So-net無料ブログ作成
検索選択

『コントラバスもたまには独りで弾きます』【アンペルマンコンサートを聴く】 [音楽]

きのうはベルリン在住のコントラバス奏者、高橋徹さんの演奏会(リサイタル)を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
2016 アンペルマン・デュエット・ベルリン・コンサート
Ein Kontrabaß spielt selten allein/コントラバスもたまには独りで弾きます
日時:2016年11月29日(火)18:45開演
会場:ラ リール(東京・文京区)
コントラバス:高橋徹
ピアノ:井村理子
曲目:チェルニー「素敵なワルツ」
   ボッテジーニ「白昼夢」
   チェルニー「白昼夢」
   同 「ノクターンとインテルメッツォ」
   同 「マズルカ」
   ボッテジーニ「エレジー」
   チェルニー「サテュレスの踊り」
   ボッテジーニ「『夢遊病の女』ファンタジア
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_アンペルマン201611.jpg

"Ein Kontrabaß spielt selten allein"「コントラバスもたまには独りで弾きます」というのは、高橋さんの師匠であるベルリンフィルのコントラバス奏者だったフリードリヒ・ウィット氏(Friedrich Witt)がソロコンサートを行う際のタイトルだったそうです。
高橋さんはこれまでも、「室内楽」やヴァイオリンとのデュエットのコンサートを開いていますが、今回はピアノ(伴奏)を伴っての「ソロ」公演。
会場の「ラ リール」は東京メトロ茗荷谷駅に近い住宅街にある小さなホールで、素敵なところでした。

きのうは、本番前、楽器アクシデントがあり代わりの楽器を使ったということで、最初はちょっと弾きにくそうでしたが、すぐに「調子が出てきた」感じで、いい演奏会でした。
ちなみに、チェルニーはチェコ、ボッテジーニはイタリアの作曲家兼コントラバス奏者。
どちらの作品も、コントラバスにとっての重要なレパートリーとなっています。

高橋さんは、旧・東ドイツの信号機のキャラクター、「アンペルマン」の広報活動を担当していて、昨夜の会場でもアンペルマングッズが販売されていたので、何点か購入しました。
img_アンペルマングッズ201611.jpg

今年の演奏会は『惑星』&『威風堂々』で終了【多摩管演奏会終了】 [音楽]

きのうは今年最後の演奏会出演でした。
(このあと急に予定が入らなければ…。)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
多摩管弦楽団演奏会~創立40周年記念~ 第43回定期演奏会
日時:2016年11月27日(日)午後2時開演
会場:パルテノン多摩大ホール(東京・多摩市)
指揮:高橋俊之
曲目:ハイドン 交響曲第104番ニ長調「ロンドン
   ホルスト 大管弦楽のための組曲「惑星」
  <アンコール>
   エルガー 行進曲「威風堂々」第1番
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【会場のパルテノン多摩前の光景】
img_パルテノンキティ201611.jpg

会場のパルテノン多摩は、京王/小田急多摩センター駅から坂道を上ったところにあるのですが、約400~500mのところにサンリオのテーマパーク、「サンリオ・ピューロランド」があるので、駅周辺にキティちゃんなどサンリオのキャラクターのイルミネーションがあるわけです。

(これまでの紹介したことがありますが)多摩管弦楽団には1999年に初めて声をかけていただいて以来、17年間にわたり演奏会に出演させてもらっています。
今回は40周年ということなので、その半分近い年月を知っていることになりますね。
ちなみに、40周年で「第43回」なのは、年2回の演奏会のうち1回を「名曲シリーズ」などと称して「定期演奏会」としてカウントしていなかったり、多摩市民の「第九を歌う会」とともにベートーヴェンの交響曲第9番を演奏することがあったりするためのようです。

さて、きのうの演奏会ですが、前半はハイドンの「ロンドン」交響曲。
編成が小さい曲なので、エキストラ(賛助出演)である私は「降り番」(お休み)でした。
実は大学時代に指揮したことがあって、曲は頭に入っているので、懐かしく思い出しながら聴きました。

後半がホルストの「惑星」。
弦楽器が50人以上、管楽器・打楽器が40人以上で、オーケストラだけで100人近く。
そして、舞台裏に(最後の「海王星」だけ登場する)女声合唱、20人弱が位置していました。

とても有名で人気のある曲ですが、全曲演奏したのは2回目でした。
バスオーボエやユーフォニアムなど、普通の曲には登場しない楽器がたくさん使われるのと、女声合唱が入ることから、アマチュアオーケストラではなかなか取り上げられません。

ただ、「木星」の中間部のメロディーは「ジュピター」としても知られていますし、オケや吹奏楽により単独でも取り上げられます。
(「木星」だけなら、吹奏楽で1度、オケで2~3度やっています。)

練習段階では、なかなか人数が揃っていなかったこともあって、心配な部分もありましたが、きのうの本番は、アマオケ特有の「火事場のなんとか」で結構いい演奏になったと思います。

アンコールは、イギリスつながりでエルガーの「威風堂々」。
映画「オケ老人」でウメキョーがメインに演奏していた曲です。

女声合唱の皆さんも舞台裏からステージ上に移動して、有名なメロディーを歌って、にぎにぎしい感じに盛り上がって演奏会の幕を閉じました。

いろいろ困難もありますが、「継続は力」ですね。

ショスタコーヴィチのヴァイオリン独奏が圧巻でした【日フィル11月定期を聴く】 [音楽]

きのうは定期会員である日フィルの東京定期でした。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第685回 東京定期演奏会
ラザレフが刻むロシアの魂 Season IV グラズノフ1
日時:2016年11月25日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:アレクサンドル・ラザレフ(桂冠指揮者兼芸術監督)
独奏:郷古廉(ヴァイオリン
曲目:ショスタコーヴィチ ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調
   グラズノフ 交響曲第5番変ロ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_アークヒルズ20161125.jpg
【アークヒルズのイルミネーション】

(個人的に好きかどうかは別として)最近ショスタコーヴィチを聴く機会が増えているような気がします。
きのうは同じ時間帯にNHK交響楽団もマエストロ・井上道義の指揮でショスタコーヴィチだけのプログラムの演奏会をやっていましたし…。

そのショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲が前半。
曲自体はそんなに詳しく知らないものの、「節回し」とか「楽器の使い方」で「ああ、ショスタコーヴィチだな」とすぐに分かります。
で、きのうの演奏は、とにかく郷古さんの独奏に尽きると思います。
すべての音がしっかり弾き込まれていて、P席(ステージ後ろ側)まできちんと聞こえてきます。
マエストロ・ラザレフやオーケストラとの呼吸もばっちりで、引き込まれるものがありました。
まだお若いそうですが、今後がとても楽しみです。

後半はグラズノフの交響曲。
(聞き覚えはありますが、たぶん演奏した経験はないと思います。)
変ロ長調という(特に吹奏楽出身者にとっては)親しみやすく、楽器がなりやすい調性で、曲自体もショスタコーヴィチに比べると「分かりやすい」内容。
チャイコフスキーやラフマニノフにも通じる親しみやすさがありました。
P席で聞いているとちょっと「ガチャガチャした」部分が強調されて聞こえましたが、まあそれは仕方ないですね。

定期公演でなければなかなか聴く機会のない曲ですし、「聞いてよかった」と思わせてくれる演奏会でした。

夕食はポルト名物のB級グルメ『フランセジーニャ』【2016夏休みポルトガル旅行記(31)】 [旅行・乗り物]

ドウロ川クルーズとポートワイン試飲【2016夏休みポルトガル旅行記(30)】から続きます。

ポルトを流れるドウロ川のクルーズと、クェヴェドの醸造所でのポートワイン試飲が終わって、ヴィラ・ノヴァ・ダ・ガイアの川沿いの地区を歩きます。

この写真は対岸のポルト旧市街の眺め。
IMG_5084対岸眺め.jpg

川沿いにはいろんな飲食店がありますが、こんな日本食レストランも。
IMG_5085すもうレストラン.jpg
IMG_5086すもうレストラン.jpg

こちらは有力ポートワインメーカーの一つ、サンデマン(Sandeman)の醸造所とカフェ。
IMG_5087サンデマン.jpg

ポートワインは、醸造途中のワインにブランデーを加えて発酵を止めることによって、アルコールに変わるはずの糖分を残す製法だということ。
これによって、独特の甘さが作られます。
「赤玉ポートワイン」は、甘味料などを添加してポートワインの甘さをまねたことで、ワインに親しみのなかった日本人に大うけした製品です。
(「ポートワイン」の名称が問題になり、現在は「赤玉スイートワイン」と言うそうです。)
ポートワインの歴史はそれほど古くなく、大量生産されるようになったのは18世紀ごろ。
イギリスが最大の「お得意さん」で、醸造メーカーもイギリスの資本が多いため、サンデマン(Sandeman)、テーラーズ(Taylor's)、カレム(Calem)など英語の名前のブランドが多いとのことです。

似たような写真を既にアップしていますが、かつてポートワインを運んでいた船。
ドウロ川上流の地域で収穫したブドウをポルトまで運んで醸造していたそうです。
IMG_5090川船.jpg

ワイン運搬船型のクルーズ船。
IMG_5088川船.jpg

ふたたび対岸(ドウロ川北側)のポルト旧市街の光景。
夕陽に照らされて美しさを増している感じです。
IMG_5089対岸.jpg

さて夕食なんですが、「ポルト名物」を食べることにします。
「フランセジーニャ」(francesinha)というものなんですが、ドウロ川沿いに並ぶカフェやレストランの多くで食べられます。
ということでこちらのレストランへ。
IMG_5094レストラン.jpg
IMG_5096レストラン入り口.jpg
IMG_5097メニュー.jpg

まずはサラダ(とビール)。
IMG_5091サラダ.jpg

そして、こちらがフランセジーニャです。
厚切りの食パンの間に、(お店にもよるようですが)ソーセージやハム、玉子焼き、それにステーキ肉(!)などを挟み、チーズとトマトソースをかけて加熱してあります。
「これでもか」という感じの『B級グルメ』ですが、昔フランスに出稼ぎに行ったポルトガル人が、 帰国後、フランスのクロックムッシュをポルトガル風にアレンジしたものだということです。
IMG_5093フランセジーニャ.jpg
おそらくとんでもないカロリーだと思うので、家人と2人で1人前を分けました。

夕食を済ませホテルに戻ると、ドウロ川に帆船が停泊しています。
IMG_5098帆船.jpg

(つづく)

ドウロ川クルーズとポートワイン試飲【2016夏休みポルトガル旅行記(30)】 [旅行・乗り物]

ポルトの大聖堂とドン・ルイス1世橋上段の眺め【2016夏休みポルトガル旅行記(29)】から続きます。

朝からポルトの街を「レンタカー」(返却)→「徒歩」→「ポルトガル国鉄(CP)」→「徒歩」といろんな交通手段であちこち移動していますが、次は船です。

街中の代理店でドウロ川クルーズとポートワイン見学・試飲がセットになったチケットを買って、船の乗り場へ向かいます。

前日の夕食をとったカイス・ダ・リベイラ地区に船着場があります。
こちらはそのカイス・ダ・リベイラ地区の住宅など。
IMG_5062河畔住宅.jpg
IMG_5072ドウロ川北岸.jpg

川はいろんな船が行き交っています。
クルーズもいろんな会社が、いろんな形の船を使って運航しています。
IMG_5073クルーズ船.jpg
IMG_5065川船.jpg

乗るのはこちらの船。
IMG_5066クルーズ船.jpg

とにかくいい天気なので、上部のデッキに陣取ります。
先ほど上段を歩いたドン・ルイス1世橋が見えてきます。
ちょうど電車が通っています。
地上と地下、両方を走る車両です。
IMG_5067橋と電車.jpg
IMG_5068船と橋.jpg
IMG_5070橋.jpg
IMG_5071橋.jpg

真下から見たドン・ルイス1世橋はこんな感じ。
橋のすぐ近くを出発して、橋の上流に1〜2km向かったあと、戻ってきて下流の方向にも少し航行します。
IMG_5076橋真下.jpg
IMG_5075ドウロ川.jpg

1時間ほどの船旅を終え元の船着場に。

橋の下段を渡って、対岸のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアへ。
川には昔のワイン運搬船がつながれています。
(観光客向け=雰囲気づくりのディスプレーのようです。)
IMG_5077ワイン運搬船.jpg

購入したチケットで入場できるのは、クェヴェド(Quevedo)という会社の酒蔵(ワイン醸造・貯蔵施設)です。
IMG_5082クェヴェド外観.jpg
IMG_5079クェヴェド.jpg

内部はこんな感じ。
IMG_5078ワイン酒蔵.jpg
IMG_5081ワイン樽.jpg

何種類かのポートワインを試飲させてくれます。
IMG_5080ワイン試飲.jpg

午前中「世界一美しい書店」の中でも1杯飲みましたが、やはり甘くておいしいと思います。
(『寝酒』にちょうどいいかも…。)

(つづく)

ポルトの大聖堂とドン・ルイス1世橋上段の眺め【2016夏休みポルトガル旅行記(29)】 [旅行・乗り物]

満席の有名店でタコ天&タコご飯に舌鼓【2016夏休みポルトガル旅行記(28)】から続きます。

ポルトの長距離列車ターミナル、カンパニャン駅近くでタコ天&タコご飯を食べたあとは、ローカル電車でサン・ベント駅まで戻ります。
IMG_5042鉄道車内表示.jpg
IMG_5044サンベント駅.jpg
IMG_5043サンベント駅.jpg
IMG_5045サンベント駅.jpg

アズレージョ(青タイル)ももう一度鑑賞。
IMG_5046アズレージョ.jpg

サン・ベント駅の外観はこんな感じ。
それにしてもいい天気ですね。
IMG_5050サンベント駅.jpg

こちらは駅隣の建物。
IMG_5048駅隣建物.jpg

サン・ベント駅のすぐ近くには、ポルトの大聖堂があります。
ポルトガル語で「大聖堂」は"Sé"と言うそうです。
IMG_5052大聖堂.jpg
IMG_5055大聖堂.jpg
IMG_5054大聖堂.jpg

大聖堂そばから見たポルト旧市街の街並み。
赤茶色のレンガが美しいですね。
IMG_5051ポルト街並み.jpg
IMG_5057ポルト街並み.jpg

すぐ近くをドウロ川が流れています。
IMG_5056ドウロ川.jpg

川の対岸はポートワインの醸造所・倉庫が立ち並んでいます。
IMG_5058ドウロ川対岸.jpg

ドン・ルイス1世橋もすぐ近くです。
上段は電車と歩行者用です。
(この電車はトラムのような車両ですが、地下も走ります。)
IMG_5059橋上段.jpg
IMG_5061橋上段.jpg

泊まっているアパートメントホテル「オー!ポルト」("Oh!Porto")が見えます。
写真中央の上の部分に見える白い建物です。
IMG_5060ホテル.jpg
IMG_5064ホテル遠景.jpg

(つづく)

満席の有名店でタコ天&タコご飯に舌鼓【2016夏休みポルトガル旅行記(28)】 [旅行・乗り物]

アズレージョが美しいサン・ベント駅へ【2016夏休みポルトガル旅行記(27)】から続きます。

アズレージョで有名なポルト旧市街のサン・ベント駅からローカル電車に乗り、次のカンパニャン駅で下車。
IMG_5027カンパーニャ駅.jpg
IMG_5028カンパーニャ駅ホーム.jpg
IMG_5029カンパーニャ駅ホーム.jpg


目的地は駅から200~300mほど坂を上ったところにあるこちら。
カサ(カーザ)・アレイショ(Casa Aleixo)というお店で、日本語のガイドブックにも紹介されていますし、BSの旅番組でも見たことがあります。
IMG_5031カサアレイショ.jpg

午後1時過ぎだったんですが、満席で待たされます。
お客さんを見ると、観光客ではなく地元の人がほとんどのようです。
IMG_5032カサアレイショ内部.jpg

30分以上待ってようやく席へ。
暑かったのでとりあえずビール!
ポルトガルで最もポピュラーなスーパー・ボック(Super Bock)です。
IMG_5034スーパーボック.jpg

日本人客が多いらしく、メニューにも日本語が。
(どんな日本語なのかは写真をご覧ください。)
店の主人も「タコ、おいしい!」と日本語で話しかけてきました。(^_^)
IMG_5037メニュー.jpg
IMG_5038メニュー.jpg

こちらがタコの天ぷらとタコの炊き込みご飯。
(メニューに「タコライスとタコフィレ」と書いてあるやつですね。)
これで確か1人前。(家人とシェア)
天ぷら(フリッター?)はタコが柔らかくて美味。
ご飯もほどよい味付けでおいしくいただきます。
IMG_5035タコ天&タコご飯.jpg

デザートはアレトリアという極細のパスタを甘く味付けしたもの。
家人とシェアしたので適量でした。
IMG_5039デザート.jpg

全体的に大満足でお店を後にしました。
IMG_5041カサアレイショ.jpg

(つづく)

コントラバス版『ドボコン』はとにかくすごかった【ゴルトベルクフィル演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは知人多数出演、そして『コントラバス業界』で話題のこの演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ゴルトベルク フィルハーモニカー 第6回演奏会
日時:2016年11月19日(土)14:00開演
会場:杉並公会堂大ホール(東京・荻窪)
指揮:金山隆夫
コントラバス独奏:石川滋(読売日本交響楽団ソロコントラバス奏者)
曲目:ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界より」
   ドヴォルザーク チェロ協奏曲ロ短調(コントラバス独奏)
   チャイコフスキー 大序曲「1812年」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_ゴルトベルク201611.jpg

「コントラバス業界で話題」と言われても、何のことか分からない方の方が多いと思いますが、この演奏会のポイントは「チェロ協奏曲の独奏パートをコントラバスで弾く」ということ。
ついでに説明すると、このチェロ協奏曲(通称『ドボコン』)は「新世界より」などと並んでドヴォルザークの代表作の1つで、オーケストラの演奏会ではかなり演奏頻度の高い名作です。
チェロで弾いてもかなり難しい曲なわけですが、コントラバスで弾くとなると超・超絶技巧が要求されます。
(もちろん自分で弾いたことはないので「説得力」がありませんが…。)

過去に、ソロ・コントラバス奏者の第一人者、というより唯一無二の存在であるゲーリー・カーが同じようにこの協奏曲をコントラバスで演奏したことがあって、CDも出ています。
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104

  • アーティスト: 大阪フィルハーモニー交響楽団,朝比奈隆,ゲリー・カー
  • 出版社/メーカー: King Records =music=
  • 発売日: 2010/09/08
  • メディア: CD

その後、(非公開での演奏会などは別として)同じことをやったという話は聞かないので、ひょっとしたらきのうの石川滋さんの演奏が、「世界で2番目」なのではないかと思います。

さて、きのうの演奏会ですが、まずは超ポピュラー曲の「新世界より」。
このオケは上智大学オケの出身者が集まっていて、指揮者の金山氏は同オケの指揮者を努めているということですが、個々の奏者のレベルが高く、特に弦楽器がよくまとまっていました。

休憩の後はいよいよ「チェロ協奏曲」。
石川さんが使っている楽器は、ちょっと茶色がかったヴァイオリン・シェイプ。
サイズは普通に見えます。
プログラムの文章によると、通常のオーケストラ用と違って、一番上の弦を4度高い「C」のものに換えているそうです。

演奏は「上手い」とかいうレベルを超越して、ただ「すごい」の一言。
音程も正確だし、重音もきちんと弾いています。
(チェロは5度調弦、コントラバスは4度調弦なので、同じように弾くのはかなり大変なはずなんです。)
そして音色もとても「立っている」感じ。
聴きにきていたほかの楽器の奏者は終演後「コントラバスでチェロみたいな音も出るんですね」と言ってました。

演奏会の最後は、チャイコフスキーの大序曲「1812年」。
ロシア軍がナポレオン率いるフランス軍を撃退する様子を描いた作品で、曲の最後の方に「大砲」が使われています。
通常はバスドラム(大太鼓)で、きのうもそうでした。

また、最後にバンダ(ステージ外の奏者)の金管楽器が入るのですが、きのうも20人弱がステージ後ろの客席で演奏。
プログラムによると、在日アメリカ陸軍軍楽隊のメンバーが参加していました。
(アメリカ軍を呼んだのなら大砲も持ってきてもらえばよかったのに…。笑)

とにかく「世界で二番目の快挙を目撃できて光栄でした」という感激と興奮を胸に、自分のオケの練習に向かいました。

アズレージョが美しいサン・ベント駅へ【2016夏休みポルトガル旅行記(27)】 [旅行・乗り物]

青タイルが印象的な教会と『世界一美しい書店』【2016夏休みポルトガル旅行記(26)】から続きます。

「世界一美しい書店」を出てしばらく歩き、ドン・ルイス1世橋などと並ぶポルトの観光名所の一つに到着。
旧市街の一角にあるポルトガル国鉄(CP)のサン・ベント駅です。
IMG_5021サンベント駅外観.jpg
IMG_5016サンベント駅外観.jpg

この駅が有名なのは、コンコース内部の壁面を飾るアズレージョ(ポルトガル特有の青いタイル)の美しさ故です。
駅は20世紀初頭に建設され、アズレージョの装飾は約30年後に施されました。
ポルトガルのさまざまな歴史が描かれているそうです。
IMG_5017サンベント駅内部.jpg
IMG_5018サンベント駅内部.jpg
IMG_5019サンベント駅内部.jpg

ホームは頭端式。
券売機で磁気式の乗車券を購入します。
チャージする金額によって、1回券にも1日(24時間)券にも使えます。
IMG_5020ホームと券売機.jpg

この駅を発着するのは主に、ポルトガル北部地方の都市を結ぶローカル列車です。
IMG_5022ローカル列車.jpg
IMG_5023ホームと列車.jpg

ポルトの主要駅は元々、隣のカンパニャン駅だったのが、「市街地から遠くて不便」ということでトンネルを掘ってこのサン・ベント駅まで路線を延長したということで、「サン・ベント」とは以前この場所にあった修道院の名前にちなんでいるそうです。
IMG_5024ホームと列車.jpg
IMG_5025ローカル列車.jpg

列車の内部はクリーンで広々としています。
これに乗って隣駅まで行きます。
IMG_5026列車内部.jpg

(つづく)

青タイルが印象的な教会と『世界一美しい書店』【2016夏休みポルトガル旅行記(26)】 [旅行・乗り物]

レンタカー返却してポルトの新市街を歩く【2016夏休みポルトガル旅行記(25)】から続きます。

ボアヴィスタ通りのレンタカー営業所で車を返却後、ポルト市街を南東の方向へぶらぶら。
途中、市場などを覗きながら2kmほど歩いて、新市街から旧市街に入ってきました。

レトロな路面電車(トラム)が止まっています。
リスボンでは乗りましたが、ポルトのトラムは結局乗りませんでした。
IMG_5000路面電車.jpg



トラム乗り場のすばにあるのがカルモ教会(Igreja do Carmo)
アズレージョと呼ばれるポルトガル独特の青いタイルが壁一面を飾っていて、とても印象的です。
IMG_4997教会.jpg
IMG_5001教会.jpg

カルモ教会からちょっと歩くと、人だかりが見えてきました。
ある有名なお店に入るための入場券を買い求める行列と、入場待ちの(短い)列、それに見終わって出てきた人たちが写真を撮っているところです。
そのお店とはレロ・イ・イルマオン書店(Livraria Lello & Irmao)です。
IMG_5002書店.jpg

表(正面)を見ると、立ち並んだちょっと古そうなビルの1つに過ぎないんですが、110年前の1906年に開店した「世界一美しい本屋」なんです。
なんでも、映画「ハリー・ポッター」シリーズの撮影にも使われたことがあるんだとか。
IMG_5003書店.jpg
IMG_5006書店.jpg

ポルト市内でも屈指の人気観光スポットということで、内部は人でごった返しています。
写真を撮っても、人が入らないカットは難しいので、建物自体の美しさを見たい方はこちらの画像検索結果をご覧ください。
IMG_5009天井ステンドグラス.jpg
IMG_5013階段.jpg

この書店、2階の窓際がカフェになっています。
といっても小さなテーブルが2~3個置いてあって、数人でいっぱいなんですが、運よく座れたのでちょっと一息。
前日夕方のポルト到着後、ポートワインをまだ口にしていなかったので1杯注文。
甘くておいしゅうございます。
IMG_5008ポートワイン.jpg

本当は、本も買いたかったのですが、ゆっくり品定めできるような状況でもなかったので、何も買わずにお店を後にし、ちょっといい気分で次の目的地に向かいます。

こちらは途中に見かけたポルト市庁舎です。
IMG_5014市庁舎.jpg

(つづく)