So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年06月| 2017年07月 |- ブログトップ

『キラキラ感』がよく出てました【ラヴェルのピアノ協奏曲室内楽版を聴く】 [音楽]

きのうは室内楽演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
田中良茂&Borders ラヴェルピアノ協奏曲室内楽版演奏会
日時:2017年7月19日(水)19:00開演
会場:ムジカーザ(東京代々木上原
出演:田中良茂(ピアノ)
   Borders(木管五重奏)
曲目:イベール 木管五重奏のための3つの小品
   モーツァルト フルートとピアノによるロンド ニ長調
   モーツァルト ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調
   ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調 室内楽版(編曲:齋藤圭子)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_ムジカーザ201707.jpg

ピアニストの田中良茂さんは私が主宰・指揮するPROJECT Bの独奏者。
そして、Bordersはフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンからなる木管五重奏団です。
2005年に東京音楽大学に入学した5人の奏者が結成したということで、10年以上活動していることになります。

最初の作品はイベールの五重奏曲。
イベールは1890年生まれのフランスの作曲家で、木管五重奏の曲をたくさん書いています。
文字通り「息の合った」演奏でした。

次の2曲はモーツァルトの作品。
シンプルなだけに、奏者一人一人の音楽的レベルの高さがよく分かりました。

そして後半はラヴェルのピアノ協奏曲の室内楽版。
田中さんはこれまで、ベートーヴェンのピアノ協奏曲の室内楽版を演奏していますが、これは弦楽五重奏のために編曲されたもの。

今回は弦楽器ではなく木管五重奏と演奏するよう、今回の演奏会のために編曲したそうです。
この曲は、ドラマ「のだめカンタービレ」でも使われたラヴェルの代表曲の1つで、20世紀の曲らしい「キラキラした感じ」が特徴です。
なるほど、この「キラキラ感」を出すには、弦楽器よりも管楽器の方がいいんだな、ということが演奏を聴いてよく分かりました。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

連日のアマオケコンサートはアツい演奏でした【ブルーメン・フィルを聴く】 [音楽]

きのう月曜日(海の日)は、2日連続でアマオケの演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ブルーメン・フィルハーモニー 第46回定期演奏会
日時:2017年7月17日(月・祝)14時開演
会場:杉並公会堂大ホール(東京・荻窪)
指揮:武藤英明
曲目:グリンカ 歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
   スメタナ 連作交響詩『わが祖国』より「ターボル」「ブラニーク」
   ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調「運命」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_ブルーメン201707.jpg

このオケは、大学オケの後輩の皆さんが中心になっているということで、そんなに大きな規模ではないものの、『腕に覚えのある』奏者が集まっているようです。
(過去に聴いたことがあるような気がしますが、よく覚えてません。)

1曲目の「ルスランとリュドミラ」序曲は、「どれくらい速いテンポでやるか」がよく話題になります。
きのうの演奏も超快速。
途中(ちょっとだけ)失速しそうになりながらも駆け抜けました。

次は、全部で6曲からなる交響詩「わが祖国」のうち5曲目と6曲目。
作者のスメタナはこの2つを一緒に演奏するよう望んだということです。
祖国チェコへの愛情に満ちていて、最後は民族の勝利を讃えるかのように締めくくります。
金管楽器が「ここぞ」とばかりに吹いていて、4人しかいないコントラバスは大変だったのではないかと想像します。

プログラム最後は超有名曲、ベートーヴェン5番(通称「運命」)。
オケの『性能』が存分に発揮されたいい演奏でした。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ブラームスのピアノ協奏曲1番は勉強になりました【JBP第11回演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは友人・知人多数出演のこちらの演奏会を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ヨハネス・ブラームス・フィルハーモニカー 第11回演奏会
日時:2017年7月16日(日)14:00開演
会場:小金井 宮地楽器ホール 大ホール(東京・小金井市)
指揮:福田光太郎
独奏:佐藤麻理(ピアノ
曲目:シューマン 交響曲第4番ニ短調・初稿版
   ブラームス ピアノ協奏曲第1番ニ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
img_JBP201707.jpg

このオケ、東京芸大出身の指揮者、福田光太郎さんを中心に活動していて、名前の通りブラームスがメインのレパートリーです。
ちょっとご縁があって、友人・知人が多数参加。
特にコントラバスは全員ご一緒したことがありますし、管楽器も半分くらい知り合いです。

前半はシューマンの4番。
「初稿版」ということで、ところどころ知っているのと違う部分もありましたが、とても前向きな演奏でした。

後半がお目当のブラームスのコンチェルト
実は、来年4月の演奏会で指揮することになっているんですが、実際の演奏会で取り上げられる機会は、思ったほど多くないので、勉強チャンスだと思った次第。

ピアノの佐藤さんは東京芸大出身で、ウィーンを拠点に活動されているそうです。
とてもしっかりしていて、素晴らしい独奏でした。
オケもそれぞれがきちんと役目を果たしている感じで、好感が持てました。
やはり大変難しい曲だと思います。
特に指揮者にとって…。(精進します。)

2曲を通して思ったのは、弦楽器の人数がもう少し欲しいかな、ということ。
そうすれば、もっと表現の幅が広がるのではないでしょうか。
でも、全体としてとても勉強になりました。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ザラストロとツァラトゥストラ【日フィル7月東京定期を聴く】 [音楽]

きのうは日フィルの東京定期を聴きに行きました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第692回東京定期演奏会
日時:2017年7月8日(土)午後2時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋
指揮;広上淳一
独奏:ジャン=エフラム・バヴゼ(ピアノ
曲目:モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲
   ラヴェル 左手のためのピアノ協奏曲
   R.シュトラウス 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201707.jpg

定期会員としてサントリーホールの席を持っているのですが、改修工事中のため、会場と曜日が変更になっています。
指揮は私の「師匠」である広上教授。

1曲目は「魔笛」序曲。
モーツァルトの歌劇で古代エジプト的な架空の世界で物語が展開しますが、「ザラストロ」という神官が登場します。
そして、3曲目の「ツァラトゥストラはかく語りき」は、ニーチェの同名の書に基づく作品。
冒頭の部分が、映画「2001年宇宙の旅」に使われたことで有名です。

お分かりのように、「ザラストロ」と「ツァラトゥストラ」は古代ペルシャの拝火教の祖、「ゾロアスター」にちなんでいるそうです。
曲自体はあまり似たところはないんですが、「共通点がある」と聞くと興味が湧きますね。

一方、2曲目のラヴェル「左手のための協奏曲」は第一次世界大戦で右手を失ったピアニストの依頼で書かれたもの。
知らずに聴いたら、片手で弾いているとは気づかないかもしれませんね。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

下北沢駅の”修悦体”(?)案内表示 [旅行・乗り物]

小田急線と京王井の頭線が交わる下北沢駅(東京・世田谷区)は現在大工事の真っ最中です。

小田急線が地上から地下に移って、さらに複々線化の工事中ですが、地上にある井の頭線のホームも改良工事中。
以前は階段を上り下りしてすぐだった両線の乗り換えがかなり遠くなり、駅構内はダンジョン化しています。

そんな構内に、こんな案内表示を見つけました。
img_小田急線ホーム.jpg

img_京王井の頭線.jpg

見覚えのある方も多いと思います。
JR新宿駅をはじめ、いろんな駅で見かけますね。
恐らく、作った人のお名前を取って「修悦体」というフォント名がある粘着テープによる表示だと思います。
この「修悦体」、いろんなウェブサイトで紹介されています。

「新宿駅の案内表示を作りだした佐藤修悦さんインタビュー !『修悦体』はこうして生まれた」

「『新宿駅ガムテープ道案内』の作者実演をみた!」

「ガムテープで作られた駅の案内板が芸術的!人によっては懐かしいものかも」


工事が終わるとなくなる運命なのかもしれませんが、なんとも味のある文字ですね。
なお、この種のテープを「ガムテープ」と呼ぶのは正しくないそうですので、念のため…。

nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「日本の外来語」「フロイスの見た戦国日本」「日本語全史」「駅格差」「渋谷学」=読み終わった本(2017.06) [読書]

「読み終わった」リスト(備忘録)、2017年6月分です。


▼読み終わった本
*「日本の外来語」
矢崎源九郎・編、岩波新書

日本の外来語

日本の外来語


古書として購入。
1964年、つまり前回の東京オリンピックの年(53年前)の本です。
いわゆる「外来語」について概観した本ですが、カタカナ表記が現在とは結構違うのが面白い気がします。
もちろんいまや「ほとんど死語」という外来語も出てきていて、半世紀の時の流れを感じずにはいられません。

▼読み終わった本
*「フロイスの見た戦国日本」
川崎桃太・著、中公文庫

フロイスの見た戦国日本

フロイスの見た戦国日本

  • 作者: 川崎 桃太
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2006/02/01
  • メディア: 文庫

16世紀(1500年代)にカトリックの宣教・布教のために日本にやってきたポルトガル人、ルイス・フロイスの記録から、当時の戦国日本の社会・世相、政治状況、さらには豊臣秀吉による朝鮮遠征まで、さまざまな事柄を知ることのできる、とても面白い本でした。
フロイスは、布教についての記録を残すことを使命としていて、イエズス会の幹部から冗長すぎると言われながらも、極めて詳細な文章をしたためていたそうです。
禁教令の前、制約はありながらも布教活動が許されていた時代、織田信長や秀吉に直接会う機会があったため、こうした『戦国武将』の人となり、『伴天連(バテレン)』に対する態度なども知ることができます。

▼読み終わった本
*「日本語全史」
沖森卓也・著、ちくま新書

日本語全史

日本語全史

  • 作者: 沖森 卓也
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2017/04/05
  • メディア: 新書

日本語の「歴史」について、(新書としては)かなり詳しく記述。
「表記」「音韻」「語彙」「文法」などの分野について詳述していて、400ページ以上の分量があります。
帯には「日本語の変遷がすべてわかる待望の決定版通史」とありますが、この謳い文句通りの本だと思います。

▼読み終わった本
*「日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?」
加藤重広・著、朝日新書

日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?

日本人も悩む日本語 ことばの誤用はなぜ生まれるのか?

  • 作者: 加藤重広
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2014/10/10
  • メディア: 新書

「間違った日本語」「問題のある日本語」についての本はたくさん出ていますが、この本も言語学の専門家が「なぜ誤用が生じるのか」なども含めて詳しく考察。
帯には「あなたは、このことばを本当に正しく使っていますか?(1)流れに棹さす(2)檄を飛ばした(3)元旦 →解答は本書の中で」という『例題』が載っています。

▼読み終わった本
*「駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿」
首都圏鉄道路線研究会・著、SB新書

駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿 (SB新書)

駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿

  • 作者: 首都圏鉄道路線研究会
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/05/08
  • メディア: 新書

乗降人員や利便性、商業施設・商店街の充実度などさまざまな視点から駅の「ランキング」について考察。
またいろんな「ライバル駅」を比較しています。
例えば「北千住 vs 赤羽」「国分寺 vs 調布」「三軒茶屋 vs 下北沢」など。
こうした本は、何年・何十年かたってから読むと、また面白いのかもしれません。

▼読み終わった本
*「渋谷学」
國學院大學研究開発推進センター渋谷学研究会 石井研士・著、弘文堂

渋谷学

渋谷学

  • 作者: 國學院大學研究開発推進センター渋谷学研究会
  • 出版社/メーカー: 弘文堂
  • 発売日: 2017/04/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

渋谷にキャンパスのある国学院大学のプロジェクトとして繰り広げられた「渋谷学」の研究をまとめた本。
現在、超・大規模再開発の真っ只中にある渋谷だけに、とても興味深く読みました。
この本も、10年後、20年後に再読すると「昔はこうだったなあ」と懐かしくなるんでしょうね。

▼読み終わった本
*「よくわかる都道府県」
日本博識研究所・著、宝島SUGOI文庫

よくわかる都道府県

よくわかる都道府県

  • 作者: 日本博識研究所
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2016/05/23
  • メディア: 文庫

ネット上でよく共有されている「都道府県を地域に分けるとこんな感じ」というのをまとめた本。
書店で見かけた際は買うのを思いとどまったんですが、古書店で売られていたので買いました。
カバーに乗っている埼玉県の場合は「浦和 vs 大宮」「千葉領」「埼玉都民」「畑」「夏、暑く 冬、寒い」「ネギ」「群馬領」「『あの花』秘境」などといった具合。
笑って読むか、怒りを感じるかは人それぞれかと思います。
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ベートーヴェンのピアノ協奏曲とドイツ・レクイエム【オルケストラ・クラシカ松本公演を聴く】 [音楽]

きのうの日曜日、演奏会を聴きに長野松本市まで日帰りで行ってきました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
信濃楽友会公演
日時:2017年7月2日(日)午後2時開演
会場:キッセイ文化ホール(長野・松本)
指揮:大森悠(大阪フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者)
独奏:桑原志織(ピアノ
独唱:安藤赴美子(ソプラノ)
   稲垣俊也(バスバリトン)
管弦楽:オルケストラ・クラシカ
曲目:ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番ハ短調
   ブラームス ドイツレクイエム
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_松本公演201707.jpg

この演奏会、去年の公演は出演していたのですが、今回は前日練習に出られないので断念しました。

でも、娘の夫が出ているので、娘と一緒に車で往復しました。
往路は関越自動車道→長野自動車道経由で松本市内へ。
昼食におそばをいただいてから、会場のキッセイ文化ホールに行きました。
このホールは、セイジ・オザワ 松本フェスティバル(旧サイトウ・キネン・フェスティバル松本)のメイン会場です。

前半はベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番。
この曲は4年前にPROJECT B 2013で指揮しました。
というより、PROJECT Bオーケストラを立ち上げた理由の一つが、この曲を取り上げたかったから。
中学生のころに演奏機会があったものの、その後は一度も弾いていません。
今回は演奏するチャンスだったんですが、残念ながらかないませんでした。

ソリストの桑原さんはまだ東京藝大の学生だということですが、端正でとてもしっかりした演奏でした。

後半はブラームスの「ドイツ・レクイエム」。
この作品も一度しか弾いたことありません。
それまでラテン語の歌詞が多かった鎮魂のための「レクイエム」を、ドイツ語歌詞で作曲したもので、「ドイツ・レクイエム」と呼ばれます。

ブラームスらしい美しさに満ちたすばらしい演奏でした。

雨が心配でしたがほとんど降らずじまいで、帰りの中央自動車道の渋滞も大したことありませんでした。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

「渋谷学」「応仁の乱」「日本人はどこから来たのか?」「ピリオド楽器から迫るオーケストラ読本」=購入した本(2017.06) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年6月分です。

▽購入した本
*「渋谷学」
石井研士・著、弘文社

渋谷学

渋谷学

  • 作者: 國學院大學研究開発推進センター渋谷学研究会
  • 出版社/メーカー: 弘文堂
  • 発売日: 2017/04/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


▽購入した本
*「応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」
呉座勇一・著、中公新書

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

  • 作者: 呉座 勇一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/10/19
  • メディア: 新書


▽購入した本
*「日本人はどこから来たのか?」
海部陽介・著、文藝春秋

日本人はどこから来たのか?

日本人はどこから来たのか?

  • 作者: 海部陽介
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 単行本





▽購入した本
*「ピリオド楽器から迫るオーケストラ読本」
「音楽の友」編、佐伯茂樹・監修、ONTOMO MOOK(音楽之友社)

ピリオド楽器から迫るオーケストラ読本

ピリオド楽器から迫るオーケストラ読本

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 音楽之友社
  • 発売日: 2017/06/12
  • メディア: ムック


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

2017年06月|2017年07月 |- ブログトップ