So-net無料ブログ作成
検索選択

ソリストが最高にロックでした!【読響日曜マチネーを聴く】 [音楽]

きのうは読響日曜マチネーを聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第198回日曜マチネーシリーズ
日時:2017年6月18日(日)14:00開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋
指揮:シモーネ・ヤング
独奏:ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ヴァイオリン
曲目:ワーグナー 歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
   ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番
   ブラームス 交響曲第2番ニ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響201706.jpeg

指揮のシモーネ・ヤングはオーストラリア出身の女性指揮者。
(上掲チラシ上部の写真参照)
まだまだ少ない世界的に活躍している女性指揮者の1人です。

1曲目は「さまよえるオランダ人」序曲。
とてもオーソドックスな落ち着いた演奏でした。
この曲、以前は吹奏楽でもよく取り上げられてましたが、私自身、オケでは2〜3回しか弾いたことありません。

2曲目はブルッフのヴァイオリン・コンチェルト。
レッスンやコンクールなどで課題となることが多い印象ですが、もちろん演奏会でもしばしば取り上げられます。
ヴァイオリン独奏のラドゥロヴィチは旧ユーゴスラビア出身の若手奏者で30代前半。
(チラシの下の方の写真参照)
スキニーなパンツ(ズボン)にブーツを履き、黒いモジャモジャの長髪という、ロックスターのようないでたちです。
ブルッフは案外端正な演奏だったんですが、アンコール(独奏)は最高にロックでした。
曲はパガニーニの有名な「カプリス」なんですが、ラドゥロヴィチ自身が編曲したものなのだそうです。
img_読響アンコール201706.jpg
ヴァイオリンでロックを弾くことがありますが、まさにそんな感じで、コンチェルトよりもインパクト大でした。

後半はブラームスの2番。
来月の演奏会で弾く予定なので、楽しみにしていたのですが、ちょっと落ち着かない演奏でした。
テンポを自在に動かすのですが、ちょっとオケと噛み合わない印象ですし、思わぬところで「ルバート」してテンポを極端に落とすんですが、やや「居心地の悪さ」を感じました。
オケはいつも通り、音楽的にも技術的にもハイレベルでしたが…。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: