So-net無料ブログ作成

今年"3回目"のブルックナー5番【日フィル定期を聴く】 [音楽]

きのうは恒例、日フィルの定期演奏会でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第695回東京定期演奏会
日時:2017年11月17日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ピエタリ・インキネン(首席指揮者)
曲目:ラウタヴァーラ "In the Beginning"(共同委嘱作品、アジア初演)
   ブルックナー 交響曲第5番変ロ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_アークヒルズ201711.jpg
(アークヒルズ サントリーホール前のクリスマスツリー)

1曲目は日フィルの委嘱作品。
ラウタヴァーラは1928年生まれ。マエストロと同じフィンランドの作曲家で、去年亡くなったそうです。
マエストロ・インキネンがブルックナー作品の前に演奏することを想定した曲で、つい2カ月前、ドイツで自ら初演を指揮したのだそうです。
もっと難解なのかと思ったら、割合穏やかな部分が多く、「また聴いてみたい」と思わせる曲でした。

休憩なしの2曲目はブルックナーの5番。
実は今年2月のザ・シンフォニカ演奏会で自分でも演奏し、5月には読売日本交響楽団演奏会でも聴いたばかり。

ということもあり、1時間20分を超える大曲ですが、飽きることなく聴くことができました。
もちろん、演奏がとても充実していたのが最大の理由ですが…。
最後の最後に金管楽器が全力でコラール(合唱的なハーモニー)を鳴らすんですが、読響が演奏した「シャルク版」という『改変』(編曲)されたヴァージョンでは、そのためだけに金管楽器奏者が10人くらい待機しているほど。
きのうの日フィルは、最後までスタミナが衰えてない感じで、とても心地よいハーモニーでした。

ほかの楽章も、ややもすれば冗長に感じる部分があるんですが、自分で演奏して細部まで分かっていることもあって、最後まで『前のめり』で聴きました。

nice!(0)  コメント(0) 

先生の作品の方が生徒の曲より『好み』でした【日フィル10月東京定期を聴く】 [音楽]

きのうは2日連続のサントリーホールでした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第694回 東京定期演奏会
<ラザレフが刻むロシアの魂 Season IV グラズノフ3>
日時:2017年10月27日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:アレクサンドル・ラザレフ(桂冠指揮者兼芸術顧問)
曲目:グラズノフ 交響曲第4番変ホ長調
   ショスタコーヴィチ 交響曲第1番へ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201710.jpg

前首席指揮者のマエストロ・ラザレフが取り組んでいる「ロシアの魂」シリーズ。
きのうはグラズノフの4番。
一度演奏したことがあります。
(あまりよく覚えていませんでしたが…。)
1894年の初演だということなので、「ロマン派後期」にあたる作品ですが、親しみやすくてまたやってみたい曲の一つです。

後半は、ショスタコーヴィチの1番。
ショスタコーヴィチは、グラズノフの作曲の生徒だったそうです。
いわば先生と生徒の作品を組み合わせたという、面白いプログラムというわけです。

こちらは1924〜25年に作られたということで、30年の年月が流れているわけですが、その年月の以上の違いが感じられました。

この30年の間に、第一次世界大戦があり、ロシア帝政が崩壊してソビエト連邦が成立。
クラシック音楽の世界では、ロシア出身でフランス・パリを舞台に活躍していたストラヴィンスキーが作曲したバレエ音楽「春の祭典」がスキャンダラスな初演を果たすなど、世界も音楽も大きく動いた時代だったと言えるわけですが…。

(あくまで個人的の趣味の問題ですが)生徒であるショスタコーヴィチの曲よりは、先生・グラズノフの作品が好みであることを改めて感じました。
nice!(3)  コメント(2) 

とても勉強になる演奏会でした【N響10月B定期を聴く】 [音楽]

きのうはN響B定期を聴きにサントリーホールへ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団 第1869回定期演奏会Bプログラム
日時:2017年10月26日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:クリストフ・エッシェンバッハ
曲目:ブラームス 交響曲第4番ホ短調
   同 交響曲第1番ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_N響201710.jpg

1曲目は本来、マエストロ・エッシェンバッハがモーツァルトのピアノ協奏曲第12番を『弾き振り』する予定だったのですが、左手の不調(関節炎)ということで曲目が変更になり、代わりはブラームスの4番。
先週末先に行われたC定期は、ブラームスの3番&2番というプログラムだったので、期せずして1週間の間にブラームスの交響曲全4曲を演奏したことになります。

きのうの演奏会、マエストロ・エッシェンバッハは2曲とも暗譜(スコアなし)で振っていました。

ピアノの巨匠ですが、指揮者としてはどうなんでしょう?
とにかく、「さすがN響はいい演奏をするなあ」というのが聴き終えての素直な感想です。

演奏中は、P席(ステージ後方)で正面から指揮ぶりがよく見えるので、いろいろ考えながら聴いてました。
「そこはそう振るのか」とか「自分なら違う振り方をするのではないだろうか」などなど…。
とにかく、いろんな意味で大変勉強になりました。

あと、ゲスト・コンサートマスターのライナー・キュッヒル氏(元ウィーンフィル)がこの日のコンマスでしたが、交響曲1番第2楽章のソロ、オケを突き抜けて音が飛んできました。
nice!(4)  コメント(0) 

『コントラバスもたまには独りで弾きます』【アンペルマン・デュエットを聴く】 [音楽]

毎年恒例になっているベルリン在住のコントラバス奏者、高橋徹さんの演奏会。
去年は11月でしたが、今年はきのうのピアノとのデュオを聴きに行きました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
AMPELLMANN DUETT
"Ein Kontrabaß spielt selten allein"「コントラバスもたまには独りで弾きます」
日時:2017年10月20日(金)18:45開演
会場:ラ・リール(東京・茗荷谷)
コントラバス:高橋徹
ピアノ:高橋礼子
曲目:J.S.バッハ ヴィオラ・ダ・ガンバ ソナタ第2番
   シューベルト 「アルペジオーネ・ソナタ」
   C.バッハ 「アダージョ」
   クーセヴィツキー 「アンダンテ」「悲しいワルツ」
   ボッテジーニ 「白日夢」「エレジー」
   ツェルニー 「華麗なワルツ」
   ラフマニノフ 「ヴォカリーズ」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【会場のラ・リール前の掲示】
img_高橋徹201710.jpg
(写真左上隅は指ではなく照明器具です。)

(去年も紹介しましたが)"Ein Kontrabaß spielt selten allein"「コントラバスもたまには独りで弾きます」というのは、高橋さんの師匠であるベルリンフィルのコントラバス奏者だったフリードリヒ・ウィット氏(Friedrich Witt)がソロコンサートを行う際のタイトルだったそうです。

相変わらず人柄の現れた誠実な印象の演奏。
全体に、だんだん指が回ってきた感じでした。

この種の演奏会・リサイタルは、同じ楽器の奏者がたくさん聴きに来るものですが、きのうはコントラバス奏者は少なそうでした。
高橋さんの交友の広さを反映しているのだろうと思います。

会場では、高橋さんが宣伝役を務める旧東ドイツの歩行者用信号のキャラクター、アンペルマンのグッズ販売もおこなれていていて、私も一つ買って帰りました。
nice!(3)  コメント(0) 

『人魚姫』はR.シュトラウス風の華麗な曲でした【新日フィルの『北欧プログラム』を聴く】 [音楽]

チケットを譲ってもらったので、久しぶりに新日フィルを聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
新日本フィルハーモニー交響楽団 第579回定期演奏会
サントリーホール・シリーズ<ジェイド>
【日本・デンマーク外交関係樹立150周年】
日時:2017年10月14日(土)14:00開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:上岡敏之(音楽監督)
独奏:清水和音(ピアノ)
曲目:ニールセン 序曲「ヘリオス」
   グリーグ ピアノ協奏曲イ短調
   ツェムリンスキー 交響詩「人魚姫」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_新日フィル201710.jpg

デンマークとの国交150周年ということで、北欧の国々に関係のある作品によるプログラム。

1曲目はデンマークの作曲家、ニールセンの「ヘリオス」です。
私自身は演奏したことがありませんが、交響曲第4番「不滅」はやったことあるので、どんな曲なのか大いに興味あるところ。
「ヘリオス」とはギリシャ神話の太陽の神。
ニールセンがギリシャに滞在中に作曲したそうです。
冒頭と一番最後が、低弦(チェロとコントラバス)で始まり、低弦で終わるのですが、なんとなく「日の出と日の入りを表しているのかな?」などと思いながら聴きました。

2曲目のグリーグの協奏曲は超有名・人気曲で、私も弾いたことがあります。
やはり「聴き慣れた曲は心地よいものだなあ」などと思いながら鑑賞。

そして後半は交響詩「人魚姫」。
ツェムリンスキーはウィーンで活躍した作曲家・指揮者で、ブラームスやシェーンベルクらと交友があったことで知られます。
また、マーラーと結婚する前のアルマ(・シントラー)に作曲を教え、交際していたことは有名です。
なので、作曲者は北欧とは直接関係ありませんが、この曲はデンマークの作家、アンデルセンの有名な物語「人魚姫」に題材をとっています。

演奏したことはなく、(たぶん)生で聴いたのも初めてですが、リヒャルト・シュトラウス的な華やかなオーケストレーションとなかなか面白い和声の進行に彩られた、華麗な曲でした。

プロのオーケストラの定期演奏会には珍しくアンコール(デンマークの作曲家ロンビの「シャンパン・ギャロップ」)の演奏され、演奏会は楽しく幕を閉じました。
nice!(6)  コメント(0) 

堂々とした素晴らしいソロでした【地元でモーツァルトVn協奏曲を聴く】 [音楽]

きのうまでの3連休は友人・知人の出演する演奏会が多数開かれていたんですが、都合により我が家から近いこちらだけ聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
荻窪祝祭管弦楽団 第3回定期演奏会
日時:2017年10月9日(月・祝)19:00開演
会場:杉並公会堂小ホール(東京・荻窪)
曲目:モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調
  (ヴァイオリン独奏:山下真澄)
   ほか
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_荻窪祝祭管201710.jpg

ソリストの山下真澄さんは、中国・北京に住んでいた時代、娘が大変お世話になったヴァイオリンの師匠です。
ご主人は某官庁の偉い人で、家族ぐるみでお世話になり、長年お付き合いがあります。

ということで、きのうは娘夫婦と家人ともども、4人で伺いました。

普段はとてもやさしい穏やかな感じの女性なんですが、きのうの演奏はとても堂々としていて、頼りないオケを鼓舞する感じ。
とても素晴らしいソロでした。

nice!(5)  コメント(0) 

高い演奏レベルの大熱演でした【マレーシアフィルを聴く】 [音楽]

きのうは久しぶりのオペラシティでした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
平成29年度(第72回)文化庁芸術祭主催公演 アジア オーケストラ ウィーク 2017
マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団
日時:2017年10月6日(金)19:00開演
会場:東京オペラシティ コンサートホール(東京・初台)
指揮:古澤直久(専任指揮者)
独奏:テングク・イルファン(ピアノ)
曲目:武満徹「弦楽のためのレクイエム」
   ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」
   ヴィヴィアン・チュア「栄光の頂点」(マレーシア・フィル2017年委嘱作品)
   ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_マレーシアフィル201710.jpg

指揮の古澤さんは元々このマレーシア・フィルのコントラバス奏者で、最近専任指揮者(レジデント・コンダクター)に就いたのですが、毎年年末にはMAXフィルというプロ・アマ混成を指揮して、ベートーヴェン「第九」の演奏会を開催しています。

マレーシア・フィルは世界中からオーディションで選ばれた音楽家から成るアジア有数のオーケストラですが、初めて聴きました。

1曲目は武満の「弦楽のためのレクイエム」。
オペラシティのコンサートホール(大ホール)は「タケミツ・メモリアル」をいう名を冠しているので、それにちなんだ選曲でしょうか。
不協和音が連続する、物悲しくてちょっと不安な感じを覚える曲ですが、とてもレベルの高い演奏でした。

2曲目「皇帝」のソリストはマレーシア出身の19歳、テングク・イルファン。
現在はアメリカで音楽を学んでいるそうです。
若干『線が細い』感じもなきにしもあらずですが、とても立派な演奏でした。

3曲目はマレーシアの女性作曲家による新作。
本当は合唱なども入っているそうですが、きのうはオケだけの演奏。
壮大なスケールの聴きやすい曲でした。

最後はベートーヴェン7番(通称『ベトシチ』)。
テンションの高いマエストロ古澤の棒によく反応した、大熱演でした。
第4楽章は最初、「その速いテンポで大丈夫か?」と思いましたが、さすがの高い技術レベルを持った奏者たちは、よく食らいついていました。

日本や中国、韓国などに比べると、クラシック音楽に親しむ人たちの割合はまだそんなに高くないだろうと想像しますが、こうしたハイレベルのオーケストラが活動を続けていけば、国全体のクラシック人口も増えていくでしょうし、オケの団員もマレーシア出身者の割合が高まっていくのではないかと思いました。
nice!(4)  コメント(0) 

相変わらずの『大人げない』演奏でした【上智大OBオケを聴く】 [音楽]

きのうは知人多数(&身内)出演のこちらの演奏会に行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
上智大学OB管弦楽団 第6回演奏会
日時:2017年10月1日(日)13:30開演
会場:すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)
指揮:汐澤安彦
曲目:ショスタコーヴィチ「祝典序曲」
   ブラームス 交響曲第3番へ長調
   マーラー 交響曲第1番ニ長調「巨人」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_上智OBオケ201710.jpg

以前のこのオケの演奏会についても書いたような気もするんですが、奏者の皆さんが大人げない!
(褒め言葉です、たぶん…。)
まあ、「昔の仲間」と集まると、学生時代を思い出しますよね。

1曲目の「祝典序曲」はショスタコーヴィチが、運河開通のために作ったといわれる華々しい曲。
(最初に聞いたのは吹奏楽の演奏でした。)
金管楽器が大活躍なんですが、まあ「勢いで乗り切った」という感じでした。


2曲目はブラームスですが、これは弦楽器・木管楽器の緻密さ・繊細さが要求される曲。
そしてトロンボーンがいい仕事してたと思います。

3曲目はマーラー「巨人」。
これは勢いでやるには長い曲ですが、金管楽器・打楽器の「大人げなさ」全開でした。

「演奏もする同窓会」なんでしょうから、演奏についてあれこれ言うのはやめておこうと思います。
皆さん、お疲れさまでした。
nice!(5)  コメント(2) 

8カ月ぶりサントリーホールはオール・バルトーク・プログラム【N響9月B定期を聴く】 [音楽]

きのうはサントリーホールでN響B定期を聴きました。
棒は首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団 第1866回定期演奏会Bプログラム
日時:2017年9月28日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(首席指揮者)
曲目:バルトーク「弦楽のためのディヴェルティメント」
   同 「舞踏組曲」
   同 「弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

IMG_0530サントリーホール201709.JPG

先月まで改修工事を行っていたこともあり、サントリーホールで演奏会を聴くのは8カ月ぶりでした。
(今月上旬に日本フィル演奏会のチケットもあったんですが、旅行と重なっていたので、知人に譲りました。)

この日は、首席指揮者、パーヴォ・ヤルヴィによるオール・バルトーク・プログラム。
今月初旬の旅行でハンガリーに行き、ブダペストのバルトークゆかりの場所を訪問したばかりですし、7月には「舞踏組曲」を演奏したばかりなので、楽しみにしていました。

1曲目の「弦楽のためのディヴェルティメント」は実は初めて聴く曲。
16型(1stヴァイオリンが16人でコントラバスが8人)の『フル編成』の弦楽器による美しくて時に緊張をはらんだ響きを楽しみました。

2曲目の「舞踏組曲」は、プログラムによると、ブダ、ペスト、オーブダ(ブダの北隣)の3つの街が合併してブダペストが誕生して50周年になるのを記念する式典のために委嘱された作品とのこと。
まさにブダペストゆかりの曲ですね。
変拍子がなかなかトリッキーな曲ですが、N響は当然ながら問題なし。
管楽器のソロが面白くて、2カ月前を思い出しながら十二分に堪能しました。

3曲目の「弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽」はバルトークの代表曲の1つですが、実は未経験。
緊張感のある演奏でした。

おとといの初日もそうだったということですが、録音用のマイクが並んでいましたが、3曲とも楽器の配置が違うので、エンジニアの人は大変だったのではないかと想像します。
nice!(4)  コメント(0) 

管楽器のソロがみんなハイレベルでした【カラーフィル演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは何度か聞いているこちらのオケの演奏会へ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
カラー・フィルハーモニック・オーケストラ 第9回演奏会
日時:2017年9月23日(土・祝)19:30開演
会場:杉並公会堂大ホール(東京・荻窪)
指揮:金山隆夫
曲目:ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」
   R.シュトラウス 交響詩「死と変容」
   ムソルグスキー(ラヴェル編曲)組曲「展覧会の絵」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_カラーフィル201709.jpg

管楽器やコントラバス、それにスタッフに友人・知人がたくさん出演。
(客席も知り合いだらけでした。)
相変わらずの意欲的選曲ですが、どの曲もとても高いレベルの演奏でした。
技術的にはもちろん、音楽的にも「足を運ぶ価値はあったかな」と思わせてくれました。

「牧神の午後」はフルートのソロ、「展覧会の絵」はトランペットのソロで始まります。
また、「死と変容」はソロが多いのに加え、管楽器による和音の作り方が難しい曲だと思います。

いずれの曲も、管楽器のソロは大変意欲的で出色の出来だったと思います。

この種のオケ・選曲の演奏会でありがちな、管楽器と弦楽器の『意欲』『前向き(前のめり)さ」の違いみたいなものをちょっと感じましたが、このプログラムですからそんなに気になりませんでした。

客席も結構埋まってましたが、この演奏がただで聴けるんですから、もっとお客さんに入って欲しいと思います。
nice!(2)  コメント(0)