So-net無料ブログ作成

フランスの作曲家の室内楽を聴く【弁天百暇堂『仏蘭西漫遊』】 [音楽]

きのうは身内&知人出演の室内楽を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
室内楽デパート『弁天百暇堂』 Vol.9「フランス漫遊」
日時:2017年12月3日(日)午後2時開演
会場:l'atelier by apc(東京・渋谷)
曲目:ドビュッシー ピアノ三重奏曲ト長調
   バリエール チェロとコントラバスのためのソナタ
   プーランク ホルン、トランペット、トロンボーンのためのソナタ
   サティ「ジュ・トゥ・ヴ」(内田吐夢・編曲)
   プーランク「愛の小径」
   ラヴェル 弦楽四重奏曲ヘ長調
   フォーレ ピアノ四重奏曲第2番ト短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_弁天201712.jpg

「コントラバスは室内楽を演奏する機会がなかなかない」と常々思っているのですが、きのうのこの演奏会はコントラバス入りのアンサンブルが2つ(曲で言うと3曲)。
何度もご一緒したことある女性コントラバス奏者が大活躍。
ベルリンフィルの「シュトール&バウマン」の十八番(おはこ)だったバリエールのデュオは、特に素晴らしい演奏でした。

そのほかのグループも、どれも意欲的でレベルの高い演奏ばかりでした。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。