So-net無料ブログ作成

『古典派』3曲は新鮮な響きでした【日フィル10月東京定期を聞く】 [音楽]

きのうは日本フィルの東京定期をサントリーホールで聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第684回東京定期演奏会
日時:2016年10月21日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:鈴木秀美
曲目:ハイドン 交響曲第43番変ホ長調 Hob.I-43「マーキュリー」
   ベートーヴェン 交響曲第4番変ロ長調
   シューベルト 交響曲第4番ハ短調 D417「悲劇的」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_日フィル201610.jpg

指揮はピリオド(いわゆる「古楽器」)演奏の大家でチェロ奏者の鈴木秀美氏。
氏の『得意分野』ということだと思いますが、『古典派』の3曲を並べたプログラムです。
(シューベルトは「ロマン派」に分類されることが多いと思いますが、少なくとも若い頃に作曲された曲は「ほとんど古典派」と言っていいと思ってます。)
ベートーヴェン4番は2年半前に指揮したのでよく知っているわけですが、ほかの2曲はちゃんと聴くのは初めてでした。

最初のハイドンは、ところどころモーツァルト的に聞こえる部分もあるし、それなりに楽しい曲なんですが、なんとなくとりとめのない感じ。

2曲目のベートーヴェンになると、急に「曲のまとまり」のようなものを強く感じました。
第4楽章が超快速で、木管楽器(後列)の奏者は大変だったのではと思います。

3曲目が今回のハイライトのシューベルトの4番。
作曲時期はベートーヴェンの8番と9番(第九)の間くらいのようです。

ハ短調という調性もあるのでしょうが、割と暗く重々しい曲調ながら、美しい部分もあって、ベートーヴェン的なものを強く感じました。

日フィルの演奏は3曲とも「よく指揮に食らいついている」という印象で、全体的にとても新鮮な響きでした。
ティンパニは手締めのいわゆる「バロック・ティンパニ」を使っていましたが、管楽器は通常の(モダンの)楽器。
弦楽器も含め奏法も特に「ピリオド的」ではありませんでした。

弦楽器の人数は12型(12-10-8-6-4)で、いわゆる「両翼配置」。
通常の2ndヴァイオリンの位置にヴィオラがいて、コントラバスは管楽器の後ろ(ステージ最後列)に位置してました。
ティンパニとトランペットが舞台上手奥(通常コントラバスがいる位置)。

P席から見ていた(聴いていた)印象としては、コントラバスがチェロやほかの弦楽器と離れていて、弾きにくそう(合わせにくそう)だなと思いました。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0