So-net無料ブログ作成
検索選択

ザラストロとツァラトゥストラ【日フィル7月東京定期を聴く】 [音楽]

きのうは日フィルの東京定期を聴きに行きました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第692回東京定期演奏会
日時:2017年7月8日(土)午後2時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋
指揮;広上淳一
独奏:ジャン=エフラム・バヴゼ(ピアノ
曲目:モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲
   ラヴェル 左手のためのピアノ協奏曲
   R.シュトラウス 交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201707.jpg

定期会員としてサントリーホールの席を持っているのですが、改修工事中のため、会場と曜日が変更になっています。
指揮は私の「師匠」である広上教授。

1曲目は「魔笛」序曲。
モーツァルトの歌劇で古代エジプト的な架空の世界で物語が展開しますが、「ザラストロ」という神官が登場します。
そして、3曲目の「ツァラトゥストラはかく語りき」は、ニーチェの同名の書に基づく作品。
冒頭の部分が、映画「2001年宇宙の旅」に使われたことで有名です。

お分かりのように、「ザラストロ」と「ツァラトゥストラ」は古代ペルシャの拝火教の祖、「ゾロアスター」にちなんでいるそうです。
曲自体はあまり似たところはないんですが、「共通点がある」と聞くと興味が湧きますね。

一方、2曲目のラヴェル「左手のための協奏曲」は第一次世界大戦で右手を失ったピアニストの依頼で書かれたもの。
知らずに聴いたら、片手で弾いているとは気づかないかもしれませんね。
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽