So-net無料ブログ作成

緊張感に満ちた緻密な演奏でした【日フィルのシューベルト&ブルックナーを聴く】 [音楽]

きのうは10月の日フィル東京定期でした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
日本フィルハーモニー交響楽団 第704回 東京定期演奏会
日時:2018年10月12日(金)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ピエタリ・インキネン(首席指揮者)
曲目:シューベルト 交響曲第5番変ロ長調
   ブルックナー 交響曲第9番ニ短調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
img_サントリー20181012.jpg

首席指揮者、インキネンの棒によるシューベルトとブルックナーというプログラム。
オケは対向配置でした、

前半のシューベルト5番は、ちょっとモーツァルトを思わせる軽やかな曲。
自分でも演奏したことがありますが、編成や曲調など、交響曲第40番などに似ています。
日フィルの演奏はとてもやさしい感じでした。

後半は、ブルックナー最後の交響曲である第9番。
ところどころ音程がきになる部分はありましたが、緊張感が最後まで持続する、とても緻密でなおかつ雄大な演奏でした。
こちらは演奏したことないんですが、一度やってみたい曲の一つです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。