So-net無料ブログ作成

同じブラームスの協奏曲を違う指揮者・独奏者で【日フィルさいたま定期を聴く】 [音楽]

3月前半は(プロの)オーケストラの演奏会を6回聴くのですが、きのうはその4回目。
日フィルのさいたま定期を聴きにさいたま・大宮まで足を運びました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
さいたま市名曲コンサート
日本フィルハーモニー交響楽団 第106回 さいたま定期演奏会
日時:2018年3月9日(金)午後7時開演
会場:ソニックシティ大ホール(さいたま市大宮区)
指揮:広上淳一
独奏:田部京子(ピアノ)
曲目:ブラームス ピアノ協奏曲第1番ニ短調
   同 交響曲第4番ホ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル大宮ソニック201803.jpg

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、今週火曜日にも日フィル演奏会を聴きました。
しかもプログラムのうち1曲は、同じブラームスのピアノ協奏曲第1番。
指揮者もピアノ独奏も別の人です。
火曜日は指揮=大友直人、ピアノ=横山幸雄、一方きのうは指揮=広上淳一、ピアノ=田部京子という組み合わせでした。

同じ曲を演奏してもいろいろ違うのが面白いところ。
(ポップスナンバーでも、別の歌手がカバーすると違って聞こえますよね、)
いろいろ勉強になりました。
オケの人は「いろいろ違う」のに対応しなければならないので大変でしょうが…。

そして、実は同じブラームスのピアノ協奏曲第1番を、来週も聴きに行く予定です。
その報告は改めて…。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

指揮者とオケの『信頼関係』がうかがえました【東芝グランドコンサート・BBC響演奏会その1を聴く】 [音楽]

3月はプロのオーケストラの演奏会鑑賞月間。
きのうはイギリスのBBC響を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東芝グランドコンサート2018 BBC交響楽団演奏会
日時:2018年3月8日(木) 19:00開演
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市幸区)
指揮:サカリ・オラモ
独奏:アリーナ・ポゴストキーナ(ヴァイオリン)
曲目:ブリテン 歌劇『ピーター・グライムズ』より「4つの海の間奏曲」「パッサカリア」
   チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
   ブラームス 交響曲第1番 ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_東芝グランドBBC201803.jpg

東芝グランドコンサートは、毎年ヨーロッパ各国の一流オーケストラを招いていますが、今年はイギリスの公共放送、BBC傘下のオーケストラ。
日本で言えばNHK交響楽団(N響)みたいなものでしょうか。
ただN響と違って、BBCはほかにもプロのオーケストラを複数傘下に置いているということですが…。

さて、きのうのコンサート、最初はブリテンの歌劇「ピーター・グライムズ」から「4つの海の間奏曲」と「パッサカリア」。
「間奏曲」の方が、何度か聴いたことがありますが、「パッサカリア」は初めてかもしれません。
イギリスのオケがイギリス人作曲家の作品を取り上げるということで、とても「こなれた」演奏だったように思います。

次は、有名で人気のあるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。
ソリストのポゴストキーナは、ロシア生まれでドイツで勉強したという細身の女性。
チャイコフスキーの曲は、どこか泥臭さや重厚さを感じさせますが、きのうの演奏は、どこか軽快で「チャイコフスキーらしくない」演奏でした。(もちろんいい意味です。)

後半はこれまた(プロでもアマチュアでも)人気曲のブラームスの1番。
これも、割と流麗ながら、聞かせるところはしっかり聞かせる、とても密度の高い演奏でした。
管楽器のソロがいずれもすばらしかったのですが、中でも第4楽章のフルートが出色でした。

演奏会全体を通して、オケと指揮者の『信頼関係』のようなものがうかがえました。

フルートといえば、2ndフルートの女性は日本人だったようです。
プログラムの名前を見る限り、オケのメンバーは、(上記フルート奏者など数人を除き)アングロサクソンらしき名前が大半で、アメリカやヨーロッパのほかのオケとは違う「均質性」のようなものが感じられました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ブラームスのピアノ協奏曲1番演奏会・その1【日本フィル杉並公会堂シリーズを聴く】 [音楽]

プロのオーケストラ演奏会鑑賞週間。
きのうは先週金曜日に続き、日本フィルハーモニー交響楽団を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィル杉並公会堂シリーズ2017-18【第6回】
日時:2018年03月06日(火曜日)19時00分
会場:杉並公会堂(東京・荻窪)
指揮:大友直人
独奏:横山幸雄(ピアノ)
曲目:モーツァルト 交響曲第40番ト短調
   ブラームス ピアノ協奏曲第1番ニ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル杉並201803.jpg

来月の演奏会で、ベートーヴェン交響曲第2番やブラームスのピアノ協奏曲第1番などを指揮する予定です。
今週から来週にかけて、そのピアノ協奏曲を取り上げる演奏会が(少なくとも)3つあるので、チケットを買いました。
きのうの日フィルは、その”第一弾”です。

指揮やオーケストラがよく見える席ということで、ステージ右上(上手側)の2階バルコニー席から鑑賞しました。

前半はモーツァルトの交響曲第40番。
ト短調で「かなしみ」の感情に満ちていると評されることもある、とても美しい印象的な曲です。
日フィルの均整の取れた演奏を満喫しました。

後半がブラームスのピアノ協奏曲。
ソリストはショパンなどを頻繁に演奏している大家、横山さんです。
この曲は、ブラームスより前の協奏曲に比べ、ピアノとオーケストラが一体となって演奏する部分が多く、それだけに指揮者にもオケにも難しい曲だと思うんですが、当然のことながら、横山さん、マエストロ大友、日フィル、いずれもすばらしいアンサンブルで、とても勉強になりました。
参考にしたいと思います。


nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

ブルックナーの『アダージョ』が心にしみました【下野竜也指揮・日フィル定期を聴く】 [音楽]

今月は演奏会を聴きに行く予定が詰まってます。
昨夜はこちら。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第698回東京定期演奏会
日時:2018年3月2日(金)19時00分開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:下野竜也
独奏:ルイジ・ピオヴァノ(チェロ)
曲目:スッペ 喜歌劇《詩人と農夫》序曲
   尹 伊桑(ユン・イサン)チェロ協奏曲
   マクミラン「イゾベル・ゴーディの告白」
   ブルックナー(スクロヴァチェフスキ編曲)弦楽五重奏より「アダージョ」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201803.jpg

「詩人と農夫」序曲は、中学校の吹奏楽部で、私が入学する前の年のコンクール自由曲だったらしい曲。
タイトルは耳に残っていますが、実は演奏したことありません。
チェロのかなり長いソロがあるのも理由かもしれません。
きのうは、日フィル・ソロチェロの辻本さんが朗々と演奏してました。

2曲目は、韓国人作曲家、ユン・イサンのチェロ協奏曲。
1曲目の「詩人と農夫」序曲は、この曲へのつながりで選曲したそうです。
1970年代の作品ということで、いわゆる『現代曲』。
私には難しかったので、感想は控えます。

後半はまずイギリスの作曲家、マクミランの「イゾベル・ゴーディの告白」。
イゾベル・ゴーディは17世紀の(英)スコットランドに実在した「自称『魔女』」だそうです。
自ら「魔女」であると名乗り出て、悪魔と契約したことなどを『告白』したのだとか。
マクミランは1959年生まれということで、この作品もやはり『現代曲』ではあるのですが、「映画音楽」的な部分もあり、上記のチェロ協奏曲よりはなじめる感じの作品でした。

そのマクミラン作品と続けて演奏されたのは、ブルックナーの「アダージョ」。
昨年亡くなった指揮者・作曲家のスクロヴァチェフスキの編曲によるものです。
マクミランの衝撃的な終わり方の後、静かに始まり、ひたすら美しい曲でした。
初めて聴きましたが、「これは演奏してみたいかも」と思わせる心にしみる作品でした。

ちなみに、このようなプログラムゆえでしょうか、サントリーホールはおそらく50%くらいの客入りでした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

掛け声と拍手とカスタネットと【かもめ管弦楽団演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは家人が賛助出演する演奏会で、杉並公会堂に足を運びました。
いつも演奏で参加したり、スタッフをお手伝いしたりしているんですが、今回は客席で。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
かもめ管弦楽団 第44回定期演奏会
日時:2018年2月25日(日)14:00開演
会場:杉並公会堂(東京・荻窪)
指揮:篠原信夫
独奏:鈴木舞(ヴァイオリン)★
独唱:成田伊美(メゾソプラノ)☆
曲目:ムソルグスキー(R.コルサコフ編) 交響詩「はげ山の一夜」
   チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調★
   ファリャ バレエ音楽「三角帽子」全曲☆
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_かもめ201802.jpg

コンサートのハイライトは2曲目のヴァイオリン協奏曲。
ソリストの鈴木さんはとてもお若いんですが、非常に充実した演奏でした。

後半はファリャの「三角帽子」。
全曲版はやったことないのですが、冒頭の方に打楽器奏者以外がカスタネットを叩いたり、弦楽器奏者はじめオケのみんなが掛け声を出したり、拍手する場面があります。
また、メゾソプラノの成田さんの歌(2階のP席で歌唱)もあって、素晴らしい声でした。

オケの方は、目まぐるしく変わるテンポや拍子に一生懸命ついていってる、という感じでしたが、お客さんは楽しんでいる様子でした。

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

久しぶりのサントリーホール1階席【N響2月B定期を聴く】 [音楽]

きのうはN響B定期。
とある事情で違う曜日、違う席でした。
サントリーホールは月に1~2回行きますが、1階席は久しぶりでした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団 第1881回 定期公演Bプログラム
日時:2018年2月22日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(首席指揮者)
独奏:諏訪内晶子(ヴァイオリン)*
曲目:武満 徹 ノスタルジア 「アンドレイ・タルコフスキーの追憶に」*
   武満 徹「遠い呼び声の彼方へ!」*
   ワーグナー/楽劇「ニーベルングの指環」管弦楽曲集
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_N響201802.jpg

前半は諏訪内さんがソロを務める武満作品。
私にはよく分からないので、感想は差し控えます。

後半は、ワーグナーの「指環」から抜粋。
以下の6曲が演奏されました。
「ワルキューレ」より『ウォータンの分かれと魔の炎の音楽』
「ワルキューレ」より『ワルキューレの騎行』
「ジークフリート」より『森のささやき』
「神々のたそがれ」より『ジークフリートの葬送行進曲』
「神々のたそがれ」より『夜明けとジークフリートのラインの旅』
「ラインの黄金」より『ワルハラ城への神々の入城』

こちらは、耳なじみのある曲ばかり。

特に「ワルキューレの騎行」は映画「地獄の黙示録」で使われたことで知られますし、「ジークフリートの葬送行進曲」は吹奏楽でもよく演奏されます。
6曲合わせて1時間弱の演奏でしたが、N響の金管楽器・打楽器の皆さん大活躍。
オーボエのトップは、また吉井瑞穂さん(マーラーチェンバーオケ)が客演されてました。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Beseeltes Ensemble Tokyoのモーツァルトは強烈でした【日曜日のアマオケはしご・その2】 [音楽]

さて、おとといの日曜日。
アマチュアオーケストラのはしご2件目はBeseeltes Ensemble Tokyoです。
午後7時40分の開演ということで、いったん家に帰って、夕食を済ませてから会場に向かいました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Beseeltes Ensemble Tokyo 第2回演奏会
日時:2018年2月18日(日)19:40開演
会場:三鷹市芸術文化センター 風のホール
指揮:大森悠
曲目:【オールモーツァルト】プログラム
   交響曲第35番ニ長調「ハフナー」K.385
   交響曲第41番ハ長調「ジュピター」K.551
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_Beseeltes201802.jpg

この団体、フェイスブックページなどにも読み方が示されていないんですが、「ベゼールテス・アンサンブル・トーキョー」でいいんでしょうか。
ベゼールト(Beseelt)とは、音楽でも使われることが(たまに)あるドイツ語で、「気持ちをこめて、生き生きと」という意味だそうです。

さて、この団体、今回が2回目の演奏会。
東大オケ(東京大学音楽部管弦楽団)の現役学生や”卒業生”が多いようなので、指揮の大森悠さん(大阪フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者)はその先輩にあたります。

ヴァイオリン20人、ヴィオラ7人、チェロ6人、コントラバス4人というモーツァルトをやるには多くも少なくもない人数でしたが、演奏が始まった瞬間、音が大きくてびっくり!
みんな楽器がよく鳴ってます。
もちろん、ただでかい音を出しているわけではなく、とてもメリハリが効いている感じ。
個人個人の技量もすばらしく、とても爽快・痛快な演奏でした。
今後が楽しみです。

でも、このホール(600席ちょっとの室内オーケストラサイズ)は、このオケには小さすぎたかもしれません。
お客さんももっとたくさん入ってもいいと思うんですが、まあ、新しいオケの宿命ではありますね。

いろんな意味で、昼間のFAF管弦楽団とは対照的な演奏会でした。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

FAF管弦楽団のモーツァルトとブルックナーを聴く【日曜日のアマオケはしご・その1】 [音楽]

きのうの日曜日はアマチュアオーケストラの演奏会を2つ聴きに行きました。
”老舗”の団体と、出来立ての若い団体という対照的な2つ。
しかも1曲目は同じ曲という、いろんな意味で比較したくなる演奏会でした。
(音楽はそれぞれ楽しめばよくて、比較する必要はないんですけどね…。)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
FAF管弦楽団第54回定期演奏会
日時:2018年2月18日(日)13:30開演
場所:すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)
指揮:永峰高志
曲目:モーツァルト 交響曲第35番ニ長調 「ハフナー」
   ブルックナー 交響曲第4番変ホ長調 「ロマンティック」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_FAF201802.jpg

最初のオケはFAF管弦楽団。
午前中にPROJECT Bのチラシ挟み込みをさせてもらったので、午後の演奏会も聴きました。
(自分も同じホールで6日前に演奏会に出演したばかりだったんですが、なんだかずいぶん前のことのような気がしました。)

団体名の「FAF」(エフ・アー・エフ)とは、(同オケウェブサイトによると)ブラームスの交響曲第3番冒頭で”F As F”の三音を用いて表現したとされるモチーフ“Frei aber Froh”(自由にしかし楽しく)をその由来としているそうです。
1990年創立ということなので、28年の歴史を持っていることになります。

指揮の永峰さんは長年、NHK交響楽団にヴァイオリン奏者として在籍した人です。

1曲目は「ハフナー」交響曲。
モーツァルトらしい爽快で優美な曲ですが、よく練られていてまとまった演奏でした。
もうちょっと軽快さがあるとよりいいと思いましたが…。

後半は、ブルックナーの交響曲でもっと演奏機会の多い第4番(通称「ロマンティック」)。
とても力のこもった熱演でした。
特に金管楽器と打楽器(ティンパニ)がハイレベルで、木管楽器も充実していました。
弦ではヴィオラが特に健闘していましたが、全体的にもう少し人数がいてもいいような気もしました。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

巨匠の棒でロシア&フランス&イタリアの曲を【読響定期演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは読響の定期演奏会を聴きました。
定期会員ではないんですが、1月の「日曜マチネー」から振り替えました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第575回定期演奏会
日時:2018年2月16日(金)19時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ユーリ・テミルカーノフ(読響名誉指揮者)
独奏:ニコライ・ルガンスキー(ピアノ)
曲目:チャイコフスキー 幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」
   ラフマニノフ 「パガニーニの主題による狂詩曲」
   ラヴェル 組曲「クープランの墓」
   レスピーギ 交響詩「ローマの松」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響201802.jpg

読響名誉指揮者であるテミルカーノフは79歳(今年の誕生日で80歳)というロシアの巨匠。
前半はチャイコフスキーとラフマニノフというロシアの作曲家の作品です。
「フランチェスカ・ダ・リミニ」はチャイコフスキーの他の作品と比べると演奏機会が少ない曲で、私自身は演奏経験がありません。
クラリネットの長いソロが印象的でした。

ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」はとても有名な曲で、題名は知らなくても耳にしたことがある人は多いはず。
特に、最後の方に出てくる「パガニーニの主題をひっくり返した」という第18変奏はその甘美なメロディーがとても印象的です。
ルガンスキーはアンコール(ラフマニノフ「前奏曲」)も含め、繊細さと力強さが感じられるとても好きなピアノでした。

後半はラヴェルとレスピーギ。
ラヴェルは先日、ザ・シンフォニカで2曲演奏したばかり。
ピアノ作品をオーケストラに編曲することが多く、この「クープランの墓」もそうした作品の1つ。
洒脱な作品で、先日の2曲同様、「弾くよりも聴く方がよさそう」と思いました。

最後は20世紀、イタリアの作曲家、レスピーギの大交響詩。
オルガンとバンダ(舞台以外に配置された奏者)も出てくる大編成の作品です。
(ピアノや「録音された鳥の声」も使われます。)
「ロシアの指揮者がイタリアの作品」というと、意外な組み合わせにも思えますが、もちろんそれは「勝手な思い込み」というもの。
(そんなことを言っていたら、日本人の指揮者がヨーロッパ起源のクラシック音楽を演奏することを否定することになっていまします。)

テミルカーノフ自身が好きな曲らしく、オーケストラものびのびと演奏している印象でした。
振替で割り当てられたのがRAというステージ真横の席だったので、オルガンやバンダを含めた大音響を満喫しました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ナレーション付きの演奏は新しい体験でした【ザ・シンフォニカ演奏会終了】 [音楽]

きのうは所属するアマチュアオーケストラの演奏会でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日時:2018年2月12日(月・休)午後2時開演
会場:すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)
指揮:矢崎彦太郎
語り:中井美穂(※)
曲目:ラヴェル「高雅で感傷的なヴァルス」
   ラヴェル バレエ音楽「マ・メール・ロワ」※
   プロコフィエフ交響曲第7番嬰ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【演奏会チラシ】
img_symphonica63.jpg

【ステージ上の愛器"Lionbass"】
img_すみだトリフォニー20180212.jpg

今回の3曲はいずれも初めて演奏しました。

前半のラヴェルはフランスの20世紀の作曲家。

シンフォニカに限らず、日本のアマオケはドイツ・オーストリア系の曲を取り上げることがとても多いんですが、いわゆる「フランスもの」はそんなに多くありません。

指揮の矢崎氏はパリ在住で、「フランスもの」をお得意にされています。
練習から本番を通じて、オケのメンバーに「フランスもの」の”コツ”みたいなものをいろいろ教えてくれました。

しかも、2曲目の「マ・メール・ロワ」は、今回、ナレーション付き。
元フジテレビアナウンサーの中井美穂さんがナレーターを務めてくれました。

「マ・メール・ロワ」とは英語でいう「マザーグース」のことで、お話は、「おとぎばなし」をまとめたもの。
「お姫さま」とか「おやゆび小僧」とか、そんなに珍しい(驚くような)内容ではないんですが、音楽と一緒になると、なぜか心にしみます。
オケのメンバーからもお客さんからも、「感動した」という声が多く聞かれました。

後半はソ連の20世紀の作曲家、プロコフィエフの最後の交響曲で、「青春」というタイトルで呼ばれることもあります。
より前衛的な作品が多かった時代ですが、平易な作曲技法を使っていて、ある意味親しみやすい曲。
練習中はなかなかまとまらなかったんですが、本番はいい演奏になったと思います。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽