聴衆は「日本らしさ」を感じるのでしょうか?

そして休憩なしでマーラーの6番。
P席(ステージ後方)で聴いたのですが、打楽器や金管楽器の妙技を間近で堪能しました。
もちろんオケ全体としても、素晴らしい演奏。
曲が終わったあと、10秒以上の沈黙があり、「フライングブラヴォー」はありませんでした。
会場は結構空席が目立っていたのがちょっと残念でしたが…。

ところで、マーラー6番で多くの人が注目する「ハンマー」は2発でした。
この「ハンマー」の打撃、作曲当初は5回叩くことになっていたものの、初演では3回に減らされ、その後さらに減って最近では一部の指揮者を除いて2発のことが多いようです。
IMG_ハンマー201702.JPG
写真のように、大型の木槌で何らかの「台」を叩くのですが、音よりは視覚的効果を狙ってのものだとの説が強いようです。

ところで、きのうのオケは『海外公演態勢』でコンサートマスターも各パートの首席奏者も2人ずつ。
これは旅行中に何らかの理由で1人が出演できなくなった場合に備えてなんでしょうね。
首席ティンパニ奏者がバスドラムやムチを担当する珍しい光景も見ることができました。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -