So-net無料ブログ作成
検索選択

2時間30分は長く感じませんでした【日フィル5月東京定期「ラインの黄金」を聞く】 [音楽]

きのうは日フィルの5月定期を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第690回東京定期演奏会
日時:2017年5月26日(金)19時開演
会場:東京文化会館大ホール(東京・上野)
指揮:ピエタリ・インキネン(首席指揮者)
曲目:ワーグナー 楽劇「ニーベルングの指環」
    序夜「ラインの黄金」(演奏会形式/字幕付き)
【配役】
 ヴォータン:ユッカ・ラジライネン
 フリッカ:リリ・パーシキヴィ
 ローゲ:西村悟(ウィル・ハルトマンより変更)
 アルベリヒ:ワーウィック・ファイフェ
 フライア:安藤赴美子
 ドンナー:畠山 茂
 フロー:片寄純也
 エルダ:池田香織
 ヴォークリンデ:林正子
 ヴェルクンデ:平井香織
 フロスヒルデ:清水華澄
 ミーメ:与儀匠(高橋淳より変更)
 ファーゾルト:斉木健詞
 ファフナー:山下浩司
【演出】佐藤美晴
照明】望月太介(A.S.G)
【衣装】臼井梨恵
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

IMG_0318東京文化201705.JPG

サントリーホール改修中につき、上野の東京文化会館での開催。
サントリーでは舞台後ろ側のP席ですが、割り当てられたのは一番上の5階席です。
写真だとよく分からないかもしれませんが、相当な高さで舞台が遠く見えます。
しかも左(下手)側なので、舞台が3分の1くらい見えません。
(救いは2列ある座席の2列目なので、後ろを気にせずに身をのり出せること。)

さて、この日の演目は「ラインの黄金」。
全部上演すると4日(4晩)かかるという「ニーベルングの指環」4部作の第1部(序夜)にあたります。
ちなみに、第2部以降は「第1日」〜「第3日」となっていて『ワルキューレ』『ジークフリート』『神々の黄昏』となっています。

オーケストラの演奏会は何百回も聴いて、何百回も出演してますが、オペラを聴いた(見た)のは20〜30回。
そして、出演経験はほぼゼロです。
(昨夜のように「演奏会形式」がひょっとしたら1回くらいあったかもしれませんが…。)

今回は「演奏会形式」なので、セットを組まず、歌手たちはオーケストラと同じステージ上で歌います。(若干の演技はします。)
オペラに行くと、途中で筋を追うのが面倒になることが多いですし、きのうは早朝出勤で眠かったので、途中睡魔に襲われるのではないかと危惧していましたが、幸いそんなことはなく、約2時間30分(休憩なし)の間、ずっと集中して楽しむことができました。
事前にネットで調べたり、開演までにプログラムのストーリー(あらすじ)を読んだりしたのも役に立ちました。
詳しくないので、あまり的確な感想は言えないんですが、日フィルも歌手陣も素晴らしかったと思います。
それにしても、歌手の皆さんは自分の歌うところを全部暗譜しなければならないわけで、大変だと思いました。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

映画「ラ・ラ・ランド」を見る [映画・テレビ]

3月の連休に入った北京旅行
片道4時間前後と短い飛行時間なので、食事したりうとうとしているとすぐに着いてしまうんですが、往路で1本だけ映画を見ました。

今年のアカデミー賞で6部門を受賞した話題「ラ・ラ・ランド」
ロサンゼルスを舞台にしたミュージカル映画です。



「気軽に見ることができて、爽やかな『後味』だな」というのが感想。
いろいろあるけど、主役の2人にとっては、この選択でよかったんだろうな、というか。

最初のシーンは、しばらく「いつの時代の話だろう」と思いながら見てました。
なんとなく「ミュージカルというと20世紀(第二次大戦後?)」みたいな印象があるからでしょうか…。
でも車を見るとプリウスだったりして、「ああ、21世紀なんだ」と気づいた感じ。

その後も、時間の経過がちょっと分かりにくかったような気がします。

そういえば、最近、「ハリウッド超大作」みたいな映画を見なくなりました。
「続編」だと、シリーズを続けて見ていないと映画館に足が向かないし…。
そもそも、映画館に行くこと自体、かなり減ってます。

そういう意味では、「続編」でなく『とっつきやすい』映画は歓迎です。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ホールの響きの重要性再認識【狛江フィル演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは何度も出演したことのあるアマオケの演奏会を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
狛江フィルハーモニー管弦楽団 第39回定期演奏会
日時:2017年5月20日(土)午後2時開演
会場:エコルマホール(東京・狛江)
指揮:三河正典
独奏:渡辺玲子(ヴァイオリン
曲目:シベリウス 「悲しきワルツ」
   同 ヴァイオリン協奏曲ニ短調
   ブラームス 交響曲第1番ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

image_狛江フィル201705.JPG

1曲目はシベリウスの小品「悲しきワルツ」。
小さめの編成でよくまとまった演奏でした。

2曲目は同じくシベリウスのヴァイオリン協奏曲。
このジャンルの作品としては演奏機会の多さが5本の指に入ります。
独奏の渡辺さんはニューヨーク在住で、世界的に活躍しているヴァイオリニストです。
テンションの高い素晴らしい演奏でしたが、オケももっとテンションを上げた方がいいような気がしました。

後半は、アマオケでの演奏回数ベスト3に入るというブラームスの1番。
指揮者の三河先生は、きっと何百回も振っていることでしょう。
狛江フィルもたぶん39回の演奏会中、3回目か4回目ではないかと思います。
よくこなれた演奏でした。

全体を通して思ったのは、(何度も書いてるような気もしますが)ホールの残響の少なさ。
やはり重要ですね。
音楽専用の施設ではないので仕方ないんでしょうが、もう少しなんとかしてあげたいと思いました。
ステージ上で演奏している側としては、そこまで気にならないんですが、たまに客席で聴くと気になります。
最近は、1,000席以下でも音楽専用でいい音響のホールがあるので、たまにはそうしたホールで演奏会を開くのもいいかもしれません。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

自分が演奏したのとはある意味別の曲でした【読響のブルックナー5番を聴く】 [音楽]

きのうは読響の定期演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第568回定期演奏会
日時:2017年5月19日(金)19時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋
指揮:ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(名誉指揮者)
曲目:ブルックナー 交響曲第5番変ロ長調(シャルク版)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響201705.jpg

会員になっている日曜マチネーシリーズから都合により振り替えました。
(先月自分で指揮したばかりのベートーヴェン「英雄」だったので、日曜マチネーも聴きたかったんですけどね…。)
そして、ブルックナー5番は、2月に自分の所属するオケ「ザ・シンフォニカ」でも高関健先生の指揮により演奏したばかりです。

ただ、シンフォニカが「原典版」だったのに対し、きのうは大幅な改訂を加えた「シャルク版」。
そうとう違っていて、ある意味別の曲でした。
(あまりに違うんで、途中ニヤニヤというか笑いそうになりました。)
細かいことを説明してもしょうがないんですが、例えて言うなら「吹奏楽に編曲して、一部をオケに戻した」というか…。
特に第4楽章はそんな感じ。
または、作曲者自身が歌った曲を別の歌手がカバーしたバージョン!?

ちなみに、フランツ・シャルクは19〜20世紀のオーストリアの指揮者・音楽家。
ブルックナーの作品に対し、『大胆な』改変を加えたことで知られます。
ブルックナーの作品を「聴きやすくしよう」「聴衆受けするようにしよう」という意図だった言われますが、現代ではこのような改変は受け容れられないのではないかと思います。

もう一つ面白いと思ったのは、テンポがかなり遅いこと。
全部で4楽章の曲ですが、第2楽章が終わった時点で55分。
で、プログラムには「約63分」と書いてあるんですが、実際には80〜85分かかってました。

ブルックナーは、熱烈な支持者、いわゆる「ブルオタ」(ブルックナー・オタク)がいることで知られます。
きのうは特に、実演ではなかなか聞けないシャルク版ということで、ブルオタが大集結した感がありました。

ちなみに、指揮のマエストロ・ロジェストヴィンスキーは86歳!
冷戦時代からソ連の指揮界の中心人物として活躍して来たわけですが、聴衆を惹きつけるあの音楽づくりはなんだかすごいと思いました。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

《旅の総括》大気汚染と日本人旅行者とスマホ決済の話【2017北京小旅行記(18)・終】 [旅行・乗り物]

「羽田行き日本航空B787で帰国の途【2017北京小旅行記(17)】」から続きます。

さて、3月の連休を利用して行った3泊4日の北京旅行の話。
時系列での旅行記は終わったので、最後に旅の総括です。
(以下の写真はすべて再掲です。)

北京に行ったのは6年ぶりでしたが、この6年で悪化したと言われる大気汚染は、やはり気になっていました。
日本出発にあたり、荷物にマスクも入れてありました。

こちらは、ホテルの窓から見た光景。
なんとなく霞んでいると言うか、すっきりしない感じの空気です。
IMG_5386風景.JPG

でも、実際、街を歩いてみると、別に息苦しいというほどではなく、マスクも一度も使いませんでした。
住んでいた20年前も、冬場は空気があまりきれいではないとは感じていました。
(以前も書いたかもしれませんが)当時、冬場に北京の空港に到着し、飛行機のドアが開いた瞬間、「石炭の匂い」がしたものです。
私が子どものころ、家の風呂は石炭で沸かしていたことがあるので、「石炭の匂い」は懐かしい感じがするんですが、20年前の北京の空気はまさにそんな感じでした。
今回の旅行では、「石炭の匂い」は感じなかったので、石炭からほかのエネルギー源(石油・天然ガスなど)への転換が進んでいるのかもしれません。

今回の旅行で感じたのは、「北京市内で日本人の姿をほとんど見ないな」ということ。
往復の日本航空便の機内は、日本人乗客がそれなりにいるんですが、見たところ観光旅行っぽい人は極めて少ない印象。
万里の長城や天安門広場、王府井などの観光地でも日本人の団体客は皆無でした。

こちらの写真は万里の長城(八達嶺)にて。
ほとんどが地方から来た中国人と思われます。
日本に「爆買い」に来る中国人があれだけいるんですから、国内旅行で北京を訪れる人はその何倍もいるんでしょうね。
IMG_2326長城.jpg
途中、西洋人(白人)の旅行者と思われる人たちはいましたが、長城観光の約2時間で、日本語が聞こえて来たのはたぶん一度だけでした。
政治・外交面での印象悪化や、大気汚染などにより、中国を訪問先に選ぶ人が減っているのだろうと思います。

そして、今回もう一つ印象に残ったのは、北京市内で見かけた多数のレンタサイクル(シェアサイクル)。
ここ数カ月で急増したのだそうです。
IMG_5446ブルー自転車.JPG
そのシェアサイクル普及に大きく貢献しているのは、スマホでの決済(料金支払い)の普及であり、使われているのはWeChat(微信)というメッセンジャーアプリだとのこと。
こうしたネットの使い方は、明らかに中国の方が大胆であり、日本より進んでいるようです。

中国発のアプリ決済がアジア、そして世界で普及すると、日本のシステムは結局ガラパゴス化して、スタンダードを握れないままになってしまうような気がして、とても気になりました。

(終わり)
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

羽田行き日本航空B787で帰国の途【2017北京小旅行記(17)】 [旅行・乗り物]

「最後の食事は王府井で飲茶【2017北京小旅行記(16)】」から続きます。

王府井からホテルに戻り、帰国のため北京首都空港に向かいます。
鉄道にしようかと思いましたが、やはりタクシーで。
往路と同じく最新で巨大なターミナル3です。
IMG_5485北京空港.JPG
IMG_2572北京空港.jpg

ちょっと早めに着いたのですが、買い物などしている間に搭乗時刻です。

写真はありませんが、日本航空羽田行きで、機材は往路同様ボーイング787。
エコノミークラスの座席配置は2-4-2で、家族4人なので、真ん中に並んで座ります。

往路は時刻表上の飛行時間が約4時間ですが、復路は約3時間半。
飛んでいる時間は実質3時間くらいで、食事したりうとうとしている間に到着。

羽田からはタクシーの定額料金を利用して帰宅します。
4人いるのでリムジンバスなどに乗るよりもこの方が早いし楽ですね。

(つづく)
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

18年前からお世話になっています【多摩管弦楽団演奏会終了】 [音楽]

きのうは賛助出演の演奏会本番でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
多摩管弦楽団 第44回定期演奏会
日時:2017年5月14日(日)午後2時開演
会場:パルテノン多摩大ホール(東京・多摩市)
指揮:高橋俊之(常任指揮者)
曲目:メンデルスゾーン 序曲「フィンガルの洞窟」
   チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット
   ドヴォルザーク 交響曲第6番ニ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_パルテノン多摩201705.jpg

このオーケストラ、私と同じ年齢コントラバスのトップ(首席)に声をかけてもらって、1999年からエキストラとして出演しています。
途中、勤務の都合で出られない期間もありましたが、18年もお世話になっていることになります。

いわゆる「市民オケ」の典型で、拙著「アマチュアオーケストラに乾杯!」(http://goo.gl/9c1Beh)でも取り上げました。

きのうの演奏は、本番ならではの不揃いな部分もありましたが、最後は盛り上がって、お客さんの反応は上々でした。

ドヴォルザークの6番は、学生時代にA学院大学のオケ、去年の狛江フィルに続き3回目でした。
去年、8番と6番と7番。
今年は今回の6番に続き、来月には9番「新世界より」を弾く予定です。
アマチュアオーケストラはドヴォルザークをよく取り上げるんですが、こんなに続くのは、なぜなんでしょうねえ…。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

最後の食事は王府井で飲茶【2017北京小旅行記(16)】 [旅行・乗り物]

「最終日は地下鉄で什刹海方面へ【2017北京小旅行記(15)】」から続きます。

什刹海界隈を散策したあと、タクシーで「北京の銀座」とも言われる王府井へ。
前日も行ったんですが、雨が降り出したので通り過ぎただけでした。

以前はもっと狭い道で、車も行き交っていたんですが、現在は大部分が歩行者天国になっています。
赤い帽子の人たちは同じグループの観光客ですね。
IMG_5474王府井.JPG

こちらは、「王府井」の場所を示す標識。
王府井とは、皇帝の一族のための飲料水を汲み上げた井戸のことだそうです。
IMG_2554王府井マンホール.jpg

こちらはショッピングモールの巨大ビル。
IMG_5471東安市場.JPG

そして、こちらは改革開放前からある老舗デパート「北京百貨大楼」です。
IMG_5473百貨大楼.JPG

王府井から西に入った路地には、このような土産物を扱うお店が立ち並んでいます。
IMG_5475土産物街.JPG
IMG_2563土産物街.jpg

もうすぐお昼なので、今回の旅行、最後の食事。
まだ飲茶(ヤムチャ)を食べてなかったので、いくつかあるショッピングモールの一つにある糖朝へ。
香港に本店がある甘味(スイーツ)や飲茶・広東料理のお店です。
東京にも支店があります。
IMG_2564ショッピングモール.jpg
IMG_5476糖朝.JPG
IMG_5477糖朝.JPG
軽めに何品かいただいて帰路に就きます。

こちらは王府井の南に入り口にある北京飯店。
北京を代表する老舗ホテルです。
改革開放前は、ソ連など共産圏諸国を除く外国人は、このホテルに住んで、事務所もこのホテルの中に構えるのが普通でした。
IMG_5478北京飯店.JPG

地下鉄1号線で東方向へ。
IMG_5479地下鉄王府井.JPG
IMG_5480地下鉄1号線.JPG

国貿駅で10号線に乗り換え、亮馬橋で下車します。
IMG_5483国貿.JPG
IMG_5484亮馬橋.JPG

(つづく)
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

最終日は地下鉄で什刹海方面へ【2017北京小旅行記(15)】 [旅行・乗り物]

「天安門広場と紫禁城と秀水市場【2017北京小旅行記(14)】」から続きます。

今回の旅行は3泊4日なので、早くも最終日。
午後の便で日本に戻ります。

朝食はホテルに近い「BAKER & SPICE」というおしゃれなカフェへ。
周囲は大使館や外交官用の住宅、ホテルやオフィスビルが立ち並んでいるので、お客さんも外国人が多いようです。
IMG_5455BAKER&SPICE.JPG
IMG_2523朝食.jpg
IMG_5454朝食.JPG

ホットオープンサンドが50~60元(日本円で約800~960円)と結構なお値段。
味はまあまあです。
IMG_2526朝食.jpg
IMG_2524ラテ.jpg

連れの1人が食べ足りなかったのか、近くの屋台で追加の買い食い。
クレープとお好み焼きを合わせたような食べ物で、北京の地元の人たちの定番の朝食らしい。
スパイシーなソースがかかっています。
値段はたしか5元(約80円)か10元(約160円)…。
IMG_5456屋台.JPG


ホテルに戻ってチェックアウト。
荷物をベルキャプテンに預けて出かけます。

今回はホテルすぐ近くの亮馬橋駅から10号線に乗車。
IMG_5459亮馬橋.JPG
IMG_5460地下鉄ホーム.JPG
IMG_5462車内.JPG

呼家楼駅で6号線に乗り換えます。
IMG_5463呼家楼.JPG
IMG_5465乗換6号線.JPG
IMG_5466駅コンコース.JPG


北海北駅で下車。
このあたりはいくつかの湖(池)があり、前海・後海を合わせたエリアは什刹海(Shichahai)という北京市民の憩いの場となっています。
こんな中華風のスターバックスがあります。
IMG_2534スタバ.jpg

近くは「胡同」(フートン)と呼ばれる北京の昔ながらの住宅街が広がっています。
自転車タクシーでこの胡同をめぐるツアーが観光客に人気。
たくさんの自転車が客待ちしています。
IMG_2549胡同.jpg
IMG_5470胡同巡り.JPG

(つづく)
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天安門広場と紫禁城と秀水市場【2017北京小旅行記(14)】 [旅行・乗り物]

「地下鉄乗り継ぎ目的地へ【2017北京小旅行記(13)】」から続きます。

地下鉄2号線から1号線に乗り換えて向かったのは、北京の中心、というか中国の中心である天安門広場です。
駅からエスカレーターで地上へ。
IMG_5406エスカレーター.JPG

写真は撮ってませんが、セキュリティーチェックがあります。
結構行列してますが、行列はそれなりに前に進んで、広場に入ります。
IMG_5407天安門.JPG

立ち入りが面倒なので、来ている人はほとんど観光客ですね。
それも中国人(地方から出て来た人たち)だと思われます。
広場の西側には、人民大会堂があります。
年に1回、全国人民代表大会(全人代)という会議が開かれるほか、海外の賓客をもてなす場でもあります。
IMG_2488天安門広場.jpg
IMG_5418人民大会堂.JPG

天安門の真ん中に掲げられている毛沢東主席の肖像画をアップで撮影してみました。
IMG_5421毛沢東.JPG

天安門から故宮(紫禁城)の中に入ります。
途中までは入れるんですが、故宮の中心部に入るのは人数制限があるそうで、すでに締め切られていて、残念ながら入場は断念。
IMG_5426紫禁城.JPG

故宮の東側に出て、王府井方面へ歩きますが、雨が降って来たので、早めに昼食にします。
どこにしようか困ったんですが、タクシーで港澳中心(香港・マカオセンター)へ。
ここのあるホテルの中に、住んでいたころはよく利用していた広東料理店があったんですが、行って見たら高級そうなお店に変わっていました。
IMG_2502店内.jpg

お昼なので軽めに済ませます。
写真は酸辣湯(スアンラータン)と青菜炒め。
IMG_2493酸辣湯.jpg
IMG_2496野菜炒め.jpg

昼食後、もう少し時間があったので「秀水市場」へ。
かつては、いわゆる『自由市場』で屋台から発展したような粗末な店が並んでいたのですが、2008年の北京オリンピックの前にビル化されました。
ニセ物だらけだったんですが、現在は「そうでもない店」もあるそうです。
IMG_2507秀水.jpg

ビル内には「100円ショップもどき」の「メイソウ」があります。
IMG_2506メイソウ.jpg

秀水を見終わって、タクシーでホテルへ戻ります。
初日分のエントリーで紹介した三環路沿いのビル建設現場。
なにやら高い電波塔も建設中のようです。
左端に見える不思議な形の建物は中国中央電視台(CCTV)のビルです。
IMG_2509建設中.jpg

ホテルに戻ったあとは、夕方から知人と食事しました。
写真はありませんが、3日間で2回目の北京ダックなど、おいしくいただきました。

(つづく)
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行