So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

前門大街から横丁を散策する【2017北京小旅行記(10)】 [旅行・乗り物]

「前門の老舗『都一処』でシュウマイを食す【2017北京小旅行記(09)】」から続きます。

北京の中心、前門にあるシュウマイの老舗「都一処」でお昼をいただいたあとは、前門大街(大通り)付近を散策します。
IMG_5372前門大街.JPG


まずは、都一処の隣にあるお茶屋さん「呉裕泰」でソフトクリームを購入。
名物だということでかなりの長い行列です。
IMG_2421呉裕泰.jpg
IMG_2419呉裕泰.jpg

前述のように前門大街はかなり再開発が進んでいます。
(ちょっとテーマパークの作り物の街みたいです。)
マクドナルドはこんな感じ。
IMG_2423マクドナルド.jpg

大通りと交わる横丁も整備が進んでいます。
IMG_2416路地.jpg
IMG_2424横丁.jpg
IMG_5375横丁.JPG

「雪梨湯」という飲み物を売ってます。
梨や白キクラゲ、棗(なつめ)、クコ、氷砂糖が入っているということで、体にいい「薬湯」の一種みたいです。
IMG_2417雪梨湯.jpg

前門を離れ、西の琉璃廠方面に歩きます。
観光客の来ないエリアでは、昔の街並みが残っています。
「胡同」(フートン)と呼ばれる狭い路地入り組んでいます。
IMG_2429胡同.jpg

途中にこんな看板が。
お店はやってませんが、ベルギービールなどが売り物らしく、ヨーロッパ人が経営しているようです。
IMG_2426ベルギービール.jpg

(つづく)
nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

前門の老舗『都一処』でシュウマイを食す【2017北京小旅行記(09)】 [旅行・乗り物]

「『鳥の巣』と不思議な形のIBMビル【2017北京小旅行記(08)】」から続きます。

万里の長城とオリンピックスタジアム「鳥の巣」を訪れたところで、時間はお昼過ぎ。
車は午前8時から6時間チャーターしてあって、「万里の長城(八達嶺)および北京市内」であれば好きなところに行っていいことになっています。

いろいろ考えましたが、北京の真ん中、天安門広場の南の端から伸びる前門大街に行くことにします。

こちらが前門大街。
6年前にも来ましたが、観光客向けに街並みの整備・再開発が行われています。
IMG_2400前門.jpg
IMG_2401前門.jpg
IMG_5358前門工事中.JPG
なんだかテーマパークの中の作り物の街のような感じがしますね。

さて、お昼ご飯ですが、有名なシュウマイのお店に入ります。
「都一処」という老舗です。
なんでも、清の乾隆帝時代の1738年創業だそうです。
IMG_5367都一処.JPG

「都一処」という店名は乾隆帝が命名したそうで、お店に肖像が掲げられています。
IMG_5365皇帝.JPG

万里の長城を登り降りして喉が渇いているので、とりあえずのビール。
燕京ビールという北京の銘柄。
(「燕京」は北京の別名です。)
IMG_5360燕京ビール.JPG

ビールのお供は揚げ肉団子とブロッコリー。
どちらも美味しいんですが、特に肉団子が絶品です。
IMG_5362肉団子&ブロッコリ.JPG

そして、名物のシュウマイ。
こちらも期待を裏切らない味です。
IMG_5363シュウマイ.JPG

(つづく)
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

『鳥の巣』と不思議な形のIBMビル【2017北京小旅行記(08)】 [旅行・乗り物]

「万里の長城から『スライダー』で降りると『熊楽園』が【2017北京小旅行記(07)】」から続きます。

万里の長城(八達嶺)での観光を終え、チャーターしてあるワゴン車で次の目的地に向かいます。
長城でどれくらい時間がかかるかがハッキリしなかったので、どこに行くか決めてませんでしたが、まだお昼前なので、もう1カ所くらい観光できそう。

ということで、運転手に「奥運会体育場へ」とお願いします。
「奥運会」とは「オリンピック(奥林匹克)」のことです。
北京市内の北部にあるので、八達嶺から市内に戻る経路沿いです。
IMG_2386奧林匹公園案内図.jpg

ちょっと見通しが悪いですが、PM2.5なのか、それとも春霞か…。
付近には観光バスがたくさん駐車していて、観光客が結構います。(ほぼすべて中国人のもよう。)
写真右に見える青い乗り物は、移動用のカートです。
IMG_2394鳥の巣.jpg
IMG_5353鳥の巣.JPG
IMG_5354鳥の巣.JPG
IMG_5357鳥の巣.JPG

これらの像は北京オリンピックのマスコットですかね…?
(考えてみるともう9年前ですから、忘れてしまうのも無理はないというか…。)
img_2389マスコット赤.jpg
img_2393マスコット緑.jpg

そして、以前もアップしたと思いますが、すぐ近くにこんなビルが…。
炎(聖火?)をかたどっているでしょうか?
IBMのビルだそうです。
IMG_5355IBMビル.JPG
IMG_5356IBMビル.JPG

【追記】
知人から情報をもらいました。
ビルの形は龍をかたどっているそうです。
そう言われれば確かにそう見えますね。
(つづく)
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

演奏会"PROJECT B 2017"終了しました [音楽]

小生が主宰・指揮しておりますPROJECT Bオーケストラの第5回演奏会"PROJECT B 2017"が昨日開催されました。

img_PB2017ステリハ01.jpg
【当日リハーサルの様子】

ベートーヴェン交響曲第3番「英雄」&ピアノ協奏曲第5番「皇帝」という重量級のプログラムで、個人的反省点はたくさんありますが、オーケストラメンバーやスタッフの皆さんのおかげで、大変いい演奏会になりました。
皆さまに心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。

次回演奏会は来年4月1日に開催いたします。
今後ともPROJECT Bオーケストラをよろしくお願いいたします。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

万里の長城から『スライダー』で降りると『熊楽園』が【2017北京小旅行記(07)】 [旅行・乗り物]

「20年ぶりに万里の長城へ【2017北京小旅行記(06)】」から続きます。

中国人の「お上りさん」で混雑する万里の長城(八達嶺)。
一応みんなが行く場所あたりまでは登ったので、そろそろ下山します。

事前に聞いていたのですが、途中から「スライダー」なるものに乗って一気に滑り降りることができます。
徒歩で降りるのも混雑していますし、結構疲れたので、そのスライダーに乗ることに。
乗り場が途中にあって、1人80人民元(約1,500円)といい値段です。
中国語では「滑車」というようです。
IMG_2357スライダー券.jpg

こんな感じで、遊園地のコースター乗り場みたいになっています。
IMG_5336スライダー.JPG

動力は付いていないようで、ひたすら滑り降りていきます。
IMG_5340スライダー.JPG
IMG_5342スライダー.JPG
IMG_5344スライダー.JPG
全長どれくらいあるのか分かりませんが、乗っていたのは3~4分ほどでしょうか。
結構長く感じました。

先頭には係のおじさんが乗っていて、ブレーキを操作しているようです。
IMG_2371スライダーおじさん.jpg
上りも乗ることができて、下りとは違って1人(1台)ずつ動くそうです。
(どういう仕組みかは分かりませんが、たぶんジェットコースターなどと同様、上りはレールの下にワイヤーかチェーンのようなものがあって、引っ張るんでしょうね。)

スライダー降り場近くには売店があります。
長城の上には飲食物を売るところはないので、降りたところで飲み物や小腹を満たすものがみんな欲しくなるんでしょうね。
私たちも小籠包を買って分けます。
IMG_2372売店.jpg
IMG_2377小籠包.jpg
IMG_2378小籠包.jpg

そして、近くにはなぜかクマがいます。
「熊楽園」という施設ですが、昔からあったような気がします。
かつては高速道路がなかったので、一般道をクネクネ上って来ていたんですが、その途中で見かけたような覚えが…。
(でも中を見たことはないと思います。)
IMG_2373クマ.jpg
IMG_2375クマ.jpg

スライダーの降り場から、ロープウェー(ゴンドラ)に乗ったメインの駐車場までは数百メートル歩きます。
途中、万里の長城を模した門があって、「八達嶺」の石の看板があります。
このあたりは昔から変わらないような気がします。
IMG_5352八達嶺.JPG
IMG_5351八達嶺.JPG

(つづく)
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

新シーズンはハイドン&マーラーで幕開け【読響マチネーを聴く】 [音楽]

きのうは読売日本交響楽団の日曜マチネーシリーズを聴きに池袋東京芸術劇場へ。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第196回日曜マチネーシリーズ
日時:2017年4月9日(日)14時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:シルヴァン・カンブルラン(常任指揮者)
曲目:ハイドン 交響曲第103番変ホ長調「太鼓連打」
   マーラー 交響曲第1番ニ長調「巨人」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響201704.jpg

4月から新しいシーズン(年度)が始まりました。
昨シーズンはステージ横の席だったんですが、サントリーのP席に比べるとオケのバランスが良くなかったので、今回から3階席に変えました。
周辺は少し空席があって、私の隣も片方は空いてました。

さて、初回はハイドンとマーラーというおなじみの作曲家の曲です。
コンサートストレスに萩原尚子さん、ソロ・チェロに遠藤真里さんという、新しくポストに就いた女性お2人がご出演。

「太鼓連打」は演奏したことがないので、詳しいことは分からないんですが、実は難しい曲のように思えました。
特にトランペットはハイトーンの連続のようでしたが、こんど時間があったらスコアを見てみようと思います。

一方の「巨人」は去年7月にも演奏したばかり。
非常にオーソドックという印象で、充実した演奏でした。
第3楽章のコントラバスはソロ(1人で演奏)。
ひところは「コントラバス全員で」という演奏が多かったのですが、最近減りました。
「マーラー協会校訂版が『パートソリ』(コントラバス全員で演奏)となっている」という話でしたが、やってみたらあまり演奏効果が良くないということなんでしょうね。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

20年ぶりに万里の長城へ【2017北京小旅行記(06)】 [旅行・乗り物]

進化した『雑技』と北京ダック【2017北京小旅行記(05)】」から続きます。

北京訪問2日目。
この日は、朝から北京観光の定番スポット、万里の長城に向かいます。
約20年ぶりの長城。
こちらは泊まっているケンピンスキー・ホテル。
IMG_5317ケンピンスキー.JPG

車は日本からネットで手配してあります。
4人いるので、普通の乗用車だと長時間の乗車は厳しいと思い、ワンボックスカーを手配。
6時間チャーターしてあります。
IMG_5319ハイエース.JPG

1時間ほどで八達嶺に到着。
北京郊外には万里の長城を観光できる場所が何カ所かあるんですが、八達嶺がもっとも「老舗」で今でも一番人気のようです。

万里の長城観光というと、かなりの急坂を登ったり降りたりしなければならないですが、こんなロープウェーというかゴンドラで途中まで行くことができます。
私が駐在していたころにできたので、当時一度だけ乗ったことがあります。
IMG_5321ゴンドラ.JPG
IMG_5325ロープウェー.JPG

万里の長城は石かレンガでできた壁の上を歩くことができるようになっていて、幅は3〜4mでしょうか。
かなりの混雑ぶりです。
IMG_2325長城.jpg
IMG_5326長城.JPG

山の傾斜に沿って延々と続くわけですが、ところどころ「付近では一番高い地点」があって、そこは満員電車のような状態。
外国人は少なくて、ほとんどが北京以外からやって来た中国人観光客。
要するに「お上りさん」ですね。
駐車場も、地方ナンバーのバスばかりです。
IMG_5327長城.JPG
IMG_5328長城.JPG
IMG_2326長城.jpg

(つづく)
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

進化した『雑技』と北京ダック【2017北京小旅行記(05)】 [旅行・乗り物]

「『北京の表参道』こと三里屯を歩く【2017北京小旅行記(04)】」から続きます。

お昼過ぎに北京に到着して、お昼はギョーザとビール。
「北京の表参道」こと三里屯を歩いた後は雑技を見に行きます。

「雑技」とは中国的サーカス・アクロバットのこと。
驚異の身体能力・柔軟性を惜しげもなく披露してくれます。
見るのは約20年ぶりです。

場所は朝陽劇場という専用のホール。
三環路という幹線・環状道路沿いにあります。
(住んでいたころもここで雑技を見たことがあります。)
IMG_5311朝陽劇場.JPG
(上部の「城市庄園〜」とあるグレーの看板は広告です。)

内部はこんな感じ。
赤いシートが中国的です。
IMG_2281朝陽劇場内部.jpg
IMG_5309朝陽劇場.JPG

残念ながら演技中の写真はないんですが、かつて見たときよりも進化している印象。
ステージの背景に「プロジェクションマッピング」的な映像が投影されていたのですが、以前はなかったと思います。
また、演技そのものも洗練されています。
カナダのエンターテインメント集団、「シルク・ド・ソレイユ」も雑技の要素を取り入れていますが、逆に雑技の方も”フィードバック”を受けているのではないでしょうか?
音楽や道化を除いて、「シルク・ド・ソレイユ」と共通する部分がかなりあるのではないかと思います。

雑技の公演は1時間ほどで終了。
そろそろ夕食の時間なので、北京ダックを食べに行くことにします。

劇場近くの三環路付近はビジネス街になっていて、高層ビルが林立しています。
IMG_2286三環路ビル街.jpg
IMG_2290三環路付近ビル街.jpg

到着したのは「果果私房ダック」というお店。
(「房」は中国語で「部屋」なので、「私房」は「個人の部屋」といった意味になります。)
比較的新しいお店のようですが、ガイドブックにも載っていて、入ってみると場所柄か外国人のお客さんの比率が高いようです。
IMG_5316果果北京ダック.JPG

北京ダックは美味しいのですが、途中何度も停電するので、ちょっと不便。
(オフィス街のビルの1階にあるのに、なんで停電になるのかは不明。)
ダックの味はまあまあです。
IMG_5315北京ダック.JPG

お店の隣にセブン・イレブンがあるので、翌朝の朝食を購入。
パン類なんかはほとんど日本と同じですね。
IMG_2298セブンイレブン.jpg

おでんも置いてます。
IMG_2297セブンイレブン.jpg

タクシーでホテルに戻って、初日のスケジュールは終了です。

(つづく)
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

職場の玄関ロビーで桜の花の香りに癒される [日記・身辺雑記]

花見に行くヒマがないんですが…。

img_CXロビー20170405.jpg

職場の玄関に桜の花が飾られています。
巨大です。
ロビーは甘い花の香りで満たされています。

屋外では桜の花の香りを意識したことないんですが、閉ざされた空間だとこんなに強烈に感じるものなんですね。
ようやくやってきた春を感じ、なんだか癒されるというか、心がほぐされる気がします。
タグ: 花見
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「世界史までわかる日本史」「不愉快なことには理由がある」「東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか」=読み終わった本(2017.03) [読書]

「読み終わった」リスト(備忘録)、2017年3月分です。

▼読み終わった本
*「一気に同時読み! 世界史までわかる日本史」
島崎晋・著、SB新書


歴史、特に世界史は興味があるので、期待して買いました。
帯には「大化の改新の頃、ササン朝が滅んだ」「秀吉が関白の頃、無敵艦隊が敗れた」という例が載っています。
なかなか面白い本でしたが、期待したほどではないかな…という感じ。
でも、歴史に興味のある方にはお勧めです。

▼読み終わった本
*「不愉快なことには理由がある」
橘玲・著、集英社文庫

不愉快なことには理由がある

不愉快なことには理由がある

  • 作者: 橘 玲
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/23
  • メディア: 文庫

雑誌に連載されたエッセイが単行本化され、さらに文化になったもの。
橘氏の本は最近何冊か読んでいますが、これも政治や社会問題について、「分かっているけど改めて言われると愕然とする」という事実を突きつけてくれます。

▼読み終わった本
*「バカが多いのには理由がある」
橘玲・著、集英社文庫

バカが多いのには理由がある

バカが多いのには理由がある

  • 作者: 橘 玲
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 文庫

上記の本の『続編』。
政治や経済、社会、心理などについて「不都合な真実」を教えてくれます。
まあ、人間社会には「いけないとは分かっていても改められない」ということは多いですよね。
たばこ一つとっても「喫煙家の権利を守れ」という人が一定数いるように…。

▼読み終わった本
*「東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか」
東京地下鉄研究会・著、洋泉社

東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか

東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか

  • 作者: 東京地下鉄研究会
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/02/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今年は日本初の地下鉄が上野〜浅草間に開通してから90周年。
東京での地下鉄建設・整備は終了してはいますが、多くの路線の歴史を見てきましたし、改良・改善の工事は続いています。
「銀座線新橋駅の『幻のホーム』」とか「都営三田線の東武東上線への乗り入れ計画」など、知っている話が多かったんですが、改めて読むと「なるほど」と思うことがたくさんありました。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -