So-net無料ブログ作成
検索選択

MAXフィルのドヴォルザークを聴く [音楽]

きのうの日曜日は、埼玉所沢まで演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
MAXフィルハーモニー管弦楽団 特別演奏会
日時:2017年7月23日(日)14:00開演
会場:所沢市民文化センター ミューズ アークホール(埼玉・所沢)
指揮:古澤直久
独唱:白石佐和子(ソプラノ)
   照屋博史(バリトン)
合唱:松原&Cosmosフォーレ・アンサンブル
  (合唱指揮:横山誠一郎)
曲目:フォーレレクイエム
   ドヴォルザーク 交響曲第7番ニ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


MAXフィルは、いつも年末にベートーヴェン「第九」(交響曲第9番「合唱付き」)の演奏会を開催しているプロ・アマチュア混成のオーケストラ。
指揮の古澤さんは、クアラルンプールに本拠を置くマレーシアフィルのコントラバス奏者兼専任指揮者です。

1曲目はフォーレのレクイエム。
「レクイエム」はキリスト教の死者のためのミサ曲(鎮魂曲)ですが、私自身は有名なモーツァルトの作品とブラームスのもの(ドイツ・レクイエム)しか演奏経験がありません。
このフォーレの作品は、穏やかな曲想で、ほかの作曲家のレクイエムとは一線を画しています。
非常に心地よい演奏でした。

後半はドヴォルザークの7番。
なかなか難しい曲なんですが、要所にプロを配置したオケは、非常にレベルの高い演奏でした。
古澤さんの指揮はいつもにまして「グイグイ前に進む」感じで、オケを鼓舞していたと思います。

ところで、きのうの東京や埼玉は久しぶりに最高気温が30℃を下回り、やや涼しかったのですが、ホールの客席は冷房が利き過ぎ。
用心のためにウィンドブレーカーを持っていたので、ずっと着ていたんですが、寒くて風邪をひきました。
なんだかなあ…。
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0