So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行・乗り物 ブログトップ
前の10件 | -

《旅の総括》大気汚染と日本人旅行者とスマホ決済の話【2017北京小旅行記(18)・終】 [旅行・乗り物]

「羽田行き日本航空B787で帰国の途【2017北京小旅行記(17)】」から続きます。

さて、3月の連休を利用して行った3泊4日の北京旅行の話。
時系列での旅行記は終わったので、最後に旅の総括です。
(以下の写真はすべて再掲です。)

北京に行ったのは6年ぶりでしたが、この6年で悪化したと言われる大気汚染は、やはり気になっていました。
日本出発にあたり、荷物にマスクも入れてありました。

こちらは、ホテルの窓から見た光景。
なんとなく霞んでいると言うか、すっきりしない感じの空気です。
IMG_5386風景.JPG

でも、実際、街を歩いてみると、別に息苦しいというほどではなく、マスクも一度も使いませんでした。
住んでいた20年前も、冬場は空気があまりきれいではないとは感じていました。
(以前も書いたかもしれませんが)当時、冬場に北京の空港に到着し、飛行機のドアが開いた瞬間、「石炭の匂い」がしたものです。
私が子どものころ、家の風呂は石炭で沸かしていたことがあるので、「石炭の匂い」は懐かしい感じがするんですが、20年前の北京の空気はまさにそんな感じでした。
今回の旅行では、「石炭の匂い」は感じなかったので、石炭からほかのエネルギー源(石油・天然ガスなど)への転換が進んでいるのかもしれません。

今回の旅行で感じたのは、「北京市内で日本人の姿をほとんど見ないな」ということ。
往復の日本航空便の機内は、日本人乗客がそれなりにいるんですが、見たところ観光旅行っぽい人は極めて少ない印象。
万里の長城や天安門広場、王府井などの観光地でも日本人の団体客は皆無でした。

こちらの写真は万里の長城(八達嶺)にて。
ほとんどが地方から来た中国人と思われます。
日本に「爆買い」に来る中国人があれだけいるんですから、国内旅行で北京を訪れる人はその何倍もいるんでしょうね。
IMG_2326長城.jpg
途中、西洋人(白人)の旅行者と思われる人たちはいましたが、長城観光の約2時間で、日本語が聞こえて来たのはたぶん一度だけでした。
政治・外交面での印象悪化や、大気汚染などにより、中国を訪問先に選ぶ人が減っているのだろうと思います。

そして、今回もう一つ印象に残ったのは、北京市内で見かけた多数のレンタサイクル(シェアサイクル)。
ここ数カ月で急増したのだそうです。
IMG_5446ブルー自転車.JPG
そのシェアサイクル普及に大きく貢献しているのは、スマホでの決済(料金支払い)の普及であり、使われているのはWeChat(微信)というメッセンジャーアプリだとのこと。
こうしたネットの使い方は、明らかに中国の方が大胆であり、日本より進んでいるようです。

中国発のアプリ決済がアジア、そして世界で普及すると、日本のシステムは結局ガラパゴス化して、スタンダードを握れないままになってしまうような気がして、とても気になりました。

(終わり)
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

羽田行き日本航空B787で帰国の途【2017北京小旅行記(17)】 [旅行・乗り物]

「最後の食事は王府井で飲茶【2017北京小旅行記(16)】」から続きます。

王府井からホテルに戻り、帰国のため北京首都空港に向かいます。
鉄道にしようかと思いましたが、やはりタクシーで。
往路と同じく最新で巨大なターミナル3です。
IMG_5485北京空港.JPG
IMG_2572北京空港.jpg

ちょっと早めに着いたのですが、買い物などしている間に搭乗時刻です。

写真はありませんが、日本航空羽田行きで、機材は往路同様ボーイング787。
エコノミークラスの座席配置は2-4-2で、家族4人なので、真ん中に並んで座ります。

往路は時刻表上の飛行時間が約4時間ですが、復路は約3時間半。
飛んでいる時間は実質3時間くらいで、食事したりうとうとしている間に到着。

羽田からはタクシーの定額料金を利用して帰宅します。
4人いるのでリムジンバスなどに乗るよりもこの方が早いし楽ですね。

(つづく)
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

最後の食事は王府井で飲茶【2017北京小旅行記(16)】 [旅行・乗り物]

「最終日は地下鉄で什刹海方面へ【2017北京小旅行記(15)】」から続きます。

什刹海界隈を散策したあと、タクシーで「北京の銀座」とも言われる王府井へ。
前日も行ったんですが、雨が降り出したので通り過ぎただけでした。

以前はもっと狭い道で、車も行き交っていたんですが、現在は大部分が歩行者天国になっています。
赤い帽子の人たちは同じグループの観光客ですね。
IMG_5474王府井.JPG

こちらは、「王府井」の場所を示す標識。
王府井とは、皇帝の一族のための飲料水を汲み上げた井戸のことだそうです。
IMG_2554王府井マンホール.jpg

こちらはショッピングモールの巨大ビル。
IMG_5471東安市場.JPG

そして、こちらは改革開放前からある老舗デパート「北京百貨大楼」です。
IMG_5473百貨大楼.JPG

王府井から西に入った路地には、このような土産物を扱うお店が立ち並んでいます。
IMG_5475土産物街.JPG
IMG_2563土産物街.jpg

もうすぐお昼なので、今回の旅行、最後の食事。
まだ飲茶(ヤムチャ)を食べてなかったので、いくつかあるショッピングモールの一つにある糖朝へ。
香港に本店がある甘味(スイーツ)や飲茶・広東料理のお店です。
東京にも支店があります。
IMG_2564ショッピングモール.jpg
IMG_5476糖朝.JPG
IMG_5477糖朝.JPG
軽めに何品かいただいて帰路に就きます。

こちらは王府井の南に入り口にある北京飯店。
北京を代表する老舗ホテルです。
改革開放前は、ソ連など共産圏諸国を除く外国人は、このホテルに住んで、事務所もこのホテルの中に構えるのが普通でした。
IMG_5478北京飯店.JPG

地下鉄1号線で東方向へ。
IMG_5479地下鉄王府井.JPG
IMG_5480地下鉄1号線.JPG

国貿駅で10号線に乗り換え、亮馬橋で下車します。
IMG_5483国貿.JPG
IMG_5484亮馬橋.JPG

(つづく)
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

最終日は地下鉄で什刹海方面へ【2017北京小旅行記(15)】 [旅行・乗り物]

「天安門広場と紫禁城と秀水市場【2017北京小旅行記(14)】」から続きます。

今回の旅行は3泊4日なので、早くも最終日。
午後の便で日本に戻ります。

朝食はホテルに近い「BAKER & SPICE」というおしゃれなカフェへ。
周囲は大使館や外交官用の住宅、ホテルやオフィスビルが立ち並んでいるので、お客さんも外国人が多いようです。
IMG_5455BAKER&SPICE.JPG
IMG_2523朝食.jpg
IMG_5454朝食.JPG

ホットオープンサンドが50~60元(日本円で約800~960円)と結構なお値段。
味はまあまあです。
IMG_2526朝食.jpg
IMG_2524ラテ.jpg

連れの1人が食べ足りなかったのか、近くの屋台で追加の買い食い。
クレープとお好み焼きを合わせたような食べ物で、北京の地元の人たちの定番の朝食らしい。
スパイシーなソースがかかっています。
値段はたしか5元(約80円)か10元(約160円)…。
IMG_5456屋台.JPG


ホテルに戻ってチェックアウト。
荷物をベルキャプテンに預けて出かけます。

今回はホテルすぐ近くの亮馬橋駅から10号線に乗車。
IMG_5459亮馬橋.JPG
IMG_5460地下鉄ホーム.JPG
IMG_5462車内.JPG

呼家楼駅で6号線に乗り換えます。
IMG_5463呼家楼.JPG
IMG_5465乗換6号線.JPG
IMG_5466駅コンコース.JPG


北海北駅で下車。
このあたりはいくつかの湖(池)があり、前海・後海を合わせたエリアは什刹海(Shichahai)という北京市民の憩いの場となっています。
こんな中華風のスターバックスがあります。
IMG_2534スタバ.jpg

近くは「胡同」(フートン)と呼ばれる北京の昔ながらの住宅街が広がっています。
自転車タクシーでこの胡同をめぐるツアーが観光客に人気。
たくさんの自転車が客待ちしています。
IMG_2549胡同.jpg
IMG_5470胡同巡り.JPG

(つづく)
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天安門広場と紫禁城と秀水市場【2017北京小旅行記(14)】 [旅行・乗り物]

「地下鉄乗り継ぎ目的地へ【2017北京小旅行記(13)】」から続きます。

地下鉄2号線から1号線に乗り換えて向かったのは、北京の中心、というか中国の中心である天安門広場です。
駅からエスカレーターで地上へ。
IMG_5406エスカレーター.JPG

写真は撮ってませんが、セキュリティーチェックがあります。
結構行列してますが、行列はそれなりに前に進んで、広場に入ります。
IMG_5407天安門.JPG

立ち入りが面倒なので、来ている人はほとんど観光客ですね。
それも中国人(地方から出て来た人たち)だと思われます。
広場の西側には、人民大会堂があります。
年に1回、全国人民代表大会(全人代)という会議が開かれるほか、海外の賓客をもてなす場でもあります。
IMG_2488天安門広場.jpg
IMG_5418人民大会堂.JPG

天安門の真ん中に掲げられている毛沢東主席の肖像画をアップで撮影してみました。
IMG_5421毛沢東.JPG

天安門から故宮(紫禁城)の中に入ります。
途中までは入れるんですが、故宮の中心部に入るのは人数制限があるそうで、すでに締め切られていて、残念ながら入場は断念。
IMG_5426紫禁城.JPG

故宮の東側に出て、王府井方面へ歩きますが、雨が降って来たので、早めに昼食にします。
どこにしようか困ったんですが、タクシーで港澳中心(香港・マカオセンター)へ。
ここのあるホテルの中に、住んでいたころはよく利用していた広東料理店があったんですが、行って見たら高級そうなお店に変わっていました。
IMG_2502店内.jpg

お昼なので軽めに済ませます。
写真は酸辣湯(スアンラータン)と青菜炒め。
IMG_2493酸辣湯.jpg
IMG_2496野菜炒め.jpg

昼食後、もう少し時間があったので「秀水市場」へ。
かつては、いわゆる『自由市場』で屋台から発展したような粗末な店が並んでいたのですが、2008年の北京オリンピックの前にビル化されました。
ニセ物だらけだったんですが、現在は「そうでもない店」もあるそうです。
IMG_2507秀水.jpg

ビル内には「100円ショップもどき」の「メイソウ」があります。
IMG_2506メイソウ.jpg

秀水を見終わって、タクシーでホテルへ戻ります。
初日分のエントリーで紹介した三環路沿いのビル建設現場。
なにやら高い電波塔も建設中のようです。
左端に見える不思議な形の建物は中国中央電視台(CCTV)のビルです。
IMG_2509建設中.jpg

ホテルに戻ったあとは、夕方から知人と食事しました。
写真はありませんが、3日間で2回目の北京ダックなど、おいしくいただきました。

(つづく)
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

地下鉄乗り継ぎ目的地へ【2017北京小旅行記(13)】 [旅行・乗り物]

「懐かしの外交官アパートには入れず【2017北京小旅行記(12)】」から続きます。

ホテルから2.5km以上歩いてきましたが、東直門駅から地下鉄に乗ります。
この駅は空港に向かう「機場線」(「機場」は空港の意)の出発駅でもありますが、乗るのは2号線です。
券売機でチケットを購入。
以前は、窓口の係員から紙の切符を買ってましたが、さすがに機械化されてます。
(「服務中」は「サービス中」つまり「動いています」ということですね。)
均一料金ではなく距離制なので、券売機での購入の際は行き先の駅を指定して購入する必要があります。
IMG_5390地下鉄券売機.JPG

切符は紙ではなく、こんなカード式。
これは1回券で、降車駅で回収されます。
IMG_5391乗車券.JPG

改装されているからでしょうか、ホームはそんなに古く感じません。
IMG_5392地下鉄ホーム.JPG

2号線は1号線とともに、昔からある路線です。
1990年代に住んでいたころは、地下鉄にはごくたまにしか乗りませんでしたが、当時は2路線しかありませんでした。
天安門広場の前、目抜き通りの長安街の下を東西に走る1号線と、二環路の下を走る環状線の2号線の2本です。
IMG_5393路線図.JPG
IMG_5394東直門駅名標.JPG

ホームドアはテツ(撮りテツ・車両テツ)にとってちょっと困りものですが、安全のためには仕方ないですね。
IMG_5395列車.JPG

車内はほどほどの混雑。
平日の午前中(ラッシュの時間を過ぎたくらい)です。
IMG_5396地下鉄車内.JPG

現在の路線網はこんな感じ。
住んでいたころは上記の通り2路線だけだったので、東京でいうと山手線と中央・総武線各駅停車しかないような感じでした。
IMG_5399路線図.JPG
IMG_5400路線図.JPG

乗り換えする建国門駅に到着。
今度は1号線に乗ります。
IMG_5401建国門到着.JPG
IMG_5402建国門列車.JPG
IMG_5403建国門駅名標.JPG

(つづく)
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

懐かしの外交官アパートには入れず【2017北京小旅行記(12)】 [旅行・乗り物]

「マクドナルドのパイナポーパイと激辛火鍋【2017北京小旅行記(11)】」から続きます。

北京旅行3日目。
丸1日いるのは最後です。

朝食はホテルのレストラン(ビュッフェ)で。
IMG_5385朝食.JPG

ホテルの部屋の窓からの風景。
相変わらず霞んでます。
(大気汚染の話へ別エントリーで書く予定です。)
IMG_5386風景.JPG

ホテルからぶらぶら歩きを開始。
1kmちょっとのところに、駐在時代に住んでいたアパートがあります。
この川(亮馬河)の左のベージュ色の壁の建物です。
右に見える「漁陽飯店」というホテルは、赴任直後など何度か泊まりました。
IMG_2460亮馬河.jpg
IMG_5387外交公寓.JPG

アパートの名称は「塔園外交公寓」と言います。
「塔園」は固有名詞(名前)で「公寓」は「アパート」の意。
「外交公寓」とは「外交(官用)アパート」ということです。
私は外交官ではなくメディアで働く身(記者)だったわけですが、当時は外交官と同様、記者も外交官アパートに住むよう指定されていました。
要するに、外交官も記者もスパイ扱いされているわけですね。
IMG_2465塔園外交公寓.jpg

このあたりのどこかの部屋に住んでました。
その後、このような指定はなくなったので、住む場所は自由に選べるそうですが、オフィス(支局)は依然として外交公寓(ただし別の場所)にあります。
IMG_2466外交公寓.jpg
当時は、パスポートを見せて外国人であることが示せば、敷地内に入れてもらえたのですが、今回、中に入ろうとしたところ、訪問先を告げ、名前やパスポート番号を申告する必要があるとのこと。
面倒なので諦めます。

そこからさらに1kmあまり歩いて、二環路(第二環状道路)の東直門方面へ向かいます。
途中、レンタサイクルに乗った人を撮影。
(どう見ても観光客ではなく北京在住の人だと思います。)
IMG_2469レンタサイクル.jpg

そしてレンタサイクルを運んでいるところに遭遇。
システムは最先端ですが、運び方は昔ながらです。
(利用状況はGPSで管理されているそうなので、どこからどう運ぶかはシステム化されているのでしょう。)
時間帯によって、みんなが利用する場所や方向が偏るでしょうから、こうやって運んでいるんですね。
IMG_2467レンタサイクル運搬.jpg

こちらは東直門交差点東側の道路。
ビルが増えました。
IMG_5388東直門付近交差点.JPG

交差点近くのビルの前にある献血を呼びかける看板とドラえもん(?)。
これはさすがに「もどき」じゃないと思いますが、果たして…。
IMG_5389献血ドラえもん.JPG

(つづく)
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

マクドナルドのパイナポーパイと激辛火鍋【2017北京小旅行記(11)】 [旅行・乗り物]

「前門大街から横丁を散策する【2017北京小旅行記(10)】」から続きます。

天安門広場南側の前門大街付近を散策したあとは、タクシーでいったんケンピンスキー・ホテルに戻ります。

一息入れたあと、みんなでホテル付近の散策に出かけます。
ホテル付近は近代的なビルや各国の大使館が立ち並んでいますが、5分ほど歩くと北京らしい住宅地。
街頭で中国将棋をやっているようです。
IMG_2431街頭将棋.jpg

こちらはマクドナルド
現在、中国国内に2,200店舗ほどあるそうで、北京市内でもあちこちで見かけます。
(KFC=ケンタッキー・フライドチキンの方が多いそうですが…。)
IMG_2433マクドナルド.jpg

次の予定までちょっと時間があるのでお茶します。
IMG_2435マクドナルド.jpg
IMG_2434タッチパネル.jpg

パイナポーパイをシェア。
パイナップルは北京語では「菠蘿」(ポールオ)と言います。
「派」の発音は「パイ」!
IMG_2436飲み物+パイ.jpg
IMG_2438シート.jpg

「次の予定」とはマッサージでした。
こちらは日本人にも人気のマッサージ屋さんで、前回の北京旅行でも来ました。
家族4人で一緒に受けます。
IMG_5376マッサージ.JPG

マッサージの後は夕食へ。
前日は北京ダックでしたが、今夜は火鍋。

近くのレストラン街にあるこちらに入ります。
「山城辣妹子」という名前ですが、「辣妹子」は英語で「SPICE GIRLS」(スパイス・ガールズ)というみたいです。(笑)
IMG_5383山城辣妹子.JPG
IMG_5379山城辣妹子.JPG

まずはビール
「雪花ビール」は中国で最も生産量が多いブランドだそうです。
IMG_5378雪花ビール.JPG

そして火鍋がこちら。
店名に「辣」(からい)という文字が入っているように、辛さがウリのようです。
鍋の内部が2つに分かれていて、辛くないスープ(白い方)と辛いスープ(赤い方)が入っています。
「赤」というより「どす黒い」気もしますが…。
IMG_5381火鍋.JPG
IMG_5382肉.JPG
IMG_2449火鍋.jpg

「白2:赤1」くらいの割合で食べましたが、タオルハンカチがぐっしょり重くなるくらい汗をかきました。

(つづく)
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

前門大街から横丁を散策する【2017北京小旅行記(10)】 [旅行・乗り物]

「前門の老舗『都一処』でシュウマイを食す【2017北京小旅行記(09)】」から続きます。

北京の中心、前門にあるシュウマイの老舗「都一処」でお昼をいただいたあとは、前門大街(大通り)付近を散策します。
IMG_5372前門大街.JPG


まずは、都一処の隣にあるお茶屋さん「呉裕泰」でソフトクリームを購入。
名物だということでかなりの長い行列です。
IMG_2421呉裕泰.jpg
IMG_2419呉裕泰.jpg

前述のように前門大街はかなり再開発が進んでいます。
(ちょっとテーマパークの作り物の街みたいです。)
マクドナルドはこんな感じ。
IMG_2423マクドナルド.jpg

大通りと交わる横丁も整備が進んでいます。
IMG_2416路地.jpg
IMG_2424横丁.jpg
IMG_5375横丁.JPG

「雪梨湯」という飲み物を売ってます。
梨や白キクラゲ、棗(なつめ)、クコ、氷砂糖が入っているということで、体にいい「薬湯」の一種みたいです。
IMG_2417雪梨湯.jpg

前門を離れ、西の琉璃廠方面に歩きます。
観光客の来ないエリアでは、昔の街並みが残っています。
「胡同」(フートン)と呼ばれる狭い路地入り組んでいます。
IMG_2429胡同.jpg

途中にこんな看板が。
お店はやってませんが、ベルギービールなどが売り物らしく、ヨーロッパ人が経営しているようです。
IMG_2426ベルギービール.jpg

(つづく)
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

前門の老舗『都一処』でシュウマイを食す【2017北京小旅行記(09)】 [旅行・乗り物]

「『鳥の巣』と不思議な形のIBMビル【2017北京小旅行記(08)】」から続きます。

万里の長城とオリンピックスタジアム「鳥の巣」を訪れたところで、時間はお昼過ぎ。
車は午前8時から6時間チャーターしてあって、「万里の長城(八達嶺)および北京市内」であれば好きなところに行っていいことになっています。

いろいろ考えましたが、北京の真ん中、天安門広場の南の端から伸びる前門大街に行くことにします。

こちらが前門大街。
6年前にも来ましたが、観光客向けに街並みの整備・再開発が行われています。
IMG_2400前門.jpg
IMG_2401前門.jpg
IMG_5358前門工事中.JPG
なんだかテーマパークの中の作り物の街のような感じがしますね。

さて、お昼ご飯ですが、有名なシュウマイのお店に入ります。
「都一処」という老舗です。
なんでも、清の乾隆帝時代の1738年創業だそうです。
IMG_5367都一処.JPG

「都一処」という店名は乾隆帝が命名したそうで、お店に肖像が掲げられています。
IMG_5365皇帝.JPG

万里の長城を登り降りして喉が渇いているので、とりあえずのビール。
燕京ビールという北京の銘柄。
(「燕京」は北京の別名です。)
IMG_5360燕京ビール.JPG

ビールのお供は揚げ肉団子とブロッコリー。
どちらも美味しいんですが、特に肉団子が絶品です。
IMG_5362肉団子&ブロッコリ.JPG

そして、名物のシュウマイ。
こちらも期待を裏切らない味です。
IMG_5363シュウマイ.JPG

(つづく)
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行・乗り物 ブログトップ