So-net無料ブログ作成
映画・テレビ ブログトップ

映画「ラ・ラ・ランド」を見る [映画・テレビ]

3月の連休に入った北京旅行。
片道4時間前後と短い飛行時間なので、食事したりうとうとしているとすぐに着いてしまうんですが、往路で1本だけ映画を見ました。

今年のアカデミー賞で6部門を受賞した話題作「ラ・ラ・ランド」
ロサンゼルスを舞台にしたミュージカル映画です。



「気軽に見ることができて、爽やかな『後味』だな」というのが感想。
いろいろあるけど、主役の2人にとっては、この選択でよかったんだろうな、というか。

最初のシーンは、しばらく「いつの時代の話だろう」と思いながら見てました。
なんとなく「ミュージカルというと20世紀(第二次大戦後?)」みたいな印象があるからでしょうか…。
でも車を見るとプリウスだったりして、「ああ、21世紀なんだ」と気づいた感じ。

その後も、時間の経過がちょっと分かりにくかったような気がします。

そういえば、最近、「ハリウッド超大作」みたいな映画を見なくなりました。
「続編」だと、シリーズを続けて見ていないと映画館に足が向かないし…。
そもそも、映画館に行くこと自体、かなり減ってます。

そういう意味では、「続編」でなく『とっつきやすい』映画は歓迎です。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「オケ老人!」パンフレットに寄稿しました [映画・テレビ]

先日「映画『オケ老人』試写会見ました」というエントリーに書いたように、既に試写会で見たこの映画。
きのうはプレミア試写会を見に行きました。
img_オケ老人プレミア試写会.jpg

テレビの情報番組でも紹介されていましたが、このプレミア試写会には主演の杏さんをはじめ、「オケ老人」たちが勢ぞろい。
楽しいイベントでした。



ところで、この映画のパンフレットに、「感想文」(?)を寄稿しました。

この映画の演奏や、演技(楽器演奏・指揮)指導に知人が関わっていて紹介されたのと、拙著「アマチュアオーケストラに乾杯!」を関係者が読んでくださった関係で、お話をいただきました。
アマチュアオーケストラに乾杯!:素顔の休日音楽家たち

アマチュアオーケストラに乾杯!:素顔の休日音楽家たち

  • 作者: 畑農 敏哉
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2015/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



この映画の趣旨に反しなくて、しかも「ネタバレ」にならないようにしたつもりですが、果たして…。

映画をご覧になるご予定の方、よろしければパンフレットも読んでみてください。

オケ老人! (小学館文庫)

オケ老人! (小学館文庫)

  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/12/02
  • メディア: Kindle版


nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

映画「オケ老人!」試写会見ました [映画・テレビ]

杏主演の映画「オケ老人!」の試写会に行ってきました。
全国公開は11月11日です。
img_オケ老人試写会パンフ.jpg

原作は荒木源・著の小説。
もちろん、ずっと前に読みました。
オケ老人! (小学館文庫)

オケ老人! (小学館文庫)

  • 作者: 荒木 源
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/12/07
  • メディア: 文庫


杏演じる数学教師が、「梅が岡フィルハーモニー」と「梅が岡交響楽団」を間違えて、老人だらけ(だけ?)のオケに入ってしまう、というお話。

原作では「ロシアのスパイ」(!?)が登場しますが、映画ではその話はなくなっていて、「外国人マエストロ」はフランス人に変わっています。
そのマエストロ、「小さな巨人」と呼ばれていて、どこかH上教授に似ているような…。

友人・知人多数が、エキストラ出演していたら、演技・演奏指導していたようで、パンフレット見たら多くの知ってる名前が載ってました。
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「僕だけがいない街」 [映画・テレビ]

ポルトガル旅行の帰路、ミラノ→成田のアリタリア航空機内で見た映画。
1本目は「マネーモンスター」でしたが、2本目は邦画。

藤原竜也、有村架純主演「僕だけがいない街」(監督:平川雄一朗)です。
img_僕街.jpg

原作は三部けい作のコミックだそうです。(読んでいませんが…。)

藤原竜也が演じる主人公が、時間(時代)を行き来しながら、連続殺人事件を防ぐために奮闘・苦闘するというもの。
ミステリーにSF(タイムトラベル)の要素が加わったと言えばいいのでしょうけ…?

このタイムトラベル、「現在」が2006年で「過去」が1988年という設定。
つい最近のような気がする1988年が「昔のこと」として出てくるのに、ちょっと複雑な心境。
そして、石田ひかりが藤原竜也の母親役、というのも、「ああ、そうなのか」と思ってしまいました。

「連続殺人事件を防げるか」が最大のポイントなんですが、それと同時に、「犯人が誰なのか」「阻止できたとして、何らかの代償を払うことになるのか」も大変気になるところ。
ネタバレはしませんが、「うーん、そういう結末か」というのが見終わっての「感想」です。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「マネーモンスター」 [映画・テレビ]

ポルトガル旅行記はまだ始まったばかりなんですが、ここで、旅行の飛行機の中で見た映画の話。
(最近、映画館に行く機会がかなり減ってます。演奏会に行く頻度と反比例してる形ですが…。)

行きの飛行機(成田→ローマ便)では、短編を見た程度でしたが、帰り(ミラノ→成田)では2本見ました。

1本目は「マネーモンスター」です。

img_Money_Monster.jpg

女優、ジョディ・フォスターが監督で、主演はジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツといういわゆる「豪華キャスト」!(笑)

ジョージ・クルーニーはテレビの人気経済番組「マネーモンスター」の出演者。
ジュリア・ロバーツはその番組のディレクターです。

ストーリーは、番組が「推薦」した銘柄に投資して財産をなくした男が生放送中のスタジオに乱入し、クルーニーを「人質」にして「不正」を告発する、というもの。
クルーニーは「爆弾ベスト」を身に着けさせられ、生放送を続けながら犯人とのやり取りを続けます。

その「不正」は時間の経過とともにだんだん明らかになってくるのですが、まあ「落ち着くところに落ち着いたか」という感じ。

もっと「大きな不正」というか「世の中の仕組み」の理不尽さを暴いて欲しかったような気もしますが、まあ、出演者たちは超巨額のギャラを取る人たちなわけですからね…。

でも、「娯楽作品」とすれば、飛行機の中(の小さなモニター)で見るには悪くないと思いました。

そういえば、テレビ番組の出演者が「人質」になって、爆弾を仕込んだベストを着せられて…という映画、今週末、日本でも公開されるそうです。
関係あるんでしょうか…!?

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「四月は君の嘘」 [映画・テレビ]

映画「四月は君の嘘」を(試写で)見ました。

広瀬すずがヴァイオリニスト、山崎賢人がピアニストに扮しています。

img_君嘘01.jpg

コミックとアニメが先にあって、そのうえでの映画化ということで、いろいろな感想があるようですが、私はとてもいい作品だと思いました。

「音楽は何かを伝えようとすることが大切だ」という思いを改めて強くしましたし、ちょっとうるっときました。
(寄る年波のせいもありますが。)

この種の(音楽・楽器を扱った)映画は、俳優さんがどれくらい「それらしく」演奏シーンを演じるかが気になるわけですが、「そんなに気にならなかった」というのが正直なところです。

楽器を演奏する方、音楽に興味のある方、是非ご覧になってください。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
映画・テレビ ブログトップ