So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

京都・北野天満宮前「パウロのカステラ」 [グルメ・食べ物]

先日、関西方面に足を運びました。

予定を終えて東京に戻る途中、時間があったので京都に立ち寄ったのですが、目的地はこちら。
「カステラ ド パウロ(パウロのカステラ)」です。
img_パウロ01外観.jpg

場所は、北野天満宮の敷地から道を隔てたすぐ東側。
酒蔵をリノベーションした建物が並ぶ一角にあります。
img_パウロ02玄関.jpg

このお店、長崎の老舗カステラ店「松翁軒」で修行したポルトガル人の菓子職人、パウロ・ドゥアルテさんが2015年に出しました。
修行の経緯は、お店のウェブサイトをご覧ください。
修行を終え、ポルトガルの首都リスボンで開業したものの、「日本の人にもポルトガル菓子を食べてもらいたい」ということで、奥さんの故郷である京都にこのお店を開いたそうです。

ということで、店内はこんな感じ。
日本風(長崎風)のカステラのほか、16世紀にポルトガル人宣教師が日本に伝え、カステラの元になったという「パォン・デ・ロー」というポルトガルの焼き菓子も売っています。
しかも地方によって違う4種類の「パォン・デ・ロー」を扱っていて、食べ比べができます。

img_パウロ03店内.jpg
img_パウロ04ショーケース.jpg

私も、店内でコーヒーとともに食べ比べセットをいただきました。
雄鶏はポルトガルの幸福のシンボルだそうです。
img_パウロ05お試しセット.jpg

日本風カステラは、松翁軒や福砂屋などのものと比べても遜色のないお味。
そして、ポルトガル風の「パォン・デ・ロー」は、中がしっとりしていて、こちらも大変美味でした。
(3年前ポルトガルに旅行した時も食べました。)

東京にあれば頻繁に行くんですけどね。
でもオンラインストア(通販)もあるそうなので、今度利用しようと思います。

そして、菅原道眞をまつる北野天満宮にお参りして東京に戻りました。
img_北野天満宮.jpg

nice!(7)  コメント(4) 

nice! 7

コメント 4

hanamura

カステラの歴史が、流れを下ったり上ったり?
ポルトガル人が日本のカステラで修行って?
菅家の廊下、阿衡の紛議、最近読みました。
by hanamura (2018-02-11 08:43) 

YAP

カステラが日本に伝わってきたときは、今の姿ではなかったんですね。
食べ比べしてみたいです。
by YAP (2018-02-11 15:25) 

Lionbass

hanamuraさま
私も「ポルトガル人が長崎でカステラ修行」というお話をテレビで見たことがあって、それ以来「是非食べてみたい」とずっと思ってました。
ようやく実現しました。
菅原道真公の話も最近、歴史の本で読んだばかりです。
by Lionbass (2018-02-15 08:44) 

Lionbass

YAPさま
面白いですよね。
「カステラ」の名前は「カスティーリャ王国」に由来するという説が有力らしいんですが、この国は今のスペインにあったそうです。
いろいろ調べると面白そうですね。
by Lionbass (2018-02-15 08:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。