So-net無料ブログ作成
検索選択

ホールの響きの重要性再認識【狛江フィル演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは何度も出演したことのあるアマオケの演奏会を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
狛江フィルハーモニー管弦楽団 第39回定期演奏会
日時:2017年5月20日(土)午後2時開演
会場:エコルマホール(東京・狛江)
指揮:三河正典
独奏:渡辺玲子(ヴァイオリン
曲目:シベリウス 「悲しきワルツ」
   同 ヴァイオリン協奏曲ニ短調
   ブラームス 交響曲第1番ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

image_狛江フィル201705.JPG

1曲目はシベリウスの小品「悲しきワルツ」。
小さめの編成でよくまとまった演奏でした。

2曲目は同じくシベリウスのヴァイオリン協奏曲。
このジャンルの作品としては演奏機会の多さが5本の指に入ります。
独奏の渡辺さんはニューヨーク在住で、世界的に活躍しているヴァイオリニストです。
テンションの高い素晴らしい演奏でしたが、オケももっとテンションを上げた方がいいような気がしました。

後半は、アマオケでの演奏回数ベスト3に入るというブラームスの1番。
指揮者の三河先生は、きっと何百回も振っていることでしょう。
狛江フィルもたぶん39回の演奏会中、3回目か4回目ではないかと思います。
よくこなれた演奏でした。

全体を通して思ったのは、(何度も書いてるような気もしますが)ホールの残響の少なさ。
やはり重要ですね。
音楽専用の施設ではないので仕方ないんでしょうが、もう少しなんとかしてあげたいと思いました。
ステージ上で演奏している側としては、そこまで気にならないんですが、たまに客席で聴くと気になります。
最近は、1,000席以下でも音楽専用でいい音響のホールがあるので、たまにはそうしたホールで演奏会を開くのもいいかもしれません。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0