So-net無料ブログ作成

P.ヤルヴィ指揮マスタークラスを参観する [音楽]

先日、東京・南池袋の東京音楽大学で開かれたパーヴォ・ヤルヴィ氏によ指揮の「公開マスタークラス」を観覧しました。
マエストロ・ヤルヴィは現在、NHK交響楽団の首席指揮者をはじめ、世界各地のオケを振っている人気指揮者で、マスタークラスは去年2月以来、1年4カ月ぶりの開催。
「マスタークラス」とは選抜された学生を対象にした公開授業で、今回は東京音大1人、東京芸大3人の合計4人の学生が受講しました。

img_Paavo201706.jpg

8月にNHK Eテレの番組「クラシック音楽館」内で放送されるということなので、詳細はそちらをお待ちいただきたいのですが、個人的に印象に残ったのは以下のようなポイントでした。
1) 指揮者は俳優であれ
2) 機械的にビート(拍)を振る必要はない
3) 音楽のキャラクター・流れを示せ
4) よい指揮者は演奏者のベストを引き出す
5) 顔・体・手(棒)のすべてを使って伝えよ
6) 演奏者と「つながれ」
7) 中空を漠然と見るのではなく演奏者の目を見よ

どれも「なるほど」という事柄ばかりなのですが、なかなか難しいんですよね…。

そして、マスタークラスの最後に、進行役の東京音大・広上淳一教授がマエストロ・ヤルヴィに「指揮者への道はどんな道ですか?」と聞きました。
マエストロの答えは…
「指揮者は『なるべくしてなる』ものであって、それ以外の道はない。指揮者は『職業として選択する』ものではない」というようなものでした。

ちなみに、マエストロ・ヤルヴィの父親も著名な指揮者です。
物心ついた時から、音楽が身近にあったそうです。

この答え、指揮者の故・岩城宏之氏の著書、『指揮のおけいこ』にある話に通じるものがあるような気がします。
曰く…
一、指揮を習うことはできない。
二、指揮を教えることはできない。
三、指揮者には、なるヤツだけがなれる。
四、指揮者になれないヤツは、なれない。
…というものです。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

JR藤沢駅の「湘南電車」型売店 [旅行・乗り物]

先日、アンサンブル・ベガの演奏会を神奈川県平塚市まで聴きに行ったわけですが、普段、湘南地域まで足を運ぶ機会はなかなかありません。

久しぶりの『遠出』なんですが、相変わらずテツ分が不足しているので、ちょっとだけ乗りテツしました。

行きは京王井の頭線から渋谷でJR湘南新宿ラインの乗り換え、東海道線・平塚駅まで一直線。
快速や特別快速に乗ると、1時間かかりません。

帰りは、平塚から藤沢までJRに乗り、そこで小田急に乗り換えます。
img_Fujisawa03.jpg

ロマンスカーに乗ってもいいかと思ったんですが、満席なので、快速急行に乗りました。
藤沢から下北沢まで50分程度です。

その藤沢での乗り換えの際に見かけたのがこちら。
JR東海道線のホーム上にある売店です。
img_Fujisawa02.jpg

かつての「湘南電車」こと80系車両を割といい感じで「再現」。
車番はクハ86023となっています。
img_Fujisawa01.jpg

東海道線を走る80系には乗ったことないんですが、学生のころ、合宿に行くのに吾妻線に乗ったとき、旧型電車が走っていたような気がします。
あれは何系だったんでしょう。

ソリストが最高にロックでした!【読響日曜マチネーを聴く】 [音楽]

きのうは読響日曜マチネーを聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第198回日曜マチネーシリーズ
日時:2017年6月18日(日)14:00開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:シモーネ・ヤング
独奏:ネマニャ・ラドゥロヴィチ(ヴァイオリン)
曲目:ワーグナー 歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
   ブルッフ ヴァイオリン協奏曲第1番
   ブラームス 交響曲第2番ニ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響201706.jpeg

指揮のシモーネ・ヤングはオーストラリア出身の女性指揮者。
(上掲チラシ上部の写真参照)
まだまだ少ない世界的に活躍している女性指揮者の1人です。

1曲目は「さまよえるオランダ人」序曲。
とてもオーソドックスな落ち着いた演奏でした。
この曲、以前は吹奏楽でもよく取り上げられてましたが、私自身、オケでは2〜3回しか弾いたことありません。

2曲目はブルッフのヴァイオリン・コンチェルト。
レッスンやコンクールなどで課題となることが多い印象ですが、もちろん演奏会でもしばしば取り上げられます。
ヴァイオリン独奏のラドゥロヴィチは旧ユーゴスラビア出身の若手奏者で30代前半。
(チラシの下の方の写真参照)
スキニーなパンツ(ズボン)にブーツを履き、黒いモジャモジャの長髪という、ロックスターのようないでたちです。
ブルッフは案外端正な演奏だったんですが、アンコール(独奏)は最高にロックでした。
曲はパガニーニの有名な「カプリス」なんですが、ラドゥロヴィチ自身が編曲したものなのだそうです。
img_読響アンコール201706.jpg
ヴァイオリンでロックを弾くことがありますが、まさにそんな感じで、コンチェルトよりもインパクト大でした。

後半はブラームスの2番。
来月の演奏会で弾く予定なので、楽しみにしていたのですが、ちょっと落ち着かない演奏でした。
テンポを自在に動かすのですが、ちょっとオケと噛み合わない印象ですし、思わぬところで「ルバート」してテンポを極端に落とすんですが、やや「居心地の悪さ」を感じました。
オケはいつも通り、音楽的にも技術的にもハイレベルでしたが…。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

木管五重奏はバランスが難しそうでした【コルダリウム&アンサンブル・ピコレ演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは若い奏者たちによる室内楽演奏会を聴きに行きました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
弦楽四重奏団《コルダリウム》&木管五重奏団《アンサンブル・ピコレ》
日時:2017年6月11日(日)午後2時開演
会場:日仏文化協会 汐留ホール(東京・汐留)
曲目: 《コルダリウム》
チャイコフスキー 弦楽四重奏曲第1番ニ長調
《アンサンブル・ピコレ》
ドヴォルザーク 弦楽四重奏曲第12番へ長調「アメリカ」(D.ヴァルター編曲による木管五重奏版)
《コルダリウム》
ベートーヴェン 弦楽四重奏曲第9番ハ長調「ラズモフスキー第3番」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【汐留ホール 玄関】IMG_0351汐留ホール外.JPG
IMG_0349汐留ホール中.JPG【汐留ホール 内部】

どれも若々しい意欲溢れる演奏でした。

1曲目はチャイコフスキーの若いころの作品。
第2楽章は「アンダンテ・カンタービレ」という別名で知られる美しい曲です。
その第2楽章は美しかったんですが、この4人はどちらかというと静かな部分よりも元気なところの方が得意なのではないかと思いました。

2曲目はこれも有名なドヴォルザーク「アメリカ」を木管五重奏に編曲したもの。
「弦楽四重奏」というと「究極の『似た者同士』」による合奏なわけですが、今回の「木管五重奏」はフルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・ホルンという全部違う楽器による合奏。
音の出る原理も、オーボエとファゴットが似ている以外、全然違いますし、ホルンに至っては木管楽器でさえありません。
(「そもそもなぜホルンが『木管五重奏』の編成に入っているのか」については、長くなるので省略しますが…。)
この5本の管楽器は、「得意分野」が違いますし、音域によっても聞こえ方に差があります。
元の弦楽四重奏では、お互いをちょっと聞き合うだけでよかったのが、木管五重奏ではより気をつけないと、バランスが難しいんだろうな、と思いました。

最後は、ベートーヴェンの充実期の作品の一つ、「ラズモフスキー第3番」。
聴き慣れた「ベートーヴェンらしい響き」が心地よい演奏でした。

それにしても、各楽器、室内楽を楽しむ機会があって、うらやましいですね。
以前も書いたかもしれませんが、コントラバスは案外室内楽のレパートリーが少なくて、本当の「室内楽作品」で有名な曲と言えばベートーヴェンの七重奏曲(ゼプテット)とシューベルトのピアノ五重奏曲「ます」あたりになりますが、それに続く曲がなかなか出てきません。
いわゆる「弦楽合奏」の曲ならたくさんあるんですが…。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

とても楽しい演奏会でした【久しぶりのアンサンブル・ベガ】 [音楽]

きのうは「宮川彬良&アンサンブル・ベガ」演奏会を聴きに、神奈川・平塚まで行ってきました。
メンバーの一人が長い付き合いの友人なんですが、本番を聞くのは久しぶりでした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
《結成20周年シーズン》ウットリ美音に酔い、ムハハと笑い転げる「幸福一直線」
宮川彬良&アンサンブル・ベガ 演奏会
日時:2017年6月10日(土)15:00開演
会場:平塚市中央公民館大ホール(神奈川・平塚)
曲目:「すみれの花咲く部屋」(F.デーレ/宮川彬良)
   「ペニー・レイン」(レノン・マッカートニー)
   「森を歩こう」(ヤンコフスキー)
   「流浪の民」(シューマン)
   「皇帝円舞曲」(J.シュトラウスII世)
   「パーセルの主題によるフーガ」(宮川彬良)
   「随想曲第1番」「同第4番」「同第3番」(宮川彬良)
   「室内楽のためのモンタージュ、宇宙戦艦ヤマト」(宮川彬良)
   「組曲『白雪姫』」(F.チャーチル)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

IMG_0342アンサンブルベガ201706.JPG

「アンサンブル・ベガ」は、阪神大震災後の1997年に、兵庫・宝塚を本拠に結成された室内楽団体で、関西を中心にプロオケの首席クラスの『芸達者』な奏者たちがメンバーとなっています。
そして作曲・編曲、司会進行などを一手に引き受けている宮川彬良さんは、「宇宙戦艦ヤマト」で知られる宮川泰さんの息子にして、作曲・編曲家。
現在放送中のNHK「ひよっこ」の音楽も担当しています。

今回の演奏会の曲目は、本拠地・宝塚にちなんだ「すみれの花咲く部屋」に始まり、ビートルズナンバーやイージーリスニングの名曲、シューマンやヨハン・シュトラウスの有名曲、宮川さんのオリジナル曲、父親の代表作である「宇宙戦艦ヤマト」のメドレー的な作品、そしてディズニー・ナンバーと、極めてバラエティーに富んでいます。
どれもが親しみやすいうえに音楽的にも素晴らしい演奏。

そして、「パーセルの主題によるフーガ」は「アンサンブル・ベガ名物『音符の国ツアー』〜必ず良い大人になるための音楽入門〜」と題して、ヴァイオリン1人でのソロから楽器がだんだん増えて、全体でのアンサンブルになると音楽がどのように豊かに変化していくかを『小芝居』を交えて聞かせてくれるもの。
クラシック音楽に接する機会の少ない人にも、アンサンブルの出来上がり方を教えてくれる、とてもためになる、それでいて楽しい演奏でした。

会場は、東海道線・平塚駅から徒歩10分くらいの公共施設ですが、地元の人と思われるお客さんが多く、とても楽しんでいる様子でした。

平塚は遠い気がしましたが、実際には我が家から2時間かかりませんでした。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アマオケ情報サイト「FREUDE(フロイデ)」管理人ご逝去 [音楽]

(このエントリーはフェイスブックの「ノート」に書いたものと同内容ですが、多くの方からアクセスいただいているので、ブログにも『転載』することにしました。)

アマチュアオーケストラ関係者の多くがお世話になっていたウェブサイト「FREUDE(フロイデ)」の管理人で、アマチュア・チェロ奏者の中村肇さんが、昨年(2016年)12月にご逝去されたということです。
私はちょっと時間がたってから知った(中村さんを直接知る複数のアマオケ関係者から聞いた)のですが、その後、フェイスブックなどでも情報が伝わってきました。
アマチュアオーケストラ界にとって大きな損失です。
個人的にも大変お世話になりました。
心からお悔やみ申し上げます。

去年10月に、「映画『オケ老人』のパンフレットにレビューを寄稿するので、FREUDEについても紹介します」とのメールを送ったのに対し、お返事をいただいたのが最後のやり取りになりました。

中村さんは某光学機器メーカーに勤務し、ご自身でチェロを弾く一方、サイト「FREUDE」を完全に個人で運営・管理されていました。 若干のGOOGLEセンス広告料をのぞきほぼ「手弁当」だったそうです。
FREUDEを立ち上げたのは1995年で、引っ越しにあたってアマオケを探すのに苦労した経験からとのこと。(95年はいわゆる「ネット元年」ですね。)
私は、「アマチュアオーケストラに乾杯!」(NTT出版)( http://goo.gl/9c1Beh )執筆にあたり、中村さんにお目にかかって『取材』し、FREUDEのデータを本の中で使わせてもらいました。

「日本全国にアマオケが1,000団体以上ある」とか「東京都内に400以上」などは全部同サイトに基づいています。FREUDEなくしてはこの本はなかったかもしれません。

中村さんは演奏会情報などのメールは全部自分でチェックし、確認のうえ掲載していたということでした。
他の「アマオケ情報サイト」が、室内楽や吹奏楽、それにプロの演奏会なども掲載しているのに比べると、とても使い勝手がよかったのは、こうした中村さんの「方針」や「手間」があったからだと思います。
サイト構築から情報の管理・アップロードまでご自分でやっていたそうなので、誰かが運営を引き継ぐのは難しいようです。

この場を借りまして、改めて御礼とお悔やみを申し上げます。
ありがとうございました。 安らかに。
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「ロマン派の音楽家たち」「閉された言語・日本語の世界」「ホンモノの日本語」「国語史を学ぶ人のために」=読み終わった本(2017.05) [読書]

「読み終わった」リスト(備忘録)、2017年5月分です。

▼読み終わった本
*「ロマン派の音楽家たち 恋と友情と革命の青春譜」
中川右介・著、ちくま新書

ロマン派の音楽家たち: 恋と友情と革命の青春譜

ロマン派の音楽家たち: 恋と友情と革命の青春譜

  • 作者: 中川 右介
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2017/04/05
  • メディア: 新書

これは期待以上にとても面白い本で、新書としてはかなり厚い部類ですがあっという間に読み終わりました。
19世紀初頭、1810年前後に生まれたメンデルスゾーン、ショパン、シューマンとクララ、リスト、それにワーグナーといういわゆる「ロマン派」の巨匠たちの『人生模様』を詳しく詳述しています。
このほかにもベルリオーズやジョルジュ・サンド、少し下の世代ですがブラームスなども登場します。
(「ロマン派」ではありますが、ブルックナーやマーラーは描かれていません。)
1810年というと、ベートーヴェンがまだ存命の時代で、その後の時代に生きるこれらの作曲家たちは、
1人1人の『評伝』のようなものはすでにたくさん出ていると思いますが、これら『同年代』の作曲家たちの交流や与え合った影響などについて独特の筆致で描き出していて、時代の空気なども感じられました。

▼読み終わった本
*「閉された言語・日本語の世界【増補新版】」
鈴木孝夫・著、新潮選書

閉された言語・日本語の世界【増補新版】

閉された言語・日本語の世界【増補新版】

  • 作者: 鈴木 孝夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/02/24
  • メディア: 単行本

この本、1974年に書かれ75年に出版されたもので、筆者の鈴木氏は1926年(大正15年)生まれ。
その本に加筆修正を施したのがこの「増補新版」です。
(実は旧版も持っているのにこの新版を買ってしまいました。)
さすがに40年経つと、「現在(2017年)では多くの人が知っていることかも」とか「今、こういう発言をすると不適当だと言われるかも」という内容も含まれますが、全体としてとても勉強になる本でした。

▼読み終わった本
*「ホンモノの日本語」
金田一春彦・著、角川ソフィア文庫

ホンモノの日本語

ホンモノの日本語

  • 作者: 金田一 春彦
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川学芸出版
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: 文庫

この本は元々2001年に出版されたものだそうです。
上記の本と同様、若干時代に合わなくなっている内容もありますが、とても読みやすくて、参考になる本でした。
筆者の金田一春彦氏は、代々国語学者という金田一一族(?)の二代目で、京助氏の息子。
帯には「話すだけで、3カ国語分!? 美しさを機能性をあわせ持った日本語の魅力。」「日本人は語学の天才!」と書かれています。

▼読み終わった本
*「国語史を学ぶ人のために」
木田章義・編、世界思想社

国語史を学ぶ人のために

国語史を学ぶ人のために

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 世界思想社
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

「国語学」についての教科書であり、日本語についての研究の歴史がよく分かる本。
「資料編」「表記史」「語彙史」「音韻史」「文法史」「敬語史」「文体史」「国語学史」の各章から成っています。
とてもとても勉強になる本でした。
(教科書なので当たり前ですが。)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ドヴォルザーク祭り』締めくくりはあの超有名曲【かもめ管弦楽団演奏会終了】 [音楽]

きのうはいつもエキストラとして呼んでもらっているアマオケの演奏会でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
かもめ管弦楽団 第43回定期演奏会
日時:2017年6月3日(土)午後7時開演
会場:杉並公会堂大ホール(東京・荻窪)
指揮:篠原信夫
曲目:ブラームス「大学祝典序曲」
   サン・サーンス「アルジェリア組曲」
   ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界より」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【舞台にて】img_Lionbass杉並公会堂201706.jpg

去年からなぜかドヴォルザークの交響曲を演奏する機会が多くて、第8番→第6番→第7番→第6番ときて、今回の第9番「新世界より」で締めとなりました。
この間、指揮のレッスンでも「新世界より」を勉強しましたし。
(このあと、演奏する予定はありません。)

クラシック音楽に興味のない方も、この「新世界」がアメリカ大陸のことを指しているのはご存知かと思います。
1893年ごろの作曲ということなので、実は100年ちょっとしかたっていないことになります。
第2楽章の「家路」という別名で呼ばれることもあるイングリッシュホルン(コールアングレ)のメロディーが有名ですし、ほかの楽章もテレビCMなどでよく耳にします。

俗に「未完成」(シューベルト第7番)、「運命」(ベートーヴェン第5番)とともに「三大交響曲」と呼ばれることもある人気曲ですが、私自身はたぶん15年ぶりくらいにコントラバスで弾きました。

さすが「人気曲」だけあって、お客さんの反応もよく、本番は盛り上がって終わりました。
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「日本語全史」「駅格差」=購入した本(2017.05) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年5月分です。
今月、新しい本は2冊しか買ってませんが、そのほかに古書を何冊か。
(古書はダブって買う恐れが少ないこともありますので、ここにはアップしません。)

▽購入した本
*「日本語全史」
沖森卓也・著、ちくま新書

日本語全史

日本語全史

  • 作者: 沖森 卓也
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2017/04/05
  • メディア: 新書


▽購入した本
*「駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿」
首都圏鉄道路線研究会・著、SB新書

駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿

駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿

  • 作者: 首都圏鉄道路線研究会
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/05/08
  • メディア: 新書


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: