So-net無料ブログ作成

カラフルギョーザとスマホシェア自転車【2017北京小旅行記(03)】 [旅行・乗り物]

「初の国際線787と北京空港超巨大ターミナル【2017北京小旅行記(02)】」から続きます。

羽田発の日本航空便B787型機で北京首都空港に到着したのは現地時間お昼過ぎ。
ワゴン車でホテルへ向かい、小一時間でケンピンスキーホテルに到着です。
IMG_5300ケンピンスキー.JPG
1990年代からあるドイツ系のホテル。
空港から比較的近く、以前住んでいた外交官向けアパート(私は外交官ではありませんが)にも近い場所にあります。
いろいろと便利なので、前回、6年前に来たときも泊まりました。

チェックイン後、早速昼食へ。
機内食もあったので、軽く済ませようと思い、近所のギョーザ屋さんに向かいます。
10分ほど歩いて到着したのは宝源餃子屋というお店です。
(このお店、6年前にも来ています。)
中はこんな感じで、庶民的な雰囲気です。
IMG_2247店内.jpg


いただくのはこんなカラフルなギョーザ。
(ホントはもっといろんな色があるんですが、オレンジ色1人前と普通の色が2人前。)
北京ビールとともに。
ギョーザにビールは中国でも最強の組み合わせですね。
IMG_5301ギョーザ.JPG
IMG_2242北京ビール.jpg
IMG_5303ギョーザ&ビール.JPG

ところで、今回の旅行で驚いたことの一つが、『シェア自転車』というかレンタルバイクが市街地のそこかしこで見られたこと。
北京到着後、車窓を見ていて「6年前より自転車が増えたなあ」と気づきます。
ご存知のように、かつての中国の一般の人の足は自転車が主役。
最初に訪中した1980年代には、乗用車の台数はとても少なくて、文字どおり「自転車の洪水」でした。

赴任した90年代にはかなり車が増えてましたが。それでも広い道の1車線分は自転車が走ってました。
しかし、前回訪中した際は、自転車の数がめっきり減って、「自家用車が道を埋め尽くしているなあ」と思ったものです。

今回、自転車が『復活』していて、「カラフルな新しい自転車だなあ」「レンタルだろうか?」などと思いました。
東京でもレンタサイクルは見かけますが、乗っているのは主に観光客らしき人たち。
(住んでいる人は自分の自転車がありますからね…。)

などと思いながらホテル付近を歩いていると、歩道にこんな感じでたくさん並んでいます。
IMG_2238MOBIKE.jpg
IMG_5441オレンジ自転車.JPG
IMG_5442オレンジ自転車.JPG
IMG_5448オレンジ自転車.JPG

去年くらいから見られるようになり、この2〜3カ月で急激に増えているそうです。
利用するには、まずスマートフォンにアプリをダウンロード。
自転車が置いてある場所が地図上に表示されます。
デポジットを100人民元(1,700〜1,800円ほど)預け、乗る際にはバーコードをスキャンすると料金が引かれるそうです。
利用料金は多くが1時間に0.5元(8〜9円)となっています。
利用も清算も、すべてがスマホ上で完結するというわけです。
IMG_2243自転車アプリ.jpg

現在10社近くがサービスを提供しているそうで、さまざまな色の自転車があります。
IMG_5446ブルー自転車.JPG
IMG_5444ブルー自転車.JPG
IMG_5445ブルー自転車.JPG

公共のレンタルバイクは以前からあったそうですが、そんなに普及していなかったそうで、現在は完全にスマホ利用の「シェア自転車」に圧倒されているようです。
こちらは北京市政府のものだというレンタル自転車です。
IMG_5304北京市レンタルバイク.JPG

「スマホシェア自転車」は「最後の1km」つまり、地下鉄の駅から目的地までの「足」として、急速に地位を得ているようです。
(つづく)
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 10

コメント 4

YAP

カラフルな餃子は、色によって味とか中身とか違うんでしょうか?
レンタサイクルがずらーっと壮観ですね。
by YAP (2017-03-28 08:15) 

hanamura

お台場の自転車は、似たような形で携帯+suica支払いですね。
http://docomo-cycle.jp/koto/ おおお!増えていますね!
by hanamura (2017-03-28 19:22) 

Lionbass

YAPさま
ギョーザは色によって中身は違ってました。
(普通の色のものも中身は2種類)
by Lionbass (2017-03-31 20:36) 

Lionbass

hanamuraさま
そうですね。
日本でも見かけるようになりましたが、主に観光客・訪問者だと思います。
北京では明らかに「地元の人」が主な利用者のようでした。
by Lionbass (2017-03-31 20:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0