So-net無料ブログ作成
検索選択

『重厚長大』なブルックナーでした【日フィル東京定期を聴く】 [音楽]

きのうは日本フィルの定期演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第687回 東京定期演奏会
日時:2017年1月20日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂
指揮:ピエタリ・インキネン(首席指揮者)
曲目:ブルックナー 交響曲第8番ハ短調(ノヴァーク版)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201701.jpg

事前に公表されていた演奏予定では、写真ポスターにあるように「ハース版」だったのですが、日フィルのウェブサイトには「当初『ハース版』を予定しておりましたが、インキネンの強い意向により『ノヴァーク版』に変更することとなりました」となっています。
「ところどころ少し違う」という程度の差異なんですが、変更の理由は何だったのでしょうか?
(ブルックナーの交響曲の「版」の問題については、いささかマニアックなのでここでは詳述しません。)

演奏ですが、かなりゆったりしたテンポで進んで行きます。
最近は、ブルックナーといえども「サクサク進む」演奏を聴くことが多いような気がするので、昨日の演奏は「重厚長大」というか、少し前の時代の「巨匠チック」な印象を受けました。
ホルンやワーグナーテューバをはじめ、管楽器のソロもハイレベルでしたし、P席なのでバランスのことは判断しにくいのですが、いい印象を持ちました。
(きょう土曜日も同一プログラムで演奏会があるので、演奏内容についてはこれ以上触れないようにいたします。)

ただ、「重厚長大」であるがゆえでしょうか、後半はやや集中力が切れたような部分もあって、1日でどうブラッシュアップされるのかが気になるところです。
(私はきょうは聴けませんが…。)

「重厚長大」さの現われなんですが、通常80〜85分(1時間20分〜1時間25分)のことが多い演奏時間が、きのうは7時開演で、終わったのが8時35分でした。(休憩なし)

ところで、このブルックナーの8番は、2〜3年前に2度演奏しました。
1度はコントラバスですが、もう1どはシンバルで、どちらもハース版でした。
シンバルは第3楽章に2発だけ叩くところがあるのですが、かなり後半の方。
出番が近づくと「やっと来た」とテンションが上がったのを思い出しました。

そういえば、きのうのステージには、5日前に並んで弾いていた女性奏者(プロ)も乗っていました。
「あの楽器はルブナーだな」などと観察してました。(^_^)
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: