So-net無料ブログ作成
旅行・乗り物 ブログトップ
前の10件 | -

『冬ソナ』ロケ地と北村と伝統茶房【2018新春ソウル食い倒れ旅(03)】 [旅行・乗り物]

「南大門市場とサムギョプサルとプルコギ【2018新春ソウル食い倒れ旅(02)】」から続きます。

新春ソウル食い倒れ旅2日目。
朝ごはんは、ホテルから徒歩30秒のコンビニで購入したものを、ホテルの部屋でいただきます。
巻き寿司(キムパプ)やホットサンド(トースト)など、日本のコンビニにはなさそうなもの中心。
(ごめんなさい、写真はありません。)

そのあと、まず出かけたのは三清洞(サムチョンドン)と隣接する北村(プクチョン)という、韓国らしい町並みの地域。
歩けなくはない距離ですが、寒いのでホテルから模範(モボン)タクシーで行きます。
5200ウォンでした。
(ウォンは日本円の約10分の1なので、最後のゼロを取ればほぼ換算OKです。)

運転手に「三清洞」と伝えて到着した場所の近くには、ドラマ「冬のソナタ」のロケ地だったという中央高校があります。
IMG_6577中央高校.jpg
家人は興味津々ですが、娘夫婦は興味なさそうです。

そして、「北村」(プクチョン)というエリアはこんな感じ。
観光客の集団にたくさん会いました。
IMG_6579北村.jpg
IMG_6580北村.jpg

途中見つけた伝統茶房「チャマシヌントゥル」
「お茶を飲む庭」という意味だそうで、中庭のある伝統家屋がカフェ(茶房)になっています。
IMG_6583茶房.jpg

緑茶やゆず茶、五味子(オミジャ)茶、それにおしるこや韓国菓子をいただきます。
IMG_5007お茶&おしるこ.jpg

(つづく)
nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

南大門市場とサムギョプサルとプルコギ【2018新春ソウル食い倒れ旅(02)】 [旅行・乗り物]

「仁川経由で到着し早速サムゲタン【2018新春ソウル食い倒れ旅(01)】」から続きます。

韓国・ソウルに到着後、早速参鶏湯(サムゲタン)をいただいたあとは、ホテルにチェックイン。
泊まったのはイビス・アンバサダー・ソウル明洞です。
IMG_4992ホテルツリー.jpg
イビスはフランス系の中級クラスのチェーン。
オーストリアのリンツとウィーンでも利用しました。

早起きだったので一休みしたあと、市内に出かけます。
まずは、徒歩圏内にある南大門(ナムデムン)市場へ。
衣料品や雑貨、食料品などを売っていて、日本人観光客相手のお店もたくさんあります。
お店を冷やかしつつ、人気のパン屋さんでドーナツなどを買って歩きます。
IMG_6574南大門市場.jpg

夕食の時間になったので、明洞(ミョンドン)に戻り、焼肉屋さんへ。
サムギョプサル(豚の三枚肉)とプルコギ(味付け牛肉)をいただきます。

こちらが、焼く前のお肉。
IMG_6575サムギョプサル.jpg

日本だと、平らな鉄板を傾けてコンロで加熱し、肉から出る脂分を傾斜で下に落とす焼き方が多いようですが、このお店では丸い真ん中が盛り上がった鉄板です。
両面を焼いたら、ハサミで一口大に切って、切った面も焼いてから食べます。
IMG_5920サムギョプサル.JPG
大変美味でございました。
(すみません、プルコギの写真は撮り忘れました。)

(つづく)
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

仁川経由で到着し早速サムゲタン【2018新春ソウル食い倒れ旅(01)】 [旅行・乗り物]

先週末の連休を利用して、韓国・ソウルに旅行してきました。
いろんな「韓国の美味しいもの」を食べまくり、合間に観光する、という感じの『食い倒れ旅』でした。
今回は、去年3月の北京行きと同様、家人と娘夫婦と一緒で4人の旅です。

去年9月のヨーロッパ旅行記が年末に終わったばかりですが、旅行記をアップして行きます。

行きは成田空港から。
IMG_6561成田賀正.jpg

飛行機は韓国・アシアナ航空の午前便、エアバスA321です。
IMG_6562エアバスA321.jpg
IMG_6568エアバス機内.jpg

近いので2時間40分ほどで仁川国際空港に到着。
IMG_6569仁川空港.jpg

ソウル市内へは空港バスで移動します。
3列シートのゆったりした座席です。
IMG_6570空港バス.jpg

繁華街・明洞(ミョンドン)のホテルを予約してあります。
まだチェックインできないので、荷物を預かってもらって、昼食へ。

明洞にある「百済参鶏湯」へ。
参鶏湯(サムゲタン)は、鶏のなかにもち米や高麗人参などを入れて、調理したもの。
滋養強壮にいい料理だとされています。
IMG_6571参鶏湯.jpg

スープが煮立っているので分かりにくいですが、鶏が丸ごと1羽入っています。
上にかかっている細いものは乾燥した高麗人参だそうです。
元気になりそうな気がしますね。
IMG_6572参鶏湯.jpg

(つづく)
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

《旅の総括》盛りだくさんの旅でしたがトラブルも【2017夏・中欧4カ国旅行記(52)・終】 [旅行・乗り物]

「ポーランド航空B787で帰国【2017夏・中欧4カ国旅行記(51)】」から続きます。

今年9月に行った夏休みの旅行。

ワルシャワ(乗り換えのみ)→ブダペスト→ブラティスラヴァ(宿泊せず)→リンツ→ザルツブルク→ウィーン→ワルシャワという経路で移動しました。
国でいうと、ポーランド、ハンガリー、スロヴァキア、オーストリアの4カ国を訪れたことになります。(以下の写真はすべて再掲)

【ハンガリー・ブダペスト】
IMG_5623国会議事堂.JPG

【スロヴァキア・ブラティスラヴァ】
IMG_5852お城.JPG

【オーストリア・リンツ】
IMG_5917リンツ広場.JPG

【ザルツブルク】
IMG_6152ホーエンザルツブルク城.JPG

【ウィーン】
IMG_6333シュテファン大聖堂.JPG

【ワルシャワ】
IMG_6529旧市街広場.JPG

まず4月ごろに「往路=成田→ワルシャワ→ブダペスト」「復路=ウィーン→ワルシャワ→成田」という航空便を押さえました。
その時点では、目的地はブダペストとウィーンだけで、陸路移動の途中にブラティスラヴァにも立ち寄ろう(場合によっては宿泊しよう)と思っていました。
その後、家人とも話し合って、「ザルツブルクにも行こう」ということになり、ブダペストからザルツブルクへの移動途中、どこに泊まる必要があるため、ブルックナーの故郷、リンツを選択したという次第です。

航空券以外、ホテルや高速バスなど、可能なものはすべてネットで予約しました。
予約不要な鉄道はその場で乗車券を買い、ザルツカンマーグートのツアーなどは現地で申し込みましたが…。

当初は、「ハイリゲンシュタットのベートーベンの散歩道に行こう」とは思っていたものの、その他の音楽家ゆかりの地については、特に計画に入れていませんでした。
結果的にリスト(ブダペスト)、バルトーク(同)、ブルックナー(リンツ)、モーツァルト(ザルツブルク)、ベートーヴェン(ウィーン)、マーラー(同)、ショパン(ワルシャワ)という数多くの音楽家の「家」や「お墓」を訪れることになったんですが…。

旅行したのは9月前半。
音楽会シーズンが始まるか始まらないかの時期で、ウィーンのフォルクスオパー以外、コンサートやオペラに行けなかったのは残念でした。

そして、今回の旅行では、初体験のトラブルがありました。
ブダペスト到着時に、成田空港で預け入れた荷物が出て来ませんでした。
ワルシャワでの乗り継ぎ時間がわずか40分ということで、予約時から若干の不安があったのですが、「案の定」という感じ。
これまで200回以上国際線の飛行機に乗ってますが、ロストバゲージは初めてでした。

以前、中東の国でカバンの鍵が壊され、中身を勝手にチェックされたことはありましたが、荷物自体が『紛失』したのは初めてでした。

「ロストバゲージ」と言っても、私の分は翌日ホテルに届けられましたし、家人のバッグも翌々日には届いたので、ブダペストで衣類や洗顔料を買った程度で被害はわずかでしたが…。(費用は補償されました。)
【ホテルに届けられた荷物】
IMG_5690届いた荷物.JPG

この紛失について、ポーランド航空からはずっと謝罪がありません。
帰りの便に乗る際、ワルシャワ空港の搭乗口で「プレミアム・エコノミーのアップグレードを有料で受け付けてます」というアナウンスがあったので、「紛失のお詫びに無料でアップグレードくらいしてもいいじゃないか」と思ったんですが…。

その帰りの便については、iPadを使ってウェブチェックインしようとしたんですが、ウェブサイトが不調で、チェックインはできるものの座席の指定や変更が何度やっても『エラー』に。
ワルシャワ空港のカウンターで荷物を預ける際にも座席の変更を依頼したんですが、すげなく断られました。
ところが、搭乗口で言ったら簡単に席を移ることができて、結果的に3人がけのところに家人と私の2人しかいなかったので、少し楽でした。
(プレミアムエコノミーに移った人がいたので、座席に余裕ができたんでしょうね。)

その搭乗口の係員に「ロストバゲージになったんだから、アップグレードくらいしてはどうか」と掛け合ったんですが、「苦情はポーランド航空のウェブサイト経由で申し出よ」の一点張りでした。
そのウェブサイト、一応日本語版もあるんですが、苦情のページに行くと英語かポーランド語に。
そして、一部のプルダウンメニューはポーランド語しかないという、使えない仕様でした。
(まあ、日本に就航して1年ちょっとなので、しょうがないんでしょうけど…。)
英語で苦情を言ったらしばらくして、ようやくお詫びの返信がありましたが、ちょっと遅いですよね。

でも、ポーランドという国は決して嫌いじゃない(私の楽器はポーランド製らしいですし)ので、乗り継ぎのためとはいえ、ワルシャワに半日滞在できたのはちょっとしたボーナスでした。
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ポーランド航空B787で帰国【2017夏・中欧4カ国旅行記(51)】 [旅行・乗り物]

「世界遺産のワルシャワ旧市街とポーランド風ギョーザ【2017夏・中欧4カ国旅行記(50)】」から続きます。

いよいよ旅行も終わり。
乗り換えのため半日だけ滞在したワルシャワを離れます。
往路と同じように鉄道で空港に戻るつもりだったのですが、近くのバス停から空港行きのバスが出ているのに気づき、急きょ変更します。
IMG_6542連節バス.JPG
IMG_6543空港行き.JPG

高速を通るいわゆるリムジンバスではなく、普通の路線バスです。
IMG_6544運転席.JPG

ずっと一般道を走って、30〜40分で到着したんですが、途中検札があって、若い女性が摘発されてました。

2年前のヘルシンキでの教訓から、早めに空港に戻り、ホテルで荷物を受け取ってから、チェックインカウンターで預けます。
(チェックインはインターネットで済ませてあります。)
IMG_6545成田行き.JPG

機材は往路と同じくボーイング787。
IMG_6546ボーイング787.JPG
IMG_6547機首.JPG

近くにエンブラエル機が止まってます。
IMG_6549エンブラエル170.JPG

飲み物はビールを選択。
最後のポーランドビールです。
「旅行の最後」ですが、今後ポーランドに旅行することがなければ、「生涯最後」になるかもしれません。
IMG_6551機内ビール.JPG

1回目の機内食。
記憶が遠のいてますが、たぶん鶏肉のそぼろあんかけ+ご飯。
IMG_6552機内食.JPG

IMG_6553機窓.JPG

2回目の機内食は成田到着の割と直前に提供。
焼うどんですね。
IMG_6555機内食.JPG

ワルシャワから約11時間で成田到着。
IMG_6556機窓.JPG

お疲れさまでした。
IMG_6557成田着.JPG

このあと、旅の総括をアップ予定です。

(つづく)
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

世界遺産のワルシャワ旧市街とポーランド風ギョーザ【2017夏・中欧4カ国旅行記(50)】 [旅行・乗り物]

「郊外鉄道と地下鉄と路面電車でワルシャワ市内へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(49)】」から続きます。

ワルシャワに前日夜に到着して空港そばのホテルに宿泊。
翌朝、電車で旧市街にやって来ました。

こちらはワルシャワ旧市街・歴史地区のシンボルの一つ、旧王宮です。
IMG_6532王宮前広場.JPG
IMG_6528旧王宮.JPG

そして、旧市街広場。
2年前も書きましたが、この周辺の建物は、第二次大戦中、ポーランドを占領・支配していたナチスドイツにより、徹底的に破壊されました。
第二次大戦後、がれきを拾い集め、残されていた写真や設計図を元に、できるだけ忠実に元の姿を再建したのだそうです。
建物そのものの歴史ではなく、その再建にかけたワルシャワ市民の熱意により、この旧市街は世界遺産に登録されています。
IMG_6529旧市街広場.JPG

こちらの破壊された市街地の写真は、広場のところにある案内板にあります。
IMG_6531写真.JPG

広場にはテントがあって、ビールが飲めるようです。
(この日は日曜日です。)
IMG_6530テント.JPG

市街地から少し歩くと、ショパンの心臓が眠る聖十字架教会があります。
(工事中のようです。)
IMG_6535十字架教会.JPG

こちらはショパンが暮らした家。
IMG_6536ショパンの家.JPG

こちらのカフェは、現在はチェーン店になっていますが、ショパンや仲間たちがよく集まっていたそうです。
IMG_6537カフェ.JPG
IMG_6533カプチーノ.JPG

前回宿泊した名門ホテル、ブリストル。
IMG_6534ホテルブリストル.JPG

何か催し物があるようで、付近の道路が通行止めになっていたり、こんなバルーンを売っていたり…。
IMG_6541バルーン.JPG

午後の飛行機に乗るので、早めにお昼を済ませます。
ポーランドのギョーザ、ピエロギ屋さんにはいります。
2年前にも食事したお店です。
IMG_6540ギョーザ屋.JPG

ポーランドの代表的銘柄の一つ、ティシュキエのビール。
旅行最終日なので、昼ビールもこれが最後…。
IMG_6538ビール.JPG

揚げギョーザをいただきます。
(よく覚えてませんが)バター・ニンニク味だったでしょうか。
(醤油を持ち歩いていたので使ったかも…。)
IMG_6539ギョーザ.JPG

(つづく)
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

郊外鉄道と地下鉄と路面電車でワルシャワ市内へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(49)】 [旅行・乗り物]

「最後のオーストリアビールとブラジル製旅客機【2017夏・中欧4カ国旅行記(48)】」から続きます。


ウィーンからポーランドの首都、ワルシャワに到着。
空港隣接のマリオット・コートヤードに泊まりました。

ホテルから見た空港ターミナル。
(青みがかっているのは窓ガラスを通しているためです。)
IMG_6507空港ターミナル.JPG
IMG_6508ワルシャワ・ショパン空港.JPG
IMG_6510飛行機.JPG

ホテルの駐車場を見ると、セダンタイプの車は少ないですね。
IMG_6511ホテル駐車場.JPG

マリオット・コートヤードに荷物を預けて出かけます。
IMG_6509マリオット.JPG

成田行きの便は午後で、お昼ごろまで時間が空いているので、ワルシャワ市内に出かけることにします。
空港地下から郊外鉄道に乗車。
(「郊外鉄道」の定義はよく分かってませんが…。)
IMG_6512鉄道バス.JPG

結構新しそうな車両です。
IMG_6513列車.JPG

ワルシャワ・ショパン空港駅の駅名標。
IMG_6514ワルシャワ・ショパン空港.JPG

乗客は少なめです。
IMG_6515車内.JPG

20分ほどでワルシャワ中央駅に到着。
ホームは地下にあります。
2年前にポーランドを周遊旅行したので、この中央駅は何度も利用しました。
こんなに早く、また来るとは思ってませんでした。
IMG_6516市内行き列車.JPG
IMG_6517ホーム.JPG

地上に出ると、共産主義時代の象徴、文化科学宮殿がそびえ立っています。
IMG_6518文化宮殿.JPG

あまり時間がないので、市内でどこを見に行こうか迷ったんですが、結局旧市街に行くことに。
まずは中央駅のところにある駅から地下鉄に乗車。
いくつかのタイプの車両が走っているようです。
IMG_6519地下鉄.JPG
IMG_6520地下鉄.JPG
IMG_6521車内.JPG
IMG_6523ホーム.JPG
IMG_6522駅名標.JPG

2駅か3駅で下車し、地上に出て今度は路面電車に乗ります。
こちらも結構新しい車両。
IMG_6524トラム.JPG
IMG_6525トラム.JPG
IMG_6526トラム車内.JPG

旧市街の電停で下車します。
IMG_6527旧市街電停.JPG

(つづく)
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

最後のオーストリアビールとブラジル製旅客機【2017夏・中欧4カ国旅行記(48)】 [旅行・乗り物]

「クリムトの『ベートーヴェンフリース』見て空港へ向かう【2017夏・中欧4カ国旅行記(47)】」から続きます。

ウィーン空港に着いたのは午後6時前。
チェックインしてラウンジで出発を待ちます。
ビールと軽食で晩ご飯にします。
お昼はホイリゲでたくさん食べたので、こんな感じで十分です。
img_6492Bier.jpg

もう1本違う銘柄。(๑¯◡¯๑)
IMG_6494ビール.JPG

行き先は、往路にも乗り換えたワルシャワです
(ドイツ語ではこう書きます。)
IMG_6495ワルシャワ行き.JPG

飛行機まではバス移動(沖留め)。
IMG_6496ゲート番号.JPG

ブラジルのエンブラエル製の機材です。
IMG_6499LOT.JPG
IMG_6500LOT.JPG
IMG_6501エンブラエル.JPG

機内はこんな感じ。
IMG_6502機内.JPG

1時間ほどのフライトですが、飲物のサービスがあります。
IMG_6503コーヒー+お菓子.JPG

ワルシャワ空港に到着。
成田行きの便は翌日なので、ここで宿泊です。
売店でミネラルウォーターなどを買って、ターミナルの目の前にあるホテルにチェックインします。
IMG_6506マリオット.JPG

(つづく)
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

クリムトの『ベートーヴェンフリース』見て空港へ向かう【2017夏・中欧4カ国旅行記(47)】 [旅行・乗り物]

「ホイリゲ・ランチと再びの『ベートーヴェンの散歩道』【2017夏・中欧4カ国旅行記(46)】」から続きます。

ホイリゲ(ワイン酒場)で昼食をすませ、ベートーヴェンの散歩道を訪れたあとは、そろそろ帰路に就く時間。
近くの「ベートーヴェン通り」電停からトラムに乗ります。
IMG_6474電停.JPG
IMG_6476電停.JPG

このトラムは「中央駅行き」。
つまりホテルまで1本で帰れます。
IMG_6477トラム.JPG

でも、乗っている途中で「もうちょっとだけ時間がある」ということに気づき、途中下車します。
降りたのはリング(環状道路)の国立歌劇場(シュターツオパー)近く。

こちらは有名なお店「カフェ・ムゼウム」です。
前回ウィーンを訪れた際、オペラを見たあとお茶しました。
IMG_6478カフェムゼウム.JPG

そして、途中下車の目的地はこちら。
「セセッシオン」(分離派会館)という美術館です。
IMG_6479セセッション.JPG
「分離派」(ウィーン分離派)とは、19世紀末にウィーンの保守的な美術家団体から脱退・分離したグループの名称で、クリムトらが属していました。
この「セセッシオン」はその分離派の作品などが展示されています。

こちらは、そのクリムトの「ベートーヴェンフリース」という壁画。
ベートーヴェンの交響曲第9番(「第九」)を題材に描かれました。
地下の部屋に展示されていて、撮影可(フラッシュは不可)でした。
IMG_6480ベートーヴェンフリース.JPG
IMG_6481ベートーヴェンフリース.JPG

セセッシオンから中央駅までは地下鉄ですぐ。
カールスプラッツ駅への通路に、フランスの作曲家、サンサーンスの銘板がありました。
IMG_6483サン=サーンス.JPG

ホテルに預けていた荷物を受け取り、中央駅から鉄道でウィーン国際空港に向かいます。
IMG_6484空港行き列車時刻.JPG
IMG_6485ウィーン行き.JPG

オーストリア西部から来た特急列車(レールジェット)がそのまま空港まで直通します。
IMG_6487列車内.JPG

空港までは15分ほどです。(列車によります。)
IMG_6490ウィーン空港駅.JPG
IMG_6491列車.JPG

(つづく)
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ホイリゲ・ランチと再びの『ベートーヴェンの散歩道』【2017夏・中欧4カ国旅行記(46)】 [旅行・乗り物]

「作曲家マーラーと妻アルマのお墓は”微妙な距離”(?)【2017夏・中欧4カ国旅行記(45)】」から続きます。

ウィーン北西、グリンツィングにあるマーラーと妻アルマのお墓にお参りしたあとは、ランチの時間です。
このグリンツィング地区には、ハイリゲンシュタット地区と同様、ホイリゲ(ワイン酒場)がたくさんあります。

2〜3軒回って、こちらのマルティンゼップというお店に入ります。
IMG_6463マルティンゼップ看板.JPG
IMG_6458ホイリゲ.JPG

前日の夕方入ったお店と同様、中庭に席があります。
IMG_6462ホイリゲ.JPG

天気が良くて暑かったので、ワインではなくビールを注文。
家人はシュプリッツァーというワインを炭酸で割った飲み物です。
IMG_6460ビールとシュプリッツァー.JPG

前日は作り置きのお惣菜のようなものをいただきましたが、このお店は肉料理なども提供しています。
写真手前はローストチキンです。
IMG_6461ランチ.JPG

食事を終えて付近を散策。
ワイン用のブドウ畑が広がっています。
IMG_6464葡萄畑.JPG

近くなので、前日も訪れた「ベートーヴェンの散歩道」へ。
途中「ベートーヴェン公園」があります。
特に変わったことはない普通の公園のようです…。
IMG_6465ベートーヴェン公園.JPG
IMG_6467ベートーヴェン公園.JPG

前日も写真を撮ったベートーヴェンの像。
IMG_6468ベートーヴェン像.JPG
IMG_6470ベートーヴェンの小径.JPG
IMG_6472ベートーヴェンの小道.JPG

近くの住宅街のゴミ集積場。
ガラス瓶を色別に捨てるようになっています。
IMG_6473ガラスゴミ箱.JPG

(つづく)
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行・乗り物 ブログトップ