So-net無料ブログ作成
検索選択

「ロマン派の音楽家たち」「閉された言語・日本語の世界」「ホンモノの日本語」「国語史を学ぶ人のために」=読み終わった本(2017.05) [読書]

「読み終わった」リスト(備忘録)、2017年5月分です。

▼読み終わった本
*「ロマン派の音楽家たち 恋と友情と革命の青春譜」
中川右介・著、ちくま新書

ロマン派の音楽家たち: 恋と友情と革命の青春譜

ロマン派の音楽家たち: 恋と友情と革命の青春譜


これは期待以上にとても面白い本で、新書としてはかなり厚い部類ですがあっという間に読み終わりました。
19世紀初頭、1810年前後に生まれたメンデルスゾーン、ショパン、シューマンとクララ、リスト、それにワーグナーといういわゆる「ロマン派」の巨匠たちの『人生模様』を詳しく詳述しています。
このほかにもベルリオーズやジョルジュ・サンド、少し下の世代ですがブラームスなども登場します。
(「ロマン派」ではありますが、ブルックナーやマーラーは描かれていません。)
1810年というと、ベートーヴェンがまだ存命の時代で、その後の時代に生きるこれらの作曲家たちは、
1人1人の『評伝』のようなものはすでにたくさん出ていると思いますが、これら『同年代』の作曲家たちの交流や与え合った影響などについて独特の筆致で描き出していて、時代の空気なども感じられました。

▼読み終わった本
*「閉された言語日本語の世界【増補新版】」
鈴木孝夫・著、新潮選書

閉された言語・日本語の世界【増補新版】

閉された言語・日本語の世界【増補新版】

  • 作者: 鈴木 孝夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/02/24
  • メディア: 単行本

この本、1974年に書かれ75年に出版されたもので、筆者の鈴木氏は1926年(大正15年)生まれ。
その本に加筆修正を施したのがこの「増補新版」です。
(実は旧版も持っているのにこの新版を買ってしまいました。)
さすがに40年経つと、「現在(2017年)では多くの人が知っていることかも」とか「今、こういう発言をすると不適当だと言われるかも」という内容も含まれますが、全体としてとても勉強になる本でした。

▼読み終わった本
*「ホンモノの日本語」
金田一春彦・著、角川ソフィア文庫

ホンモノの日本語

ホンモノの日本語

  • 作者: 金田一 春彦
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川学芸出版
  • 発売日: 2016/08/25
  • メディア: 文庫

この本は元々2001年に出版されたものだそうです。
上記の本と同様、若干時代に合わなくなっている内容もありますが、とても読みやすくて、参考になる本でした。
筆者の金田一春彦氏は、代々国語学者という金田一一族(?)の二代目で、京助氏の息子。
帯には「話すだけで、3カ国語分!? 美しさを機能性をあわせ持った日本語の魅力。」「日本人は語学の天才!」と書かれています。

▼読み終わった本
*「国語史を学ぶ人のために」
木田章義・編、世界思想社

国語史を学ぶ人のために

国語史を学ぶ人のために

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 世界思想社
  • 発売日: 2013/04/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

「国語学」についての教科書であり、日本語についての研究の歴史がよく分かる本。
「資料編」「表記史」「語彙史」「音韻史」「文法史」「敬語史」「文体史」「国語学史」の各章から成っています。
とてもとても勉強になる本でした。
(教科書なので当たり前ですが。)
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「日本語全史」「駅格差」=購入した本(2017.05) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年5月分です。
今月、新しい本は2冊しか買ってませんが、そのほかに古書を何冊か。
(古書はダブって買う恐れが少ないこともありますので、ここにはアップしません。)

▽購入した本
*「日本語全史」
沖森卓也・著、ちくま新書

日本語全史

日本語全史



▽購入した本
*「駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿」
首都圏鉄道路線研究会・著、SB新書

駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿

駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿

  • 作者: 首都圏鉄道路線研究会
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2017/05/08
  • メディア: 新書


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「〈情報〉帝国の興亡」「138億年の音楽史」「日本語の謎を解く」「英語と日本軍」=読み終わった本(2017.04) [読書]

「読み終わった」リスト(備忘録)、2017年4月分です。

▼読み終わった本
*「〈情報〉帝国の興亡 ソフトパワーの五〇〇年史」
玉木俊明・著、講談社現代新書

〈情報〉帝国の興亡 ソフトパワーの五〇〇年史

〈情報〉帝国の興亡 ソフトパワーの五〇〇年史

  • 作者: 玉木 俊明
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/08/18
  • メディア: 新書

世界史における情報伝達技術の進化と、「帝国」のあり方についての本。
「活版印刷/オランダ」「電信/イギリス」「電話/アメリカ」という情報伝達技術と国際社会における覇権(ヘゲモニー)の移り変わりについて論じています。
これまでよく理解できていなかったのですが、ポルトガル・スペインからオランダに覇権が移った経緯が分かりました。
では、インターネットが今後の国際社会にどのような影響をもたらすのかが気になるわけですが、「中核を欠く」ことによる不安定性が生じていることを指摘しているものの、どのように進んでいくのかはよく分からないようです。
「あまりに容易に世界中に情報が発信され、情報が過多になり、何が正しい情報かわからなくなり、情報による不安定性が、世界のあちこちで生じるようになっている」という一文が、現在の状況を的確に表しているように思います。

▼読み終わった本
*「138億年の音楽史」
浦久俊彦・著、講談社現代新書

138億年の音楽史

138億年の音楽史

  • 作者: 浦久 俊彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/07/20
  • メディア: 新書

「138億年」とは宇宙ができてからの時間を表しています。
つまり「音楽は宇宙とともに存在している」=「人類の誕生以前から音楽はあった」ということになります。
「音楽の歴史」を論じているんですが、各章のタイトルは「宇宙」「神」「政治」「権力」「感情」「理性」「芸術」「大衆」「自然」「人間」という言葉が使われています。
この本の内容を簡潔に示すことは、著者に匹敵する知識と教養が必要だと思われるので、私にはとても無理ですが、ご興味ある方は是非手に取ってみてください。

▼読み終わった本
*「日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A」
橋本陽介・著、新潮選書

日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A (新潮選書)

日本語の謎を解く: 最新言語学Q&A

  • 作者: 橋本 陽介
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

高校での授業に際し、生徒から提示された「疑問=謎」について答えた本。
帯には「万葉仮名からら抜き言葉まで」「日本語の起源・音声・語彙・文法・表現……73の意外な事実」「言語学の最先端から、日本人の思考の深層に迫る」という紹介文が書かれています。
どんな分野でもそうかもしれませんが、「素朴な疑問」ほど回答・説明が難しいのかもしれません。

▼読み終わった本
*「英語と日本軍 知られざる外国語教育史」
江利川春雄・著、NHKブックス

英語と日本軍 知られざる外国語教育史

英語と日本軍 知られざる外国語教育史

  • 作者: 江利川 春雄
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2016/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

いろいろ考えさせられる本でした。
タイトルの通り、幕末あたりから第二次大戦前後まで、日本における外国語教育と軍隊の関係について詳しく考察した本です。
日本軍、特に陸軍が外国語教育を軽視していたこと、外国語に関する戦略的思考がないまま戦争に突入していったこと、軍事における情報を軽視していたことなどが分かり、なんだか現代の外国語教育にも共通する課題があるような気がしました。
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「ロマン派の音楽家たち」「機密奪還」=購入した本(2017.04) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年4月分です。

▽購入した本
*「ロマン派の音楽家たち――恋と友情と革命の青春譜」
中川右介・著、ちくま新書

ロマン派の音楽家たち: 恋と友情と革命の青春譜

ロマン派の音楽家たち: 恋と友情と革命の青春譜



▽購入した本
*「機密奪還(上)(下)」
マーク・グリーニー著、田村源二・訳、新潮文庫

機密奪還(上)

機密奪還(上)

  • 作者: マーク グリーニー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: 文庫

機密奪還(下)

機密奪還(下)

  • 作者: マーク グリーニー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/03/29
  • メディア: 文庫


nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「世界史までわかる日本史」「不愉快なことには理由がある」「東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか」=読み終わった本(2017.03) [読書]

「読み終わった」リスト(備忘録)、2017年3月分です。

▼読み終わった本
*「一気に同時読み! 世界史までわかる日本史」
島崎晋・著、SB新書


歴史、特に世界史は興味があるので、期待して買いました。
帯には「大化の改新の頃、ササン朝が滅んだ」「秀吉が関白の頃、無敵艦隊が敗れた」という例が載っています。
なかなか面白い本でしたが、期待したほどではないかな…という感じ。
でも、歴史に興味のある方にはお勧めです。

▼読み終わった本
*「不愉快なことには理由がある」
橘玲・著、集英社文庫

不愉快なことには理由がある

不愉快なことには理由がある

  • 作者: 橘 玲
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/23
  • メディア: 文庫

雑誌に連載されたエッセイが単行本化され、さらに文化になったもの。
橘氏の本は最近何冊か読んでいますが、これも政治や社会問題について、「分かっているけど改めて言われると愕然とする」という事実を突きつけてくれます。

▼読み終わった本
*「バカが多いのには理由がある」
橘玲・著、集英社文庫

バカが多いのには理由がある

バカが多いのには理由がある

  • 作者: 橘 玲
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 文庫

上記の本の『続編』。
政治や経済、社会、心理などについて「不都合な真実」を教えてくれます。
まあ、人間社会には「いけないとは分かっていても改められない」ということは多いですよね。
たばこ一つとっても「喫煙家の権利を守れ」という人が一定数いるように…。

▼読み終わった本
*「東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか」
東京地下鉄研究会・著、洋泉社

東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか

東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか

  • 作者: 東京地下鉄研究会
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/02/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

今年は日本初の地下鉄が上野〜浅草間に開通してから90周年。
東京での地下鉄建設・整備は終了してはいますが、多くの路線の歴史を見てきましたし、改良・改善の工事は続いています。
「銀座線新橋駅の『幻のホーム』」とか「都営三田線の東武東上線への乗り入れ計画」など、知っている話が多かったんですが、改めて読むと「なるほど」と思うことがたくさんありました。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「閉された言語・日本語の世界」「オーケストラの読みかた」「東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか」=購入した本(2017.03) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年3月分です。

▽購入した本
*「閉された言語日本語の世界【増補新版】」
鈴木孝夫・著、新潮選書

閉された言語・日本語の世界【増補新版】

閉された言語・日本語の世界【増補新版】



▽購入した本
*「オーケストラの読みかた―スコア・リーディング入門
池辺晋一郎・著、学研

オーケストラの読みかた―スコア・リーディング入門

オーケストラの読みかた―スコア・リーディング入門

  • 作者: 池辺 晋一郎
  • 出版社/メーカー: 学研
  • 発売日: 2005/02/01
  • メディア: 単行本



▽購入した本
*「東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか」
東京地下鉄研究会・著、洋泉社

東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか

東京の地下鉄路線網はどのようにつくられたのか

  • 作者: 東京地下鉄研究会
  • 出版社/メーカー: 洋泉社
  • 発売日: 2017/02/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「サイコパス」「中東崩壊」「世界一便利な単語帳」=読み終わった本(2017.2) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年2月分です。

▼読み終わった本
*「サイコパス
中野信子・著、文春新書

サイコパス

サイコパス


テレビでもよく見かける著者による話題の本。
「サイコパス」とは、「良心を持たない」「平気でウソをつく」などの特徴を持つ人物で、「精神病質」「反社会性パーソナリティー障害」などの呼び方もあるようです。
この本によると、100人に1人くらいの割合で存在していて、人類が生き延び、繁栄するのになんらかの貢献をしているのではないかとの見方もあるのだとか。
歴史上の「独裁者」などにもいるようですし、最近でいうと、アップル・コンピュータの創業者、スティーブ・ジョブズもこの特徴に当てはまるということです。
サイコパスが多い職種としては「企業の経営者」「弁護士」「マスコミ」が挙げられていて、「そういえばうちの職場にいるあの人も絶対そうだ!」と思いながら読みました。

▼読み終わった本
*「中東崩壊」
日本経済新聞出版社・編、日経プレミアシリーズ(新書)

中東崩壊

中東崩壊

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2016/11/09
  • メディア: 新書

日経新聞の記者らによる本。
私もエジプト・カイロに駐在していましたが、もう20年以上前の話。
その後、アメリカ同時多発テロ、イラク戦争、「アラブの春」などを経て、多くの独裁政権が崩壊したり、シリアの内戦が激化したり、IS(イスラム国)が台頭するなど、混迷の度合いは深まっています。
新書ですので、中東の現状を概観する入門書としてはいい本だと思いました。

▼読み終わった本
*「デイビッド・セインの世界一便利な単語帳」
デイビッド・セイン著、IBCパブリッシング

デイビッド・セインの世界一便利な単語帳 (気がつけばバイリンガルシリーズ)

デイビッド・セインの世界一便利な単語帳 (気がつけばバイリンガルシリーズ)

  • 作者: デイビッド・セイン
  • 出版社/メーカー: IBCパブリッシング
  • 発売日: 2013/11/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

セイン氏の本は何冊も読んでいますが、この本もとても勉強になりました。
「単語帳」というと、受験や英会話の学習などに必要なものですが、この本は「ネイティブスピーカーなら知っている」単語が分野別に収められています。
英語を話す国・社会で暮らせば、遊んだり、テレビを見たり、学校生活を送ったりして自然に身につく単語が、大人になってから勉強すると、まったく知らないまま、ということがあります。
この本では、動植物、食べ物、ビジネス、家族などいくつかのジャンルについて「なるほど、そう言うんだ」という言葉がたくさん載っていて、ページを繰りながら読む本というよりは、ときどき手にとって勉強し、語彙を豊かにするのに役立つ本だと思いました。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「沿線格差」「不愉快なことには理由がある」「バカが多いのには理由がある」=購入した本(2017.02) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年2月分です。

▽購入した本
*「沿線格差 首都圏鉄道路線の知られざる通信簿」
首都圏鉄道研究会・編、SB新書



▽購入した本
*「不愉快なことには理由がある」
橘玲・著、集英社文庫

不愉快なことには理由がある

不愉快なことには理由がある

  • 作者: 橘 玲
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/23
  • メディア: 文庫


▽購入した本
*「バカが多いのには理由がある 」
橘玲・著、集英社文庫

バカが多いのには理由がある

バカが多いのには理由がある

  • 作者: 橘 玲
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/01/20
  • メディア: 文庫

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「漢字雑談」「漢字と日本語」「Cometh the Hour」=読み終わった本(2017.1) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年1月分です。
(英語の小説を読み始めたため、読んだ冊数としては少なくなっています。)

▼読み終わった本
*「漢字雑談」
高島俊男・著、講談社現代新書

漢字雑談

漢字雑談


講談社の「本」という雑誌の連載コラムをまとめたもの。
中国文学に造詣の深い筆者が、「漢字」という視点から日本語について考察しています。
日本と中国(中国と日本?)は漢字という「共通の文字」を使っているわけですが、いろいろと違いもあります。
そうした「違い」についての考察や、日本に英語が入ってきたころの「日本語・英語・中国語」の関係、日本の「識字率」など、興味深い話ばかりでした。
「西国立志伝」についても、書名しか知らなかったのですが詳しく紹介されていて参考になりました。

▼読み終わった本
*「漢字と日本語」
高島俊男・著、講談社現代新書

漢字と日本語

漢字と日本語

  • 作者: 高島 俊男
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/04/13
  • メディア: 新書

上の「漢字雑談」と同じ連載コラムをまとめた本。
この本でも、日本語における漢字の役割などについて、興味深い話がたくさん紹介されています。
「米欧回覧実記」という明治政府の主要人物たちがアメリカやヨーロッパの国々を視察して回った際の記録についての紹介も、大変参考になりました。
(別のエントリーに書いたように、この「米欧回覧実記」を購入しました。)

▼読み終わった本
*「Cometh the Hour (The Clifton Chronicles)」
Jeffrey Archer著、Pan Books

Cometh the Hour (The Clifton Chronicles)

Cometh the Hour (The Clifton Chronicles)

  • 作者: Jeffrey Archer
  • 出版社/メーカー: Pan Books
  • 発売日: 2016/08/11
  • メディア: ペーパーバック

イギリスの作家・政治家、ジェフリー・アーチャーの「クリフトン年代記」の第6部。
物語の始まりは20世紀の初めでしたが、この第6部では1970年代に入ってきました。
「主人公」であるクリフトン家・バリントン家の人々を中心に、章ごとに違う登場人物を中心に据えるというユニークな進め方でストーリーは続いていきます。
今回は東ドイツやインド、アメリカなどにも舞台を広げながら、波乱万丈・どきどきの展開が続きます。
次の第7部で完結するという話も聞きますが、果たしてどんな結末になるのか、刊行を待ちたいと思います。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「中東崩壊」「米欧回覧実記」=購入した本(2017.01) [読書]

「最近買った本」リスト(備忘録)、2017年1月分です。

▽購入した本
*「中東崩壊」
日本経済新聞出版社・編、日経プレミアシリーズ

中東崩壊

中東崩壊



▽購入した本
*「特命全権大使 米欧回覧実記(1)~(5)」
久米 邦武・著、岩波文庫

特命全権大使 米欧回覧実記(1)

特命全権大使 米欧回覧実記(1)

  • 作者: 久米 邦武
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1977/09/16
  • メディア: 文庫

特命全権大使米欧回覧実記 (2)

特命全権大使米欧回覧実記 (2)

  • 作者: 久米 邦武
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1978/10/16
  • メディア: 文庫

特命全権大使 米欧回覧実記 (3)

特命全権大使 米欧回覧実記 (3)

  • 作者: 久米 邦武
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1979/12/17
  • メディア: 文庫

特命全権大使 米欧回覧実記 (4)

特命全権大使 米欧回覧実記 (4)

  • 作者: 久米 邦武
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1980/08/16
  • メディア: 文庫

特命全権大使 米欧回覧実記 (5)

特命全権大使 米欧回覧実記 (5)

  • 作者: 久米 邦武
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1982/05/16
  • メディア: 文庫


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: