So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

『コントラバスもたまには独りで弾きます』【アンペルマン・デュエットを聴く】 [音楽]

毎年恒例になっているベルリン在住のコントラバス奏者、高橋徹さんの演奏会。
去年は11月でしたが、今年はきのうのピアノとのデュオを聴きに行きました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
AMPELLMANN DUETT
"Ein Kontrabaß spielt selten allein"「コントラバスもたまには独りで弾きます」
日時:2017年10月20日(金)18:45開演
会場:ラ・リール(東京・茗荷谷)
コントラバス:高橋徹
ピアノ:高橋礼子
曲目:J.S.バッハ ヴィオラ・ダ・ガンバ ソナタ第2番
   シューベルト 「アルペジオーネ・ソナタ」
   C.バッハ 「アダージョ」
   クーセヴィツキー 「アンダンテ」「悲しいワルツ」
   ボッテジーニ 「白日夢」「エレジー」
   ツェルニー 「華麗なワルツ」
   ラフマニノフ 「ヴォカリーズ」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【会場のラ・リール前の掲示】
img_高橋徹201710.jpg
(写真左上隅は指ではなく照明器具です。)

(去年も紹介しましたが)"Ein Kontrabaß spielt selten allein"「コントラバスもたまには独りで弾きます」というのは、高橋さんの師匠であるベルリンフィルのコントラバス奏者だったフリードリヒ・ウィット氏(Friedrich Witt)がソロコンサートを行う際のタイトルだったそうです。

相変わらず人柄の現れた誠実な印象の演奏。
全体に、だんだん指が回ってきた感じでした。

この種の演奏会・リサイタルは、同じ楽器の奏者がたくさん聴きに来るものですが、きのうはコントラバス奏者は少なそうでした。
高橋さんの交友の広さを反映しているのだろうと思います。

会場では、高橋さんが宣伝役を務める旧東ドイツの歩行者用信号のキャラクター、アンペルマンのグッズ販売もおこなれていていて、私も一つ買って帰りました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

地下鉄3本乗り継ぎバスターミナルへ【2017夏・中欧4カ国旅行記(17)】 [旅行・乗り物]

「『ドナウの真珠』ブダペストの夜景を堪能する【2017夏・中欧4カ国旅行記(16)】」から続きます。

旅行4日目。
ハンガリーの首都ブダペストを離れ、次の目的地に向かいます。
チェックアウト前にホテルで朝食。
IMG_5803朝食.JPG

当初、次の行き先へは、鉄道を利用しようと思っていたんですが、高速バスが速くて安いということが分かり、日本出発前に手配してあります。
地下鉄でバスターミナルへ向かいます。

まずは1号線で、デアーク・フェレンツ広場へ。
3本の地下鉄が交わっている、何度も乗り降りした駅です。
IMG_5804デアーク広場.JPG

3号線に乗り換えます。
1976年に開通したということで、建設は社会主義時代です。
IMG_5805地下鉄駅.JPG
IMG_5806地下鉄駅.JPG
IMG_5807地下鉄駅.JPG

車両は年季が入った印象。
なんとなく社会主義的なものを感じますが、そういう先入観があるからでしょうか…?
IMG_5808地下鉄列車.JPG
IMG_5809地下鉄列車.JPG

車内はこんな混み具合です。
(市の中心部から郊外方向の路線です。)
IMG_5810地下鉄車内.JPG
IMG_5811地下鉄車内.JPG

3駅ほど乗ったカルヴィン広場駅でさらに乗り換えます。
IMG_5814カルヴィン広場.JPG
IMG_5813地下鉄4号線.JPG

今度乗るのは4号線。
IMG_5812乗り換え案内.JPG

またも長いエスカレーター。
IMG_5815エスカレーター.JPG
IMG_5816カルヴィン広場.JPG

4号線は数年前に開通したということで、打って変わって真新しい駅です。
こんなに広くて清潔な駅は、世界でもそんなに多くないと思います。
IMG_5817地下鉄駅.JPG
IMG_5819地下鉄4号線.JPG
IMG_5820地下鉄4号線.JPG
IMG_5821地下鉄車内.JPG

こちらが路線図。
黄色=1号線、赤=2号線、青=3号線、緑=4号線です。
IMG_5823地下鉄路線図.JPG
これで、4つあるブダペスト地下鉄の路線に全部乗ったことになります。
緑の4号線の左下、終着のケレンフェルド鉄道駅(Kelenföld vasútállomás)で降ります。

(つづく)
nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

『ドナウの真珠』ブダペストの夜景を堪能する【2017夏・中欧4カ国旅行記(16)】 [旅行・乗り物]

「船上から夕焼けに染まるブダペストを眺める【2017夏・中欧4カ国旅行記(15)】」から続きます。

引き続きドナウ川クルーズの写真です。
ハンガリーの首都ブダペストは「ドナウの真珠」と呼ばれています。
その美しい街並みゆえですが、実は特に夜景が美しいことからそう呼ばれるのだとか。
ということで、午後7時出航のクルーズ船(食事なし・ドリンクのみ)に乗っています。

IMG_5780夕焼け.JPG

よい天気で、出発した時はきれいな夕焼けが見られましたが、だんだん日が落ちてきます。
こちらは前日に訪れた(外観だけを見学した)国会議事堂です。(少ししぼりを開けています。)
IMG_5773国会議事堂.JPG

月が昇ってきました。
IMG_5774国会議事堂と月.JPG

本当に絵になる建物で、川沿いに建っているので、船から間近に見られます。
IMG_5777国会議事堂.JPG

船内では数人の音楽家が演奏中。
ハンガリーの民族楽器「ツィンバロム」(ツィンバロン)も入っていて、ロマ音楽などを奏でています。
IMG_5779船内演奏.JPG

船は北上して、ルカーチ温泉の帰りに通ったマルギット橋のところへ。
IMG_5782マルギット橋.JPG

マルギット橋付近でUターンし、今度は南に向かいます。
ふたたび国会議事堂付近を通過。
IMG_5785国会議事堂.JPG
IMG_5786国会議事堂と月.JPG

くさり橋には美しい照明が。
IMG_5788くさり橋.JPG
IMG_5792くさり橋.JPG

午前中に登ったゲッレールトの丘も見えます。
IMG_5793ゲッレールトの丘.JPG
IMG_5794ゲッレールトの丘.JPG

この建物は国立劇場だそうです。
IMG_5795国立劇場.JPG

折り返して、ふたたびゲッレールトの丘。
IMG_5796ゲッレールトの丘.JPG

旧王宮も美しい姿を見せてくれます
IMG_5799旧王宮.JPG

出航した場所に戻ってきました。
最後にもう一回、国会議事堂を撮影して下船します。
IMG_5801国会議事堂.JPG

(つづく)
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

『人魚姫』はR.シュトラウス風の華麗な曲でした【新日フィルの『北欧プログラム』を聴く】 [音楽]

チケットを譲ってもらったので、久しぶりに新日フィルを聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
新日本フィルハーモニー交響楽団 第579回定期演奏会
サントリーホール・シリーズ<ジェイド>
【日本・デンマーク外交関係樹立150周年】
日時:2017年10月14日(土)14:00開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:上岡敏之(音楽監督)
独奏:清水和音(ピアノ)
曲目:ニールセン 序曲「ヘリオス」
   グリーグ ピアノ協奏曲イ短調
   ツェムリンスキー 交響詩「人魚姫」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_新日フィル201710.jpg

デンマークとの国交150周年ということで、北欧の国々に関係のある作品によるプログラム。

1曲目はデンマークの作曲家、ニールセンの「ヘリオス」です。
私自身は演奏したことがありませんが、交響曲第4番「不滅」はやったことあるので、どんな曲なのか大いに興味あるところ。
「ヘリオス」とはギリシャ神話の太陽の神。
ニールセンがギリシャに滞在中に作曲したそうです。
冒頭と一番最後が、低弦(チェロとコントラバス)で始まり、低弦で終わるのですが、なんとなく「日の出と日の入りを表しているのかな?」などと思いながら聴きました。

2曲目のグリーグの協奏曲は超有名・人気曲で、私も弾いたことがあります。
やはり「聴き慣れた曲は心地よいものだなあ」などと思いながら鑑賞。

そして後半は交響詩「人魚姫」。
ツェムリンスキーはウィーンで活躍した作曲家・指揮者で、ブラームスやシェーンベルクらと交友があったことで知られます。
また、マーラーと結婚する前のアルマ(・シントラー)に作曲を教え、交際していたことは有名です。
なので、作曲者は北欧とは直接関係ありませんが、この曲はデンマークの作家、アンデルセンの有名な物語「人魚姫」に題材をとっています。

演奏したことはなく、(たぶん)生で聴いたのも初めてですが、リヒャルト・シュトラウス的な華やかなオーケストレーションとなかなか面白い和声の進行に彩られた、華麗な曲でした。

プロのオーケストラの定期演奏会には珍しくアンコール(デンマークの作曲家ロンビの「シャンパン・ギャロップ」)の演奏され、演奏会は楽しく幕を閉じました。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

船上から夕焼けに染まるブダペストを眺める【2017夏・中欧4カ国旅行記(15)】 [旅行・乗り物]

「郊外電車に乗ってルカーチ温泉へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(14)】」から続きます。

ルカーチ温泉からトラムに乗ってホテルに戻ったあと、夕方になって出かけます。

そういえば、ホテルに戻ったら、ワルシャワ→ブダペストの乗り継ぎで出てこなかった家人の荷物も届いていました。
私のものより1日遅れた理由は謎です。

またも地下鉄1号線に乗車。(3日間に十数回乗ったと思います。)
IMG_5752地下鉄.JPG

聖イシュトヴァーン大聖堂は前日の朝に見たのが東側で、この写真は西側(ドナウ川側)から見たところです。
IMG_5753聖イシュトヴァーン大聖堂.JPG
IMG_5755聖イシュトバーン大聖堂.JPG

大聖堂近くのカフェ・ケール(Café Kör)というお店で夕食。
IMG_5758お店.JPG

トカイワイン(Tokaji wine)をいただきます。
ハンガリーのトカイ地区でつくられる貴腐ワインなんですが、思ったほど甘かったり濃厚だったりというわけではなく、飲みやすくてスッキリしています。
IMG_5756トカイワイン.JPG

メインディッシュは鴨肉のグリル。
ハンガリーは鴨肉やフォアグラの一大産地です。
IMG_5757鴨肉のグリル.JPG

食事の後は、近くにある旅行会社のオフィス前へ。
ここがドナウ川クルーズの集合場所になっています。
あらかじめ、この日の「ドリンク&クルーズ」を予約してあります。
IMG_5760クルーズ集合場所.JPG

集合場所から10分ほど歩いて、乗船場所へ。
こんな感じの結構大きな船です。
食事付きのコースもあるんですが、景色を見るにはドリンクだけの方がいいだろうと思い、こちらにしました。
料金は1人2,500円くらいです。
IMG_5761クルーズ船.JPG
IMG_5763クルーズ船.JPG

午後7時出航で、最初はまだ明るいんですが、だんだん日が落ちていきます。
とてもいい天気で、きれいな夕焼けが見られました。
川風に吹かれながら、ドナウ川沿いの王宮の丘など素晴らしい光景を堪能します。
IMG_5764夕焼け.JPG
IMG_5766夕焼け.JPG
IMG_5769夕焼け.JPG
IMG_5770夕焼け.JPG
IMG_5772夕焼け.JPG

(つづく)
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

郊外電車に乗ってルカーチ温泉へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(14)】 [旅行・乗り物]

「ゲッレールトの丘からのブダペストの眺望を堪能する【2017夏・中欧4カ国旅行記(13)】」から続きます。

午前中はゲッレールトの丘に登ったあと、昼食は近所のスーパーで買ったサンドイッチなどで簡単に済ませます。
その後、リスト音楽院の内部見学ツアーに参加しようと思ったのですが、行ってみたら工事のためツアーは休止中。

ということで、次の目的地、温泉に向かいます。
ハンガリーは知る人ぞ知る温泉大国で、ブダペスト市内に温泉施設が多数あります。

家人の荷物がまだ届いていなくて、水着がないので、こちらの地元の人向けらしい衣料品店で購入。
(かなり安かったみたいです。)
IMG_5750衣料品店.JPG

ドナウ川西岸にあるバッチャニー広場駅から郊外電車(H5)に乗車。
IMG_5735地下鉄.JPG

結構乗り心地よさそうな車両ですが、1駅で下車。
IMG_5734郊外電車.JPG

降りたのはマルギット橋駅
「マルギット」は13世紀のハンガリーの王女の名前(「マーガレット」のハンガリー語)だそうです。
IMG_5736マルギット橋駅.JPG
IMG_5737郊外電車.JPG
IMG_5738郊外電車線路.JPG

こちらは駅の出入り口。
電車はこの1区間は地下ですが、ここから北は地上を走っています。
IMG_5740駅出入口.JPG

こちらがマルギット橋。
ブダペスト市内を流れるドナウ川には4つの橋が架かっていますが、この橋が一番北側にあたり、マルギット島という川の中州を経由して川の両岸を結んでいます。
IMG_5739マルギット橋.JPG

目指すのは駅から徒歩5分程度のルカーチ温泉
駅から歩いて行くと、それらしきややくたびれた建物があるのですが、入り口がどこなのか、よく分かりません。
IMG_5742温泉.JPG
IMG_5748温泉.JPG

実はここから入場できたんですが、看板がよく分からずに通過。
IMG_5747.JPG

ドナウ川とは反対側(建物西側)にある入り口までぐるっと回って、ようやく入場します。
IMG_5744温泉.JPG


公共交通機関と主要観光施設に使える「ブダペスト・カード」を見せると入場無料。
通常はロッカー使用料込みで3,500フォリント(約1,700円程度)ということです。
IMG_5746.JPG

さすがに風呂の中(といっても水着着用なのでプールみたいですが)にはカメラは持ち込まなかったので、受付付近から撮った写真をアップします。
IMG_5745.JPG

上記写真の屋外のプールのほかに、屋内のお風呂やサウナ、マッサージルームなどがあって、飲泉もできます。
結局1時間半くらい滞在したでしょうか…。

帰りは郊外電車ではなく、トラムでホテル方面に戻ります。
IMG_5749トラム.JPG

こちらはホテル近くで撮影のトロリーバス。
日本では黒部峡谷にしか残っていないそうですが、ブダペストではこんなきれいなトロリーバスが走っていました。
IMG_5751トロリーバス.JPG

(つづく)
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ゲッレールトの丘からのブダペストの眺望を堪能する【2017夏・中欧4カ国旅行記(13)】 [旅行・乗り物]

「英雄広場そばのカジュアルな方のレストランで豚肉を食す【2017夏・中欧4カ国旅行記(12)】」から続きます。

さて、ようやく旅行3日目。
最初の訪問地、ハンガリーのブダペストには3泊するので、丸1日いるのはこの日が最後。
ここのホテル(K+K Opera)は朝食付きにしたので、朝からたっぷり食べます。
IMG_5710朝食.JPG

午前中はまず地下鉄1号線からトラム(路面電車)に乗り換え、ドナウ川の西岸、ブダ地区を目指します。
IMG_5711トラム.JPG
IMG_5712トラム.JPG
IMG_5714トラム車内.JPG

行き先は、王宮の丘の南側に位置するゲッレールトの丘
ドナウ川のすぐ西側あり標高235mだそうです。

トラムの停留所から徒歩で登ります。
停留所近くには温泉ホテルがあって、道からもこんな温泉(プール)が見えます。
IMG_5715温泉ホテル.JPG
途中は結構立派な住宅や公園があって、約30分で頂上に到着。

頂上付近からの眺望はこんな感じ。
ドナウ川やブダペスト市街を見渡すことができます。
IMG_5718ゲッレールト眺望.JPG
IMG_5719市内眺望.JPG

IMG_5726北側眺望.JPG
IMG_5723南側眺望.JPG

頂上付近には要塞(ツィタデッラ)があったり、第二次大戦後に建てられた「自由の像」という大きな女性像があります。
IMG_5720ゲッレールト像.JPG

ツィタデッラ近くにはソ連製の乗用車「ラーダ」が止まってたり…。
IMG_5717ラーダ.JPG

帰りはバスで丘を下ります。
IMG_5727チタデッラバス停.JPG
IMG_5728バス案内図.JPG

30分かけて登ったんですが、バスで下ると10分弱。
IMG_5729バス27番.JPG

バス停近くにはこんな「SUSHI店」が。
IMG_5732寿司店.JPG
IMG_5733プラネットすし.JPG
入っていないので、外観・看板だけです。

ちなみに、私は長期間、海外に滞在していても和食を恋しくはならない方で、日本食レストランや中華料理店には、特に理由がない限りほとんど入りません。
(家人はどちらかというと和食が恋しくなるたちですが…。)

(つづく)
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

堂々とした素晴らしいソロでした【地元でモーツァルトVn協奏曲を聴く】 [音楽]

きのうまでの3連休は友人・知人の出演する演奏会が多数開かれていたんですが、都合により我が家から近いこちらだけ聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
荻窪祝祭管弦楽団 第3回定期演奏会
日時:2017年10月9日(月・祝)19:00開演
会場:杉並公会堂小ホール(東京・荻窪)
曲目:モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調
  (ヴァイオリン独奏:山下真澄)
   ほか
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_荻窪祝祭管201710.jpg

ソリストの山下真澄さんは、中国・北京に住んでいた時代、娘が大変お世話になったヴァイオリンの師匠です。
ご主人は某官庁の偉い人で、家族ぐるみでお世話になり、長年お付き合いがあります。

ということで、きのうは娘夫婦と家人ともども、4人で伺いました。

普段はとてもやさしい穏やかな感じの女性なんですが、きのうの演奏はとても堂々としていて、頼りないオケを鼓舞する感じ。
とても素晴らしいソロでした。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

英雄広場そばのカジュアルな方のレストランで豚肉を食す【2017夏・中欧4カ国旅行記(12)】 [旅行・乗り物]

「国会議事堂を見て衣料品を緊急購入【2017夏・中欧4カ国旅行記(11)】」から続きます。

旅行2日目。
ブダペストに夕方到着して、翌日は朝からあちこち回ってます。
午後は、作曲家バルトークの記念館を訪れ、観光名所の国会議事堂を見てから、衣料品などを買い物。
夕方ホテルに戻ります。

部屋に入って見ると、ブダペスト空港到着時に出てこなかった(ロストバゲッジとなっていた)私の荷物が届いてました。
チェックイン時、ホテルのフロントに荷物紛失関係の書類を預けてあったので、ちゃんと運んでくれたようです。
IMG_5690届いた荷物.JPG
でも、実は届いたのは私のバッグだけで、家人のものはなし。
なので、家人の分の買い物は意味があったことになります。

一息入れて夕食のために外出。
またも地下鉄1号線に乗ります。
英雄広場駅で下車して地上に出ると、こんな乗り物が走ってます。
IMG_5693ビール自転車.JPG
ビールを飲みながらペダルを漕ぐ「ビアー・バイク」(ビール自転車)というやつですね。
ヨーロッパのあちこちの都市にあって、テレビでよく紹介されてますが、実物は初めて見たかも。
後ろの座席で漕ぐ人たちは酔っ払っても、運転手は飲まないので、法律上は問題ないようです。

さて、夕食の場所は午前中に外観とメニューなどチェックしてあったバゴイバールというレストラン。
ブダペストで最も格式の高い店の一つ、グンデルの系列で、よりカジュアルなお店だそうです。
IMG_5585バゴイバール.JPG(この写真は再掲)

店内はこんな感じで、ちゃんとテーブルクロスが敷かれていて、なかなかいい雰囲気です。
IMG_5696店内.JPG

まずはビール。
IMG_5695ビール.JPG

トマトサラダはこんな感じ。
IMG_5698トマトサラダ.JPG

メインは2日連続の豚肉。
お皿右側の赤い粉がかかっているのが豚肉のグリルです。
IMG_5697豚肉のグリル.JPG
大変おいしゅうございます。

デザートも注文、チョコクレープとメランジェ(メレンゲ)と呼ばれるミルク入りコーヒー。
IMG_5700チョコクレープ.JPG
IMG_5699コーヒーメランジェ.JPG
実は、入店してから食事を終えて店を出るまで、ほかのお客さんはゼロ。
日曜日だからか、それともちょっと街の中心部から距離があるからでしょうか…。

こちらは夜の英雄広場。
IMG_5702夜の英雄広場.JPG

帰りも地下鉄1号線に乗ります。
IMG_5705地下鉄案内板.JPG
IMG_5707地下鉄.JPG

(つづく)
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

高い演奏レベルの大熱演でした【マレーシアフィルを聴く】 [音楽]

きのうは久しぶりのオペラシティでした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
平成29年度(第72回)文化庁芸術祭主催公演 アジア オーケストラ ウィーク 2017
マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団
日時:2017年10月6日(金)19:00開演
会場:東京オペラシティ コンサートホール(東京・初台)
指揮:古澤直久(専任指揮者)
独奏:テングク・イルファン(ピアノ)
曲目:武満徹「弦楽のためのレクイエム」
   ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」
   ヴィヴィアン・チュア「栄光の頂点」(マレーシア・フィル2017年委嘱作品)
   ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_マレーシアフィル201710.jpg

指揮の古澤さんは元々このマレーシア・フィルのコントラバス奏者で、最近専任指揮者(レジデント・コンダクター)に就いたのですが、毎年年末にはMAXフィルというプロ・アマ混成を指揮して、ベートーヴェン「第九」の演奏会を開催しています。

マレーシア・フィルは世界中からオーディションで選ばれた音楽家から成るアジア有数のオーケストラですが、初めて聴きました。

1曲目は武満の「弦楽のためのレクイエム」。
オペラシティのコンサートホール(大ホール)は「タケミツ・メモリアル」をいう名を冠しているので、それにちなんだ選曲でしょうか。
不協和音が連続する、物悲しくてちょっと不安な感じを覚える曲ですが、とてもレベルの高い演奏でした。

2曲目「皇帝」のソリストはマレーシア出身の19歳、テングク・イルファン。
現在はアメリカで音楽を学んでいるそうです。
若干『線が細い』感じもなきにしもあらずですが、とても立派な演奏でした。

3曲目はマレーシアの女性作曲家による新作。
本当は合唱なども入っているそうですが、きのうはオケだけの演奏。
壮大なスケールの聴きやすい曲でした。

最後はベートーヴェン7番(通称『ベトシチ』)。
テンションの高いマエストロ古澤の棒によく反応した、大熱演でした。
第4楽章は最初、「その速いテンポで大丈夫か?」と思いましたが、さすがの高い技術レベルを持った奏者たちは、よく食らいついていました。

日本や中国、韓国などに比べると、クラシック音楽に親しむ人たちの割合はまだそんなに高くないだろうと想像しますが、こうしたハイレベルのオーケストラが活動を続けていけば、国全体のクラシック人口も増えていくでしょうし、オケの団員もマレーシア出身者の割合が高まっていくのではないかと思いました。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -