So-net無料ブログ作成

メリハリの効いた爽快なベートーヴェンでした【読響名曲シリーズを聴く】 [音楽]

きのうは別の曜日からの振り替えで読響の名曲シリーズを聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第616回名曲シリーズ
日時:2018年10月16日(火)19:00開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:ジョヴァンニ・アントニーニ
独奏:ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)
曲目:ハイドン 歌劇「無人島」序曲
   ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲ニ長調
   同 交響曲 第2番ニ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_サントリーホール20181016.jpg

指揮者は、イタリア人のジョヴァンニ・アントニーニ。
古楽系に造詣が深いということで、この日のプログラムはハイドンの序曲に、ベートーヴェンのニ長調の作品2曲という古典派の3曲。
オーケストラは小さめの編成で、弦楽器はたぶん10-10-6-5-3という人数でした。(RA席だったため上手側は若干違っている可能性があります。)

最初のハイドンの序曲は初めて聴きました。
というより、歌劇の存在そのものを知りませんでした。
序曲はハイドンには珍しく、短調で陰りのある部分もありながら、起伏・変化に富んだ面白い曲でした。

2曲目はこの日のメインと言ってもいいヴァイオリン協奏曲。
全体的なやや早めのテンポで、ずんずん前に進んでいくような活気に満ちた演奏でした。

最後の交響曲第2番は、半年前に自分自身が指揮したばかり。
メリハリのある活気に満ちた爽快な演奏でした。
「なるほどそう来るか」という部分もあって、終始ステージに目が釘付けでした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。