So-net無料ブログ作成

『イギリス・プロ』は親しみやすい曲ばかりでした【みなとみらい21響を聴く】 [音楽]

3連休は土曜日=練習、日曜&月曜=演奏会鑑賞と、相変わらずのアマオケ三昧でした。
きのうは、以前出演したことがあり、演奏会も何度か聞いているみなとみらいオケを聴きました。

会場はみなとみらいホール。
img_みなとみらい201609.jpg

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
みなとみらい21交響楽団 第11回定期演奏会
日時:2016年9月19日(月・祝)14:00開演
会場:横浜みなとみらいホール大ホール
指揮:野崎知之
合唱:コーラスアンサンブルIRIS女声部
曲目:ホルスト 歌劇「どこまでも馬鹿な男」よりバレエ音楽
   ヴォーン・ウィリアムズ(ジェイコブ編)「イギリス民謡組曲」
   ホルスト 大管弦楽のための組曲「惑星」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_MM21プログラム201609.jpg

「どこまでも馬鹿な男」はやったことあるような気もするのですが、演奏を聴いても思い出せませんでした。

そして、2曲目のヴォーン・ウィリアムズ。
元々吹奏楽曲だったのをオーケストラに編曲したということですが、聞いてみたら確かに吹奏楽の演奏を聴いたことがあります。
(ホルストも吹奏楽向けの作品を残してます。)
この編曲版は管楽器はかなり絞られた編成で、弦楽器が主役なんですが、でも吹奏楽の響きを思い出しました。

そして後半は「惑星」。
この作品、最初に聞いたのは「木星」の吹奏楽版でした。
その次が、冨田勲編曲のシンセサイザー版だったか…。
そして、オーケストラ版はカラヤン=ベルリンフィルの演奏が人気を博し、CDを買ったのを思い出します。(もちろん今でも持っています。)

3曲ともに、とても前向き・意欲的で、いい演奏でした。
ただ、管・打楽器と弦楽器の間で若干の『熱量の差』みたいなものを感じました。(個人の感想です。)
まあ、そんなに気にするほどのものではなく、「あえて言えば」という程度ですが。

そういえば、前日の東京楽友協会交響楽団演奏会に出演していて、このみなとみらい21オケの演奏会にも出ていた人が何人か。
連日ご苦労さまです。

イギリスの作曲家というと、ホルスト、ヴォーン・ウィリアムズにエルガー、ブリテンあたりが有名ですが、個人的にはなかなか機会がありません。
もっと演奏機会が増えてもいいと思うんですが…。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0