So-net無料ブログ作成

勢いのある『第九』でした【アンサンブル・コンソルテを聴く】 [音楽]

きのうは友人・知人出演のこちらのオケの演奏会を聴きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
アンサンブル・コンソルテ 第30回演奏会
日時:2019年2月11日(月・祝)14:00開演
会場:ティアラこうとう 大ホール(東京・江東区)
指揮:大河内雅彦
独唱:工藤志州(ソプラノ)
   杣友惠子(メゾソプラノ)
   角田和弘(テノール)
   大塚雄太(バリトン)
合唱:アンサンブル・コンソルテコーア(世話役:廣瀬康文)
曲目:ハイドン 交響曲第26番ニ短調「ラメンタチオーネ」
   ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調「合唱付き」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_アンサンブルコンソルテ20190211.jpg

初めて足を運びましたが、ハイドンやベートーヴェンを演奏してきたオケだということで、今回は15年、30回の節目に「第九」を演奏したようです。

前半のハイドンの交響曲は、ふだん耳にする機会がない作品です。
調性(ニ短調)や曲調による選曲だと思いますが、編成が小さい作品だけに、バランスが難しい曲のように聞こえました。

後半が満を持しての「第九」。
弦楽器は8-8-6-6-3という小編成。
(私自身、コントラバス4人で「第九」やったことがありますが、3人は未体験です。)
管楽器とのバランスがやはり難しそうでしたが、コントラバスは健闘していたと思います。
特に、第4楽章のレシタティーボなど…。

全体として、とても「勢いのある」演奏でした。

私自身、来年「第九」を演奏する予定で、きのうの合唱団のメンバーの一部とご一緒する予定。
楽しみになってきました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。