So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

バランスが難しいと思いました【かもめ管弦楽団演奏会を聴く】 [音楽]

おととい土曜日は友人・知人多数で身内も出演している演奏会を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
かもめ管弦楽団 第46回定期演奏会
日時:2019年6月15日(土)18:00開演
会場:杉並公会堂(東京・荻窪)
指揮:篠原信夫
独奏:江口心一(チェロ)
曲目:ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第一幕への前奏曲
   ハイドン チェロ協奏曲第1番ハ長調
   プロコフィエフ 交響曲第5番変ロ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


1曲目と3曲目はオーケストラとしては大きな編成。
2曲目のハイドンは打って変わって小編成(管楽器はホルンとオーボエのみ)というプログラム。

ハイドンのチェロ協奏曲は、江口心一氏(東京都交響楽団副首席奏者)の軽々と弾いている感じの独奏もあって、とてもいい感じでした。
オケも独奏を邪魔しない感じでしたし。

一方、ワーグナーとプロコフィエフは、弦楽器と管・打楽器のバランスが難しい印象でした。
このオケ、弦楽器(特にヴァイオリン)は腕の立つ奏者が揃っているんですが…。

でも、曲としては破綻なくまとまっていて、及第点だったと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『方向性』の見えるよき演奏でした【MAXフィルの『復活』を聴く】 [音楽]

きのうは聴きに行きたい演奏会がとてもたくさんあったんですが、その中で友人・知人出演のこちらの演奏会に足を運びました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
MAXフィルハーモニー管弦楽団特別演奏会
日時:2019年6月9日(日)18:00開演
会場:サンパール荒川大ホール(東京・荒川区)
指揮:古澤直久
独唱:林田さつき(ソプラノ)
   長澤美希(アルト)
合唱:MAXコーラスTOSHI
曲目:マーラー交響曲第2番ハ短調「復活」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_MAX復活201906.jpg

年末にベートーヴェン「第九」の演奏会を開いているMAXフィル。
今回はマエストロ古澤とのコンビで、マーラー「復活」を演奏しました。

「復活」は合唱とソプラノ、アルトの独唱が入る大編成で、演奏に約1時間半かかる大曲。
以前はアマチュア団体が気軽に取り上げる曲ではありませんでした。
しかし、きのうは静岡・浜松市でもアマオケが演奏していたようですし、東京では3月にもカラーフィルという団体が演奏したので聴きに行きました。
やはり、日本のアマオケ界はとんでもないことになっているような気がします。

さて、きのうのMAXフィルの演奏ですが、一言でいうとオケと合唱、全体の「方向性」が一致していて、よく統率された熱演だったと思います。
特に、管楽器、低弦(チェロ、コントラバス)、合唱が印象に残りました。

最近、オケの中で意識がバラバラだったり、指揮者とオケの「息が合っていない」と感じられる演奏をよく耳にします。
その点、MAXフィルとマエストロ古澤は何年もの間、一緒に演奏しているので、聴いていて安心感がありました。

ちなみに、この演奏会は入場無料。
クラシック愛好家でない人にも足を運んでほしいと思いました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

『レンミンカイネン』はとてもいい曲でした【日フィル東京定期を聴く】 [音楽]

きのうは日フィル東京定期を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第711回東京定期演奏会
日時:2019年6月7日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ピエタリ・インキネン(首席指揮者)
独奏:諏訪内晶子(ヴァイオリン)
曲目:湯浅譲二「シベリウス讃−ミッドナイト・サン−」
   サロネン ヴァイオリン協奏曲
   シベリウス 組曲「レンミンカイネン−4つの伝説」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201906.jpg

3曲ともに首席指揮者インキネンの母国、フィンランドに関係のあるプログラム。

最初は湯浅譲二の「シベリウス讃」。
シベリウスを生んだフィンランドのヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者から、シベリウス生誕125年にあたる1990年に湯浅氏に委嘱された作品だそうです。

次は、指揮者として活躍中で作曲家としても活動しているエサ・ペッァ・サロネンのヴァイオリン協奏曲。
独奏の諏訪内さんは何度も演奏しているとのこと。
堂々たる響きで、P席にもよく聞こえて来ました。
(前半の2曲は守備範囲外なので、内容については触れません。)

後半は組曲「レンミンカイネン」。
フィンランドの叙事詩「カレワラ」に題材をとった作品です。
「トゥオネラの白鳥」以外はあまり耳にする機会がありませんが、全体を通してシベリウスらしい情景が目に浮かぶようなとてもいい曲。
フィンランド出身のインキネンらしい、とても練り上げられた印象の演奏で、自分でもやってみたいと思わせる演奏でした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「中国地名カタカナ表記の研究」「天災から日本史を読みなおす」「通信の世紀」「宣教のヨーロッパ」=読み終わった本(2019.05) [読書]

「読み終わった本」リスト(備忘録)、2019年5月分です。
最近、楽譜の勉強をしなければならないうえ、(中身的にも物理的にも)重たいを読んだので、読了した本が少なめです。
そして、歴史関係の本が多くなりました。

▼読み終わった本
*「中国地名カタカナ表記の研究―教科書・地図帳・そして国語審議会」
明木茂夫・著、中京大学文化科学叢書

中国地名カタカナ表記の研究―教科書・地図帳・そして国語審議会

中国地名カタカナ表記の研究―教科書・地図帳・そして国語審議会

  • 作者: 明木 茂夫
  • 出版社/メーカー: 東方書店
  • 発売日: 2014/04
  • メディア: 単行本

ご存じない方も多いと思いますが、現在、学校向けの社会科の教科書や地図帳では、中国の地名はカタカタ表記が主体になっています。
福建省が「フーチエン省」とか万里の長城が「ワンリー長城」とか…。
なぜ一般常識と異なる表記が行われているのかという問題について、正面から、極めて詳細・精密に取り組んだ本です。
詳しくは中身を読んでいただきたいのですが、第二次大戦後の「漢字(使用)を減らしていこう」そして「(最終的には)漢字を廃止しよう」という流れがあったということが分かります。
明治時代以来「アルファベットであれば二十数文字で済むのに、漢字を使っていては何千字、何万字も覚えなければならないので不合理だ」という主張がある程度の共感を持って受け止められていました。
また、ワープロ・パソコンの普及で、そんなことを言う人はいなくなりましたが、「漢字があるとタイプライターが使えない」と力説する人もいました。
こうした「漢字悪者論」がいろいろ影響しているというわけです。
漢字の国の地名を表記するのに、「悪者」扱いするのは変だと思うんですが…。

▼読み終わった本
*「天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災」
磯田道史・著、中公新書

天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災

天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災

  • 作者: 磯田 道史
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 新書

大人気の歴史学者、磯田道史氏の災害に関する新書。
豊臣秀吉と地震の話に始まって、江戸時代の富士山噴火、幕末の水害などについて、考察しています。
災害に限りませんが、いつの時代も、「記録を残す」ということがいかに大切か、思い知らされます。

▼読み終わった本
*「言語学講義−−その起源と未来」
加藤重広・著、ちくま新書

言語学講義

言語学講義

  • 作者: 加藤 重広
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2019/03/06
  • メディア: 新書

言語学について、基本的な事柄を説き起こしている本ですが、中でも面白かったのは第3章の「近代言語学を読みなおす」の部分。
「印欧(インド・ヨーロッパ)語族」の『発見』の経緯など、不勉強にして知らなかった話で、とても面白く読みました。

▼読み終わった本
*「通信の世紀: 情報技術と国家戦略の一五〇年史」
大野哲弥・著、新潮選書

通信の世紀: 情報技術と国家戦略の一五〇年史

通信の世紀: 情報技術と国家戦略の一五〇年史

  • 作者: 大野 哲弥
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/11/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

著者は旧KDDの出身だそうです。
19世紀後半からの150年間について、「通信(情報通信)」という観点から、列強と国際社会の動向について、概観しています。
「へえ」と思ったのは、情報通信の分野においては、有線と無線が交互に主役の座に就いてきたという指摘。
そういえば、以前は遠隔地とのテレビ映像の送受信は通信衛星経由が主流でしたが、現在では海底ケーブル(光ファイバー)に取って代わられています。
インターネットも、有線がメインだったのが、現在では携帯電話やWi-fiを使う人が増えています。
今後はどうなっていくのでしょうか?

▼読み終わった本
*「宣教のヨーロッパ−大航海時代のイエズス会と托鉢修道会」
佐藤彰一・著、中公新書

宣教のヨーロッパ-大航海時代のイエズス会と托鉢修道会

宣教のヨーロッパ-大航海時代のイエズス会と托鉢修道会

  • 作者: 佐藤 彰一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/11/17
  • メディア: 新書

著者はヨーロッパの歴史に関する著作がたくさんある人ですが、この本は、宗教改革や大航海時代あたりのキリスト教の広がりについて、詳しく記しています。
もちろん、イエズス会による日本での布教(宣教)のあり方についても書かれていて、とても面白い本でした。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:

やっぱりモーツァルトは難しい【流山フィル賛助出演終了】 [音楽]

きのうはエキストラ(賛助出演)の演奏会本番でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
流山フィルハーモニー交響楽団 第54回定期演奏会
日時:2019年6月2日(日)14:00開演
会場:流山市文化会館(千葉・流山市)
指揮:黒田尚宏
曲目:モーツァルト 交響曲第32番ト長調
   同 交響曲第40番ト短調
   ドヴォルザーク 交響曲第8番ト長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_流山市文化会館201906.jpg
img_流山フィル201906.jpg

知り合いのコントラバス奏者2人が出演するということでお誘いをいただき、お手伝いで出演しました。
自宅から流山まで50km前後あるんですが、首都高速や外環道を通ると約1時間で着くので、案外近く感じました。
会場の流山市文化会館は昭和40年代に建てられたらしく、懐かしい雰囲気の公共ホールです。

前半はモーツァルトの交響曲2曲。
私は(久しぶりの)「降り番」でした。
(「降り番」とは、曲・編成の都合上、出演しないこと。)
演奏は、弦楽器が人数少なめだったこともあり、管楽器とのバランスが気になりました。
モーツァルト全般にいえることですが、音符がシンプルなだけに、いろいろアラが目立つと思います。
先日聴いた演奏会でも同じことを思いましたが…。

後半はドヴォルザークの8番。
思い起こせば、この曲を初めて演奏したのは45年も前のこと。
アマチュアオーケストラにとっては、『とっつきやすい』曲と言えると思います。
アラが目立たないというか…。
きのうも、それなりに盛り上がり、お客様にも受けは良かったようです。

帰りは、首都高速に乗るまで渋滞していたのですが、それでも1時間20分くらいで帰宅しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「宣教のヨーロッパ」「漢字の字形」「韓めし政治学」「日本人が勘違いしているカタカナ英語120」=購入した本(2019.05) [読書]

「購入した本」リスト(備忘録)、2019年5月分です。


▽購入した本
*「宣教のヨーロッパ 大航海時代のイエズス会と托鉢修道会」
佐藤 彰一・著、中公新書

宣教のヨーロッパ-大航海時代のイエズス会と托鉢修道会

宣教のヨーロッパ-大航海時代のイエズス会と托鉢修道会

  • 作者: 佐藤 彰一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/11/17
  • メディア: 新書





▽購入した本
*「漢字の字形-甲骨文字から篆書、楷書へ」
落合淳思・著、中公新書

漢字の字形-甲骨文字から篆書、楷書へ

漢字の字形-甲骨文字から篆書、楷書へ

  • 作者: 落合 淳思
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/03/16
  • メディア: 新書


▽購入した本
*「韓めし政治学」
黒田勝弘・著、角川新書

韓めし政治学

韓めし政治学

  • 作者: 黒田 勝弘
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/03/09
  • メディア: 新書



▽購入した本
*「日本人が勘違いしているカタカナ英語120」
キャサリン・クラフト著、中公新書ラクレ

日本人が勘違いしているカタカナ英語120

日本人が勘違いしているカタカナ英語120

  • 作者: キャサリン・クラフト
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2019/02/07
  • メディア: 新書


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

モーツァルトは難しい!【アンサンブル ドゥヌフ旗揚げ公演を聴く】 [音楽]

きのうは昼間の予定を終えて、知人多数出演の新しいオーケストラ演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
アンサンブル ドゥブフ 第一回演奏会
日時:2019年5月25日(土)19:00開演
会場:文京シビックホール 小ホール(東京・文京区)
指揮:右近大次郎
曲目:モーツァルト 交響曲第1番変ホ長調
   同 交響曲第29番イ長調
   同 交響曲第41番ハ長調「ジュピター」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_アンサンブル29-20190525.jpg

先日の「コルマ」に続いて新しい団体の旗揚げ公演です。
「アマチュアオーケストラが多すぎる」という声もありますが、意欲的な団体が増えるのはいいことだと思います。
この団体、3分の1が友人・知人、同じく3分の1くらいが知人の知人、残りが存じ上げない人、という感じだと思います。

団体名の「ドゥ」はフランス語の「2」、「ヌフ」は「9」の意味。
曲目に交響曲29番が入っているのも、それにちなんでのことなんでしょう。

午後の予定が長引いたので、その29番から聴きました。
曲が難しい(というよりモーツァルトはすべて難しい)ですし、オケのメンバーが少ないので、各奏者の音がストレートに分かりますね。

まあモーツァルトは難しい、ということですね。
その分弾き甲斐がありますけど…。
奏者は皆さん真摯に演奏されていましたが、アンサンブルという面ではこれからに期待したいと思います。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

スリリングでスピード感のある演奏でした【N響5月B定期を聴く】 [音楽]

きのうは久しぶりのN響B定期。
会員になっているのは木曜日(2日目)ですが、都合により水曜日に振り替えました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団 第1914回 定期公演 Bプログラム
日時:2019年5月23日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ネーメ・ヤルヴィ
独奏:鈴木優人(オルガン)
曲目:イベール「モーツァルトへのオマージュ」
   フランク 交響曲ニ短調
   サン・サーンス 交響曲第3番ハ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_N響201905.jpg

タクトは首席指揮者、パーヴォ・ヤルヴィの父、ネーメ・ヤルヴィ(今年82歳)。
フランスの作曲家の作品を並べたプログラムです。

最初はイベールの「モーツァルトのオマージュ」。
2曲目はフランクの交響曲。
最後はサン・サーンスの「オルガン付き」。

どの曲も、予想より速めのテンポで、パパ・ヤルヴィは細かく振らずに『大づかみ』な指揮ぶり。
アマチュアオーケストラだったら演奏が破綻しそうですが、もちろんN響ですからそんなことはなく、スリリングでスピード感のある演奏でした。

P席(ステージ後ろ側)でオルガンに近いので、低音の振動を体で感じました。
(以前も書いたような気がしますが…。)

ところで、隣の席の男性の拍手の音が大きくて、なんだか耳にビンビン響いて、思わず耳をふさぎました。
拍手することはもちろん悪いことではないんですが、ちょっと戸惑う経験でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

端正なブラームスでした【読響マチネーを聴く】 [音楽]

きのうは読響の日曜マチネーを聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第217回日曜マチネーシリーズ
日時:2019年5月19日(日)14時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:セバスティアン・ヴァイグレ(常任指揮者)
独奏:岡田奏(ピアノ)
曲目:ロルツィング 歌劇「ロシア皇帝と船大工」序曲
   モーツァルト ピアノ協奏曲第21番ハ長調
   ブラームス 交響曲第4番ホ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響201905.jpg

きのうのタクトはセバスティアン・ヴァイグレ。
今シーズンから読響の第10代常任指揮者に就任しました。
今月、「顔見世興行」を行っています。

きのうの1曲目は、ロルツィングという19世紀前半のドイツの作曲家の作品。
名前を初めて聞きましたし、作品ももちろん未聴。
割と聴きやすい曲でした。

次はモーツァルトのピアノ協奏曲21番。
20番(ニ短調)と並んで好きな曲です。
独奏の岡田さんとともに、非常に整った丁寧な演奏でした。

最後はブラームスの4番。
実は先日レッスンで取り上げたばかりで、それだけにいろいろ細かいところに注意しながら聞きました。
読響は何百回も演奏したことあると思うんですが、「新しい”シェフ”」との演奏ということで、新鮮な気持ちで演奏したのではないでしょうか。
とても端正な演奏だと感じました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

長いけどいい演奏会でした【東京楽友協会響を聴く】 [音楽]

土日2日連続の演奏会。
きのうはこちらでした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
東京楽友協会交響楽団 第106回定期演奏会
日時:2019年5月12日(日)13:30開演
会場:すみだトリフォニーホール(東京・錦糸町)
指揮:松岡究
独唱:谷明美(ソプラノ)
曲目:ブラームス 交響曲第2番ニ長調
   マーラー 交響曲第4番ト長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_楽友協会20190512.jpg

最近、交響曲を2曲並べた演奏会が多いような気がします。
きのうの楽友協会響はブラームスとマーラー。
ブラームス2番は1870年代後半の作品。
マーラー4番は19世紀末に作曲されたということで、作曲年代に20年あまりの差がありますが、受け取り方によってはそれ以上の作風・規模の違いがあるかもしれません。

ブラームスは約45分で、マーラーは約1時間かかるんですが、途中の休憩などを加えると2時間10分くらいの演奏会でした。
もちろんいろんな演奏会があるので一概には言えないんですが、多くのコンサートは正味1時間30分〜1時間50分くらいの演奏時間のことが多いと思います。
大した差ではないんですが、きのうはなんだか長く感じました。
でも、さすが楽友協会という感じで、全体としてはなかなかいい演奏会でしたが…。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -