So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ヨーロッパ演奏旅行の熱気そのままに【日フィル4月東京定期を聴く】 [音楽]

きのうは日本フィルの東京定期でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第709回東京定期演奏会
日時:2019年4月19日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ピエタリ・インキネン(首席指揮者)
曲目:武満徹「弦楽のためのレクイエム」
   ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番ハ短調
   シベリウス 交響曲第2番ニ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201904.jpg

日フィルは今週前半まで、マエストロ・インキネンとともにヨーロッパ3カ国、フィンランド、ドイツ、イギリスを演奏旅行して帰国したばかり。
きのう(ときょう)の演奏会は、まさに『凱旋公演』です。

最初は武満の「弦楽のためのレクイエム」。
最近もどこかの演奏会で取り上げられてましたが、この種の曲は何度か聴いているとだんだん耳に馴染んでくるものですね。
不協和音の連続なのに『美しさ』を感じました。

2曲目はベートーヴェンのピアノ協奏曲3番。
独奏のリルは初めて聴きましたが、まさに巨匠という感じの演奏(と風貌)。
端正ながらも貫禄を感じる演奏でした。

最後は、シベリウス2番。
つい先日、某アマチュアオーケストラ演奏会でも聴きましたが、やはりいい曲ですね。
日フィルの演奏は、アツさと清々しさを感じさせるとてもいい演奏でした。
個人的には、フィナーレはもう少したっぷりした演奏が好みですが、でもこういう演奏も素敵だと思いました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ベートーヴェンは勉強になりました【多摩管弦楽団を聴く】 [音楽]

きのうは多摩管弦楽団演奏会に足を運びました。
いつも演奏する側で参加しているんですが、都合により聴く側に回りました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
多摩管弦楽団 第47回定期演奏会
日時:2019年4月13日(土)午後2時開演
会場:調布グリーンホール大ホール(東京・調布)
指揮:高橋俊之
曲目:ワーグナー 歌劇「ローエングリン」第1幕への前奏曲
   ベートーヴェン 交響曲第8番ヘ長調
   シベリウス 交響曲第2番ニ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_多摩管20190413.jpg

多摩管がいつも演奏会を開いている多摩市内のパルテノン多摩大ホールは、改装のため長期閉館中。
きのうの演奏会会場は調布グリーンホールでした。
は40年以上前から何度も使っている『老舗』の多目的ホールです。

1曲目は「ローエングリン」第1幕前奏曲。
ヴァイオリンなどの音程がとても難しい曲ですが、おそらく賛助出演が入っているでしょうから、全員揃っての練習はそんなにできていないと思いますが、健闘していたと思います。

2曲目はベートーヴェン8番。
実は、来週演奏会で指揮する予定になっているので、どんな指揮、どんな演奏になるか、大変注目していました。
「なるほど、そう来るか!」などと思いながら聴いてましたが、若干「安全運転」の印象はあるものの、なかなかまとまったいい演奏でした。

最後はシベリウスの2番。
大変人気のある作品ですが、オーケストレーションの『薄い』ところも多く、特に管楽器の巧拙が分かりやすい曲です。
そういった面から、ベートーヴェンに比べると、『凸凹』がありましたが、こうしたオーケストラの宿命ですね。
でも熱演だったと思います。

そういえば終演後、懐かしいホールの客席で、懐かしい顔に何人も出会いました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「国家と教養」「ロミオとジュリエット」「『浮気』を『不倫』と呼ぶな」「オムライスの秘密 メロンパンの謎」=読み終わった本(2019.03) [読書]

「読み終わった本」リスト(備忘録)、2019年3月分です。

▼読み終わった本
*「国家と教養」
藤原 正彦・著、新潮新書

国家と教養

国家と教養

  • 作者: 藤原 正彦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: 新書

ベストセラー「国家の品格」の著者、藤原正彦氏の新著。
帯には「教養なき国民が国を滅ぼす 教養こそが『大局観』を磨く 大衆文学も教養である」とのフレーズがあります。
そして、カバー袖には「『教養』とは、世の中に溢れるいくつもの正しい『論理』の中から最適なものを選び出す『直感力』、そして『大局観』を与えてくれる力だ」とも。
教養を重視していたはずのドイツからヒトラーが出てきた理由など、「へえ」「なるほど」と思わせてくれる内容でした。

▼読み終わった本
*「ロミオとジュリエット」
シェイクスピア・著、中野好夫・訳、新潮文庫

ロミオとジュリエット

ロミオとジュリエット

  • 作者: シェイクスピア
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1996/12
  • メディア: 文庫

演奏会で「ロミオとジュリエット」(チャイコフスキー)を演奏するにあたって、改めて読んでみようと購入しました。
初版は「昭和26年」で、購入したものは「第100刷」とのこと。
大変なロングセラーです。
戦後の翻訳ということでしょうが、中身はなんだか講談調で、「ナムアミダブ」というセリフがあったり、イタリア・ヴェローナの名門というよりは、江戸の下町の町人たちの会話のような気がしました。

▼読み終わった本
*「日本人の起源 人類誕生から縄文・弥生へ」
中橋 孝博・著、講談社学術文庫

日本人の起源 人類誕生から縄文・弥生へ

日本人の起源 人類誕生から縄文・弥生へ

  • 作者: 中橋 孝博
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/01/12
  • メディア: 文庫

2005年に選書で出たものの文庫化。
考古学や人類学によって「日本人の起源」に関して考察した本ですが、この分野は遺伝子の解析や、新たな遺物・化石等の発掘で、年々新たな発見がもたらされている分野。
これからも新たな発見があるのでしょうから、関心を持ち続けないといけないと思いました。
ちなみに、両親が熊本の出身ということで、私自身は典型的な「縄文人」だと思っています。
(それに対し、家人は関西出身で、その父親は兵庫県の日本海側の生まれらしいので、明らかに弥生人だと思っています。)

▼読み終わった本
*「『浮気』を『不倫』と呼ぶなーー動物行動学で見る『日本型リベラル』考」
川村二郎&竹内久美子・著、WAC BUNKO

「浮気」を「不倫」と呼ぶなーー動物行動学で見る「日本型リベラル」考

「浮気」を「不倫」と呼ぶなーー動物行動学で見る「日本型リベラル」考

  • 作者: 川村 二郎
  • 出版社/メーカー: ワック
  • 発売日: 2018/11/17
  • メディア: 新書

これまでかなりの数を読んでいる動物行動学の竹内久美子氏と、元週刊朝日編集長ながら、「朝日新聞的なもの」をよしとしていない川村二郎氏による対談集。
帯の文句は以下紹介することによって、感想に代えます。
「日本型リベラルの正体とは……良く言えば現実離れをした空理空論を弄ぶ子供、悪く言えば無責任でいざとなると逃げ隠れする卑怯者––––川村二郎」
「平等とは……モテない自分にも女を平等に分け与えよという意味。貧富の差がないとは、稼ぎのいい男が妬ましいから格差をなくせという意味––––竹内久美子」

▼読み終わった本
*「オムライスの秘密 メロンパンの謎 人気メニュー誕生ものがたり」
澁川祐子・著、新潮文庫

オムライスの秘密 メロンパンの謎: 人気メニュー誕生ものがたり

オムライスの秘密 メロンパンの謎: 人気メニュー誕生ものがたり

  • 作者: 澁川 祐子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/01/28
  • メディア: 文庫

古書店で見かけて買ったんですが、思いの外面白い本でした。
タイトルにあるオムライスやメロンパンをはじめ、生姜焼き、あんぱん、ちゃんぽんなど、現代の「定番料理」の生い立ちや命名の背景などについて、文献をあたることによって解き明かしています。
この種のエピソードは、ときには「元祖」を主張する人・店が複数存在したり、根拠の薄い話が一人歩きして「定説」になっていたりするもので、こうしたちゃんと調べた書物は貴重だと思いました。

▼読み終わった本
*「あの人の心を見抜く脳科学の言葉」
中野信子・著、セブン&アイ出版

あの人の心を見抜く脳科学の言葉

あの人の心を見抜く脳科学の言葉

  • 作者: 中野 信子
  • 出版社/メーカー: セブン&アイ出版
  • 発売日: 2017
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

時間潰しの本を持っていなかったので、コンビニで購入しました。
テレビや新書でおなじみの中野信子氏の本ですが、中身はいろんなところで彼女自身が話しているものが多いようです。
でも暇つぶしにはぴったり。
各ページになぜか写真(ポートレート)が印刷されていて、まるで写真集のような雰囲気(ただし紙質は普通)ですが、まあ、彼女だから許されるんでしょう。

▼読み終わった本
*「カタカナ英語の話―英語と日本語をつなぐバイパス」
加島 祥造・著、南雲堂

カタカナ英語の話―英語と日本語をつなぐバイパス

カタカナ英語の話―英語と日本語をつなぐバイパス

  • 作者: 加島 祥造
  • 出版社/メーカー: 南雲堂
  • 発売日: 1994/01
  • メディア: 単行本

1994年出版の「カタカナ英語」の本。
それから25年経っているので、「今では使わないだろう」という表現も散見されます。
例えば「ハズバンド」(夫)の略で「ハズ」とか。
その意味では「歴史の一断面」を表しているわけですが…。

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:

「日本人の起源」「校閲記者の目」「ロミオとジュリエット」「天災から日本史を読みなおす」「関東の私鉄格差」=購入した本(2019.03) [読書]

「購入した本」リスト(備忘録)、2019年3月分です。

▽購入した本
*「日本人の起源 人類誕生から縄文・弥生へ」
中橋孝博・著、講談社学術文庫

日本人の起源 人類誕生から縄文・弥生へ

日本人の起源 人類誕生から縄文・弥生へ

  • 作者: 中橋 孝博
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/01/12
  • メディア: 文庫



▽購入した本
*「校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術」
毎日新聞校閲グループ・著、毎日新聞出版

校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術

校閲記者の目 あらゆるミスを見逃さないプロの技術

  • 作者: 毎日新聞校閲グループ
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞出版
  • 発売日: 2017/09/01
  • メディア: 単行本


▽購入した本
*「ロミオとジュリエット」
シェイクスピア著、中野好夫・訳、新潮文庫

ロミオとジュリエット

ロミオとジュリエット

  • 作者: シェイクスピア
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1996/12
  • メディア: 文庫


▽購入した本
*「天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災」
磯田道史・著、中公新書

天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災

天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災

  • 作者: 磯田 道史
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 新書


▽購入した本
*「関東の私鉄格差: 東武・西武・京成・京王・小田急・東急・京急・相鉄」
小佐野カゲトシ・著、KAWADE夢文庫

関東の私鉄格差: 東武・西武・京成・京王・小田急・東急・京急・相鉄

関東の私鉄格差: 東武・西武・京成・京王・小田急・東急・京急・相鉄

  • 作者: 小佐野 カゲトシ
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2019/03/19
  • メディア: 文庫


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

『オーケストラの日』は演奏会お手伝いでした【シンフォニカ・フォレスタ演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは年度最終日にして「オーケストラの日」。
友人・知人のオーケストラのスタッフをやりつつ、演奏を聴いていました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
オーケストラ・シンフォニカ・フォレスタ 第8回演奏会
日時:2019年3月31日(日)14:00開演
会場:大田区民センターアプリコ 大ホール(東京・蒲田)
指揮:石川星太郎
曲目:メンデルスゾーン「静かな海と楽しい航海」
   ワーグナー「ジークフリート牧歌」
   ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」
   ドビュッシー「海」3つの交響的素描
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_シンフォニカフォレスタアプリコ20190331.jpg

このオーケストラ、若い友人たちがやっている団体で、以前、コントラバス奏者として出演したこともあるんですが、今回は練習に出られないので、”裏方”としてお手伝いしました。
「ステージマネジャー」と言って、舞台の配置や本番の進行などの責任者で、本番中は舞台袖にいます。

これまでは古典派からロマン派前期くらいまでの作品を演奏しているオケですが、今回は編成が大きくなり3~4管編成。
多くのエキストラを交えての演奏でしたが、本番は見事にまとまっていたと思います。

メンデルスゾーン、ワーグナーを含め、緻密なところもダイナミックなところも、幅広い表現が見事に実現していたのではないでしょうか。

ステージマネジャー業務もほぼ問題なく終え、打ち上げで自分の演奏会を宣伝して帰ってきました。

自宅から駅(10分弱)とJR蒲田駅からアプリコ(3~4分)を往復しただけで、あとはずっとホールの中にいたんですが、帰ってからiPhoneの歩数計を見たら15,000歩を超えてました。
ステージマネジャー業務でホール内をたくさん歩いたからのようです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

マエストロ・カンブルラン”最後”のコンサート【読響日曜マチネーを聴く】 [音楽]

きのうは定期会員になっている読響日曜マチネーシリーズ、年度最後の演奏会でした。
2010年から読響の常任指揮者を務めてきたマエストロ・シルヴァン・カンブルランのこのポスト最後の公演でもありました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第215回日曜マチネーシリーズ
日時:2019年3月24日(日)午後2時開演
会場: 東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:シルヴァン・カンブルラン(常任指揮者)
独奏:ピエール=ロラン・エマール(ピアノ)
曲目:ベルリオーズ 歌劇「ベアトリスとベネディクト」序曲
   ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番ハ短調
   ベルリオーズ「幻想交響曲」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響20190324.jpg

最初はベルリオーズの序曲「ベアトリスとベネディクト」。
初めて聴く曲でしたが、ベルリオーズにしては(?)割とおだやかな曲で、もう一度聴いてみたいと思いました。

2曲目はベートーヴェンのピアノ協奏曲3番。
中学生の時に演奏した思い出の曲で、6年前、PROJECT Bの初めての演奏会でも取り上げました。
とても端正で好みな演奏でした。

最後は「幻想交響曲」。
これは、第4楽章を中学校の時に吹奏楽コンクールの自由曲として吹いた、やはり思い出の曲。
木管楽器も金管楽器も打楽器も、もちろん弦楽器も抑えていたものを一気に表に出したような印象。
マエストロの最後ということで、何か思いのこもった演奏のように感じました。

「幻想交響曲」が終わった後、アンコールでサプライズが。
オッフェンバック「天国と地獄」に合わせ、オケのメンバー数人が踊り始め、促されたマエストロも一緒のフレンチカンカン。
「ありがとうシルヴァン」という横断幕も掲げられ、大盛り上がりのカーテンコールとなりました。

演奏がすべて終了した後も拍手が鳴りやまず、マエストロは2度もステージに戻ってきて、手を振って応えていました。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ヤナーチェク&マーラー熱演・好演でした【みなとみらい21響を聴く】 [音楽]

きのうは午前中のオーケストラの練習のあと、友人・知人出演の演奏会に行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
みなとみらい21交響楽団 第16回定期演奏会
日時:2019年3月23日(土)13:30開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:田部井剛
曲目:ヤナーチェク「シンフォニエッタ」
   マーラー 交響曲第6番イ短調「悲劇的」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_MM21-20190323.jpg

「一般的なアマオケでは演奏機会の少ない後期ロマン派や周辺の名曲を演奏しよう」という趣旨で立ち上がったこのオーケストラ。
私も出演したことがありますし、友人・知人が多数出演しています。

これまで横浜みなとみらいホールやミューザ川崎シンフォニーホールでの演奏会が多かったようですが、今回、初めてサントリーホールでの演奏会。
私自身もこのホールで演奏会を開催する予定があるので、その観点からも興味をもって足を運びました。

前半はヤナーチェクのシンフォニエッタ。
金管楽器によるちょっと不思議な響きの「ファンファーレ」で始まります。
名手を集めた金管楽器群がすばらしい響きでした。

後半はマーラーの代表作の一つ、交響曲第6番。
(何度も書いてますが、私自身、大学1年生のときに演奏した思い出の曲です。)

いわゆる「5管編成」ということになると思うんですが、ステージを埋め尽くした奏者を見ているだけでも壮観です。
マーラーというと、どうしても管楽器(特に金管楽器)に目が行くわけですが、脂の乗り切った皆さんが並んでいるだけに、熱演・好演で、安心して聴くことができました。

願わくば、欲張らずにマーラー1曲だけのプログラムにした方がよかったような気もするんですが…。
でも、こうした大規模な曲を、しかも日本のクラシック音楽の殿堂、サントリーホールで開催するには、とてつもない労力が必要だったと思います。
演奏者の皆さん、運営に携わったみなさんに敬意を表したいと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

”テンション高め”でいい演奏会でした【ザ・シンフォニカ演奏会終演】 [音楽]

きのうは所属オケの演奏会でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ザ・シンフォニカ 第65回定期演奏会
日時:2019年3月17日(日)午後2時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:海老原光
曲目:チャイコフスキー 幻想序曲「ロミオとジュリエット」
   リムスキー=コルサコフ 「スペイン奇想曲」
   ラフマニノフ 交響曲第3番イ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_シンフォニカステージ201903.jpg

今回の指揮者は、オケとしても私個人にとっても初めての海老原光氏。
テンション高めながら、オケの弱点をよくつかんだ的確な練習で、本番も非常に素晴らしい演奏になりました。

「ロミオとジュリエット」は去年、別のオケでも弾いたばかりだったので、少し余裕をもって演奏できました。
練習期間の途中、勉強のためにシェークスピアの原作(中野好夫・訳)を読んだので、内容をより理解して弾けたような気がします。

2曲目は「スペイン奇想曲」。
管弦楽法の大家であるリムスキー=コルサコフの代表的作品の1つです。
当然ながらスペイン風のメロディーや和音がたくさん使われていて、去年のスペイン旅行を少し思い出しました。

最後はラフマニノフの交響曲3番。
どちらかというと批判的な意味で「映画音楽だ」と言われるラフマニノフですが、私はいい意味で「映画音楽」的なものを感じながら弾きました。
(もちろん、ラフマニノフが「映画音楽」うをまねしたのではなく、その後の「映画音楽」がラフマニノフの作曲技法を取り入れたわけですが…。)

3曲ともに、海老原氏のテンション高い棒にオケが食らいついた感じで、オケのメンバーも、聴いてくださったお客様も楽しめる演奏会になったと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

P席から指揮をつぶさに見てました【日フィルのベートーヴェン8番を聴く】 [音楽]

あす(日曜日)は自分が出演するアマチュアオーケストラの本番ですが、きのう(金曜日)夜は日フィルの演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第708回 東京定期演奏会
日時:2019年3月15日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:アレクサンダー・リープライヒ
曲目:ロッシーニ 歌劇「泥棒かささぎ」序曲
   ルストワフスキ 交響曲第3番
   ベートーヴェン 交響曲第8番ヘ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル20190315.jpg

指揮のリープライヒはドイツ出身で、1968年生まれ(50歳)ということなので、指揮者としては中堅と言っていいんでしょうか。
ドイツや東欧(中欧)でいくつものポストを歴任しているそうです。
日フィルには初めての登場だということ。

最初は「泥棒かささぎ」序曲。
指揮台に登場して挨拶し、拍手が鳴り止んだと思った瞬間に振り向いて棒を一振り。
いきなり曲が始まりました。
最初はスネアドラム(小太鼓)のロールなので、お客さんを驚かせるにはうってつけかもしれません。
P席なので指揮をほぼ真正面から見るんですが、とても演奏しやすそうな棒です。

2曲目は序曲からオケの人数が一挙に増えてルストワフスキの交響曲。
1970〜80年代の作品ということで、いわゆる「現代音楽」の範疇に入るんでしょうが、そこまで難解な曲ではありませんでした。
でも、私の守備範囲ではないので、感想は差し控えます。
指揮は分かりやすそうでした。

そして最後はベートーヴェンの8番。
実は今度指揮することになっているので、それこそ指揮をずっと凝視。
テンポの設定やリタルダンドの仕方など、「なるほど、そういいう風に振りますか」などと思いながら見てました。

全体的にとてもいい感じの演奏会でした。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

音大生の演奏はさすがのレベル・まとまりでした【松村オケ3を聴く】 [音楽]

きのうは東京音大指揮科の学生さん(今月卒業)が振る演奏会を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
松村オーケストラ3
日時:2019年3月13日(水)18:40開演
会場:東京音楽大学 Jスタジオ(東京・南池袋)
指揮:松村詩史
管弦楽:松村オーケストラ
曲目:チャイコフスキー 祝典序曲「1812年」
   ドヴォルザーク 交響曲第7番ニ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_松村オケ201903.jpg

音楽大学ではよくあるみたいですが、指揮科の学生が、同級生など「有志」を集めて組織するオーケストラ。
この「松村オケ」は3回目の演奏会ということです。

前半はチャイコフスキーの「1812年」。
ロシア軍とナポレオン軍の戦いを描いた大編成の作品ですが、冒頭はヴィオラとチェロだけのアンサンブルだったり、結構「アンサンブル力」を必要とされます。
さすが音大生のオケだけあって、中低弦の音程は正確で存在感はあるし、管楽器のソロも「うたごころ」はあるしで、レベルの高い演奏でした。
東京音大Jスタジオというそんなに広くない会場だったので、バランスの問題は仕方ないところでしょう。

後半はドボルザーク。
8番と9番(新世界より)がよく取り上げられますが、最近は6番と7番もよく耳にします。

7番は結構難しい箇所があって、指揮者の腕の見せどころなんですが、きのうの演奏はよくまとまっていたと思います。
でも、ところどころ『ほころび』もあったので、もっと練習すればもっとよくなりそうな印象を受けました。
(どれくらいの練習時間・期間だったのかは分かりませんが…。)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -