So-net無料ブログ作成
検索選択

酷暑の聖地ファティマへ【2016夏休みポルトガル旅行記(19)】 [旅行・乗り物]

リゾート地ナザレの素敵レストランで昼食【2016夏休みポルトガル旅行記(18)】から続きます。

リゾート地ナザレで昼食を済ませ、次の訪問地へ向かいます。
行き先は「ファティマ第3の予言」で知られるファティマです。
ナザレからはほぼ真東に30kmほどの距離。
高速道路は若干遠回りですが、それでも四十数キロで、1時間弱で到着です。

ファティマには、教会や巨大な大聖堂が建っています。
IMG_4879ファティマ大聖堂.jpg
IMG_4880大聖堂.jpg

ファティマは元々は小さな農村でした。
第一次世界大戦中の1917年5月13日、7〜10歳の少年少女3人の前に聖母マリアが現れたとされていて、キリスト教の聖地となっています。
聖母マリアはその際、3つの予言をしたとされています。
第一は第一次大戦がまもなく終わること。
第二は3人のうち2人が天に召されることだったと言います。

しかし、『第三の予言』はその後、長い間公表されなかったことや、中身を見た歴代のローマ法王の何人かが絶句したり失神したと言われることから、「カトリック教会に関する不吉な内容なのではないか」とか「人類の滅亡に関することなのではないか」などの「憶測」が広がることになりました。
その後、1981年のローマ法王、ヨハネ・パウロII世の銃撃事件のことであった、と発表されたのですが、いまだにこれを信じない人もいるそうです。
IMG_4881法王像.jpg

この大聖堂がある場所、聖母マリアが出現した1917年は、畑が広がるだけだったと言います。
しかし、5月の最初の「奇跡」以降も毎月13日に現れ、話を聞いた群衆がこの場所に集結するなど「聖地」となって、1930年に大聖堂が建てられたということです。
私はカトリックの信者ではありませんが、何か不思議なものを感じました。
IMG_4882大聖堂.jpg
IMG_4884大聖堂.jpg
IMG_4885教会.jpg

さて、こちらは大聖堂の内部。
冷房が涼しくてホッとします。
IMG_4883大聖堂内部.jpg

写真では分かりませんが、この日、ファティマは酷暑。(たぶん40度近かったと思います。)
前夜から泊まっていたリスボン郊外のシントラは、避暑地といういうこともあり、まあまあ快適でした。
ロカ岬(ユーラシア大陸最西端)は海に面しているのと、まだ午前中の早い時間だったため暑さは感じませんでしたし、昼食をとったリゾート地ナザレも、海風があってまあまあ快適でした。
しかし、そこから内陸に数十キロ入っただけのファティマは、猛暑だったローマ、リスボンにもまして、体にこたえる暑さ。
近くに土産物店でアイスクリームを食べ、早々に次の目的地に向かうことにします。

高速道路を快調に走行。
途中、サービスエリアで一息入れます。
IMG_4888サービスエリア.jpg
IMG_4886サービスエリア.jpg

コーヒー(エスプレッソ)とともに、ポルトガル名物の一つ、「トルタ」というケーキをいただきます。
日本の「一六タルト」の原型になったという説もあるそうです。
IMG_4887ロールケーキ.jpg
濃厚な甘さでした。

(つづく)
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

幸せな気持ちで『家路』に就きました【N響10月B定期を聴く】 [音楽]

昨夜はN響のB定期を聴きに行きました。
前日は映画「オケ老人!」のプレミア試写会を見に行ったので、連日のお出かけです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団 第1846回定期演奏会Bプログラム
日時:2016年10月27日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京赤坂
指揮:トゥガン・ソヒエフ
独奏:エリーザベト・レオンスカヤ(ピアノ
曲目:ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番ハ短調
   ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界から」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_N響201610.jpg

ベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番は、中学生の時に長崎の市民オケに入ったときに演奏して以来やる機会がなく、ずっと「また演奏したい」と思っている曲。
自分でオケ(PROJECT Bオーケストラ)を作ったのは、この曲をやりたかったからと言っても過言ではありません。
(実際、2013年の演奏会で指揮することができました。)

独奏者のレオンスカヤは(プログラムには年齢が入ってませんが)70歳とのこと。
でも、とても表情があって、でも端正な演奏でした。
ソリストのアンコールにはベートーヴェンのピアノソナタ(「テンペスト」)が演奏されました。

そして後半は「新世界から」。
日本では「運命」「未完成」と並んで「三大交響曲」(笑)という呼称があるくらい、クラシック音楽の「代表曲」です。
子供のころ、家にSPレコードがありましたし、その後も何度も演奏してます。
先日は指揮の授業で課題としてレッスンを受けたばかり。
(でもコントラバスでは10年以上弾いてないと思います。)

ということで、曲はほぼ覚えているので、主に指揮に注目しながら聴きました。
(席はステージ奥のP席なので、指揮者を正面から見ることができます。)

マエストロ・ソヒエフはまだ30代。
でも、世界的に引っ張りだこの人気指揮者で、去年10月にはベルリン・ドイツ響とともに来日

今年1月にはN響と共演したのを聴きました。

さらに、翌月にはトゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団(フランス)の来日公演も振っています。

きのうの演奏会も、2曲ともに無駄のない指揮ぶりで、N響もそれに応えるような熱演でした。

とてもよく知っている曲が並んだ演奏会を聴いて、とても幸せな気持ちで家路に就きました。


「家路」と言えば、「新世界」第2楽章のコールアングレのソロは、オーボエ奏者の持ち替えではなくこれだけのためにステージに上がった和久井さんが演奏。
(映画「オケ老人!」では藤田弓子さん演じる女性奏者の担当です。)
なお、ベートーヴェンの弦楽器は14型、ドヴォルザークは16型。
第4楽章のシンバルは「合わせ」でした。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

映画「オケ老人!」パンフレットに寄稿しました [映画・テレビ]

先日「映画『オケ老人』試写会見ました」というエントリーに書いたように、既に試写会で見たこの映画
きのうはプレミア試写会を見に行きました。
img_オケ老人プレミア試写会.jpg

テレビの情報番組でも紹介されていましたが、このプレミア試写会には主演の杏さんをはじめ、「オケ老人」たちが勢ぞろい。
楽しいイベントでした。



ところで、この映画のパンフレットに、「感想文」(?)を寄稿しました。

この映画の演奏や、演技(楽器演奏・指揮)指導に知人が関わっていて紹介されたのと、拙著「アマチュアオーケストラに乾杯!」を関係者が読んでくださった関係で、お話をいただきました。
アマチュアオーケストラに乾杯!:素顔の休日音楽家たち

アマチュアオーケストラに乾杯!:素顔の休日音楽家たち




この映画の趣旨に反しなくて、しかも「ネタバレ」にならないようにしたつもりですが、果たして…。

映画をご覧になるご予定の方、よろしければパンフレットも読んでみてください。

オケ老人! (小学館文庫)

オケ老人! (小学館文庫)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/12/02
  • メディア: Kindle版


nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

機種変更してiPhone7にしました [日記・身辺雑記]

スマートホンを機種変更。
3年4カ月使っていたiPhone 5 から iPhone 7になりました。
キャリアはau。
128GBで色はブラックです。
img_iPhone201610.jpg

iCloud で設定を引き継いだのですが、案外早く終わりました。
便利になりましたね。

私事ですが、ブログに書いておくと「いつから使ってるか」が分かりやすいので、アップしております。
もはや、ブログが「生活の記録」になってますね。(^_^)
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ボッテジーニ大二重奏曲すばらしい演奏でした【横浜でCb発表会を聴く】 [音楽]

きのうは大学オケの後輩が出演するコントラバスの発表会を、横浜まで聴きに行きました。

img_Cb発表会20161023.jpg

この「発表会」は、甲斐澤俊昭氏(東京フィルハーモニー交響楽団コントラバス奏者)の門下生による「おさらい会」のような音楽会で、きのうが13回目だったそうです。

後輩のK君が演奏したのは、ボッテジーニの「グラン・デュオ・コンチェルタンテ」(協奏的大二重奏曲)。
ソロを務めるコントラバスとヴァイオリンが超絶技巧を駆使するとても難しい曲です。
ボッテジーニは19世紀のイタリアの人で、作曲家・指揮者であるとともに、コントラバス奏者として活躍。
コントラバス独奏のための曲を数多く残しています。

婚約者のTさん(ヴァイオリン)との演奏でしたが、2人ともアマチュアのレベルを超えた大変すばらしい演奏でした。
特にコントラバスのK君は、プロや音大生以外でこの曲をあそこまで弾きこなす人はほとんどいないのではないかと思いました。

実は、お2人は私が主宰するPROJECT Bオーケストラのメンバー。
頼もしいかぎりで、来年4月の演奏が楽しみです。

会場は、横浜の港の見える丘公園そばにある山手ゲーテ座ホール。
東京や埼玉に長年住んでいますが、横浜の山手方面は初めて行きました。
演奏会を聞く前に、中華街でおいしい飲茶も堪能。
終演後は、聴きに来ていたPROJECT Bオーケストラの代表とビールを酌み交わす時間も持つことができて、有意義な日曜日でした。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

映画「オケ老人!」試写会見ました [映画・テレビ]

杏主演の映画「オケ老人!」の試写会に行ってきました。
全国公開は11月11日です。
img_オケ老人試写会パンフ.jpg

原作は荒木源・著の小説
もちろん、ずっと前に読みました。
オケ老人! (小学館文庫)

オケ老人! (小学館文庫)



杏演じる数学教師が、「梅が岡フィルハーモニー」と「梅が岡交響楽団」を間違えて、老人だらけ(だけ?)のオケに入ってしまう、というお話。

原作では「ロシアのスパイ」(!?)が登場しますが、映画ではその話はなくなっていて、「外国人マエストロ」はフランス人に変わっています。
そのマエストロ、「小さな巨人」と呼ばれていて、どこかH上教授に似ているような…。

友人・知人多数が、エキストラ出演していたら、演技・演奏指導していたようで、パンフレット見たら多くの知ってる名前が載ってました。
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『古典派』3曲は新鮮な響きでした【日フィル10月東京定期を聞く】 [音楽]

きのうは日本フィルの東京定期をサントリーホールで聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第684回東京定期演奏会
日時:2016年10月21日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂
指揮:鈴木秀美
曲目:ハイドン 交響曲第43番変ホ長調 Hob.I-43「マーキュリー
   ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調
   シューベルト 交響曲第4番ハ短調 D417「悲劇的」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201610.jpg

指揮はピリオド(いわゆる「古楽器」)演奏の大家でチェロ奏者の鈴木秀美氏。
氏の『得意分野』ということだと思いますが、『古典派』の3曲を並べたプログラムです。
(シューベルトは「ロマン派」に分類されることが多いと思いますが、少なくとも若い頃に作曲された曲は「ほとんど古典派」と言っていいと思ってます。)
ベートーヴェン4番は2年半前に指揮したのでよく知っているわけですが、ほかの2曲はちゃんと聴くのは初めてでした。

最初のハイドンは、ところどころモーツァルト的に聞こえる部分もあるし、それなりに楽しい曲なんですが、なんとなくとりとめのない感じ。

2曲目のベートーヴェンになると、急に「曲のまとまり」のようなものを強く感じました。
第4楽章が超快速で、木管楽器(後列)の奏者は大変だったのではと思います。

3曲目が今回のハイライトのシューベルトの4番。
作曲時期はベートーヴェンの8番と9番(第九)の間くらいのようです。

ハ短調という調性もあるのでしょうが、割と暗く重々しい曲調ながら、美しい部分もあって、ベートーヴェン的なものを強く感じました。

日フィルの演奏は3曲とも「よく指揮に食らいついている」という印象で、全体的にとても新鮮な響きでした。
ティンパニは手締めのいわゆる「バロック・ティンパニ」を使っていましたが、管楽器は通常の(モダンの)楽器。
弦楽器も含め奏法も特に「ピリオド的」ではありませんでした。

弦楽器の人数は12型(12-10-8-6-4)で、いわゆる「両翼配置」。
通常の2ndヴァイオリンの位置にヴィオラがいて、コントラバスは管楽器の後ろ(ステージ最後列)に位置してました。
ティンパニとトランペットが舞台上手奥(通常コントラバスがいる位置)。

P席から見ていた(聴いていた)印象としては、コントラバスがチェロやほかの弦楽器と離れていて、弾きにくそう(合わせにくそう)だなと思いました。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

リゾート地ナザレの素敵レストランで昼食【2016夏休みポルトガル旅行記(18)】 [旅行・乗り物]

ユーラシア大陸最西端ロカ岬と高速道路ドライブ【2016夏休みポルトガル旅行記(17)】から続きます。

ユーラシア大陸最西端、ロカ岬を訪問したあとは、車を北に走らせます。
サービスエリアでの朝食後、高速道路を快適に飛ばします。
リスボン近郊を離れると交通量は激減し、平坦なところは120~130km/hくらいのスピードを出すことができます。

目的地は、ポルトガル中部、大西洋岸の町、ナザレです。
4世紀ごろ、パレスチナ(イスラエル)のナザレから聖母マリア像が運ばれてきたのが地名の由来だと言われています。

元々は漁村だったのですが、近年開発が進み、リゾート地として人気が高まっているそうです。
ホテル街などのある海岸のエリアの北と東に高台があって、写真は東側の高台にある展望台から撮影したもの。
IMG_4859ナザレ.jpg
IMG_4860ナザレ.jpg

この場所、ミゼリコルディア展望台と言います。
IMG_4864展望台.jpg

「ミゼリコルディア」とはポルトガル語(ラテン語)で「慈悲」(英語だと"mercy")の意味。
長崎には16世紀に「ミゼリコルディア」という場所があって、キリスト教関係者が慈善事業を行っていたということ。
(長崎以外にも同名の施設があったそうです。)
長崎出身者には、なじみのある言葉なんです。

展望台に隣接しているのは「ミゼリコルディア教会」。
IMG_4861ミゼリコルディア.jpg
IMG_4862ミゼリコルディア看板.jpg

木造の質素な建物です。
IMG_4863教会内部.jpg

時間はちょうどお昼くらい。
ちょっと早いんですが、展望台のすぐそばに素敵なレストランがあるので、昼食にします。
「パンゲイア・レスタウランテ(レストラン)」というお店。
IMG_4876レストラン外観.jpg

「パンゲイア」とは、地球上の陸地がプレート移動によって分裂する前の大きな大陸の名前ですね。
IMG_4867レストラン壁画.jpg
IMG_4869パンゲイアレストラン.jpg

まだ時間が早いので、客はわれわれだけ。
とてもおしゃれでちょっと高級そうな内装です。
IMG_4866レストラン内部.jpg

こんな絵(版画?)が掲げられています。
IMG_4875階段の絵.jpg
IMG_4865レストラン絵画.jpg

頼んだのは卵のスープとシーフードサラダ。
IMG_4873スープ&サラダ.jpg

そしてタコのリゾットです。
ぶつ切りの大きなタコが入っていて、大変美味でした。
(3皿とも1人前ですが、それぞれ家人と分けていただきました。)
IMG_4874タコのリゾット.jpg

昼食を済ませ、さらに車を走らせます。
高速道路はこんな感じのガラガラ具合。
IMG_4877高速道路.jpg

カーナビの画面はこんな感じ。
(英語表示にしてあります。)
ビルトインではなく、フロントグラスに吸盤で取り付けて、降車の際などは取り外すタイプ(電源はシガーソケットから)です。
IMG_4878カーナビ.jpg

(つづく)
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ユーラシア大陸最西端ロカ岬と高速道路ドライブ【2016夏休みポルトガル旅行記(17)】 [旅行・乗り物]

シントラ王宮とケイジャーダと干しダラのコロッケ【2016夏休みポルトガル旅行記(16)】から続きます。

首都リスボン西方の避暑地、シントラに泊まった翌日は、朝から車で移動します。
前日に借りたレンタカーは、ルノー・メガーヌです。
IMG_4838ルノー.jpg
IMG_4839ルノー.jpg
IMG_4841ルノー.jpg

まず向かうのは、前日に夕日を見に行こうと思っていたロカ岬(Cabo da Roca)
ユーラシア大陸の西の端です。
IMG_4842ロカ岬.jpg

この海が大西洋。
この先は、アメリカ大陸まで(大きな)陸地はありません。
断崖になっているので、海には近づけません。
IMG_4843大西洋.jpg

こちらは岬に立っている石碑。
「ここに地終わり、海始まる」と書かれています。
ポルトガルの詩人カモンイスの詩の一節ということです。
IMG_4844カボ・ダ・ロカ.jpg
IMG_4845石碑.jpg
IMG_4848石碑.jpg

夕方の方が訪問者が多いんだと思いますが、午前8時過ぎだったためか、人はまばら。
そういえば、ガイドブックには「強風に注意」と書いてあるんですが、風はほとんどなし。
その代わりでもないんでしょうが、虫が多くて大変です。
(「蚊柱」のように虫が密集しているんですが、蚊ではないようで、体に止まってくるので払うのが面倒でした。)
IMG_4852岬への道.jpg

売店があって、「最先端到達証明書」を発行してくれる(有料)そうですが、時間が早いためか、営業してません。
こちらは、売店の建物の壁のタイル。
IMG_4851タイル.jpg

ロカ岬のあとは次の目的地へ向かいます。
リスボン→シントラ→ロカ岬は、狭い道が多くて結構大変だったんですが、高速道路に入ると俄然快適。
朝食がまだなので、シントラ〜リスボン間のサービスエリアに入ります。
交通量は少なく、サービスエリアも空いています。
IMG_4853サービスエリア.jpg
IMG_4855SA駐車場.jpg

朝食はコーヒーとドーナツで簡単に済ませます。
ドーナツが1ユーロ(約120円)で、コーヒーは50セント(約60円)くらい。
ちなみに、ただ「コーヒー(カフェ)」というとエスプレッソコーヒーを指します。
IMG_4854ドーナツ.jpg

そして高速道路の様子はこんな感じ。(家人撮影)
IMG_4857高速道路.jpg

このころにはMT車にも慣れてきて、だいぶ余裕が出てきました。
IMG_4856運転席.jpg

(つづく)
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シントラ王宮とケイジャーダと干しダラのコロッケ【2016夏休みポルトガル旅行記(16)】 [旅行・乗り物]

久々にマニュアル車運転して避暑地シントラへ【2016夏休みポルトガル旅行記(15)】から続きます。

さて、リスボン西方の避暑地、シントラに到着したのは午後4時前過ぎ。
当初の予定では、さらに西にあるユーラシア大陸最西端の地、ロカ岬に行こうと思ってました。
夕日が美しいと聞いていたからです。
しかし、シントラまでの運転が結構大変で、ホテルのガレージから車を出すのも道が狭くて面倒だったので、この日はこれ以上運転しないことにします。

その代わり、ホテルのすぐ隣にある王宮を見学することに。
こちらがその王宮の外観。
15世紀から19世紀ごろまで、ポルトガルの王族が住んでいたそうです。
IMG_4827王宮外観.jpg
IMG_4832王宮外観.jpg

王宮内でよく知られた部屋の一つがこちらの「白鳥の間」。
天井に見事な白鳥の絵がたくさんあります。
1584年に天正少年使節がこの部屋を訪れたのだそうです。
IMG_4804白鳥の間.jpg
IMG_4803白鳥の間天井.jpg
IMG_4805白鳥の間肖像画.jpg
IMG_4802白鳥の間.jpg

こちらは「中国の間」。
IMG_4809中国の間.jpg
IMG_4810中国の間.jpg

そして「アラブの間」がこちら。
IMG_4811アラブの間.jpg
IMG_4812アラブの間.jpg

台所も有名。
天井の一部が高く上に伸びているのですが、これは煙突になっていて、外観上の特徴にもなっています。
IMG_4814王宮台所.jpg
IMG_4815台所煙突.jpg
IMG_4816台所.jpg
IMG_4824王宮煙突.jpg

タペストリーやアズレージョ(ポルトガル特有の青いタイル)も雰囲気がありますね。
IMG_4807タペストリー.jpg
IMG_4819アズレージョ.jpg

王宮見学の後は、シントラ名物を食べに。
ホテルからもほど近いピリキータというお店でいただくのは「ケイジャーダ」というチーズタルト。
「ポルトガル人が戦国時代の日本に伝えたものの、日本にはチーズがないのでかぼちゃで代用した」とテレビ番組で紹介していました。
IMG_4825ピリキータ.JPG
IMG_4826ケイジャーダ.jpg

そして、夕食もホテル近くのカフェ・パリスで。
IMG_4833カフェパリス.jpg

シントラは避暑地で標高が少し高いので、だいぶ涼しいのですが、昼間は猛暑だったので、とりあえずビール!
(運転があるのでお昼は飲めませんでした。)
IMG_4829ビール.jpg

そして、ポルトガル名物、干しダラ(バカリャウ)のコロッケをいただきます。
ちょっと塩味がきいていて、ビールにピッタリです。
IMG_4830干し鱈コロッケ.jpg

この「バカリャウ」、大航海時代に保存食として重宝されたそうで、タンパク源としてのバカリャウがなければ「世界の海を支配する」のは不可能だったと言われているとのこと。
現代でもポルトガルの国民食になっています。

(つづく)
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行