So-net無料ブログ作成

『ボレロ』はいい演奏でしたがマーラーは大変そうでした【東京グリーン響を聴く】 [音楽]

きのうは家族が賛助出演するこちらの演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東京グリーン交響楽団第25回定期演奏会
日時:2017年1月28日(土)14:00開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:北原幸男
曲目:ラヴェル「ボレロ」
   マーラー 交響曲第5番嬰ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_東京グリーン201701.jpg

このオケ、「みどり会」という企業グループが作ったアマチュアオーケストラだそうで、確か関西にも「姉妹オケ」があるはず。
名前は聞いたことがありましたが、演奏会は初めてでした。

「ボレロ」は最初から最後まで独特のリズムが続くことで有名な曲。
いろんな場面で使われるのでご存知の方も多いと思います。
フルートに始まって、さまざまな楽器(またはいくつかの組み合わせ)がソロでメロディーを吹くのですが、難易度に差があって、結構難しい楽器もあるので、アマチュアではなかなか取り上げられません。
サックスが2人(以上)必要だったり、オーボエダモーレという普段は使われない楽器が編成に含まれるのも、演奏機会の少ない理由かもしれません。

その「ボレロ」ですが、きのうの演奏は、各楽器が健闘していて、なかなかいい演奏でした。
特に難しいトロンボーンなども及第点だったと思います。

一方、後半のマーラー5番。
「ボレロ」は、メロディーが2種類、リズムが1種類しかないという、究極の「シンプルさ」を持った作品であるのに対し、すべてのものが複雑で、「複雑さの極致」であると言っていいと思うのですが、やはりその複雑さを表現するのはなかなか大変だと思いました。
技術的には管楽器(特に金管楽器)が難しいと思うのですが、曲全体の表現という観点で見ると、やはり弦楽器の曲の理解度というか「入り込み方」が問われるような気がします。
もっと「熟成」を進めると、よい演奏になるような気がしました。

ところで、サントリーホールは2月から、半年間の改修工事に入るそうです。
きのうの演奏会が工事前の最後でした。
それにしても、アマチュアのオーケストラがサントリーホールで演奏会を開くのは、やはり恵まれたことですよね。
(私も何度かステージに乗ってますが…。)
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

銀座線の『レトロ仕様』車両に乗る=車内灯は消えません= [旅行・乗り物]

日本で、というよりアジアで一番古い地下鉄である東京メトロ銀座線。

現在の主力車両は新1000系と呼ばれるオレンジ色の6両編成ですが、先週から、特別仕様のものが走っています。
きのう、初めて乗りました。
img_レトロ銀座線201701外.jpg
img_レトロ銀座線201701中.jpg

色がやや薄めのオレンジ色になり、内装は木材や真鍮を感じさせる色合いです。
90年前の開業当時の車両の仕様を『再現』しているのだそうです。

そして、写真をよく見ていただくと「予備灯」が壁に取り付けられています。

乗ったことのある方はご存じだと思いますが、かつての銀座線では、駅手前の「デッドセクション」で車内灯が一瞬消え、代わりに予備灯が点灯していました。
(「デッドセクション」とは給電の都合で、架線や第三軌条から電力の供給が途切れる場所のことです。)

この新・1000系では、通常の運転の際には車内灯が消えることはないそうですが、イベントなどの際には消灯して代わりに予備灯がつくようにできる設計なのだそうです。
経験者にはきっと懐かしいでしょうね…。

『重厚長大』なブルックナーでした【日フィル東京定期を聴く】 [音楽]

きのうは日本フィルの定期演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第687回 東京定期演奏会
日時:2017年1月20日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ピエタリ・インキネン(首席指揮者)
曲目:ブルックナー 交響曲第8番ハ短調(ノヴァーク版)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201701.jpg

事前に公表されていた演奏予定では、写真のポスターにあるように「ハース版」だったのですが、日フィルのウェブサイトには「当初『ハース版』を予定しておりましたが、インキネンの強い意向により『ノヴァーク版』に変更することとなりました」となっています。
「ところどころ少し違う」という程度の差異なんですが、変更の理由は何だったのでしょうか?
(ブルックナーの交響曲の「版」の問題については、いささかマニアックなのでここでは詳述しません。)

演奏ですが、かなりゆったりしたテンポで進んで行きます。
最近は、ブルックナーといえども「サクサク進む」演奏を聴くことが多いような気がするので、昨日の演奏は「重厚長大」というか、少し前の時代の「巨匠チック」な印象を受けました。
ホルンやワーグナーテューバをはじめ、管楽器のソロもハイレベルでしたし、P席なのでバランスのことは判断しにくいのですが、いい印象を持ちました。
(きょう土曜日も同一プログラムで演奏会があるので、演奏内容についてはこれ以上触れないようにいたします。)

ただ、「重厚長大」であるがゆえでしょうか、後半はやや集中力が切れたような部分もあって、1日でどうブラッシュアップされるのかが気になるところです。
(私はきょうは聴けませんが…。)

「重厚長大」さの現われなんですが、通常80〜85分(1時間20分〜1時間25分)のことが多い演奏時間が、きのうは7時開演で、終わったのが8時35分でした。(休憩なし)

ところで、このブルックナーの8番は、2〜3年前に2度演奏しました。
1度はコントラバスですが、もう1どはシンバルで、どちらもハース版でした。
シンバルは第3楽章に2発だけ叩くところがあるのですが、かなり後半の方。
出番が近づくと「やっと来た」とテンションが上がったのを思い出しました。

そういえば、きのうのステージには、5日前に並んで弾いていた女性奏者(プロ)も乗っていました。
「あの楽器はルブナーだな」などと観察してました。(^_^)
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

若者やプロ奏者と一緒の演奏は楽しくて勉強になりました【オルケストラ・クラシカ演奏会終了】 [音楽]

きのうは今年最初の演奏会出演でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Orchestra Classica(オルケストラ・クラシカ)第5回演奏会
日時:2017年1月15日午後2時開演
会場:トッパンホール(東京・文京区)
指揮:大森悠(音楽監督)
独走:花崎薫(チェロ)
曲目:モーツァルト 交響曲ニ長調(KV320)《セレナード第9番「ポストホルン」改作》
   ハイドン チェロ協奏曲第2番ニ長調 Hob.VIIb-2
   ブラームス セレナード第1番ニ長調 作品11
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_トッパンホール201701.jpg

この室内オケは、大学オケの後輩で、現在大阪フィルハーモニー交響楽団の首席オーボエ奏者である大森悠氏が音楽監督となってつくった団体で、メンバーは大学オケの若い後輩たちとプロ奏者。
去年6月、長野・松本市での公演に参加し、今回が2回目でした。
コントラバスは3人でしたが、1人は女性プロ奏者、もう1人は自分の子供より若い現役大学生というバラエティーに富んだ(!?)組み合わせでした。

少ない練習回数で古典の曲を演奏するという、私が主宰するPROJECT Bオーケストラと共通点もあるコンセプトを掲げていて、勉強にもなるということで参加したのですが、とても楽しい体験でした。

アマチュアオーケストラで弾いていると、モーツァルトとかハイドンは実はあまり弾く機会がなくて、前半の2曲は(たぶん)初めてだったのですが、レベルの高いメンバーと一緒にやると楽しいですね。
(自分の技術はさておいて…。)

いろいろ今後に生かしたいと思います。

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コントラバス二重奏など素晴らしい演奏でした【石本弾コントラバス・リサイタルを聴く】 [音楽]

きのうは聴きたい演奏会がいくつもあったんですが、迷った末、コントラバスのリサイタルに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
石本弾 コントラバス・リサイタル〜低音の響き〜第2弾
日時:2017年1月13日(金)19:00開演
会場:かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール(東京・青砥)
出演:石本弾(コントラバス)
   石本由香利(ピアノ・指揮)
   紀伊国屋美智子(ソプラノ)
   市川雅典(コントラバス)
   ショコラ・アンサンブル・ヴィルトオーゾ・ジャパン
曲目:タバコフ「7つのモティーヴ」
   プレヴィン「ヴォカリーズ」
   ロッシーニ「猫の二重唱」
   ボッテジーニ「エレギー」
   グリエール「インテルメッツォとタランテッラ」
   ディッタースドルフ コントラバス協奏曲第2番ホ長調
   ボッテジーニ コントラバス二重奏「パッショーネ・アマローザ」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_石本弾201701.jpg

石本さんのリサイタルは6年前にも聴いています。

その後、2年前に本を執筆する際に、石本さんの奥様、由香利さんにドイツのアマオケ事情に関していろいろ教えてもらった縁があります。
ちなみに、奥様はきのうは前半ピアノ伴奏、後半はオケの指揮をなさってました。
実は、東京音大の指揮科卒業だということで、私の『先輩』でもあります。

昨日の曲目、どれも熱演で楽しませてもらったんですが、特に、ゲストのソプラノ・紀伊国屋さんとの「猫の二重唱」や、N響の首席代行・市川さんとのボッテジーニなど、どれも素晴らしい演奏でした。

後半の伴奏を担当したアンサンブルは、知り合いが前回よりさらに増えてました。
終演後、石本さんと奥様にご挨拶することができました。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

大崎駅に4種類の電車『勢揃い』 [旅行・乗り物]

最近、テツ分が著しく不足しています。
ポルトガルではちょっとだけ補給しましたが…。

ということで、日常の中でのテツの写真。
(私は基本的に「乗りテツ」なので、「乗った時に撮る」のが基本です。)

こちらの写真は、JR大崎駅の5-6番線(埼京線・りんかい線、湘南新宿ライン)ホームで撮影したもの。
(左端の電車から降りて気づき、急いでiPhoneで撮ったので画角がイケてませんがご容赦ください。)
平日の午前6時52分ごろです。
IMG_3687大崎駅4種類.JPG
写真左端が5番線で右端が8番線。
お分かりいただけるでしょうか?
順にE231系−205系−E233系−70系(りんかい線)が並んでいます。
(※「りんかい線」は東京臨海高速鉄道)
実は4種類の車両が「勢揃い」しているのは、かなり珍しいと思われます。

5番線湘南新宿ラインの快速・平塚行きE231系ですが、15両編成で、手前の高崎・宇都宮方は付属編成(5両)です。
(昼間など基本の10両編成のこともあります。)
基本・付属編成ともにE231系とE233系が共通で運用に入っているので、この電車がE233系のこともあります。

6番線埼京線の通勤快速・川越行き
通常はE233系ですが、この日は205系が運用に入っていました。
(点検か何かでしょうか?)

7番線りんかい線の新木場行き
りんかい線内のみの運転ですが、この電車はいつもJRの車両であるE233系が使われています。

8番線りんかい線・新木場行きの70系
りんかい線の車両は開業からずっとこの車両(ベースはJRの209系)です。
7番線の次の電車で、7分後に発車します。

つまり、5番線、6番線ともにE233系のことが多く、その場合「左から3本はE233系」ということになります。
この「4本とも別の車両」というのは珍しい機会でした。

ところで、大崎駅の5-8番線ホームは、前記のように埼京線と湘南新宿ラインが使用するわけですが、そのホームの使い方は、乗客には分かりにくいと言わざるを得ません。

湘南新宿ラインは、横浜・逗子・小田原方面が5番線、新宿・大宮・高崎・宇都宮方面が8番線と決まっています。
しかし、相互乗り入れしているりんかい線と埼京線は、新木場方面、大宮・川越方面ともに、5〜8番線のいずれからも出ていて、発車案内板を見ないと、どのホームに行けばいいのか分かりません。
(新宿駅の1-4番線でも似たような状況があります。)

りんかい線と埼京線の大崎止まりの電車を、引き上げ線に収容して折り返すようにすれば、解消されるんでしょうが、スペースの問題などで難しいんでしょうね。
nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ユダヤ5000年の教え」「頭の悪い日本語」「バカざんまい」「翻訳はいかにすべきか」=読み終わった本(2016.12) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2016年12月分です。

▼読み終わった本
*「〈新版〉ユダヤ5000年の教え」
ラビ・マービン・トケイヤー著、加瀬英明・訳、小学館新書

〈新版〉ユダヤ5000年の教え

〈新版〉ユダヤ5000年の教え

  • 作者: マービン トケイヤー
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/10/03
  • メディア: 単行本

元々は1975年に出版された「ユダヤ格言集」という本が、2004年に「ユダヤ5000年の教え」というタイトルで改訂・出版され、さらに改題・再編集され去年10月に「新版」として出版されたそうです。
「ユダヤ人が優秀なのは環境によるものであり、ユダヤ人にとって学ぶこと・教育が何より重要である」というのがこの本の核心だと言えると思います。

▼読み終わった本
*「頭の悪い日本語」
小谷野敦・著、新潮新書

頭の悪い日本語

頭の悪い日本語

  • 作者: 小谷野 敦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/04/17
  • メディア: 新書

「気持ちの悪い日本語」「『日本語』勘違い」「知って損はしない日本語の豆知識」の3部に分かれていて、それぞれ具体例を挙げながら説明しています。
仕事柄、知っていることも含まれていますが、「なるほど」と思わせる話もたくさんあって、面白く読みました。

▼読み終わった本
*「バカざんまい」
中川淳一郎・著、新潮新書

バカざんまい

バカざんまい

  • 作者: 中川 淳一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/09/15
  • メディア: 新書

インターネットに関する核心をついた評論(!?)などを中心に著作を出している中川氏の本。
週刊誌に連載したコラムをまとめたものだそうです。
確かにうなずける指摘が多いんですが、「そう言われてもどうしようもないようなあ」という内容もあって、自分の「バカ」さを思い知らされました。

▼読み終わった本
*「辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術」
飯間浩明・著、PHP新書

辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術

辞書編纂者の、日本語を使いこなす技術

  • 作者: 飯間 浩明
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2015/04/16
  • メディア: 新書

筆者は「三省堂国語辞典」の編集委員を務める日本語の専門家。
もっと難しい話が多いのかと思いましたが、「人前でうまく話す方法」とか「『えー』のコントロール法」などという項目もあって、とても親しみやすい本でした。

▼読み終わった本
*「翻訳はいかにすべきか」
柳瀬尚紀・著、岩波新書

翻訳はいかにすべきか

翻訳はいかにすべきか

  • 作者: 柳瀬 尚紀
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2000/01/20
  • メディア: 新書

こちらは前期の「辞書編纂者の〜」と比べ、かなり難しい本。
(私自身、仕事でニュースの翻訳などはやってことがあるので、いろいろうなずける部分もあることはあったのですが…。)
私が感想を書けるような生易しいものではありませんでした。
力不足をお詫びします。
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「世界史までわかる日本史」「サイコパス」「138億年の音楽史」=購入した本(2016.12) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2016年12月分です。

▽購入した本
*「一気に同時読み!世界史までわかる日本史」
島崎晋・著、SB新書

一気に同時読み! 世界史までわかる日本史

一気に同時読み! 世界史までわかる日本史

  • 作者: 島崎 晋
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/12/06
  • メディア: 新書



▽購入した本
*「サイコパス」
中野信子・著、文春新書

サイコパス

サイコパス

  • 作者: 中野 信子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/11/18
  • メディア: 新書


▽購入した本
*「138億年の音楽史」
浦久俊彦・著、講談社現代新書

138億年の音楽史

138億年の音楽史

  • 作者: 浦久 俊彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/07/20
  • メディア: 新書


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本年もよろしくお願いします [日記・身辺雑記]

明けましておめでとうございます。
2017年も当ブログをよろしくお願いいたします。
2017年賀状50%.jpeg

nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感