So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

『田園』の着想を得た小川のほとりの散歩道へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(42)】 [旅行・乗り物]

「『ハイリゲンシュタットの遺書』を書いた家へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(41)】」から続きます。

引き続きウィーンの郊外、ハイリゲンシュタットをうろうろしています。
「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いた家などを見た後は、少し移動して次の場所へ。

途中「ヌスドルフ」というトラムの終点があります。
(近くには鉄道=Sバーンの同名の駅もあります。)
日本の路面電車と違って、運転台は片方にしかないので、終点はループ線になっていて、電車はぐるっと回って方向転換します。
IMG_6380トラム.JPG

次に向かったのはこの近くの「ベートーヴェンの散歩道」です。
こちらは、「ベートーヴェン通り」と「エロイカ通り」の交わるところにある表示。
IMG_6381ベートーヴェンの小道とエロイカ通り.JPG

道路沿いには住宅が立ち並んでいます。
「ベートーヴェン通り2番地」の住居表示。
IMG_6383ベートーヴェン小路2番地.JPG

そして、この通りに沿って「小川」が流れています。
シュライバーバッハ(Schreiberbach)という名前の川ですが、このあたりはベートーヴェンがよく散歩していました。
この風景を見て、交響曲第6番「田園」の着想を得たとされています。
「田園」の第2楽章は、「小川のほとりの情景」という副題が付けられていて、まさにこの小川を描写したものだということです。
IMG_6384ハイリゲンシュタット.JPG
IMG_6385ハイリゲンシュタット.JPG
IMG_6390ハイリゲンシュタット.JPG
IMG_6392ベートーヴェン小路看板.JPG

以前も来たことがあって、初めて見たときは「田園というよりは雑木林だなあ」と思いました。
「田園」というと、田んぼや畑が広がっているようなイメージをなんとなく持っていたので…。

通りから少し目を転じるとこのような丘になっています。
現在は住宅街になっていますが、ベートーヴェンの時代はもっとのどかな光景が広がっていたんでしょうね。
IMG_6397ハイリゲンシュタット丘.JPG

付近には「ベートーヴェン公園」があって、こんな胸像が立っています。
IMG_6394ベートーヴェン像.JPG

(つづく)
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

『ハイリゲンシュタットの遺書』を書いた家へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(41)】 [旅行・乗り物]

「ベートーヴェンゆかりのハイリゲンシュタットへ【2017夏・中欧4カ国旅行記(40)】」から続きます。

「ベートーヴェンは引っ越し魔だった」という話は書きましたが、ウィーン郊外のハイリゲンシュタット地区の中にも、「ベートーヴェンが暮らした家」が何軒もあります。

その中で一番『有名』なのが、「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いたこちらの家です。
IMG_6360遺書の家.JPG
IMG_6361遺書の家.JPG
IMG_6367ベートーヴェンの家1817.JPG
IMG_6368ベートーヴェンの家.JPG
ベートーヴェンは若い頃から耳の不調に苦しんでいましたが、1802年、32歳のころ、身内(弟やおい)に宛てて『遺書』を書きました。
それが「ハイリゲンシュタットの遺書」で、難聴についての絶望や人生の苦しさなどを綴っていますが、その後も作品を生み出し続けました。
この「遺書」は、あたかも芸術についての決意を新たにしたかのような時期に書かれており、その意味でも重要とされています。

その「遺書の家」の近くには、「ホイリゲ」(ウィーン独特のワイン酒場)が何軒もあるんですが、そのうちの1軒にはベートーヴェンが住んでいたことがあるそうで、それを誇るかのような看板が掲げられています。
IMG_6370ホイリゲ.JPG
IMG_6371ベートーヴェン看板.JPG
IMG_6372マイヤー看板.JPG

付近の道は「エロイカ通り」と名付けられています。
(「エロイカ」は交響曲第3番の『副題』)
IMG_6373エロイカ通り.JPG

そして、ハイリゲンシュタット地区にあるもう1軒の「家」がこちら。
「1817年夏に住んでいた」ということですから、ベートーヴェンは46歳くらい。
IMG_6376ベートーヴェンの家.JPG
IMG_6378ベートーヴェン1817年夏.JPG
IMG_6375ベートーヴェンの家.JPG
IMG_6379家外観.JPG

(つづく)
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

ブラームスは落ち着いた好演でした【フルシャ=都響を聴く】 [音楽]

きのうは久しぶりに東京都響を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東京都交響楽団 第844回 定期演奏会Aシリーズ
日時:2017年12月11日(月)19:00開演
場所:東京文化会館大ホール(東京・上野)
指揮:ヤクブ・フルシャ(首席客演指揮者)
曲目:ドヴォルザーク 序曲「オセロ」
   マルティヌー 交響曲第2番
   ブラームス 交響曲第2番 ニ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_都響201712.jpg

都響は定期会員ではないんですが、マエストロ・インバル指揮のマーラー・チクルスなど折に触れて聴いています。

ヤクブ・フルシャはチェコ出身で都響のプリンシパル・ゲスト・コンダクター(首席客演指揮者)ですが、今度の土曜日(12月16日)の演奏会を最後にそのポストを離れるということで、きのうと土曜日がいわば「卒業公演」的な位置づけ。
東京文化会館大ホールは約2,300席ありますが、かなりの客入りでした。

1曲目はドヴォルザークの「オセロ」。
演奏したことがない曲で、聴くのもほぼ初めて。
金管や管楽器の弱音が印象的な曲でした。

2曲目もドヴォルザークと同じチェコの作曲家、マルティヌーの交響曲第2番。
バルトーク(ハンガリー出身の作曲家)の作品に似ているなあ、と思って聴いたんですが、作られたのが第二次大戦中ということで、バルトークの活躍した時期を重なります。
やはり共通点があるんですね。

そして、後半はブラームスの2番。
今年7月に私自身演奏したばかりですが、そのときの録画を見ると、ちょっと心残り。
それに比べれば、とても落ち着いたテンポの演奏で、個人的には好みでした。
遅いテンポゆえでしょうか、第2楽章でちょっとオケの集中力が切れたような箇所がありましたが…。

ところで、プログラムに挟まれた紙や、場内アナウンスで「指揮棒が降りてから拍手してほしい」旨、何度も注意がありました。
幸い「フライングブラボー」おじさん(曲が終わっていないのに声を上げる男性)はいなかったんですが、近くの席に、演奏中ノートに詳細にメモを取っている男性がいて、若干気になりました。
音楽評論家というわけではなさそうでしたが、何もメモしてるんでしょうね…。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

年末の定番曲と言えば・・・『くるみ割り人形』なんです【新宿交響楽団演奏会を聴く】 [音楽]

最近、ほとんどの週末に言えるんですが、きのうも聴きに行きたい演奏会がプロ・アマ含めいくつも重なっていました。
結局、1つはリハーサルを見学させてもらったので、家人が賛助出演するこちらを聴きに。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
新宿交響楽団 第54回定期演奏会
日時:2017年12月10日(日)14:00開演
会場:新宿文化センター大ホール (東京・東新宿)
指揮:小松拓人
語り:茂木亜希子
曲目:ジョン・ウィリアムズ 映画「スター・ウォーズ」組曲
   チャイコフスキー 音楽ものがたり(バレエ音楽)「くるみ割り人形」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_新宿交響楽団201712.jpg

前半は、映画「スターウォーズ」の有名な曲を集めた組曲。
「スターウォーズ」の音楽と言えば、金管楽器が華々しく活躍することで知られていますが、きのうは金管に加え、打楽器も盛り上げていました。

後半はチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」

この「くるみ割り人形」、クリスマスイブの夜に起きるファンタジーに満ちた物語なんです。

日本だと、「年末は『第九』(ベートーヴェン交響曲第9番)」が大定番になっていますが、ヨーロッパではこの「くるみ割り人形」や、バッハのミサ曲などを演奏することが多いそうです。

「くるみ割り人形」」では、世界のいろんな国の踊りが出てきたり、有名な「花のワルツ」など、親しみやすい曲満載。
きのうは、バレエはない代わりに、語り(朗読)付きでした。
来場者は年配の人が多かったようですが、子供たちも楽しんでいるようでした。

そういえば、(脈絡ないですが)ロックグループ、エマーソン・レイク&パーマーが「くるみ割り人形」を演奏していたのを思い出しました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ベートーヴェンゆかりのハイリゲンシュタットへ【2017夏・中欧4カ国旅行記(40)】 [旅行・乗り物]

「市庁舎とシュテファン大聖堂とターフェルシュピッツ【2017夏・中欧4カ国旅行記(39)】」から続きます。

ウィーン中心部のバイスルでランチをいただいたあと、いったんホテルへ。
ドブリンガーで買い込んだ楽譜が結構重いので、置きに戻るためです。
シュテファンプラッツ駅から地下鉄でウィーン中央駅へ。
IMG_6342シュテファンプラッツ.JPG
IMG_6343地下鉄.JPG

一息いれたあと、中央駅構内のカフェでお茶。
エッグタルトとともに。
去年の夏休みにいったポルトガルが早くも懐かしい…。
IMG_6344エッグタルト&コーヒー.JPG

午後の目的地に向かうため、まず地下鉄1号線でドナウ川に近いシュヴェーデンプラッツ駅へ。
そこで4号線に乗り換えます。
IMG_6345シュヴェーデンプラッツ.JPG

目的地はハイリゲンシュタットです。
IMG_6346ハイリゲンシュタット方面.JPG
IMG_6347シュヴェーデンプラッツ.JPG
IMG_6348ハイリゲンシュタット行き.JPG
IMG_6350地下鉄.JPG

ハイリゲンシュタット駅に到着。
IMG_6353地下鉄.JPG
IMG_6351ハイリゲンシュタット.JPG

バスで目的地に向かいます。
まず訪れたのは、こちらの住宅。
ベートーヴェンが住んでいた家です。
IMG_6356家外観.JPG
IMG_6354ベートーヴェンの家.JPG

1808年にこの家に住んでいたということで、内部の見学もできるはずなんですが、残念ながら閉鎖中。
IMG_6355ベートーヴェン1808年.JPG
IMG_6357閉鎖中表示.JPG
IMG_6359ベートーヴェンの家.JPG

読者の皆さんはお気づきのように、この日の午前中もベートーヴェンの住んでいた家(パスクァラティハウス)を訪れました。
ベートーヴェンは『引っ越し魔』で、年に1〜2回転居していたそうです。
ハイリゲンシュタットは当時は『避暑地』だったことから、ベートーヴェンは夏の時期はこの地域にある家に滞在することが多かったんですが、ハイリゲンシュタットの中でも何カ所も引っ越ししています。

(つづく)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

時の流れを感じさせられる演奏会でした【日フィル12月東京定期を聴く】 [音楽]

きのうは日フィル定期を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第696回 東京定期演奏会
日時:2017年12月8日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:井上道義
独奏:渡邉康雄(ピアノ)
曲目:ラヴェル「マ・メール・ロワ」(組曲版)
   八村義夫 ピアノとオーケストラのための「錯乱の論理」
   ベルリオーズ「幻想交響曲」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201712.jpg

マエストロ井上は、以前何度か振っていただいたことがあって、とても好きな指揮者の1人です。
エネルギッシュで、オケをぐいぐい引っ張るような指揮ぶりが印象に残っています。

きのうの1曲目は「マ・メール・ロワ」。
おとぎ話に題材をとった組曲で、私自身、近く演奏する予定なので、興味深く聴きました。
(「さすがプロ」という感想が第一ですが…。)

2曲目は1974-75年ごろに作られた「錯乱の論理」。
いわゆる前衛的な曲で、私は「実験」として聴くことにしています。
感想は、この短い曲(10分弱)のためにあれだけの楽器(特に打楽器)や奏者を手配するのは大変だろうな、というものでした。

後半はベルリオーズの「幻想交響曲」。
超有名・人気曲ですが、実は中学校3年のとき、第4楽章(「断頭台への行進」)を吹奏楽コンクールの自由曲として演奏しました。
(実は、そのときの吹奏楽部の同級生が1人、日フィルに在籍していて、きのうもステージで演奏してました。)
オーケストラでも演奏経験が何度かあり、よく知っている部類の曲です。

マエストロ井上の指揮は、相変わらずとってもエキサイティングで、なんだかワクワクする演奏でした。
演奏終了後、マエストロがマイクを手に、自分の日フィル・デビューが「幻想交響曲」だったことを説明。
その後、この曲は振らないようにしていたが、久しぶりに取り上げて、いい演奏になったと思う、と語って、万雷の拍手を浴びていました。

同級生の姿や、マエストロの説明に、時の流れを改めて感じさせられる演奏会でした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

市庁舎とシュテファン大聖堂とターフェルシュピッツ【2017夏・中欧4カ国旅行記(39)】 [旅行・乗り物]

「ベートーヴェンの家を訪問する【2017夏・中欧4カ国旅行記(38)】」から続きます。

時系列的にちょっとだけ前後しますが、「ベートーヴェンの家」に行く前に通ったのはウィーン市庁舎(市役所)
写真のような壮麗な建物です。
IMG_6288市庁舎.JPG
IMG_6291市庁舎.JPG
IMG_6293市庁舎.JPG
IMG_6295市庁舎.JPG
1870年代に建てられたそうですが、当時のウィーンの街やオーストリア(ハプスブルク家)の繁栄ぶりをうかがわせますね。

こちらは、市民公園→市役所の移動の際に乗ったトラム。
昔の城壁を壊して建設した「リング」という環状道路があって、トラムはその道路沿いに走っているんですが、環状線として運行しているわけではありません。
IMG_6286トラム.JPG
IMG_6287トラム.JPG


そして、「ベートーヴェンの家」のあと、ちょっとだけバスに乗って向かったのが、ウィーンの象徴、シュテファン大聖堂です。
(中には入りませんでした。)
IMG_6330シュテファン大聖堂.JPG
IMG_6333シュテファン大聖堂.JPG

その近くにある「ペスト記念塔」
ペストの流行が終息したのを記念したものだそうです。
IMG_6328ペスト記念柱.JPG

シュテファン大聖堂の近くにある世界的に有名な楽譜屋さん、ドブリンガーにも行きました。
IMG_6339ドブリンガー.JPG
IMG_6340ドブリンガー看板.JPG

そして、ドブリンガーのお隣にあるバイスル(庶民的食堂)でお昼ご飯。
「昼からビール」は夏休みの『特権』ですね。
IMG_6335ビール.JPG

食べたのはオーストリア名物の一つ、ターフェルシュピッツ
厚切り(というより塊?)の牛肉を煮込んだものです。
IMG_6336ターフェルシュピッツ.JPG

(つづく)
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ベートーヴェンの家を訪問する【2017夏・中欧4カ国旅行記(38)】 [旅行・乗り物]

「公園のブラームス像と対面する【2017夏・中欧4カ国旅行記(37)】」から続きます。

ウィーンの市民公園を後にして、次の目的地に向かいます。

いろいろ回るんですが、今回のエントリーはベートーヴェンの家。
こんな建物の4階に住んでいたそうで、現在は博物館になっています。
IMG_6327外観.JPG
IMG_6296ベートーヴェンの家.JPG

「ベートーヴェンが1804年から15年まで住んでいた」そうです。
IMG_6298ベートーヴェン居住1804-15.JPG

ウィーンの観光地に掲げられている共通の標識。
IMG_6299ウィーン名所標識.JPG
IMG_6300ベートーヴェンの家.JPG

こんな階段を登っていきます。
ベートーヴェンも使ったんでしょうね。
IMG_6302階段.JPG

部屋のドア。
IMG_6303ドア.JPG

部屋の中はこんな感じ。
広く感じますが、荷物があるとそうでもないでしょうね。
IMG_6320部屋.JPG
IMG_6321部屋.JPG

使っていたというピアノが置いてあります。
ベートーヴェンの生きていたころは、ピアノが進化を遂げる時期にあたっていて、ヨーロッパ各国のメーカーが彼の元に新しい楽器を持ち込んだのだそうです。
IMG_6322ピアノ.JPG

楽譜などが展示されています。
IMG_6304楽譜.JPG
IMG_6305楽譜.JPG
IMG_6306楽譜説明.JPG
IMG_6307楽譜説明.JPG

こちらは楽譜の表紙。
IMG_6308楽譜表紙.JPG

そして演奏会のプログラムです。
左に「エグモント」の文字が見えます。
IMG_6309プログラム.JPG

ベートーヴェンの肖像画。
IMG_6310ベートーヴェン.JPG

こちらの絵は、よく見かけます。
(’ベートーヴェンの肖像画としては2番目か3番目に有名ですかね…。)
IMG_6317肖像画.JPG

デスマスクもあります。
IMG_6318デスマスク.JPG

そして胸像も。
IMG_6323胸像.JPG

ベートーヴェン好きというか崇拝者(!?)にとっては、ぜひとも訪れたい場所だと思います。

(つづく)
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

公園のブラームス像と対面する【2017夏・中欧4カ国旅行記(37)】 [旅行・乗り物]

「フォルクスオパーでオペレッタを鑑賞する【2017夏・中欧4カ国旅行記(36)】」から続きます。

オーストリア旅行の続きです。
ウィーンに到着した夜はフォルクスオパーでオペレッタを鑑賞しました。
2泊しかしないので、フルに1日使えるのは到着2日目しかありません。

ウィーン中央駅の目の前のホテルに泊まっているので、朝食は駅構内のベーカリーカフェで。
IMG_6249ベーカリー.JPG
IMG_6248朝食.JPG

いったんホテルに戻って出かけます。
こちらはホテルから駅(線路)を見たところ。
IMG_6247朝中央駅ホーム.JPG

ホテルの廊下と建物の写真はこんな感じです。
IMG_6252ホテル廊下.JPG
IMG_6251ホテル.JPG

中央駅の下から地下鉄1号線に乗車。
IMG_6253中央駅.JPG
IMG_6256地下鉄.JPG
IMG_6257地下鉄車内.JPG

2つ目のカールスプラッツ駅で下車します。
IMG_6258カールスプラッツ.JPG

こちらはおなじみ、ウィーンの象徴の一つ、国立歌劇場(シュターツオパー)です。
IMG_6259シュターツオパー.JPG

カールスプラッツ駅そばの公園にある作曲家ブラームスの像。
今年夏に交響曲第2番を演奏しましたし、来年4月にはピアノ協奏曲第1番を指揮する予定なので、このブラームス像に『お参り』したかったんです。(笑)
IMG_6260ブラームス像.JPG

環状道路「リング」沿いにあるホテル・アム・シューベルトリング。
(27年前に泊まりました。)
IMG_6275ホテルシューベルトリング.JPG
IMG_6276ホテル入り口.JPG

ウィーンにもレンタサイクルがありました。
IMG_6277レンタサイクル.JPG

市民公園にある黄金のヨハン・シュトラウス像。
IMG_6278黄金シュトラウス像.JPG

そして、ブルックナー像です。
リンツにもありましたが…。
IMG_6280ブルックナー像.JPG

(つづく)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

「ブラームス」「冷戦とクラシック」「知って役立つキリスト教大研究」「ストラディヴァリとグァルネリ」=読み終わった本(2017.11) [読書]

「読み終わった本」リスト(備忘録)、2017年11月分です。

▼読み終わった本
*「作曲家・人と作品シリーズ ブラームス」
西原稔・著、音楽之友社

ブラームス

ブラームス

  • 作者: 西原 稔
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2006/06/01
  • メディア: 単行本

今度ブラームスの作品を演奏するので、勉強のために読みました。
ベートーヴェンの生涯についてはいろいろ読みましたが、ブラームスについてはこれからもっと勉強しないといけません。

▼読み終わった本
*「交響曲『第九』の秘密 - 楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実」
マンフレッド・クラメス著、ワニブックスPLUS新書

交響曲「第九」の秘密 - 楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実

交響曲「第九」の秘密 - 楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実

  • 作者: マンフレッド・クラメス
  • 出版社/メーカー: ワニブックス
  • 発売日: 2017/09/25
  • メディア: 新書

滞日歴の長いドイツ人の医療(心身症)専門家が書いた「第九」(ベートーヴェン交響曲第9番「合唱付き」)について書いた本。
専門家から見たベートーヴェンの意図・心理状態などに関する知見をもとに、「第九」第4楽章の歌詞について分析しています。
「第九」もこれから演奏する予定なので、勉強になりました。

▼読み終わった本
*「冷戦とクラシック―音楽家たちの知られざる闘い」
中川右介・著、NHK出版新書

冷戦とクラシック―音楽家たちの知られざる闘い

冷戦とクラシック―音楽家たちの知られざる闘い

  • 作者: 中川 右介
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: 新書

「歴史」「音楽」という私の関心分野に関する著作が多いので、中川氏の本は何冊か読んでいます。
この本は、カラヤン、バーンスタイン、ムラヴィンスキーという20世紀後半に活躍した世界的指揮者たちと、冷戦時代の政治・外交の関わりについて、その他の指揮者や音楽家、作曲家、それに政治家の動きと絡めながら描いています。
とても興味深い本でした。

▼読み終わった本
*「知って役立つキリスト教大研究」
八木谷涼子・著、新潮OH!文庫

知って役立つキリスト教大研究

知って役立つキリスト教大研究

  • 作者: 八木谷 涼子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 文庫

これも、ちょっと勉強したいことがあって、古書を購入しました。
キリスト教は、大きく言うとカトリック、プロテスタント、東方正教会に分けられますが、その違いはと聞かれると答えられる人は少ないですよね。
もっと勉強したいと思いました。

▼読み終わった本
*「ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢 」
中野雄・著、文春新書

ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢

ストラディヴァリとグァルネリ ヴァイオリン千年の夢

  • 作者: 中野 雄
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/07/20
  • メディア: 単行本

「ストラディヴァリ(ウス)」と「グァルネリ(デル・ジュス)」は約300年前に作られたヴァイオリンの「名器」であることはご存じだと思います。
この本は、それらの「名器」に関する様々な疑問について、詳述した本です。
多くの人が抱く疑問の一つは「どうして何億円もの値段が付くのか?」ということだろうと思います。
ご興味のある方は、この本をお読みになってください。
コントラバスは、その大きさから、どうしても「事故」に遭いやすく、そんなに古い楽器はほとんど残っていないんですが、ストラディヴァリのヴァイオリンは「作られたあとほとんど弾かれないまま現在に至る」という楽器も残っているそうで、なんだか不思議ですね。
(私のコントラバスは約95年前の楽器のようです。)

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:
前の10件 | -