So-net無料ブログ作成
検索選択

新シーズンはハイドン&マーラーで幕開け【読響マチネーを聴く】 [音楽]

きのうは読売日本交響楽団の日曜マチネーシリーズを聴きに池袋東京芸術劇場へ。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第196回日曜マチネーシリーズ
日時:2017年4月9日(日)14時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:シルヴァン・カンブルラン(常任指揮者)
曲目:ハイドン 交響曲第103番変ホ長調「太鼓連打」
   マーラー 交響曲第1番ニ長調「巨人」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響201704.jpg

4月から新しいシーズン(年度)が始まりました。
昨シーズンはステージ横の席だったんですが、サントリーのP席に比べるとオケのバランスが良くなかったので、今回から3階席に変えました。
周辺は少し空席があって、私の隣も片方は空いてました。

さて、初回はハイドンとマーラーというおなじみの作曲家の曲です。
コンサートストレスに萩原尚子さん、ソロ・チェロに遠藤真里さんという、新しくポストに就いた女性お2人がご出演。

「太鼓連打」は演奏したことがないので、詳しいことは分からないんですが、実は難しい曲のように思えました。
特にトランペットはハイトーンの連続のようでしたが、こんど時間があったらスコアを見てみようと思います。

一方の「巨人」は去年7月にも演奏したばかり。
非常にオーソドックという印象で、充実した演奏でした。
第3楽章のコントラバスはソロ(1人で演奏)。
ひところは「コントラバス全員で」という演奏が多かったのですが、最近減りました。
「マーラー協会校訂版が『パートソリ』(コントラバス全員で演奏)となっている」という話でしたが、やってみたらあまり演奏効果が良くないということなんでしょうね。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: