So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

20世紀ハンガリーを代表する作曲家の記念館を目指す【2017夏・中欧4カ国旅行記(09)】 [旅行・乗り物]

「レトロなケーブルカーで王宮の丘を登る【2017夏・中欧4カ国旅行記(08)】」から続きます。

ブダペスト観光のハイライト、王宮の丘を見たあとはいったんホテルに戻り、スーパーで買ったパンなどで軽く昼食。
午後は次の目的地に向かいます。

またも地下鉄1号線に乗車。
この路線、歴史が長いだけあって、地下のとても浅いところを走っています。
建設の際は、もちろん「開削工法」という道路を掘ってから上に蓋をする方法で造られたそうです。
IMG_5636地下鉄.JPG

地上から階段をわずか十数段降りるともうホームですが、改札もないので本当に手軽。
路面電車に乗るのと変わらない感覚です。
IMG_5637地下鉄線路.JPG

4.4km間に11駅あるということは、駅間は400〜500m程度。
ホテルから一番近いのは、歌劇場前の「オペラ」という駅ですが、こちら「オクトゴン」(交差点が八角形なのでこの名前らしい)も歩いて5〜6分です。
IMG_5639オクトゴン.JPG

こちらは車内のつり革。
天井が低いので直接取り付けられています。
IMG_5640つり革.JPG

3路線が交わるデアク・フェレンツ広場駅2号線に乗り換えます。
IMG_5642デアク・フェレンツ広場.JPG

こちら2号線は1970年の開業ということで、共産主義時代に建設されました。
「現代的」な普通の地下鉄ですね。
IMG_5641地下鉄2号線.JPG
IMG_5645地下鉄2号線.JPG
IMG_5646地下鉄車内.JPG
IMG_5648地下鉄車両.JPG

ドナウ川をくぐった「セール・カルマン広場」という駅で下車します。
この駅、かつては「モスクワ広場」という名前だったらしい…。
IMG_5647セール・カルマン広場.JPG

電車を降りると、地上まではとても長いエスカレーターになっています。
おそらく、地下鉄がシェルターの役割も持っていたのでしょう。
ちなみにエスカレーターは、『国際標準』(?)の「右側立ち・左側空け」です。
IMG_5649地下鉄エスカレーター.JPG

地上出口はこんな感じ。
付近にはバス停・電停(トラム乗り場)がたくさんあって、ドナウ川西側・ブダの重要駅だということです。
IMG_5650セール・カルマン広場駅.JPG

ここから路線番号5番のバスに乗って目的地に向かいます。
IMG_5651バス停.JPG
IMG_5654バス前面.JPG
IMG_5653バス車内.JPG
IMG_5655バス5番.JPG

終点停留所で下車します。
目的地は、ここから徒歩10分ほどという20世紀ハンガリーを代表するあの作曲家の記念館です。
IMG_5671終点バス停.JPG

(つづく)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

8カ月ぶりサントリーホールはオール・バルトーク・プログラム【N響9月B定期を聴く】 [音楽]

きのうはサントリーホールでN響B定期を聴きました。
棒は首席指揮者のパーヴォ・ヤルヴィ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
NHK交響楽団 第1866回定期演奏会Bプログラム
日時:2017年9月28日(木)午後7時開演
会場:サントリーホール(東京・赤坂)
指揮:パーヴォ・ヤルヴィ(首席指揮者)
曲目:バルトーク「弦楽のためのディヴェルティメント」
   同 「舞踏組曲」
   同 「弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

IMG_0530サントリーホール201709.JPG

先月まで改修工事を行っていたこともあり、サントリーホールで演奏会を聴くのは8カ月ぶりでした。
(今月上旬に日本フィル演奏会のチケットもあったんですが、旅行と重なっていたので、知人に譲りました。)

この日は、首席指揮者、パーヴォ・ヤルヴィによるオール・バルトーク・プログラム。
今月初旬の旅行でハンガリーに行き、ブダペストのバルトークゆかりの場所を訪問したばかりですし、7月には「舞踏組曲」を演奏したばかりなので、楽しみにしていました。

1曲目の「弦楽のためのディヴェルティメント」は実は初めて聴く曲。
16型(1stヴァイオリンが16人でコントラバスが8人)の『フル編成』の弦楽器による美しくて時に緊張をはらんだ響きを楽しみました。

2曲目の「舞踏組曲」は、プログラムによると、ブダ、ペスト、オーブダ(ブダの北隣)の3つの街が合併してブダペストが誕生して50周年になるのを記念する式典のために委嘱された作品とのこと。
まさにブダペストゆかりの曲ですね。
変拍子がなかなかトリッキーな曲ですが、N響は当然ながら問題なし。
管楽器のソロが面白くて、2カ月前を思い出しながら十二分に堪能しました。

3曲目の「弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽」はバルトークの代表曲の1つですが、実は未経験。
緊張感のある演奏でした。

おとといの初日もそうだったということですが、録音用のマイクが並んでいましたが、3曲とも楽器の配置が違うので、エンジニアの人は大変だったのではないかと想像します。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

レトロなケーブルカーで王宮の丘を登る【2017夏・中欧4カ国旅行記(08)】 [旅行・乗り物]

「ドナウ川にかかるくさり橋を渡り王宮の丘へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(07)】」から続きます。

ハンガリーの首都、ブダペストのドナウ川東岸であるペストから、西岸のブダにくさり橋を渡って来ました。

ここからは、ブダペスト観光のハイライト「王宮の丘」にケーブルカーで登ります。
IMG_5613ケーブルカー.JPG

切符はこんな感じ。
1人1,200フォリント(600円前後)です。
IMG_5616ケーブルカー券.JPGIMG_5617ケーブルカー券裏側.JPG

150年近く前に造られたそうで、その後更新されているとはいえ、なかなか古めかしい感じ。
IMG_5618ケーブルカー.JPG
IMG_5619ケーブルカー.JPG

あっという間に登ります。
上がってくるとなかなか素晴らしい眺めです。
IMG_5622ケーブルカーからくさり橋.JPG
IMG_5624くさり橋.JPG

下の写真中央左側が国会議事堂の建物です。
IMG_5623国会議事堂.JPG

丘の上にはこんな建物が。
マーチャーシュ教会です。
最初に建てられたのは13世紀ごろで、歴代ハンガリー国王の戴冠式などが行われたそうです。
IMG_5626マーチャーシュ教会.JPG
IMG_5630マーチャーシュ教会.JPG

こちらは教会前の広場に建て三位一体像。
18世紀ごろ、疫病の終息を記念して建てられたそうです。
IMG_5629三位一体記念塔.JPG

ここで一息、カフェでお茶します。
お茶請けはエステルハージ・トルテ。
エステルハージは「交響曲の父」ハイドンの雇い主でもあったハンガリーの貴族の名前です。
IMG_5625エステルハージトルテ.JPG

マーチャーシュ教会そばの「漁夫の砦」という場所から見た国会議事堂。
IMG_5633国会議事堂.JPG

先ほどの三位一体像のある広場から、バスに乗って丘を下ります。
16番というバスが頻繁に走っています。
ケーブルカーは別料金でしたが、このバスはブダペストカード(48時間)で乗れるはず…。
IMG_5634バス停.JPG
IMG_5635バス16番.JPG

(つづく)
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ドナウ川にかかるくさり橋を渡り王宮の丘へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(07)】 [旅行・乗り物]

「欧州大陸最古の地下鉄に乗って市民公園と英雄広場へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(06)】」から続きます。

引き続き旅行2日目でブダペスト滞在中。
行ったり来たりしてますが、再び地下鉄1号線に乗って、南西の終点、フェレシュマルティ広場駅まで。
IMG_5594フェレシュマルティ広場.JPG
この駅は、街の真ん中を流れる(というより「ブダ」と「ペスト」という2つの街を分ける)ドナウ川にほど近い場所にあります。

数分歩いて川沿いに出ると路面電車が走っています。
IMG_5596路面電車.JPG

そこから北に向け歩くと、川の対岸に王宮の丘が見えてきます。
この丘はブダペスト観光の目玉の一つで、上には旧・王宮のほか、教会や砦などがあります。
IMG_5597王宮.JPG

ブダとペストをつなぐくさり橋を渡ります。
19世紀半ばに建設されたドナウ川両岸をつなぐ最初の吊り橋で、ケーブルではなくくさりが使われたことからこの名前があるそうです。
IMG_5602くさり橋.JPG
IMG_5603くさり橋.JPG

橋には合わせて4頭のライオンの像があります。
IMG_5605ライオン.JPG
IMG_5607ライオン.JPG

途中まで渡ったところで撮影したくさり橋。
IMG_5608くさり橋.JPG

王宮は現在、博物館などとして使われれいます。
IMG_5609王宮.JPG

川の向こうに見えるのは、王宮の丘の南側にあるゲッレールトの丘
IMG_5610ゲッレールトの丘.JPG

橋の上から見たドナウ川と王宮です。
IMG_5611ドナウ川.JPG
IMG_5612王宮.JPG

(つづく)
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

欧州大陸最古の地下鉄に乗って市民公園と英雄広場へ【2017夏・中欧4カ国旅行記(06)】 [旅行・乗り物]

「リスト音楽院と聖イシュトヴァーン大聖堂【2017夏・中欧4カ国旅行記(05)】」から続きます。

旅行2日目。
ブダペスト市内の観光に出かける前に、ホテルフロントで「ブダペストカード」を買ってあります。
ヨーロッパの多くの都市では、市内の公共交通機関が乗り放題になる券がありますが、このカードはそれに加えて、博物館や温泉などの一部の施設が無料になります。
48時間券は8,500フォリント(レートにもよりますが4,000円前後の計算)です。
IMG_5568ブダペストカード.JPG

ホテルから徒歩で聖イシュトバーン大聖堂付近を通過し、地下鉄のデアーク・フェレンツ広場駅へ。
ここは4路線ある地下鉄のうち1〜3号線が集まる重要な駅です。
ブダペストの公共交通機関は、改札がない代わりに抜き打ちの検札があり、有効な切符を所持していないと高額の罰金をとる方式ですが、この駅の入り口には係員がいて、切符をチェックしています。(写真はありません。)
その係員のチェックを受けた上で、地下鉄1号線に乗車します。
IMG_5569地下鉄エスカレーター.JPG
IMG_5570デアク・フェレンツ広場.JPG

車内はこんな感じ。
この1号線は1896年(19世紀末)に開通した、ヨーロッパ大陸で最も古い地下鉄です。
1860年代に開通したロンドンのものよりは30年ほどあとになりますが、ロンドンでは最初、蒸気機関車が使われていたのに対し、ブダペストでは最初から電車だったということです。

東京の地下鉄は1927年に開通しているので、それより30年以上歴史が長いことになります。
現在の車両は1970年代以来使われているそうですが、かなり小ぶりに感じられます。
IMG_5571地下鉄車内.JPG

禁煙など車内の注意事項は、ハンガリー語の他に、英語、ドイツ語、ロシア語で表示されています。
IMG_5572禁煙表示.JPG

全長は4kmあまりという短い路線で、デアーク・フェレンツ駅は南西の終点から2駅目。
そこから、北東の終点から2駅目セチェニー・フュルド(セチェニー温泉)駅で下車します。
IMG_5574セチェニーフュルド.JPG
IMG_5575地下鉄ホーム.JPG

ハンガリーは温泉大国で、この駅からちょっと先に温泉施設もあるようなんですが、出口の周辺は市民公園の敷地内です。
日曜日の午前中で、人もまばらです。
IMG_5579地下鉄出入り口.JPG
IMG_5581公園.JPG
IMG_5583公園.JPG

そのすぐ南西側が英雄広場です。
IMG_5582英雄広場.JPG
IMG_5586英雄広場.JPG

近くには、(ガイドブックによると)ブダペストでも有数の高級レストランというグンデルがあります。
IMG_5584グンデル.JPG

そして、その並びには(やや庶民的な)系列店のバゴイバール
IMG_5585バゴイバール.JPG

まだ食事の時間ではないので、お店をチェックしただけで、ふたたび地下鉄1号線に乗ります。
今度は英雄広場駅から。
IMG_5587地下鉄入り口.JPG
IMG_5588ホショクテーレ.JPG
IMG_5589地下鉄駅.JPG

車両の色が、東京の銀座線に似ているような気もします。
車両のサイズは、どちらかというと日本の新交通システム(東京のゆりかもめとか神戸のポートライナーなど)に近いかもしれません。
調べてもなかなかデータがないのですが、車両の全長はたぶん10mちょっと。
3両編成です。
IMG_5590地下鉄車両.JPG

(つづく)
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

管楽器のソロがみんなハイレベルでした【カラーフィル演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは何度か聞いているこちらのオケの演奏会へ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
カラー・フィルハーモニック・オーケストラ 第9回演奏会
日時:2017年9月23日(土・祝)19:30開演
会場:杉並公会堂大ホール(東京・荻窪)
指揮:金山隆夫
曲目:ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」
   R.シュトラウス 交響詩「死と変容」
   ムソルグスキー(ラヴェル編曲)組曲「展覧会の絵」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_カラーフィル201709.jpg

管楽器やコントラバス、それにスタッフに友人・知人がたくさん出演。
(客席も知り合いだらけでした。)
相変わらずの意欲的選曲ですが、どの曲もとても高いレベルの演奏でした。
技術的にはもちろん、音楽的にも「足を運ぶ価値はあったかな」と思わせてくれました。

「牧神の午後」はフルートのソロ、「展覧会の絵」はトランペットのソロで始まります。
また、「死と変容」はソロが多いのに加え、管楽器による和音の作り方が難しい曲だと思います。

いずれの曲も、管楽器のソロは大変意欲的で出色の出来だったと思います。

この種のオケ・選曲の演奏会でありがちな、管楽器と弦楽器の『意欲』『前向き(前のめり)さ」の違いみたいなものをちょっと感じましたが、このプログラムですからそんなに気になりませんでした。

客席も結構埋まってましたが、この演奏がただで聴けるんですから、もっとお客さんに入って欲しいと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

リスト音楽院と聖イシュトヴァーン大聖堂【2017夏・中欧4カ国旅行記(05)】 [旅行・乗り物]

「宿にチェックインして早速マンガリッツァ豚を食べに【2017夏・中欧4カ国旅行記(04)】」から続きます。

日本とハンガリーの時差は7時間。
前夜(旅行初日夜)は夜9時=つまり日本時間午前4時ごろに就寝しましたが、まだ体が日本時間で動いているので、そんなに遅くまで寝ていられるはずもありません。
未明に何度か目が覚めましたが、午前5時=日本時間だとお昼の12時には「もうこれ以上寝ていられない」ということで起床します。
ホテルは朝食付きで予約してあるんですが、土日は午前7時からということなので、その前にホテルの近くを散策することにします。

近くの歌劇場(オペラ)前を通り、ハンガリーが誇る音楽学校、リスト音楽院の方へ向かいます。
途中の道の真ん中にある公園に、ピアノを弾くリストの像があります。
IMG_5549リスト像.JPG

こちらがリスト音楽院の建物正面。
IMG_5554リスト音楽院.JPG

ハンガリー語で「ハンガリー音楽院」と書いてあるそうです。
「ハンガリー」は「Magyar」(マジャール)と言います。
IMG_5556ハンガリー音楽院.JPG

そしてここにもリスト像が!
IMG_5555リスト像.JPG
IMG_5557リスト像.JPG

1時間半ほど散策して、部屋で一息入れたところでようやく朝食。
いろんな種類のパンがおいしゅうございます。
IMG_5560朝食.JPG

朝食後、本格的に外出。
まずはホテル近くの聖イシュトヴァーン大聖堂へ。
イシュトヴァーン1世は10-11世紀のハンガリー初代国王で、のちに聖人に列せられました。
IMG_5563イシュトバーン大聖堂.JPG
IMG_5565イシュトバーン大聖堂.JPG

さらに歩いていると、こんな光景が。
中国(北京)でそこかしこにあった「シェア自転車」です。
IMG_5566シェア自転車.JPG
IMG_5567シェア自転車.JPG

(つづく)
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

宿にチェックインして早速『食べる国宝』マンガリッツァ豚を食べに【2017夏・中欧4カ国旅行記(04)】 [旅行・乗り物]

「最初の目的地に到着するもののトラブル発生【2017夏・中欧4カ国旅行記(03)】」から続きます。

荷物が届かないアクシデントがあったものの、スケジュール的にはほぼ予定通りハンガリーの首都ブダペストに到着。
ブダペストは「ドナウ川の真珠」とも呼ばれる美しい街で、世界遺産がたくさんあります。
元々は「ブダ」というドナウ川西岸の街と、「ペスト」という東岸の街に分かれていましたが、19世紀後半に2つの街とブダの北側に位置する「オーブダ」という街が「合併」したのだそうです。

空港からタクシーに乗り、現地時間の午後6時前(日本時間午前1時前)には宿にチェックイン。
歌劇場(オペラ)近くの「K+Kオペラ」というホテルです。
(K+Kはヨーロッパ数カ国に展開しているチェーンのようです。)
IMG_5536K+K部屋.JPG

飛行機でちょっとだけ寝たので、まだ活動する元気はありそうです。
ということで、ホテルの近くに繰り出します。
こちらは宿から徒歩30秒のハンガリー国立歌劇場(オペラ)。(翌日撮影)
IMG_5548オペラ座.JPG

ハンガリーを代表する作曲家兼ピアニスト、フランツ・リストの像があります。
IMG_5539リスト像.JPG

付近を20〜30分散策した後、夕食をとることに。
特にお店は決めていないのですが、ホテルから徒歩5分くらいのところにある良さげなお店に。
こちらの「Pesti Disznó Bisztró」というビストロです。
IMG_5545豚のお店.JPG
「Pesti(ペシュティ)」は「ペスト(という街)の」、「Disznó(ディスノ)」は「豚」という意味で、「ペストの豚」という名前のお店です。

喉が渇いているので、早速ビール!
ハンガリーの代表的な銘柄、ドレーヘルです。
IMG_5541ビール.JPG

家人はフォアグラのパテ、私はマンガリッツァ豚のグリルを注文します。
ハンガリーは世界三大珍味の一つ、フォアグラの世界第2位の生産国です。
そして、マンガリッツァ豚はハンガリー特産の「食べる国宝」とも言われる品種。
IMG_5544マンガリッツァ豚.JPG

写真では分かりませんが、実はほんのちょっと生焼けでした。
でも噂通りの美味しさ。
ハンガリー最初の夜はこうして更けていきました。

(つづく)
nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

同じホールで1年半前に演奏した曲でした【ジャパン・クラシカ演奏会を聴く】 [音楽]

きのうは知人多数出演の演奏会を聴きに行きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
ジャパン・クラシカ 第9回定期演奏会
日時:2017年9月18日(月・祝)14:00開演
会場:第一生命ホール(東京・中央区 晴海トリトンスクエア)
指揮:増田宏昭
独奏:天満敦子(ヴァイオリン)
曲目:ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲ニ長調
   同 交響曲第7番イ長調
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_JC第一生命ホール201709.jpg

このオーケストラ、実は一度だけ出演したことがあります。
「古典派」を意味する「クラシカ」という名前を冠した団体で、アマオケにとって主要レパートリーであるベートーヴェンなどの作品を取り上げています。

前半はヴァイオリン協奏曲。
天満敦子さんは、20年前、北京に住んでいたころに演奏旅行でお越しになったので、間近で演奏を聴いた覚えがあります。
きのうの演奏は、いろんな感想があると思いますが、「私の好みではなかった」とだけ申しておきます。

後半の交響曲第7番は、1年半前(去年4月)におなじ第一生命ホールで演奏した作品。
それだけに、いろんなところに注目して聴きました。
感想ですが、楽器間のバランスにもう少し配慮した方がいいかな、と思う部分がありました。

私が主宰・指揮するPROJECT Bオーケストラは、来年もこのホールでベートーヴェンとブラームスを演奏予定。
きのうの演奏会で、またやる気がさらに湧いてきました。
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

プロコフィエフは果たして好きになれるか!?【読響マチネーを聴く】 [音楽]

きのうは読響の日曜マチネーシリーズを聴きに行きました。
旅行中で1つ聴けなかったので、これが秋シーズン開幕の演奏会です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
読売日本交響楽団 第200回日曜マチネーシリーズ
日時:2017年9月17日(日)14時開演
会場:東京芸術劇場コンサートホール(東京・池袋)
指揮:コルネリウス・マイスター(首席客演指揮者)
独奏:ダニール・トリフォノフ
曲目:スッぺ 喜歌劇「詩人と農夫」序曲
   プロコフィエフ ピアノ協奏曲第2番ト短調
   ベートーヴェン 交響曲第6番へ長調「田園」
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

img_読響201709.jpg

1曲目は「詩人と農夫」序曲。
私が所属していた中学校の吹奏楽部が、私の入学する前の年のコンクール自由曲として演奏した曲で、オーケストラではそんなに聞かないんですが、吹奏楽では結構取り上げられる曲です。
いかにもオペレッタ(喜歌劇)らしい軽妙で楽しい曲ですが、前半にチェロの長大なソロがあります。
ソロ・チェロに迎えられたばかりの遠藤真理さん(NHK FMラジオの番組で有名)がカッコよく弾いてました。

2曲目は20世紀ソ連の作曲家、プロコフィエフのピアノ協奏曲。
ソリストのトリフォノフはロシア出身の若手ピアニストですが、楽器はイタリア製のファツィオリを使っていました。
なかなか難解な作品で、(少なくとも実演は)聞いたことがなかったので、1回だけではその良さが分かりませんでした。
今度、自分の所属オケがプロコフィエフの交響曲第6番を演奏予定。
このピアノ協奏曲よりは音楽的に平易な作品だと思うのですが、果たして好きになれるのか、楽しみと不安が混じり合ってる感じです。

最後はおなじみベートーヴェンの「田園」。
この曲を聴くと、日曜日朝のラジオで流れてくる宗教関係の番組を思い出します。
(もちろん宗教曲ではないんですが…。)
きのうの演奏は、どんどん前へ進むところは好感が持てたんですが、やや落ち着かない感じを受ける部分もありました。
自分自身、何年後かに指揮する予定なので、「ここはこうしたいなあ」などと思いながら聞いてました。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽