So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

連日の熱演を堪能しました【オーケストラ・ダヴァーイを聴く】 [音楽]

3連休最終日も知人多数出演の演奏会に行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
オーケストラ・ダヴァーイ 第13回演奏会
日時:2019年8月12日(月・休)午後2時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:森口真司
独唱:山下裕賀(メゾソプラノ)
合唱:東京トリニティコール
   オーケストラと歌うロシア合唱団
曲目:プロコフィエフ 交響曲第5番変ロ長調
   同 カンタータ「アレクサンドル・ネフスキー」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_ダヴァーイ201908.jpg

ロシアの作曲家の作品を取り上げるこのオケ。
「ダヴァーイ」は英語では"Go!"にあたり「やろうぜ!」といった語感だそうです。
前日のオーケストラ・セレーナもそうでしたが、去年は旅行中のため聞けませんでした。

前半は、つい先日も聞いたプロコフィエフの5番。
実は、私自身も今度演奏する予定です。
複雑なハーモニーと、分かりやすいメロディーが入り混じったプロコフィエフらしい曲ですが、さすがプロコフィエフを何度も演奏しているダヴァーイならではの熱演でした。

後半は、カンタータ「アレクサンドル・ネフスキー」。
1938年公開の同名の映画のための音楽から抜粋してカンタータとしたもので、以下の7曲から成ります。
第1曲 モンゴル治下のロシア
第2曲 アレクサンドル・ネフスキーの歌
第3曲 プスコフの十字軍
第4曲 起て、ロシアの人々よ
第5曲 氷上の戦い
第6曲 死の原野
第7曲 アレクサンドルのプスコフ入城

初めて聴きましたが、特に第6曲のメゾソプラノ独唱が印象に残りました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

相変わらずの好演・熱演でした【オーケストラ・セレーナを聴く】 [音楽]

きのうは、年に一度のオーケストラ・セレーナ演奏会を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
オーケストラ・セレーナ第10回演奏会
日時:2019年8月11日(日) 14:00開演
会場 : 杉並公会堂大ホール(東京・荻窪)
指揮:中田延亮
独唱:松島理紗(ソプラノ)
曲目:リスト 交響詩「前奏曲」
   R.シュトラウス「4つの最後の歌」
   ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調「新世界より」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_セレーナ201908.jpg

このオーケストラ、ここ数年、毎回演奏会に足を運んでいます。
今年のお正月の某格付け番組に「アマチュアオケの『サンプル』」として出演したとてもレベルの高い団体で、毎年とてもいい演奏を聴かせてくれます。

きのうの1曲目はリストの「前奏曲」(レ・プレリュード)。
「人生は死への前奏曲である」というなにやら哲学的・宗教的というか、でもとても美しい部分もあるリストらしい作品です。
高校生の頃、吹奏楽アレンジ(二度低くしたもの)を演奏したことのある懐かしい曲でもありますが、オーケストラではほとんどやったことがありません。
とても安定した好演で、懐かしく聴きました。

2曲目はリヒャルト・シュトラウスの「4つの最後の歌」。
(演奏したことあるはずなのですが、ほとんど忘れてました。)
シュトラウスが晩年、第二次大戦後に作曲したものだそうです。
ゴージャスな響きやとても落ち着いた部分のある曲で、独唱の松島さんはとてもしっとりと聴かせてくれました。

最後は超有名曲の「新世界より」。
アマチュアが(そしてプロも)よく取り上げる作品ですが、実は結構難しい曲です。
全体的に技術的にハイレベルでありながら、それぞれが熱のこもった演奏を繰り広げていて、好感が持てました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「英語の帝国」「イエスの生涯」「韓めし政治学」「天才と発達障害」=読み終わった本(2019.07) [読書]

「読み終わった本」リスト(備忘録)、2019年7月分です。

▼読み終わった本
*「英語の帝国」
平田雅博・著、講談社選書メチエ

英語の帝国 ある島国の言語の1500年史

英語の帝国 ある島国の言語の1500年史

  • 作者: 平田 雅博
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/09/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

ブリテン島の一部でであるイングランド(England)の言葉だった「英語」(English)が、どのようにほかの地域、そして世界で使われるようになったか、その歴史を説いた本。
興味深かったことの一つが、明治期に外交官から初代の文部大臣となった森有礼の「日本語廃止・英語採用」論が、実は「簡易英語採用論」だったとの記述。
森は、日本語のローマ字表記の導入を主張。
さらに、当時の日本語が貧弱であるがゆえに、語彙などが豊富なヨーロッパの言語を採用するべきであるとしたうえ、英語は不規則動詞が多いなどの問題があるため、これらを簡略化した「簡易英語」を採用すべきではないかとの書簡を、アメリカ・エール大学の言語学者、ウィリアム・ホイットニーに送ったということ。
しかし、これに対するホイットニーの返答が否定的だったため、その後はローマ字化、「簡易英語」採用は主張しておらず、この本の著者、平田雅博氏によると「『単純な日本語の廃止』というより、『日本の話し言葉はこのままでは使われなくなる恐れがあるので何とかしたい』との表明」だったということになります。
「森有礼=日本語廃止・英語採用論」という通説がありますが、よく検討するとそうではなかったということですね。
とても勉強になる本でした。

▼読み終わった本
*「イエスの生涯」
ジェラール・ベシエール著、小河陽・監修、創元社「知の再発見」双書

イエスの生涯

イエスの生涯

  • 作者: ジェラール ベシエール
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 1995/02/01
  • メディア: 単行本

図版がたくさん入ったフランス人聖職者の本。
基礎知識のない当方にとっては、詳しすぎて難しい本でした。

▼読み終わった本
*「韓めし政治学」
黒田勝弘・著、角川新書

韓めし政治学

韓めし政治学

  • 作者: 黒田 勝弘
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/03/09
  • メディア: 新書

先日「韓国を食べる」を読んだばかりですが、同じ著者による韓国の食に関する本。
今回は政治がらみの切り口です。
折しも、日韓関係は最悪と言っていい状態ですが、政治以外の分野では状況が悪化しないよう祈るばかりです。

▼読み終わった本
*「天才と発達障害」
岩波明・著、文春新書

天才と発達障害

天才と発達障害

  • 作者: 岩波 明
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/04/19
  • メディア: 新書

これはとても面白い本でした。
帯には芥川龍之介、アインシュタイン、南方熊楠、モーツァルトの写真とともに、「大胆、反抗、過剰集中」の文字が。
凡人にはない能力を発揮する一部の人たち(要するに「天才」)は、いろいろと違った面を持っているのでしょうが、その能力を発揮するには「空気を読む」必要はないし、普通の人間としては無視できないさまざまな事柄を無視して「集中」することが必要なんだと思います。
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:

『守備範囲』ではありませんが面白いと思いました【室内楽演奏会"Impact"を聴く】 [音楽]

きのうは以前お世話になったピアニストが出演する室内楽を聴きました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
Impact
日時:2019年8月3日(土)15:00開演
会場:KMアートホール(東京・幡ヶ谷)
出演:クラリネット 岩瀬龍太
   ヴァイオリン 岩田唯
   チェロ トマシュ・スクヴェレス
   ピアノ 川村恵里佳
曲目:トマシュ・スクヴェレス "Impac"t (2016・日本初演) ヴァイオリン
   イヴァン・ブッファ "Perpetum nobile" (2008・日本初演) クラリネット、ピアノ
   磯部英彬「ナポリの3つのスリット」 (2019・初演) クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、電子ピアノ
   ダニエル・モーザー "Epecuén" (2015・日本初演)ヴァイオリン、チェロ、ピアノ
   イェルク・ヴィトマン "Nachtstück" (1998) クラリネット、チェロ、ピアノ
   マテウシュ・リツェック "Hidden Light" (2013・日本初演) チェロ
   細川俊夫「時の花 ―オリヴィエ・メシアンへのオマージュ―」 (2008) クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_Impact20190803.jpg
いわゆる「現代音楽」(前衛音楽)の作品を集めた演奏会で、"Impact"は最初の曲の題名であり、演奏会のタイトルでもあるようです。
ピアニストの川村さんには、音大の指揮科のレッスの際に大変お世話になったんですが、この分野で精力的に活動されています。
一度演奏会に伺いたいと思っていたんですが、ようやく足を運ぶことができました。
小さな会場ですが、ほぼ満席でした。

「現代音楽」は守備範囲ではないというか門外漢なんですが、「へえ!」と思うようなところもあって、面白い経験でした。
「鍵盤を叩く(弾く)のではなく、ピアノの弦に直接触れて音を出す」という奏法も、初めて実演で見ました。
(テレビなどでさんざん見てましたが…。)

途中のトークで「100年、200年後にモーツァルトやベートーヴェンのように(聴かれるようになれば)」という話がありました。
モーツァルトのようになるかどうかはともかくとして、ストラヴィンスキーのようになることは可能かもしれません。
前日の東大オケ演奏会で聴いた「火の鳥」や代表作「春の祭典」を世に送り出したストラヴィンスキーの作品は、1910年代の初演時には大論争を巻き起こしたまさに「現代音楽」だったわけですが、約100年たってもはや「スタンダード」と言ってもいい存在となっていますから…。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ハツラツとした熱演・名演でした【東大オケサマーコンサートを聴く】 [音楽]

きのうは「東大オケ」こと東京大学音楽部管弦楽団の演奏会を聴きに行きました。
東大にはオーケストラが5つか6つあるそうですが、音楽部管弦楽団は1920年創立ということで、今年99年になります。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東京大学音楽部管弦楽団 サマーコンサート2019
日時:2019年8月2日(金)午後6時開演
会場:東京オペラシティコンサートホール(東京・初台)
指揮:田代俊文(常任指揮者)
曲目:ヴェルディ 歌劇「ナブッコ」序曲
   ストラヴィンスキー バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
   チャイコフスキー交響曲第5番ホ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_東大オケサマコン2019.jpg

「ナブッコ」序曲は、トロンボーン・テューバの「コラール」(和音)で始まる曲。
オーケストラでは案外珍しいと思うんですが、とてもいいハーモニーでした。

2曲目は「火の鳥」。
各楽器にソロがあって、いわば「名人芸」を披露する局面がたくさんあるんですが、皆さん素晴らしい演奏でした。

最後はアマチュアオーケストラの『定番曲』の一つであるチャイコフスキーの5番。
いわば「どんなオケでも盛り上がる」という作品ですが、東大オケならではのとてもレベルの高い、でもハツラツとした熱演でした。

東大オケはこのあと、栃木(那須)と北海道(札幌)でも公演を行うそうです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「イスラム最終戦争 1~4」「科学がつきとめた『運のいい人』」=購入した本(2019.07) [読書]

「購入した本」リスト(備忘録)、2019年7月分です。


▽購入した本
*「イスラム最終戦争 1~4」
マーク・グリーニー著、田村源治・訳、新潮文庫

イスラム最終戦争 1

イスラム最終戦争 1

  • 作者: マーク グリーニー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/04/26
  • メディア: 文庫

イスラム最終戦争 2

イスラム最終戦争 2

  • 作者: マーク グリーニー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/04/26
  • メディア: 文庫

イスラム最終戦争 3

イスラム最終戦争 3

  • 作者: マーク グリーニー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/05/29
  • メディア: 文庫

イスラム最終戦争 4

イスラム最終戦争 4

  • 作者: マーク グリーニー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/05/29
  • メディア: 文庫


▽購入した本
*「科学がつきとめた『運のいい人』」
中野信子・著、サンマーク文庫

科学がつきとめた「運のいい人」

科学がつきとめた「運のいい人」

  • 作者: 中野信子
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2019/05/21
  • メディア: 文庫

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:

所属オケを客席で【ザ・シンフォニカ定期演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは所属するオーケストラの演奏会でしたが、都合により出演しなかったので、客席で聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ザ・シンフォニカ 第66回定期演奏会
日時:2019年7月15日(月・祝)午後2時開演
会場:すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)
指揮:キンボー・イシイ
曲目: ワーグナー/L. マゼール編 「言葉のない指環」
   (楽劇「ニーベルングの指環」管弦楽のための抜粋)
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_シンフォニカリハーサル201907.jpg
(写真は午前中のリハーサルの様子)

この曲は、ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」からの抜粋で、歌なしでオーケストラだけのために編曲したものです。
「ニーベルングの指環」は演奏におよそ15~16時間かかるので、普通は4日間に分けて上演されますが、それを1時間15~20分ほどに縮めています。

ワーグナーらしく、金管楽器が大活躍するんですが、シンフォニカの誇る金管隊がすばらしい演奏を聴かせてくれました。

私は出演しないので、いくつかのスタッフ業務を手伝ったんですが、演奏は客席で聴きました。
入場者も結構多くて、とてもいい演奏会でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

聴きやすい曲が並んでいました【日フィルのイギリスプロを聴く】 [音楽]

きのうは日本フィルのシーズン最後の東京定期(初日)でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日時:2019年7月12日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:広上淳一
独奏:小山実稚恵(ピアノ)
ラター「弦楽のための組曲」
バッハ ピアノ協奏曲第3番ニ長調
フィンジ「エクローグ〜ピアノと弦楽のための」
ハイドン 交響曲第104番ニ長調「ロンドン」
バターワース「2つのイギリス田園詩曲」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201907.jpg

イギリス人作曲家の作品を中心に据え、ほかにイギリスに縁のあるハイドンの「ロンドン」交響曲とバッハの「ピアノ」協奏曲を並べたプログラム。

イギリスの作曲家というと、ホルストやエルガーがよく知られていますが、今回は20世紀に活躍した3人の作品を取り上げています。
私にとっては3曲とも初めて聴くものばかりでした。

最初のラターは、弦楽器だけの作品で、ホルストの「セントポール組曲」をちょっと思い出させる親しみやすい曲でした。
フィンジの曲は、ピアノと弦楽器による作品。
未完に終わったピアノ協奏曲の1つの楽章を「エクローグ」と名付けたのだそうです。
これもイギリスの風景を思わせる部分があったりして聴きやすい曲でした。
最後のバターワースもイギリスの民謡を取り入れたりしていて、日本人の耳にもなじみやすい作品でした。

一方、バッハはよく耳にする曲ですが、ピアノよりはチェンバロで演奏されることが多いかもしれません。
割と多めの人数の弦楽器を伴っていて、堂々として分かりやすい演奏でした。

そして「ロンドン」交響曲。
ハイドンがイギリスに招かれたのをきっかけに生まれた作品です。
長崎に住んでいたころ、第3楽章がカステラのコマーシャルに使われていたのをよく覚えていますが、私自身、コントラバスを弾いたことも指揮したこともあって、なじみのある曲です。
引き締まったとてもいい演奏だったと思います。

ということで、今シーズンの日フィルもバラエティーに富んだプログラムを楽しみました。
来シーズンも同じ席(P席)で聴く予定です。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「四季」は弾き甲斐がありました【オルケストラ・クラシカ松本公演終了】 [音楽]

おととい日曜日は、長野県松本市での演奏会に出演しました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
2019 信濃楽友会演奏会「ヴィヴァルディとその時代の作曲家たち」
日時:2019年7月7日(日)
会場:キッセイ文化ホール大ホール(長野・松本)
指揮:大森悠
独奏:渡辺美穂(ヴァイオリン)
独唱:馬原裕子(ソプラノ)
   向野由美子(アルト)
管弦楽:オルケストラ・クラシカ
合唱:信濃楽友会合唱団
合唱指導:小林義昌
曲目:ヴィヴァルディ ヴァイオリン協奏曲「四季」
   J.S.バッハ カンタータ「心と口と行いと生活で」より「主よ、人の望みの喜びよ」
   ラモー オペラ・バレ「優雅なインドの国々」より「平和な森よ」
   ヘンデル オラトリオ「メサイア」より「ハレルヤ」
   ヴィヴァルディ 「グローリア」ニ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_キッセイ文化ホール20190707.jpg

これで3回目となる合唱団との共演。
過去、モーツァルトやバッハを演奏しましたが、今回はヴィヴァルディ中心。

「四季」はとてもよく知られた曲で、正式にはヴァイオリン協奏曲集『和声と創意の試み』という作品集の中の4曲です。
「春」「夏」「秋」「冬」というタイトルがつけられていて、それぞれ3つの楽章があり情景を現した「詩」(ソネット)が添えられています。

「春」だけは高校時代に演奏したことがあったんですが、全曲を演奏するのは初めてでした。
かなり難しいところもあり、オーケストラの人数も少なめなこともあってかなり神経を使いましたが、本番は楽しんで弾くことができました。

ほかに、誰でも知っているバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」やヘンデルの「ハレルヤコーラス」、それに珍しいラモーの作品など、とても面白いプログラムでした。
合唱団やオーケストラの皆さんにお礼を申し上げます。

車に楽器(コントラバス)を積んで、土曜日に松本に行き前日練習。
現地に1泊して日曜日は午前中=リハーサル、午後=本番というスケジュールで、日曜日の夜に自宅に戻りました。
東京は雨が降っていたようですが、松本はまあまあの天気で、ドライブも楽しむことができました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「韓国を食べる」「中国人エリートは日本をめざす 」「ベイジン」=読み終わった本(2019.06) [読書]

「読み終わった本」リスト(備忘録)、2019年6月分です。

▼読み終わった本
*「韓国を食べる」
黒田勝弘・著、文春文庫

韓国を食べる

韓国を食べる

  • 作者: 黒田 勝弘
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/01/07
  • メディア: 文庫

通信社・新聞社の記者として長年韓国を取材してきた黒田氏の少し前の本。
ちょっと調べたいことがあり、古書を購入しました。
食事・食べ物を切り口に、韓国社会の変化や特色をあぶり出しています。
韓国を好きだからこそ厳しく見ているというのが伝わってきます。

▼読み終わった本
*「中国人エリートは日本をめざす なぜ東大は中国人だらけなのか? 」
中島恵・著、中公新書ラクレ

中国人エリートは日本をめざす - なぜ東大は中国人だらけなのか?

中国人エリートは日本をめざす - なぜ東大は中国人だらけなのか?

  • 作者: 中島 恵
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/10/05
  • メディア: 新書

今年4月に読んだ「日本の『中国人』社会」の著者の、少し前の本。
先に読んだ本と同様、中国人と日本社会の関係がどんどん変わってきていることが分かりました。
帯にもありますが、この本によると、東大、早大の留学生の半数は中国人なのだそうです。
いろんな意見があると思いますが、これは決して悪いことではないと思います。

▼読み終わった本
*「ベイジン(上)(下)」
真山仁・著、幻冬舎文庫

ベイジン〈上〉

ベイジン〈上〉

  • 作者: 真山 仁
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/04/01
  • メディア: 文庫

ベイジン〈下〉

ベイジン〈下〉

  • 作者: 真山 仁
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/04/01
  • メディア: 文庫

読んでみようと思っていたところ、東京・新橋駅前のSL広場で開催していた古本市で偶然発見。
即購入しました。
2008年の北京オリンピックと、それに合わせて中国東北部に開業しようとする世界最大の原子力発電所を舞台(題材)にした物語。
「ベイジン」とは北京(Beijing)のことです。
オリンピックや原発の建設だけでなく、中国社会の汚職や権力闘争なども描かれています。
著者は中国についての詳しい知識を持っていなかったそうですが、それを感じさせません。
この本が書かれたのは、2011年の東日本大震災とそれに伴う福島第一原発の事故より前ですが、まるで原発事故を予見していたかのような描写も出てきます。
いろいろ考えさせられました。

▼読み終わった本
*「心で知る、韓国」
小倉紀蔵・著、岩波現代文庫

心で知る、韓国

心で知る、韓国

  • 作者: 小倉 紀蔵
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2012/01/18
  • メディア: 文庫

中国通の小倉氏の本。
いろんな媒体(雑誌など)に書かれた文章を集めたものということです。
黒田氏の本に比べると、いろいろと難しい表現も出てきますが、それぞれの考察はうなずける部分も多々ありました。

▼読み終わった本
*「日本人が勘違いしているカタカナ英語120」
キャサリン・A・クラフト著、里中哲彦・編訳、中公新書ラクレ

日本人が勘違いしているカタカナ英語120

日本人が勘違いしているカタカナ英語120

  • 作者: キャサリン・クラフト
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/02/07
  • メディア: 新書

最初に取り上げられているのが「インスタ映え」の英語表現。
ほかにも「マンツーマン」とか「サボる」などなど、「え?」と思ってしまう表現多数。
勉強になりました。
(もう忘れかけてますが…。)

▼読み終わった本
*「漢字の字形-甲骨文字から篆書、楷書へ」
落合淳思・著、中公新書

漢字の字形-甲骨文字から篆書、楷書へ

漢字の字形-甲骨文字から篆書、楷書へ

  • 作者: 落合 淳思
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/03/16
  • メディア: 新書

副題にあるように、つまり篆書(てんしょ)、隷書(れいしょ)、楷書などの字体と、個別の漢字の字形がどのように変化してきたかを詳しく解説した本。
古代と現代で、字形だけでなく意味が変化した字も多いということで、「へえ」「なるほど」と思うことがたくさんありました。
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:
前の10件 | -