So-net無料ブログ作成

シーズン幕開けはウィーン古典派とR.シュトラウスと【N響9月B定期を聴く】 [音楽]

きのうはNHK交響楽団の新シーズンの幕開け、B定期を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団 第1893回定期演奏会Bプログラム
日時:2018年9月27日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(常任指揮者)
独奏:ラデク・バボラーク(ホルン)
曲目:シューベルト 交響曲第3番ニ長調
   R.シュトラウス ホルン協奏曲第2番変ホ長調
   ベートーヴェン 「プロメテウスの創造物」序曲
   ハイドン 交響曲第102番変ロ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_N響201809.jpg

NHK交響楽団の「機関誌」(演奏会プログラム)である「フィルハーモニー」(上掲写真)には次のような紹介文があります。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(Aプログラムで取り上げられる)マーラーよりも半世紀以上前にウィーンで活躍したハイドン、ベートーヴェン、シューベルトの作品が並んでいるのが、Bプログラムだ。いうまでもなく、かれらの音楽もマーラーに大きな影響を与えた。
一方、R.シュトラウスの《ホルン協奏曲第2番》は1942年に書かれた作品だが、マーラーより4歳下のR.シュトラウスは、互いに刺激を与えあったよきライバルだった。そして晩年のこの作品は、ウィーンに生きた音楽家としてやはり欠かすことのできない天才、モーツァルトの影響を想起させる。このように、AとBの両プログラムは2つ合わせて、「音楽の都」ウィーンを強く意識させる選曲となっている。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ハイドンは18世紀、ベートーヴェンとシューベルトは(主に)19世紀後半のウィーンを舞台に活動・活躍しました。
一方、リヒャルト・シュトラウスは19世紀後半から20世紀半ばにかけてのドイツやウィーンが活動の舞台でした。

ということで、現代随一のホルン奏者、バボラークを迎えての演奏会は、R.シュトラウスのホルン協奏曲を中心に、前後をシューベルト、ベートーヴェン、ハイドンで固めるというコンセプトの構成です。

最初のシューベルトは、いかにも「若いときの作品だな」という感じ。
若干、”あか抜けない”印象ですが、それはそれでいい味出してると思いました。

ホルン協奏曲は、同じ独奏者で1番も聴きました。
1番のほうがはるかに知られていて、2番は今回初めて聴きましたが、「ホルンがすごい」という言葉しか出てきません。
音が柔らかくて、大きく跳ぶところも半音階で動くところも、とにかくスムーズ。
金管ではなく、まるで木管楽器か鍵盤楽器(オルガンとか)を演奏しているような聞こえ方でした。

後半はまず「プロメテウスの創造物」から。
今年4月に指揮したばかりなので、より引き込まれました。
ヴァイオリンが細かい音符で動くところが「聞かせどころ」の一つなんですが、もちろん一糸乱れぬ「さすが」と思わせる演奏でした。

最後はハイドンの102番。
これも演奏したことがなくて、聴く機会もそんなに多くない作品。
ハイドンに限らず、この頃の作曲家は、機会に応じてどんどん作品を生み出すのが常だったわけですが、「ハイドン節」満載の生き生きとした演奏でした。

日本のオケは、やはりこうした「ドイツ・オーストリア系」の作品の方が向いているんですかね。

そして、シーズン幕開けの演奏会だからでしょうか。
きのうは両コンサートマスター(篠崎さん、伊藤さん)が並んで弾いてました。
また、チェロのトップの席には日本フィルの辻本さんが座っていて、ハイドンなどのソロを堂々と弾いてました。
(首席である藤森さんは裏にいらっしゃいました。)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 2

hanamura

会社のクルマは良いスピーカーが付いています。
ひとりの時は、ラジオを聴きます。
by hanamura (2018-09-28 16:15) 

Lionbass

hanamuraさま
私も運転中はもっぱらFMラジオ派です。
海外でレンタカーを借りた時もFM聴いてましたが、どこの国でもクラシック音楽専門チャンネルがありますね。
by Lionbass (2018-10-05 16:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。