So-net無料ブログ作成

最後の食事は明洞の焼肉店で【2018新春ソウル食い倒れ旅(08)】 [旅行・乗り物]

「ユン監督のスタジオと東大門のタッカンマリ【2018新春ソウル食い倒れ旅(08)】」から続きます。

3泊4日のソウル旅行も最終日。
午後の便で帰国します。
朝の気温は氷点下6度。
(ちなみにこの日の東京の最高気温はプラスの17度でした。)
IMG_0704氷点下6度.jpg

朝ごはんは、ホテル近くの地下道(ロッテ百貨店出入り口付近)にあるお店でクリスピークリーム・ドーナツを購入して部屋で。(写真はありません。)

午前中は、ソウル駅のところにあるロッテマートというスーパーで(自分たちの分を含む)お土産などのショッピング。(これも写真はありません。)

ホテルをチェックアウトして、繁華街・明洞(ミョンドン)にあるちょっと高級な焼肉屋さんへ。
観光客もよく食事する店のようで、店主らしき男性は流暢な日本語を話します。

生カルビ(味付けしていない骨つき肉)と普通のカルビ(ヤンニョムカルビ)、それにサムギョプサルをいただきます。(写真は生カルビ)
IMG_6730生カルビ.jpg

特にヤンニョムカルビが美味でした。

行きは成田→仁川(インチョン)というルートでしたが、帰りはよりソウル都心に近い金浦から羽田行き。
ホテルで手配してもらったジャンボ(ワゴン)タクシーで空港へ向かいます。
IMG_0707ジャンボタクシー運転席.jpg

45分ほどで金浦に到着。
この空港は仁川空港ができるまで、すべての国内・国際線が発着していましたが、現在は国内線とごく一部(羽田、北京、上海)が利用しています。

空港ロビーには平昌(ピョンチャン)オリンピックの大きな広告があります。
IMG_6732金浦空港五輪広告.jpg

国内線の便数が少ないため、出国手続きもまったく込んでいません。
免税店も少ないので、やることがなくて搭乗口付近で待っていると、こんなロボットが。
IMG_6735搭乗口ロボット.jpg
前を人が通るとちゃんと止まってました。

機材はエアバスA330。
機内食はわりとちゃんとしたボリュームで、特にプルコギが美味でした。
(20年くらい前、アシアナのCクラスに乗ったことがあるんですが、機内食のカルビがとってもおいしかったのを思い出しました。)
IMG_6740機内食.jpg

新年ソウル食い倒れ旅の旅行記は以上です。
お付き合いありがとうございました。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 9

コメント 2

YAP

ソウルって、けっこう寒いんですね。
10年くらい前、ANA便でソウル往復しましたが、こんなちゃんとした機内食ではなく、簡単なランチボックスでした。
by YAP (2018-02-02 08:00) 

Lionbass

YAPさま
ソウルは秋田とか岩手くらいの緯度なんですが、どちらかというと大陸的な冷え方のような気がします。
そういえば、アシアナ航空も行きはランチボックスでした。
by Lionbass (2018-02-08 14:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。